2007年09月

2007年09月26日

雨上がりの朝

25日

雨上がりの朝久しぶりの水遣りお休みで楽チンしましたただ困るのは両側から迫り出したバラのトンネルを巡って切りバラを摘むのでビショビショになったよ

雨上がりの朝














つるバラ『クリストファー ストーン』が手の届かぬ長大なシュートの先に返り咲き1輪。春のオベリスク仕立ては確かに目を引く豪華さでしたが〜その後の花は咲かないで唯ひたすら繁りまくりシュートを絡める暴れ者に手を焼いています。つるバラ止めようかな?

つるバラ1輪















『クリムゾングローリー』貴女は確かに美しい〜1年目は成長もゆっくりでうどんこ病に弱って駄目かな?と思ったけれど〜2年目は株もしっかりして来たよ。丈は低いけど良く咲きます。綺麗だ!とても綺麗だ…

クリムゾングローリー















黒点病の兆しを見つけて急いで摘み取ったけれど、君はもう消毒を始めないと駄目かな?春に植えた貧弱な苗『オールドロマンス』くん(>_<)
時々見かける半円形の不思議な虫食い跡?姿は見えず。葉も枝も株元の土までほじくって見たけれど見つからないよ〜。君は何処に居るのだ?

黒点病の兆し不思議な虫食い跡















26日
オリーブに鈴なりの実が〜食べられるのかな?
大きな蛹の抜け殻発見何時の間に〜気が付かなかった。

鈴なりのオリーブ鈴なりのオリーブオリーブで見つけた蛹カラ














『ギィ・ドゥ・モーパッサン』冬に植えつけた大苗から沢山のベイサルシュートが出たので古枝を切り取って株元を整理しました。これで残るのはすべて今年の枝ばかり〜他のもこれ位シュートが出ると嬉しいのだけれど…なかなかね〜

ギイ・ド・モーパッサン剪定














27日

BISESが到着雑誌にしては少し高めかな。
素敵な庭のアレコレが。そういえば最初の最初…素敵な秘密の花園を造ろうと夢見て〜それがいつの間にか繁殖になってる〜どうもおかしい?沢山詰め込み過ぎた屋上は庭でなく造園業者の展示コーナーみたいだどこで道を間違えたのかな?

BISES到着














28日

オリーブの実が色付いて来たようです。
オリーブの色付き















水遣りの途中で赤トンボ?を見かけたよ〜秋だ

トンボが














ヴァラリスバイオポストの作用についての問い合わせ〜回答

『○ヴァラリスバイオポストはバクテリアの力で枯葉や、古い植物の根も分解するので、それらを土に一緒に入れてください。ご自宅の植物の落ち葉・根・花がらを使えば簡単に良い土が作れます。』
----------------------------------------------------------
上記の様な説明が有りますが?
バラ栽培でも有効でしょうか?
色々なテキストでバラ栽培において剪定後の枝葉や落葉などは焼却又はゴミに処分するように書いてあります。
病害の持ち越し越冬を減らすという意味でしょう。
相当に大量に出ますので、「ヴァラリスバイオポスト」の力で土に戻せれば良いなって思うことしきりなのですが?

-----------------------------------------------------------
お問い合わせありがとうございます。
ヴァラリスバイオポストは説明のとうり使い古した土を再生するのにも最適です。
それだけではなく、買ってきた土に混ぜることもおすすめします。
市販されている土は、いろいろな物があらかじめ混ざっているものが最近の主流になっています。
肥料成分や赤玉土の高級なものが混ざっていたりする市販の土も少なくありません。
しかし、中にはひどい市販の土もあるようで聞いたところによると下水処理場の汚泥などが混ざっているものもあると聞いたことがあります。

汚泥は問題外ですが、最初にあげた肥料成分や赤玉などが混ざっている土は悪い土ではないと思うのですが、問題があります。
本来自然の肥沃な土というのは、例えば[ 植物などの落ち葉・枯れた植物・昆虫の死骸・ミミズの糞など ]挙げたらきりの無いさまざまな物が重なり合っております。
それを土壌中にいる微生物が分解し肥料成分に変えてその肥料成分を植物が吸い上げて栄養分にするのです。

上にあげた市販の土には微生物が少ないというか、多少はいると思いますがヴァラリスバイオポストの微生物の量とは比較にならないくらいしか入っておりません。
ヴァラリスバイオポストは出来上がるまでに世界中の土壌を研究しつくし、世界中どこの土壌にもいる微生物をフランスパスツール研究所の協力で選び、自然の中にいる悪い微生物を排除し、土壌に良い効果のある微生物を種類とその数を豊富に含んでおります。

国産の土壌改良材との差は、その微生物の量と種類と、出来てから50年以上の歴史があり世界中で色々な場所に使われ結果が出ているということです。
説明が似ているものや、まがい物の土壌改良材はいろいろございますがヴァラリスバイオポストは生態系を守る商品として世界50カ国以上で使用されております。
(中東などの砂漠地帯や、アフリカの砂漠化を国連事業の元にバイオポストを使い行っております。

フランスの大手バラメーカーであるメイアン社のバラの実験場で土を管理しているのがバイオポスト社の社員ということも付け加えておきます。
バラに限らずですが、ヴァラリスバイオポストを土に混ぜますとまず土が肥沃なフカフカした土になっていきます。
完全な植物性の土壌改良材なので、即効性は寒暖の具合によって異なりますが、「フカフカ」の状態というのは微生物の働きにより土壌を団粒構造にし、土と土の間に隙間を作ることにより、植物の根がしっかりはれ、肥料成分を土壌に蓄える役目を持つことにより、植物に安定した栄養分を供給することができます。
それにより、植物が健康に育ち丈夫な植物に育つ事により、害虫などから身を守ることの出来る自己防衛のできる丈夫な状態にしてくれます。
化学肥料や農薬・殺虫剤を使うと言う事は土壌にいる微生物を殺してしまうので土が痛み、硬い土になってしまうのです

農薬・殺虫剤をお使いの方の植物の状態というのは、この自己防衛能力に差があるのです。
たしかに、葉が黄色くなったり虫食いにより穴が開いたりするのは見た目的にも美しくはないのですが、こういった薬品を使うことにより問題が発生します。
それは薬品の効果が無くなった場合に、一気にその植物は害虫の標的にされてしまい、自己防衛能力の無い植物はすぐにやられてしまうでしょう。
そして、その薬品の効果が切れる前にま薬品を使用するといったサイクルができてしまい、そのうち薬品に対する抵抗能力をもった害虫に効くものがなくなってしまうのです。
つまり悪循環を生み出す原因になってしまいます。
全く使用しない方がもちろん良いのですが、それでは気になるのであれば徐々にでも量を減らしていく事をお勧めします。

当社の会員のお客様は自宅から出る植物のゴミはヴァラリスバイオポストを施す際に一緒に土に混ぜてしまう人が多いです。
それでも病原菌が気になるというのであれば古くなった土や植物のゴミを熱湯消毒をするのも良いでしょう。
熱湯をかけることにより悪い微生物や害虫だけでなく、良い微生物も殺してしまいますが、その何もいなくなった土壌に、ヴァラリスバイオポストを混ぜることにより、良い微生物だけが住んでいる状態になりますのでこれ以上ないほどの土にすることが出来ると思います。
自宅からでる落ち葉や植物の残骸は薬品をどれだけ使用しているかもよくわかっているでしょうし、「何が入っているかわからない土よりは安全だわ〜」というお客様もいらっしゃいます。
古い植物などを早く分解し土に返したいのであれば少し細かくするのもいいと思います。

話は長くなりましたが、何かまたわからない事がありましたらご連絡いただけたらと思います。

〒106−0031
東京都港区西麻布3−17−40 パレス西麻布
TEL・03-478-8261
FAX・03-479-6139
E-mail:vallaris@nona.dti.ne.jp

(有) ヴァラリス商会
       秋元太介



kou1792 at 05:28|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 屋上風景 | オリーブ

2007年09月17日

バラ〜久しぶりの消毒

16日 

日曜日は6時前には目覚めたけれど、前夜のレイトショー『HERO』で午前様だった所為か起き切れず8時前まで寝過ごして出かけた屋上はお日様燦々もう既に暑かった。今日の液肥は『有機液肥』に決めて手早く済ませたけれど1時間〜。ウサギを世話して切りバラを摘む頃には汗びっしょりでした。余りの暑さに他の作業は一時撤退、お昼寝です。

屋上を脚立の上から見るとこんなです〜

南の空東南側俯瞰図西南俯瞰図















出入口周辺とブルーベリーの前の通路

出入口周辺ブルーベリーコーナー前通路















夕方、日が落ちてから久しぶりの消毒の準備。霧女神を出して20倍木酢液を作ります。なんと60リットル木酢液:緑豊:HB-101:他に予防殺菌剤のダコニールを加えました。100Vのモーターで動く動噴のスプレーは超強力です。薄暗くなるまで約1時間すみずみまで丁寧に葉裏も忘れず作業しました。終わる頃にはKOUも薬で完全殺菌処理済み、顔がひりひりしますよ〜(>_<)。そのままお風呂に直行です。
その後で毎日通うプールで更に仕上げのすすぎを済ませました〜"^_^"

久しぶりの霧女神木酢20倍液60リットル調製スプレーの様子















18日

悲しい日
今朝、水遣りを終えてウサギさんの世話をやりかけたら…3匹の内の1匹が亡くなっていました。昨日までみんな元気そうで餌もちゃんと食べて居たのに。知らないうちに横たわり冷たくなっていたよ。悲しい朝の始まりでした。合掌
思えば、自分から飼い始めた訳でもなく、今は同居の長女がマンションで買い始め今の2世帯に移って孫が出来る前後世話が出来かねて、爺の屋上へ押し付けられたウサギ達です。無責任な奴やな〜最初から飼うなよな馬鹿娘!とか思いながら世話だけは毎日してきたよ。毎日の糞掃除が何時まで続くのかね〜などと思いながら。犬のように馴れないで何時までたっても愛想の無いウサギ達。それでも命の終わりに立ち会うのはつらい事です。自身もまたいつか終わりを迎える…そんなことも連想して、今許された命を精一杯を生きること…そんな思いを新たにした事でした。

ウサギ















19日

夏剪定する前に蕾を立ち上げ咲き始めたヘルシューレン
この暑さで2日と持たないで萎れてしまいます。花後の剪定で次の開花が間に合うかな〜? 隣に並べた『コント・ド・シャンボール』の鉢は真夏日が続いた頃に突然黄葉して殆んどの葉を落としました。その時にきり戻して今は新芽が展葉始めたよ。

ヘルシューレンヘルシューレンコント・ド・シャンボール
















ミニバラがコンスタントに良く咲きますが花殻切が間に合わなくて…。

ミニバラ















品種の知れない切花からの挿し木苗ゆっくりですがしっかりして来ました。30cmスリット鉢でもう大丈夫。

挿し木苗その後















挿し木2年半のエミーラ株。余程丈夫なのか?自根でも立派に成長してます。

エミーラエミーラ















朝の収穫は5バケツ〜もう全部は摘み取れなくなりそうです。

今朝の収穫















20日

ライラックローズもオーギュストルノアールも寒いと開きにくいですが今は綺麗に開花してくれる。パットオースチンは開いたとたんに萎れかけています。残暑が厳しすぎて〜

オーギュストルノアールライラックローズ株パットオースチン株 














花時間を教えて貰いさっそく本屋さんに届けて貰いました。10月号は見慣れない切りバラが沢山です

花時間














23日

日曜日は少し早く6時過ぎから屋上へ
週二回に増えた液肥の散布と花摘みイチジクの収穫を終えると9時前でした。もっとアレコレ作業を済ませて置きたかったのですが?墓参りの予定が有ったから〜
食事の後で家内と墓参り&買出しを済ませて帰宅すると昼を回っていたから〜暑くてお昼ねしてしまった。
夕暮れ少しだけ屋上の落葉を掃除した位で何も出来なかったよ

大きなミノムシを発見こんなに大きいと消毒は効かないね。

ミノムシ発見















イチジクは2品種有ります。
桝井ドーフィンは豊産性で次々と収穫出来ます。何時もこの様にひび割れる位〜完熟させてから収穫します。
ビオレーソリエスは植え付け1年目で株はまだ小さいですが、少し実を付けてくれました。熟すと先端の穴から蜜が滴ります。ジャムの様な濃厚な甘さですが、少しくどいね。食べ比べたらドーフィンの方がすっきりした甘さで美味しいよ。甘ければ美味しいって物でも無いんだなって思う。

桝井ドーフィンビオレーソリエスジャムの様なイチジク
















24日
昨日暗くなり出来なかった落ち葉の掃除を早起きして済ませました。これ位の山が4っつ出来たよ。『ヴァラリス・バイオポスト』や『えひめAI=2』で堆肥に出来ればベストだけれど〜病気や虫卵が潜んでいるからちょっと使えないのは残念。一度、空き缶で焼却して草木灰を作ろうとしたら凄い煙が出て『空から灰が降って来る』って家内に叱られました近所迷惑なKOUです。煙の出ない焼却炉って高いね

枯葉&落葉







kou1792 at 00:59|PermalinkComments(23)TrackBack(0) 消毒:薬害 

2007年09月13日

秋色のバラ イングリッシュローズ

12日
次々と開花するバラも季節の変わり目を感じて居るのか?…心なしか秋色を深めて来ました。ステファニー・ドゥ・モナコ など数は咲かないけれど1輪の美しさや存在感に心を奪われてしまいます。暑さが去って黒点病の兆しを其処此処で見かける様になり〜そろそろ定期消毒を再開しないとね。夏の間〜軽微な虫害は有るけれどテデトールで対応して今までは来たけれど新梢の展開時期になり大切な蕾を守らないと。今朝は昨夜からガッツリ降った雨で水遣りも花摘みもお休みです。

ステファニー ドゥ モナコ
ステファニー ドゥ モナコ














13日
夏前に少し整理してあったグラハムトーマスの株元から新しい枝?シュート?が沢山出てきました。なんか嬉しい〜(*^-^*)。どのバラも新しいシュートを出してくれるとホッとします。来年につなぐ次の世代だから。ベイサルシュートだと最高なんだけれど。株元が堆肥や何かで埋まってしまい出にくいかも?

グラハム・トーマスのシュート










大株に育ったエミーラです夏の盛りも休む事無く次々に蕾を立ち上げて咲き続けてくれます。

大株のエミーラ














今朝の収穫。秋の気配に少しづつ増える切りバラ収穫です。もうドンドン蕾が上がって来てるから夏剪定がやりにくくて〜困った〜"^_^"

今朝の収穫














イチジクも絶好調で今朝の収穫は沢山でした。いつもは1〜2個位なんですが。完熟させて木から落ちる寸前まで待ちますから〜とても美味しいです。スーパーで買う品とは別物です。少し触れただけで皮がめくれてしまう程だから流通には乗らないよね。もしも果樹を育てるならイチジクとブルーベリーは絶対お勧めです。

完熟イチジク














14日

盛夏に休んでいたイングリッシュローズ達もボツボツ咲き始めました。
未だ少し小振りで巻きも少なめですが。

アブラハムダービーグラハムトーマスエブリン














ベンジャミン・ブリテンジュビリー・セレブレーションジュビリー・セレブレーション














モリニューワイルドイブパットオースチン














グラミスキャッスルチャールズレニーマッキントッシュライラックローズ














アンブリッジ・ローズシャリファアスマトロワラス















15日

今朝は少し雨上がりの様子でしたが、水受けの水量が大した事無かったので、少し控えめの水遣りでした。其処に有るバラに手が届かない高嶺のバラです

高嶺のバラ















今朝の収穫は
エミーラとバレリーナ他に2バケツ
エミーラとバレリーナ













15日の収穫15日の収穫2

kou1792 at 01:14|PermalinkComments(14)TrackBack(0) イングリッシュローズ 

2007年09月03日

メネデール液肥 

バラの肥料 - livedoor Blog 共通テーマ


日曜日は週1回の液肥の日〜
以前は有機液肥でしたが、生理障害?なのか葉色が悪くなるバラが出てから他の種類もローテーションで使うようにしています。今朝は『メネデール活力液肥』鉄分が効くと良いのですが?500倍お手軽スプレーはアイリス製、快調です。もうバケツに溶かしてからなんてやってられないよ。メーカーが新品に交換してくれたので少し宣伝して置きます〜"^_^"

液肥を換えてみる












此処しばらくは消毒をしていないので、色んな虫が出て来てます。今朝は見慣れない毛虫が(>_<)流石に素手では捕らえがたくピンセットの世話になりました。朝の水遣り時にアシナガバチがバラの枝葉の間をゆっくり舐める様に徘徊してるのに出くわします。おとなしくて、何もしなければ互いにそのまま作業を続けてます。消毒無しでも以外に虫が大発生しないのはこれのお蔭なのではと思っています。アシナガバチはケムシやアオムシの狩人です。どこかに巣が有るのかも知れません。

見慣れない虫毛虫 マイマイガ?













9月に入るとやや涼しくなり何とか日中も屋上であれこれ頑張って居られました。今日は堆肥を皆にご馳走です。40Lのワラ堆肥を5袋使いました。終える頃には日が暮れて疲労困憊〜"^_^"。

堆肥のご馳走













盛夏のバラは寸足らずで小振りの花ですが、春の大輪よりもむしろ可愛い気がします。そこ此処でパラパラ咲いてくれてバケツに軽く1杯(*^-^*)

盛夏のバラ日曜日の収穫















2日
リビングやトイレに置かれたバラ達です。

リビングのバラトイレのバラ















4日
朝の水遣り…背丈を越えるバラの樹幹に包まれて空を見上げると風が吹き抜けて行きます。確かに秋の気配が感じられるよ(^^♪

樹幹1樹幹2樹幹3















樹幹4















9日
吹き抜けるさわやかな風に秋の気配を感じたら、バラ達もまた秋色の蕾を付け始めた様な気がします。今朝のクリムゾングローリーはもう秋のバラと言えるのでは…とても深い赤です。朝の収穫も少しづつ増えて今日9日は軽くバケツ2杯。そんなバラ達を家内がキッチンカウンターに生けました。

クリムゾングローリー9日の収穫キッチンカウンターのバラ





kou1792 at 05:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 肥料