2013年01月

2013年01月31日

芽接ぎ苗の鉢増し


朝の剪定
朝のちょこっとした時間に数鉢でもと思い冬剪定を〜もう一息。

P1005465朝の剪定






芽接ぎ苗ポット
朝の作業時に小さな6cmポットではカラカラに乾燥して萎れる感じが気になりました。
芽接ぎ苗だけでも鉢増しを少し早めに済ませることに。
夕食を済ませて20時〜から工場スペースでの作業。
手前はほぼ成功のポット:奥は▲のポット苗。
6cmとか小さなポットは芽接ぎの結果が良くない傾向があるみたいです。
鉢上げは12cmくらいが良いのかな?などとぼんやり考えた。

P1005464芽接ぎ苗ポット






用土のストック
昨秋に作り置きした用土がそのまま残ってます。
用土の調合に自家製の剪定枝堆肥を混ぜた為にときどきコガネムシ幼虫が混じってます。
注意して使わないと〜油断できない危険なバラ用土になってしまった。

P1005463用土のストック






ポット鉢増し
それぞれ1〜2回り大き目のポットに鉢増し。
当然ながらスペースも2倍にかさ張ります。
シャンテマリー:ファンシードレス:クリームピアッチェ:ラ・ジョコンダ:など期待が持てそうな芽の感じです。
春にしっかり芽吹くまではまだまだ確かではないのですが。

P1005462ポット鉢増し






潅水
氷点下にはならない様子なので夜ですがタップリ潅水しました。
ちょっとポット苗の置き場に困るようになって来てます。

P1005461潅水





kou1792 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鉢土更新:鉢増し 

2013年01月30日

散らかった屋上


屋上風景
冬剪定はもう少しで目処が付いたのですが〜片付け:冬肥え:用土の更新:鉢増しなどなど〜
バックヤード作業はまったく手付かずのまま〜。
加えて挿し木や接ぎ木の試みも忘れてはならない。
お正月に寝て過ごしたのが良くなかったね〜。

P1005458屋上風景






水仙
収穫してちょい手土産に。

P1005459水仙




バラ関連資材
今日届いた肥料などの資材。
このシーズンは自作の発酵肥料を仕込むことを断念して市販の発酵肥料を購入しました。
ニームはスリップス対策で年間を通して継続して補給する予定。
液肥も有機に変更しました。
植え替え土交換などが思うようには出来ないと判断してせめて化成肥料系統の使用を控えめにする方向で。

河合肥料
ブラドミンNo5×3袋@1610

スーパーニームペレット×1袋@3080

有機液肥484号(20K)@4590

P1005460バラ関連資材



kou1792 at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 屋上風景 

2013年01月29日

東京家族






kou1792 at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2013年01月27日

挿し木苗&芽接ぎ苗の手入れ。


レディーオブシャーロット
日曜日は挿し木ポット苗〜から手入れ始め〜。

P1005457レディーオブシャーロット






子苗の手入れ
この辺りでちょうどお昼。
昨シーズンの初夏にかけて沢山仕込んだ中から
生き残った挿し木苗たち〜。
歩留まり半分といったところ。

P1005455子苗の手入れ





オドラータ台と芽接ぎ苗
芽接ぎのポット苗たちは直ぐには結果が出なくて諦めて放ってあったのです。
このザルの中から探す事になるがあまり期待していません。

P1005453オドラータ台と芽接ぎ苗





シャンテマリー
この芽は何だか期待の持てる色合いです。

P1005452シャンテマリー




シャンテマリー2
こちらもちょっと芽に動きが有るような無いような?。

P1005443シャンテマリー2




クリームイブピアッチェ
なんだか微妙な色ですが一応は残して様子見。

P1005450クリーム・イブピアッチェ




クリームイブピアッチェ
オドラータの挿し木台に芽接ぎしてます。

P1005449クリームイブピアッチェ




ファンシードレス
これはまず間違いない。

P1005448ファンシードレス




芽接ぎ苗?
何やかやで期待の持てそうな芽接ぎ苗は画像下のザル1つに収まりました。
歩留まり20〜30%くらいかな?と思います。
上のザルは枯れた訳じゃないけど芽に動きの無い怪しいポット。

P1005446芽接ぎ苗?





ピンク・イブ・ピアッチェ
手作りの防草シートの鉢カバーで雑草対策。
効果抜群です。これでほとんど雑草に悩まなくて済みます。
このオフに全ての鉢にカバーする予定。

P1005444ピンク・イブ・ピアッチェ






切花種コーナー
最後に残った切花種の列。
まだかなりの鉢が残ってます。
今日で完了したいものですが〜。

P1005445切花種コーナー






切花種コーナーもう少し

草引きしたり〜剪定枝を取り置きしながらで進まない。
午後5時の時点でこの程度〜少し残りが出そうな按配です。

P1005441切花種コーナーもう少し






切花種コーナー2
反対側からの画像。

P1005440切花種コーナー2






ジョワデレーヌ
残ってた蕾〜これでバラの花は終了。

P1005439ジョワデレーヌ






品種名が判らない〜
芽接ぎ苗の記名テープが剥がれ落ちて〜品種名が判読できない〜ちょっと焦る。
ラベルの跡を拡大して芽接ぎの成功リストから消去法で【フランスアンフォ】だと推理。
初夏に芽接ぎが成功して成長を始めた株の1つです。
もう1種は【ラ・ローズ・ドゥ・モリナール】
この2株は既に7号スリットサイズ鉢増しされスクスク成長してます。
芽に動きの無かった今回のポット苗とは大きな差が出てしまった。
やはり台木の活力が決め手なのでは?と思ってます。
どちらもオドラータ挿し木ですが鉢植えでしっかり根張りして育ってるのと
水挿しで発根したばかりのポット鉢上げ台ではぜんぜん違います。
このオフにオドラータの挿し木苗も沢山仕込む予定。
今からすれば秋には間違いなく使える台木になると思うけど〜
置き場所がね〜やはり堆肥サイロは撤去してスペースを作るかな?
野バラ台木の方は放置してあった所為で小枝ばかりが繁茂して上枝への高接ぎは無理みたい。
根頭の芽接ぎは率が落ちるので仕立て直しするか?考え中。
鉛筆サイズのオドラータ挿し木が効率が良い気がします。
脇枝も少なくて管理も楽だし。

P1005437フランスアンフォ




kou1792 at 23:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 冬剪定 | 挿し木:接木:芽接ぎ

2013年01月25日

イブ系の冬剪定

イブ系の冬剪定を済ませました。

イヴ・ミオラ

P1005436イヴ・ミオラ






イヴ・クレール

P1005432イヴ・クレール






イブの剪定枝
幾らかの剪定枝も取り置きしています。

P1005434イブの剪定枝






ガブリエル
10号スリット鉢:ガブリエル株もだいぶん大きくなってます。
鉢底から根が出てますので植え替え鉢増しも考慮中。

P1005430ガブリエル






クィーンネファルティティ
こんなのあったかな?
昨夏に購入していたらしい〜。

P1005429クイーン・ネファティティ






今NO5ポット苗
挿し木や芽接ぎのポット苗の手入れも進めてます。
放置していたのでもっと枯れるかと思っていたが案外と生き残っています。
画像ポットのように手当ての甲斐なく枝枯れにて枯れ死したポット苗もむろん有ります。

P1005427NO5枯れ



kou1792 at 19:33|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 冬剪定 

2013年01月20日

水仙の開花




切花種コーナー冬剪定
日曜日の昼下がり少しでも作業を進めようと残っている切花種コーナーで頑張る。
草引きしながらの剪定は思いのほか手間取るもんでなかなか進まない。
夕刻〜日が落ちて肌寒くなってきたので終了。
まだまだ残ってます。

P1005425切花種コーナー






花蕾の収穫
間引きの花蕾を取り置いてみたが〜。

P1005426収穫






水仙の開花
寒咲き日本水仙が咲き始めた。

P1005424水仙の開花






kou1792 at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 冬剪定 

2013年01月17日

LOOPER/ルーパー




LOOPER/ルーパー



kou1792 at 04:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 映画 

2013年01月13日

ガーデンシュレッダーを出して〜



シュレッダーの出番
足元に積みあがった剪定枝の山をまずは片付けないと〜
って訳で久しぶりにシュレッダーを引っ張り出して朝から休まずにひたすら作業
お日様は出てない曇り空ですが少々汗ばむ位の重労働。
その甲斐あって午後3時頃にはあらかた処理を済ませた。

P1005422シュレッダーの出番






剪定枝チップ
今回出た剪定枝チップは例年より少ないような気がするね〜大鉢に山盛り4杯と少し。
イチジクの枝は太いので処理を見合わせたのもあるけど〜バラの育ち具合もいまひとつだったかな?
堆肥サイロに入れるのは中止してこのままゴミに出すか〜まあせいぜい鉢植え果樹のマルチングに使うかな?

P1005417剪定枝チップ






切花種コーナー
引き続き切花種の鉢などを冬剪定しないとね〜それにしても雑草に埋もれて枝ぶりが見えませんな。

P1005418切花種コーナー






雑草が〜
全ての鉢がこんな感じです〜剪定するにもまずは草引きから。
そんな訳で作業は急ブレーキ掛かって遅々として進まず。
防草シートのカバーを全ての鉢にかぶせる決意を新たにしたところです。

P1005421雑草が〜






草引き
雑草も根がしっかりと張って手では抜けなくてラジオペンチみたいな草抜きで作業。
まあこんな感じに草引き&剪定が少しずつ進んでます。
剪定枝を少し取り置きタグ付けなどもしながらだから10鉢も進まなかった。
夕刻17:00片付けて作業をひとまず店じまい。

P1005419草引き




kou1792 at 18:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ガーデンシュレッダー | 冬剪定

2013年01月12日

冬剪定【2】



ハサミの消毒
当然ながら1株を剪定するたびにキッチンアルコールか【うがい薬】でスプレー消毒してます。
特に枯れ込み部分を切除したときはそのつど処理。

P1005415ハサミの消毒






ボンドを塗る
もう大量の剪定枝切り口を処理するのにハケ塗りで対処。
木工ボンドに【殺菌剤+墨汁+木酢液】を混ぜたのを使用。

P1005413ボンドを塗る






剪定枝の処分も考えないと
通路を埋める剪定枝。
行き来するたびに足元が危なくて早急に何とかせねば。
明日〜日曜日に一旦片付けたいな〜。

P1005416剪定枝の処分も考えないと






屋上風景
大鉢のバラ株は剪定完了。
あとは切花種など小物類を残すのみですが〜
雑草に埋もれて品種タグも見えない状況では手間取りそうだ。

P1005411屋上風景






ローズヒップ
ER株の種が少し取れた。

P1005410ローズヒップ






剪定枝取り置き
数種類の剪定枝を取り置きしました。

P1005409剪定枝取り置き



kou1792 at 18:32|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 冬剪定