消毒:薬害

2014年05月29日

サルバトーレME




シャラバール

P1008535シャラバール






ラ・カンパネラスター
なかなか上手く芽接ぎ出来なかった品種。
1苗だけ育って初開花しました。

P1008533ラ・カンパネラスター






サルバトーレME
屋上では『うどんこ病』がどうも切り花種の芽接ぎ苗の新梢などに蔓延してます。
効き目の落ちたサプロールに替えて『サルバトーレME』を封切しました。

P1008531サルバトーレME






久しぶりの消毒
うどんこ病も小虫も消毒作業の間が空いたの原因です。
2014/5/08 日暮れの消毒【スリップス対策】より3週間も空けてしまったので
スリップスがモゾモゾし始めたりうどんこ病が広がったり
コンディションは急速に悪化してます。
ちょっと早急にうどんこ病対策を手厚くしなければね。

P1008530久しぶりの消毒






消毒液に黒砂糖添加
『現代農業 ブドウ糖』なんぞでグーグル検索したら何かと参考記事のダイジェストが出てきます。
今回はスリップス対策として手持ちの砂糖【黒砂糖】を500倍目処で混ぜました。
消毒薬液30L
サルバトーレME:3000倍
オルトラン液剤:500倍
スカッシュ:展着剤
液肥:花ひろば:1000倍
黒砂糖:500倍〜300倍


P1008529消毒液に黒砂糖添加



kou1792 at 21:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年05月08日

日暮れの消毒【スリップス対策】


シャンテ・ロゼ・ミサト手当て
枝枯れ病で新芽が萎れてしまい無理かな?と思うのですが
まあ取りあえず腐れの無い部分まで切り詰めて手当てしてみました。
冬ならともかくこの時期やからね〜駄目っぽいけど

P1008306シャンテ・ロゼ・ミサト手当て






朝の収穫
ちょっと時間が取れなくて収穫が間に合わなくなってます。
花を咲き揃った状況にしてしまうとスリップスの爆発が心配です。

P1008307朝の収穫






苗が届く
仕事から帰ると苗が届いていました。

切花種新苗:白バラ強香
★【ポルトスノー】切花種新苗:白バラ強香
★【エルベフランソワ】切花種新苗:白バラ強香
★【ブランヴュール】切花種新苗:白バラ強香


一度手持ちのバラ品種リストを整理しないとね〜
苗購入や挿し木&芽接ぎなどでずいぶんと増えてしまったから。
名前を聞いても何だか良く判らなくなってきた

P1008304苗が届く






日暮れの消毒
前回の消毒が5月1日でした。
スリップスを抑制する為に1週間程度の間隔で消毒するのが目標です。
仕事帰りでもう日暮れでしたが〜また雨が降ったりする前に消毒を済ませることに。
動噴なのでその気になれば手早く済ます事も可能です。
あまりべっとり掛けると葉に薬害も出やすいので少し遠めに噴霧したけど風も強くなかなか思うようには行かなくて噴霧液を顔面に浴びたりしました。
シーズン最初に使った殺虫剤【スミソン】は対スリップスにはまるで効果が無かったのですが
前回1日の【オルトラン液剤】はスリップスに効き目ありでした。
花弁の中にほとんど見かけなくなりましたから今回も同じ農薬を使います。
5月一杯はこれでしのいでそれ以後は他に替える予定。

手元にあるスリップス対策の薬剤リスト
【オルトラン液剤】有機リン系
【トクチオン乳剤】有機リン系
【ベストガード水溶剤】ネオニコチノイド系
【アルバリン顆粒水溶剤】ネオニコチノイド系:使い残し期限切れ
【アドマイヤーフロアブル】ネオニコチノイド系
【テルスター(水和剤)】ピレスロイド系
【カスケード乳剤】IGR剤
【オレート液剤】石けんの成分:使い残し


今回使った薬剤
オルトラン液剤:500倍
サプロール:1000倍
ダコニール:1000倍
スカッシュ(展着剤)2000倍
液肥:少々
尿素:少々


P1008303日暮れの消毒




kou1792 at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年04月23日

うどんこ病対策の消毒



アスパラガス
数日おきにちょこっと収穫してますが〜何だか太いのが採れなくなったような?

P1008129アスパラガス






挿し木脱落
朝の水やりしながら枯れ込んだ枝を抜き取ります。

P1008128挿し木脱落






若葉がフサフサ
葉が茂り出してうどんこ病の兆しが出てきました。
アブラムシや小虫もちらほら〜見つけたらテデトールしてますがちょっと消毒やな〜。

P1008125若葉がフサフサ






芽接ぎ苗の事故
苗の手入れ中にちょこっと引っ掛けて芽接ぎの新梢がポッキリ
悲しいもう一株ポット苗がありましたので事なきを得る。

P1008124芽接ぎ苗の事故






芽接ぎ苗の支柱立て
伸び上がってきた新梢に支柱を立てました。先ほどの事故はこんな作業中のことです。

P1008127芽接ぎ苗の支柱立て






芽接ぎ苗のラベル
新梢の伸びだした成功苗のポットに品種名ラベルを立てる。
最初に芽接ぎ作業したオドラータ台木の活着率がかなり悪くて3割くらいに成りそうです。
後で芽接ぎした野バラ台木ではほとんど成功してます。
2〜3株有る品種も有るので残す株を選別して少し整理しないといけないね。

P1008126芽接ぎ苗のラベル






うどんこ対策の消毒
仕事を終えた後です〜もう少し暮れて薄暗かったのですが先伸ばすと被害が大きくなりそうな気がして早めのうどんこ病対策。
まだ若葉なので若干薄めの1500倍希釈にしました。
サプロール:1500倍
スミソン:1500倍
展着剤スカッシュ:少々
作業を早く終わらせるため今シーズン初の動噴出動です。
薬液は30L調合しましたが屋上全体のバラに散布して少し残りました。

P1008123うどんこ対策の消毒



kou1792 at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014年03月09日

石灰硫黄合剤の散布




屋上の掃除
放置していた剪定枝のゴミ出し作業〜ハサミで切り詰めてゴミ袋に詰め込みました。

P1007732屋上の掃除






剪定枝落ち葉ゴミ出し
剪定枝ゴミと掃き集めた落ち葉と一緒にこんな90L袋が6個。

P1007731剪定枝落ち葉ゴミ出し






鉢の掃除
消毒や施肥するにしても最初の冬剪定から日数が経って既に雑草や落ち葉が堆積してる鉢もけっこう有りまして掃除するのにかなり手間取る。

P1007730鉢の掃除






もうアブラムシが
何気なくみた新芽にもうアブラムシがちらほら。
オルトランか何か消毒せねば。

P1007728もうアブラムシが






石灰硫黄合剤1
今シーズンはもう無理かな?と諦めかけていたのですが〜何とか今日なら出来そうなので石灰硫黄合剤を散布する事にした。
希釈倍率は20倍。

P1007729石灰硫黄合剤1






石灰硫黄合剤2
肝心なときに電動スプレーが稼動せず
モーター音はすれども噴霧液が出てきません。
已む無くハンドスプレーに変更。

P1007727石灰硫黄合剤2






ハンドスプレーの鬼
屋上のバラ全部にハンドスプレーして回るのは大変でした〜【ハンドスプレーの鬼】となってました。
手がとても疲れました。
電動スプレーの新調を考えねばならぬようです。

P1007726ハンドスプレーの鬼



kou1792 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月16日

咲き散るバラたち



咲き散るバラ
この暑さで蕾もあっという間に花開き散ってしまう状況。
またもや花柄処分が間に合わず後手後手の屋上風景。

P1006967咲き散るバラ






咲き散るバラ2

P1006965咲き散るバラ2






日暮れて消毒
前回は6月7日〜以降はスリップス抑制のために週1でしたかったのだが〜途中の雨降りで少し予定が遅れての全体消毒。
『アルバリン顆粒水溶剤:サプロール乳剤:ハッパ乳剤』
『スミソン乳剤』前回の消毒は小幼虫の効き目がちょい弱かったのでこれを追加。
『葉面散布用の液肥【プログリーン】』
薬液は30L

P1006964日暮れて消毒






風の王国
◆銑イ泙覇呂。

P1006966アマゾン



kou1792 at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年06月07日

久しぶり消毒




ガブリエル

P1006911ガブリエル






ハーモニー

P1006910ハーモニー






エル

P1006909エル






マリヤカラス

P1006908マリヤカラス






ナエマ

P1006906ナエマ






イブ・カノン

P1006905イブ・カノン






バレリーナ

P1006903バレリーナ






間に合わない
花切りが間に合わずに〜咲き散ってしまう事態。

P1006902間に合わない






フランスアンフォ虫被害
ヨトウムシ系が葉を卒業して蕾に食害始めた。

P1006900フランスアンフォ虫被害






久しぶり消毒
もうかれこれ1ヶ月も間があいたので害虫&スリップスが暴走を始めてます。
オルトラン液剤は切らしたので殺虫剤を変えることに。

『アルバリン顆粒水溶剤:サプロール乳剤:ハッパ乳剤』
『葉面散布用の液肥【プログリーン】』
薬液は30L

P1006901久しぶり消毒




kou1792 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月03日

早朝の消毒



消毒の準備
早朝7時前に消毒の準備を始めて短時間にて済ます。
今期初の動噴出動。30〜40分くらいで済んだのではないかな。
『オルトラン液剤:サプロール乳剤:ハッパ乳剤』
『葉面散布用の液肥【プログリーン】』
薬液は30L
前回の消毒は4月10日〜少し間が空きすぎてうどんこ病が広がってしまった。
やはり10日おき位にはしないとこれだけの密植バラでは病気を防げない。

P1005973消毒の準備






マリアカラス

P1005972マリアカラス






M-ウエデングボックス

P1005971M-ウエデングボックス






ほのか

P1005969ほのか






朝の収穫
夜間の気温が低めで推移してる所為か?蕾の開きも遅れがち。

P1005967朝の収穫






ピンク・イブ・ピアッチェ
前日にちょっと間違えて鉢が隣あった品種を出してましたがこちらが正解。

P1005961ピンク・イブ・ピアッチェ






ウオンテッド

P1005959ウオンテッド






用意した支柱
切花種小鉢のために用意した短め支柱。

P1005966用意した支柱






切花種苗の手入れ
最後に残った切花種の列を手入れ始めたが〜今日は半分も進まなかった。

P1005964切花種苗の手入れ






米ぬか石灰
うどんこ病の手当てに試してみるべく米ぬかと石灰を半々にミックス。

P1005965米ぬか石灰






うどんこ病1
こんなふうにあちこちに出てます。

P1005963うどんこ病1






うどんこ病に米ぬか石灰
患部に米ぬか石灰をまぶしてハケですり落とす。
ちょい葉にダメージあり。
あまり強くスリスリしてはいけないようだが簡単にはカビが落ちない。
花首のうどんこ病にはイソジン希釈液でスリ落とした。

P1005962うどんこ病に米ぬか石灰



kou1792 at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年02月10日

石灰硫黄合剤




石灰硫黄合剤
2シーズンほどもサボっていた散布をすることにした。
今回は10倍希釈にて13Lほど使った。

P1005497石灰硫黄合剤






散布
まずは切花種の子苗からスタート。

P1005496散布






散布2
大鉢の株も樹皮を洗うくらいタップリ散布。これで良いのか?知りませんよ

P1005495散布2






散布完了
まあ2時間ほどで終了しました。温泉地みたいな臭いがあります。

P1005494散布完了






巨峰の枝も処理
放置していた巨峰の剪定と併せてついでに散布。
サクランボも散布したよ。
ブルーベリーまでは手が回らないのでしなかったけど〜まあ虫が付かないから大丈夫。

P1005492巨峰の枝も処理






苗の鉢増し1
昨シーズンの夏以降にヤフオクなどで購入していた切花種系の子苗。
ほとんどが9〜12cm程度のビニルポット苗ですけど挿し木も接ぎ木もあります。
7号スリットに鉢増しです。

P1005491苗の鉢増し1






コガネムシ幼虫
鉢増しの用土に自家製の剪定枝堆肥を混ぜたものだから用土の中に幼虫が混じってしまい選り分けるのに一苦労。熱殺菌とか考えないと使えないですね〜。

P1005490コガネムシ幼虫






苗の鉢増し2
M-ビンテージセピア【接ぎ木】
クィーンネファルティティ【接ぎ木】
シェル+【接ぎ木】
つきよみ【接ぎ木】
デザート【挿し木】
プリエ【接ぎ木】
ブルドゥパルファム【挿し木】
ほのか【接ぎ木】
モンテビアンコ 【挿し木】
ロマンティックアンティーク
モンシェリー
DAキーラ
ラ・カンパネライエロー
パルファン・フレ
その他あれこれ20鉢を越えてしまった。

P1005489苗の鉢増し2






苗の鉢増し3
タップリシャワー潅水して終了。ちょうど薄暗くなって来た。
ちょっと頑張った日曜日のバラ作業でした。

P1005488苗の鉢増し3





kou1792 at 18:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年07月27日

刹那の体重計=79,2Kg



初イチジク
イチジク【ドーフィン】が熟し始めた〜収穫は明日辺りかな?

P1005019初イチジク






ロマンティックエンジェル

P1005018ロマンティックエンジェル






ジプシーキュリオーサ

P1005016ジプシーキュリオーサ






レディチャペル

P1005014レディチャペル






アンリマチス

P1005012アンリマチス






バタデコーラ

P1005009バタデコーラ






オールドロマンス

P1005007オールドロマンス






エミーラ

P1005005エミーラ






イブ系のピンチ
イブ系のコーナーでは蕾が上がって来たらすかさずピンチ。
もう来年あたりまで咲かさない勢いです。

P1005010イブ系のピンチ






エプタイド

P1005003エプタイド






芳純

P1005001芳純






フロージン”82
枝枯れ病の出た主幹を切り戻す。
残るシュートは1本のみ。かなり危ない状況。
んん…。株がグラグラします。
そう言えばこの鉢土〜何とも顆粒状でサラサラ。まるで顆粒状培用土。
まず間違いなくコガネムシ幼虫が居てます。
根の食害を受けて株が消耗したのと枝枯れの発生は影響してるよな〜。

P1004999フロージン”82






コガネムシ幼虫の疑い
怪しいフロージン”82の表土にオルトランDXをたっぷり混和してからシャワー散水。
コガネムシ幼虫が退治できますかどうか?

P1004998コガネムシ幼虫の疑い






枝枯れ病手当て
こちらはプライダルホワイトの手当て。

P1004997枝枯れ病手当て






枝枯れ病切除
毎日のように〜何処かしら枝枯れ病の枝を切除しては手当てを繰り返す日々。

P1004996枝枯れ病切除






全体消毒
週1スケジュールから5日ほども遅れての消毒散布。
終わる頃はもう暗かった。

ニームオイル
サプロール
ベストガード水溶剤
オレート液剤
砂糖:尿素


P1004995全体消毒






芽接ぎ苗の鉢増し
芽接ぎが成功して新芽が伸びたポット苗。
夏対策と成長促進効果を期待して7号スリットに鉢増し。

P1004993芽接ぎ苗の鉢増し






刹那の体重計=79,2Kg
もういつから始めたかな〜この1日1食。
86Kほど有った体重が少しずつ痩せてとうとう79Kg台に突入。
まあビール1本飲んだらたちまち消え去る刹那のデジタル表示です。

P1004994体重計






kou1792 at 22:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)