木酢液

2013年07月13日

木酢液の被害





水やり忙しい
自動潅水のラインが止まったままなので相変わらず毎朝の水やりに忙しい。

P1007050水やり忙しい






木酢液?
一部のバラ株に前回の木酢液30倍散布の薬害か?と思われる症状が出ています。
ほとんどは大丈夫なんですが4〜5株でしょうか〜葉の変色がひどくて〜散布液の掛け具合とかも影響するのかも知れないね〜ちょっと失敗だったかな〜
肝心の虫予防には程遠い状況で目に見える効果は出てません。
相変わらず小虫が新梢や蕾に被害を出してます。
効果が現れないのに薬害だけなんてちょっと想定外でした。
気温とかも影響するのかな?
20倍散布はちょっと選択し難い状況。

P1007051木酢液?






イチジクすくすく
一文字仕立てのドーフィンはしっかり枝葉を伸ばして樹形も整って来ました。
大きくなってきた実はまだ青いのですが今シーズンも豊産予想。
昨シーズンの失敗あるので水やりだけは手抜きしないでしっかり済ます。

P1007049イチジクすくすく






アマゾン
『海翁伝 (講談社文庫) 』土居 良一
『マギの聖骨 上 (シグマフォース シリーズ1) 』ジェームズ・ロリンズ

P1007048アマゾン



kou1792 at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2013年07月08日

木酢液30倍散布




少しずつ休まないように〜花柄処分。

P1007020花柄摘み






水やり6日

P1007018水やり6日






ハダニ対策
シャワーヘッドを小さいのに替えて強シャワーで葉裏を吹き飛ばす。
小ぶりの鉢なら株ごと横に倒してシャワーで吹き飛ばすと良い。
2〜3日くり返せば目立たなくなります。

P1007019ハダニ対策






アマゾン
『時の地図』早川SF文庫

P1007017アマゾン






シャンテ・ロゼ・ミサト{2004デル:直シュラブ1,5m:強香:}

P1007039シャンテ・ロゼ・ミサト






ギィ・ドゥ・モーパッサン

P1007035ギィ・ドゥ・モーパッサン






トワイライトブルー

P1007034トワイライトブルー






ヴィンテージシルク

P1007031ヴィンテージシルク






ラ・シャンス

P1007029ラ・シャンス






エミーラ

P1007027エミーラ






ラ・ジョコンダ

P1007026ラ・ジョコンダ






Jヒーリング

P1007025Jヒーリング






ホワイトクリスマス

P1007024ホワイトクリスマス






ムンステッドウッド

P1007023ムンステッドウッド






液肥散布8日
週1サイクルの液肥散布。
朝の9時過ぎから花柄摘みを済ませて〜液肥の散布を済ませたら正午少し前。
汗ビチョビチョで降参しました。
屋上から撤退〜シャワーしてお昼寝です。

P1007021液肥散布8日






★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

陽が落ちてから屋上に


ブルーベリー収穫
例年はもう少し完熟まで待つんですが〜防鳥ネットに大穴が開いて使えない状況です。
そんなんで野鳥と競争ですからやや未熟ながら青く色づいたら横取りされないうちに早めの収穫です。
野鳥被害ですが実は食べられちゃうより野鳥の突き傷や梢の間の動きで落果するのが多いです。
完熟を待つと風が吹いても落ちちゃうね。

P1007043ブルーベリー収穫






ブルーベリー収穫2

P1007042ブルーベリー収穫2






木酢液30倍
ブルーベリーの収穫時期とあって農薬の散布はちょっと控えたい〜。
そんなんで消毒の間がずいぶん空いてしまい蕾や新梢の先端に虫害が目立つようになって。
木酢液の散布を試してみることに。
ニームオイルも良いのでしょうけれど推奨倍率300倍とかだと薬液30Lとか大量散布にはコストが高く付いて仕方が無いので継続使用は無理があります。
20倍までは使えるはずですが久しぶりなので今回は30倍にしました。
(注)翌日の見回った感じではホソオビの小幼虫には効いてないみたいです。
20倍まで濃くして再度の散布を試さねば。


P1007041木酢液30倍






木酢液散布

P1007040木酢液散布



kou1792 at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年06月15日

挿し木の成果と鉢増し作業

木酢液散布
苗類に木酢液20倍で散布。

P1004675木酢液散布






木酢液散布2

P1004674木酢液散布2






IB化成
鉢植えにIB化成を追肥しました。

P1004673IB化成






佐伯泰英新刊

P1004672佐伯泰英新刊






鉢増し作業1
最初に子苗ポットの底をカッターで切り取る。

P1004668鉢増し作業1






鉢増し作業2
15cmのポットにサイズアップ。スッポリ落としこんで〜。

P1004667鉢増し作業2






鉢増し作業3
周囲に土を注ぎいれてからハサミで中のポットに切れ目を入れる。

P1004664鉢増し作業3






鉢増し作業4
少しずつ振動させながら引き抜くと完成。

P1004663鉢増し作業4






鉢増し水やり
作業の途中で水やりしながら〜

P1004658鉢増し水遣り






今NO1

P1004670今NO1






今NO2

P1004662今NO2






今NO3

P1004669今NO3






今NO4

P1004661今NO4






今NO5

P1004665今NO5






今NO6

P1004666今NO6






今NO7

P1004671今NO7






ジュードディオブスキュア

P1004660ジュードディオブスキュア






レディーオブシャーロット

P1004659レディーオブシャーロット






ローズ ポンパドール

P1004656ローズ ポンパドール






ソレイユバルティカル

P1004655ソレイユバルティカル






アマンディーヌ・シャネル

P1004654アマンディーヌ・シャネル






ダムドゥシュノンソー

P1004653ダムドゥシュノンソー






シャンテ・ロゼ・ミサト

P1004651シャンテ・ロゼ・ミサト






鉢増し作業終了
深夜近くなって作業終了。
これで昨年12月〜1月にかけて試みたロックウール挿しに始まり〜
鉢上げ成功までの半年にわたる結果が出ました。
24種『自宅栽培種は除く』を試みて18種で成功6種が失敗でした。
挿し木はそれぞれ数本ずつは試してますが1株でも活着したら成功とします。
最終結果は成功率75%となります。寒い時期は意外に結果が良い印象です。
芽接ぎに関しては各1株程度は試したのですが〜現在4種のみ生き残ってます。
当初ほとんど成功するんじゃないかと思われたのですが〜気温が上がるにつれ枯れ込みが頻発して駄目になりました。素材の接ぎ芽の成熟度合いとか?台木の活性も影響するのかな?と思います。

P1004650鉢増し作業5


kou1792 at 23:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2011年08月18日

久しぶりに木酢液を試す


ドーフィン8【累計66】

P1003370ドーフィン8






洗剤液バケツで花柄処理

P1003369洗剤液バケツで花柄処理






朝の収穫
ここに来て花も少なくなったよ。

P1003368朝の収穫






切花長もち剤
最近〜友達から頂いた品です。

P1003367切花長もち剤






木酢液を散布
ハダニがすごいのでとりあえず数回のシャワー散水で枯れ葉など落として幾らか整理したところで
久しぶりに木酢液の散布をしてみた。
いきなりの20倍は危ないので30倍で散布。

P1003365木酢液を散布




ハダニ観察
しばらくしてから葉裏の観察〜肉眼ではよく判りません。

P1003363ハダニ観察




ハダニ観察ルーペ拡大
ルーペで見てみると1匹動いてます〜簡単にやっつけるって訳には行かないね。
今度は展着剤を加えて散布してみようと思う。

P1003364ハダニ観察ルーペ拡大






kou1792 at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月02日

濃縮液肥の調製


久しぶりに木酢液
こちらもシーズン当初は毎朝のように軽くスプレーしてたんですが梅雨頃からしなくなって久しいですね。せめて工場前の切り花苗だけでもと再開しました。
木酢液の希釈は目分量で20倍程度です。べっとりスプレーでなく軽くササッとする感じ。

久しぶりに木酢液




























濃縮液肥の調製
途切れていた液肥の散布を再開する為に〜まずは濃厚原液40Lを調合しました。
タンクミックスFBというオール成分処方の完全肥料です。

濃縮液肥の調製




























久しぶりの液肥散布
ほんに久しぶりです。梅雨ころからしてなかったです。
手抜き怠けの放任栽培が〜今期の寂しいバラ達を招いたと反省。
ちょこっと遅かったですが。
考えたらこの時間が取れなくてね〜なかなか。

久しぶりの液肥散布



kou1792 at 23:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月26日

毎日木酢液



毎日木酢液
毎日のように20倍木酢液を掛ける工場前のバラ苗たちは葉も艶々して元気そうです。いくらかのうどんこ病は出てますけどまあ大丈夫。

毎日木酢液





























ヘルシューレン
コレも工場前の一鉢。
癌腫もちのバラですが蕾も沢山上げてそんなの関係ないといった感じです。

ヘルシューレン

kou1792 at 23:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月24日

木酢液とえひめAI




毎日木酢液散布
玄関先の養成苗には毎日のように20倍木酢液の散布を欠かしません。
うどんこ病も少しは出ますがドンドン広がることなく何とかコントロールの範囲。
若葉が侵された場合は切除します。虫の気配は今の所無いようです。

毎日木酢液散布





























えひめAI1
屋上はえひめAIの散布効果を見極めている所です。
ミニバラと切花種苗たちは毎日のように新芽と蕾中心に軽く散布。
コレだけの作業で〜うどんこ病は何とか押さえが利いてます。
例年〜この時期なら蕾の花首が白くなって往生するんですがほぼ被害なしです。
葉のほうには幾らか見え隠れしてますが〜どんどん移って広がる事はないです。
黒点病が一部の苗に出てしまいましたがこちらには効果なし。
別に除けてサプロール散布を考え中。

えひめAI1





























えひめAI2
朝の見回りでうどんこ病のひどく出た葉にはハンドスプレーして手指でスリ取るなんてことも。

えひめAI2





























えひめAI3
雨で洗われてしまったので〜間をおかずに全体散布。
レシピは先だっての残り液をそのまま使用。
軽く薄く掛け回すかんじで5L程度で済みました。
えひめAI=20倍
クエン酸=200倍
砂糖=200倍
展着剤少量

hanaさんのお話だと〜この濃度ではまだ濃過ぎて薬害の懸念も幾らかありますが〜まあテストです。

えひめAI3





























チエ
早めに切り摘んでみました〜けっこう良い香りがしています。
香りで思い出しました〜日バラカレンダーでは開花前のヨウリン少々と石灰水または珪酸カリの散布を勧めてます〜。どこかに有ったかな?

チエ


kou1792 at 23:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年04月17日

木酢液の全体散布



木酢液
屋上も簡単に散布しておこうと木酢20倍液の調整〜20リットル。

木酢液





























木酢液散布
軽く蕾の新梢中心に〜全体散布。やはり焦げ臭い匂いがするのか家内からクレーム。
消防車騒動のこともあるから仕方が無いね〜臭いの無い農薬にシフトするかな〜

木酢液散布





























テディーベア
軽く枝整理するつもりでしたが〜アブラムシがしっかり居ますね〜ハダニの痕跡もいくらか散見。やはりミニ系統はハダニが付いて回る感じです。
ハダニ予防に【粘着くん】の週1散布を考えています。

テディーベア





























アブラムシ
そんなに居るはず無いと思い込んでたのですが〜よくよく見るとポツポツ新梢に蕾に群れてます。
洗剤液バケツ片手に一回り〜。何処かから飛んできたばかりの羽つきもかなり目につきます。
オルトランが効く事に期待。

アブラムシ





























ヒラタアブ幼虫
この姿〜滅多に見ないんですが〜この春はアブラムシが多いのかな?
餌を残しておくのがオーガニックの正しい態度ですが〜そうも言ってられないのでごめん。

ヒラタアブ幼虫





























エミーラ1
最後に残ったエミーラの芽掻き&整枝作業。此処にも眼の行き届かないところでアブラムシがしっかり居ますね〜。

エミーラ1





























エミーラ2
野菜プランター3個でかなりの時間を掛けたよ。これで屋上は一回りした事になりますが〜最初に整枝した鉢はもうかなり繁ってます〜。

エミーラ2





























洗剤液バケツ
今シーズン初めて作った洗剤液のバケツ。
アブラムシ達は木酢液散布にもめげずに元気そう〜見つけたら枝葉ごと切除して放り込んでいまいます。うどんこ病の葉も切り取って放り込みます。

洗剤液バケツ





























芽掻き&整枝
振り出しに戻って〜最初のイングリッシュローズコーナーから芽掻きと枝整理をして回る。これでまずは芽掻き&整枝に一区切り。
後はうどんこ病のコントロールやね。

芽掻き&整枝


kou1792 at 23:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年04月16日

木酢液のハンドスプレー


木酢液
うどんこ病対策として〜木酢液を毎日ハンドスプレーしてみる試み
工場前の養成苗だけですが狭い範囲だから何とか実行できそうです。

木酢液





























屋上風景1
今日はシトシト終日の雨模様。屋上作業は完全休止です。

屋上風景1

















屋上風景2
屋上風景2

















屋上風景3

屋上風景3


kou1792 at 23:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)