絵画教室・画塾アトリエエムの日々

兵庫県三田市の絵画教室・画塾アトリエエムです。美大受験、デッサン、油絵、水彩画、たまに丸尾宏一のこと。 筍娃沓-564-6085

7月27日水曜日

こんにちは。

7月末に移転予定のアトリエエムの丸尾です。

暑いですね。めちゃくちゃ。


さて、教室ではお話ししてますが、ここサカイビルでの講習は7月27日の水曜日が最終になります。
(絵画教室は25日の月曜日です)


引越しの準備で、バタバタしててごめんなさい。

今日も教室はおやすみですが、バッタバタしてますので、これまで!



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
移転の関係で、27日(水)の昼間の絵画教室と、28日(木)、30日(土)の画塾と絵画教室はおやすみにさせてもらいます。


人気ブログランキングへ

アカネさんらの作品が

こんにちは。

7月末に移転予定のアトリエエムの丸尾です。

移転の関係で、27日(水)の昼間の絵画教室と、28日(木)、30日(土)の画塾と絵画教室はおやすみにさせてもらいます。


梅雨がなかなか開けませんね。

九州の方は大変なことになっています。被害が大きくならないことを祈ります。


さて。

この時期、私立美大からは2017年度の募集要項などがどんどん送られてきています。

大学のHPも更新され、今年度の入試案内が始まっています。

そんな中、少し気になるのは合格者参考作品。

昔は紙媒体でしか見られなかった作品が、最近ではweb上でも見られるようになってきております。

そこに卒業生の作品が載ると、それは指導者としてはうれしいかぎりです。


ありがたいことに過去には何度か、うちの卒業生の作品を載せていただきました。

その都度「よし、まちがってないぞ。」と自信になります。


そして今年度も数点、載せていただきました。


まず、アカネさん。

多摩美術大学の入試ガイドに。

入試ガイド2017

このガイドの51ページ、真ん中のデッサンです。


さらにアカネさんは、京都造形芸術大学のHPにも!

2016年度入学試験問題

こちらの参考作品◆兵蠅離妊奪汽鵝がアカネさん。


そしてそして、マキさんも同じページの参考作品に。

一般入学試験、鉛筆デッサン(静物)の参考作品がマキさんです。


いやー、うれしいですね。

公立大学のHPなどの更新はまだですが、そこにも載っていたらさらにうれしいなあ。


…ただ。

以前ここにも書きましたが、アカネさんは現在、金沢美術工芸大学に。

マキさんは多摩美術大学にそれぞれ進学。


つまりこれは「合格者参考作品」であって「入学者参考作品」ではないということで。

そういうもんなんですね。



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
移転の関係で、27日(水)の昼間の絵画教室と、28日(木)、30日(土)の画塾と絵画教室はおやすみにさせてもらいます。


人気ブログランキングへ

季節はずれですが…

こんにちは。

7月末に移転予定のアトリエエムの丸尾です。


暑いですね。

ちょっとブログの更新をさぼってました。

なにがあったわけではないですが。


さて、久しぶりに絵画教室でできあがった作品を紹介しましょう!

ノグチさんの新作です!


201607091
油彩画「ハロウィンのお孫さん(仮)」F10


昨年の秋、ご旅行で行かれたホテルでのハロウィンパーティーの写真をもとに描かれました。

ちょっと不安そうなお孫さん。右はホテルの方だそうで。

背景は野口さんのもってるイメージをできるだけ表現してみました。

かわいくて楽しい作品に仕上がりましたね!!



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

引退

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


いい天気の日曜日。

7月になりました。今年も折り返しですね。


さて、こちらは3年生、カレンさんの作品です。


201607031
「片手鍋 木べら」


この作品が19枚目。

なかなかしっかりと描けているデッサンですが、まだまだこれからですね。


カレンさん、先月末で部活動(水泳部)を引退。

長い間、お疲れさまでした。

今年の3年生は夏まで活動している吹奏楽部員がおりません。

なので、実質ほとんどの生徒が部活動を引退したことになります。


さあ、みなさん、これからは全員でバリバリがんばりましょう!

やることはいたってシンプル。

描いて描いて描きまくります!

勝負の夏も近い!



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

志望

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


さて。

作品紹介が続きますが、3年生ミオさんのデッサンです。


201606271
鉛筆デッサン「中華フライパン ランチョンマット 薪」


色彩構成のため一時中断していたデッサンを先週末、描き上げました。

正統派のしっかりとしたデッサンです。

空間も感じますね。


前回の色彩構成もこのデッサンも、ミオさん、なかなかいいものをもっています。

そんなミオさん、どんな大学を志望しているかといいますと…実はまだ未定。

将来何をしたいかは、ぼんやりイメージはありますが、大学となるとどこがいいのか。

まだはっきりとは決めかねています。


これ、全然遅くないと思います。

もちろん、もう「この大学に行きたい!」と決めてがんばっている生徒がわるいわけではありません。

それも素晴らしいことだと思います。


一度しかない人生。

おそらく一度だけになるであろう大学生活。

じっくりじっくり、よーく考えて決めていきましょう。


かくいう僕も、土壇場で学科も大学も決めました。

高校3年生の夏、画塾に通い始めてから浪人の秋ごろまではずっとデザイン学科を志望していました。

でもそのころ、自分のデッサンが壁を超え、純粋に絵を描くことが楽しいと思い始めました。

そして進路も見直し、洋画コースを志望することに。


大学にいたっては、僕の母校、京都造形芸術大学は高校3年生の時にはまだなかったほどで。

浪人時代の、ちょうど洋画コースにしようかなと考えだした頃に、新聞に大学開校の記事が載ったんじゃなかったかな。たしか。

そんなもんで、第一志望を京都造形芸術大学に決めたのも、入試の2ヶ月ほど前でした。


そんな土壇場で学科も大学も決めましたが、いま僕はまったく後悔していません。

後悔どころか、大学で素敵な先生方や友人に出会い、本当にいい学生生活を送れたと思っています。

いま、こうしてこの仕事をさせてもらい、油絵も描きつづけていられるのは、母校、京都造形芸術大学に通っていたからだ、といっても過言ではありません。


なのでミオさん、まだまだ焦ることはありません。

ゆっくり丁寧に決めていきましょう。


ほかのみなさんも、進路を決めるのはまだまだ先でもかまいません。

なにか迷いや不安があれば、いつでもお話し聞きますよ。

一度きりの人生。

後悔だけはしたくないですからね。



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

色彩構成

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


雨ですね。

すごい雨。天気予報は当たるなあ。


さて。

3年生ふたりが色彩構成に取り組んでいます。


関西の私立美大の入試ではこの「色彩構成」という課題は減ってきてますが、関東の美大や、公立大学ではまだまだ受験課題として設けられています。

公立美大を第一志望に見据えるふたり。

トレーニング開始です。


まずミオさんの作品。


201606241

この作品のように画面を線で分割し、着色するものを、美大受験の世界では「平面構成」といいます。

テーマが与えられる場合や、使っていい線種などの条件が与えられる場合もあります。

色数を指定されることも。


今回は相反するテーマを与えてみました。

線種や色数は自由。

さて、この作品のテーマはなんでしょう。

左右、相反する意味を持つテーマです。


正解は…。


「ネガティブ」と「ポジティブ」でした!

ネガティブ、いいですね。ポジティブにもう少しだけあざやかな色があってもよいかな。


続いてサヤカさんの作品。


201606242

こちらはまた少し雰囲気がちがいますね。

このように何かしらモチーフが与えられ、それをうまく構成して色を塗るものを「モチーフ構成」といいます。

これまた美大受験の世界に限ってだと思いますが。


この作品づくりには最低限のデッサン力が必要です。

で、今回は目玉クリップがモチーフ。


サヤカさん、丁寧な仕事がいいですね。

クリップの構成もまずまず。

色も7色だけ、と限定しています。

練習を繰り返せば、さらにいい色の組み合わせが見つかるかもしれませんね。


というわけでデザインの基礎、色彩構成の作品紹介でした。

おふたりともお疲れさま。



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

アトリエエム移転のお知らせ

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


雨の日曜日。

はやく梅雨が明けないかなあ。


さて。

大切なことをこのブログでお伝えするのを忘れておりました。

(タイトルにありますが…)アトリエエムはこの夏、移転します!


2006年3月、ここサカイビルの2階でうちは開校しました。

奇跡的な巡り合わせや出会いが何度もがあり、駅や近隣の高校からそう遠くない最高の立地で。

この場所を見つけてくれた不動産屋さん、ビルのオーナーであるサカイさん、内装や電気工事をしてくださった業者さん、メーカーさん。

そして教室の運営にかかわってくださった、多くの方々。

もちろん、生徒さん、保護者のみなさま。

本当にありがとうございました。

なんとか10年間、この場所で続けることができました。


そして今年に入り、また奇跡的なことが次々と起こり…、来月移転することになりました。


場所は…なんと三田駅から徒歩2分!

駅の北側、閑静な旧市街地の一角です。


地図m1604135のコピー
ここです!駅北側のロータリーから目と鼻の先!


この移転で高校やおうちから少し離れてしまう人、ごめんなさい!

でも電車やバスで通ってくれているみなさんにとっては、うれしいですよね。


いま、ここにある物件をリフォーム中。

約一か月後にはオープンできるかな。


10年前、このサカイビルで開校した時には「日本一美しい画塾を!」なんて冗談半分で言うてましたが。

今度は本気です!

日本一美しく、そしてすてきな教室を目指して、精一杯がんばります!

みなさん、これからもどうぞご協力のほど、よろしくおねがいいたします!



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

木炭+鉛筆

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


今日もいい天気。

梅雨なのに。


さて、浪人生ミクさんの作品です。


201606151
デッサン「アイロン ハンガー 洗濯バサミ 布団バサミ」


浪人生になって、しばらく鉛筆で卓上デッサンを続けていたミクさん。

でも、志望している学科の受験内容は、前回の記事にあります「石膏デッサン」です。

画用紙は木炭紙といって、ふだん描いているものよりも一回り大きく。

画材も、木炭か木炭と鉛筆の併用と決められています。


というわけでミクさん、受験モードに向けて少しづつ移行。

このデッサンは木炭紙に木炭と鉛筆併用で描かれています。

そしてぼちぼち石膏デッサン…かな。



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

石膏デッサン

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


いい天気ですね。

梅雨とは思えないくらい。


さて。

浪人生ナオさんはいま「石膏デッサン」に取り組んでおります。


201606101
鉛筆デッサン「石膏像ラボルト」


ナオさんがいま、志望している大学、学科では石膏像は出題されません。

でも、描いてます。


卓上モチーフではなかなかのデッサンを描き上げるナオさん。

でも石膏像となるとそんなナオさんでも、一筋縄ではいきません。

最初は悩み悩み、迷い迷い描いていましたが、このラボルトで4枚目。

少しコツをつかみはじめたかな。


浪人生になり、少し時間も余裕ができて。

直接受験とは関係ないように思われる、石膏デッサンの取り組み。

この経験も、後々きっと価値のあるものになるでしょう。



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ

トライやるウィークしてました

こんにちは。

アトリエエムの丸尾です。


午後からはいい天気の日曜日。

また新しい週のはじまりです。


さて。

このブログでは触れていませんでしたが、実は先週、トライやるウィークを実施しておりました。

(実施、というより事業所として中学生を受け入れていた、というのが正確かな。)


ここ数年ずっと受け入れております、トライやるウィーク。

中学2年生が一週間学校を離れ、それぞれの事業所でそれぞれの体験をします。

職場体験というかたちで、社会人のお仕事を体験する事業所が多い中、うちは少しちがってまして。


「世の中には美術に関わるお仕事がたくさんあるんだよ。」と。

「そういう仕事に就くためにはこういう教室で勉強する必要があるんだよ。」と。

そんなことを知ってもらうため、受け入れております。


と、いうわけで先週、市内N中学校からおふたりの生徒がやって来てくれました。

やってもらったことは、受験生たちがやっていることと同じ「鉛筆デッサン」。

美術の世界の入り口。基礎の基礎ですね。


できあがった作品を紹介しましょう。


まずはマリカさんの作品。

初めて描いた鉛筆デッサンです。


201606042
鉛筆デッサン「立方体」

いやすばらしい!

かたちも正確にとられていますし、石膏というその質感も表現されつつありますね。

丁寧な丁寧な鉛筆の使い方に好感が持てます。



そしてこちらがサヨさん。

幾何形体を練習し、最後に好きなものを、ということで描き上げました。


201606041
鉛筆デッサン「フルート 譜面のファイル」

これまたすばらしいー!

美術も好きだけど、音楽も大好きなサヨさん。

大切なフルートを持ってきて描いてくれました。

ファイルにかかってる正確なパース。

五線譜の描き込みや金属の質感表現。

何も言うことはありません。おどろきの出来ですね。


ほんとにすごい。

ふたりともお世辞ぬきで、高い才能を感じましたよ。


とはいっても、まだまだ若いおふたり。

やりたいことも様々でしょう。

少し時がたって、また美術に強く関心を持つようになったら、アトリエに戻ってきてくれると嬉しいです。


一週間、本当にお疲れさまでした。



atelier Mのホームページ 筍娃沓-564-6085
絵画教室、画塾ともにしばらくおやすみはありません。


人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード