少し青臭いことを書きます。

なかなか人を好きになれない俺でも28年の人生で本気で惚れた女が3人いた。

1人目は俺が20歳の時に沖縄を放浪していた時に出会った19歳の関西の大学生で彼女も旅をしていた。そして俺の初体験の相手でもある。しかし、俺は童貞で挿入の仕方が分からないという悲しい過ち犯した。出会ってすぐ一目惚れしてしまい彼氏がいるという彼女の抵抗を蹴っ飛ばし合意のエッチを取り付けた。沖縄の離島で、満点の星空と打ち寄せる波の中二人は愛し合った。一緒の時間を過ごしたのは沖縄での2日間だけだ。今もたまに連絡を取り合ってる。
(挿入なしなのでノーカウント)

2人目は俺が23歳の時に就活セミナーで出会った。22歳のが大学生だ。お互い一目惚れだったのですぐ両想いになれて幸せな日々を送った。俺が上京してからも金曜の夜から東京まで来てくれて週末を一緒に過ごした。惜しみなく愛情を与えてくれて大好きだった。でも東京に来て周りの可愛い女の子たちのアプローチもあって俺は浮気をした。彼女とは2年続いた。一番長く続いた女の子だ。

3人目は俺が25歳の時にホストをする少し前、友人のパーティで出会った30代のアナウンサーだ。今でもテレビに出ている。すごい聡明な人で俺は彼女から色んなことを学んだ。そして貢いで貰った。旅費やデートの食事代、ホテル代も全て出して貰っていた。その頃、俺はモデル、カメラマン、ライター、ホストをしていた。どれも半端で悩んでいた俺をいつも支えてくれた。彼女の懐の大きさには感謝している。他にも女をいっぱい作っていて俺はモテると勘違いしていた。遊び相手の女が妊娠したと言ってきたので俺はアナウンサーと別れた。後に妊娠は嘘と分かったので遊び相手の女とも別れた。

その中の沖縄で出会った女の子が結婚した。彼女が5年付き合った相手だ。写真を見た。ハンサムではないが優しそうな男だった。少し俺に似ている気もした。
以前、彼に暴力を振われた時、俺は腹の中ではそんな糞野郎と別れて俺のとこに来い!と思ったが彼女がどれだけその男に惚れ込んでいるか知っていたから「もう少し信じてあげたら」と言った。その後、暴力があるかは知らないが日記を見る限りは幸せそうだ。俺の中の「惚れた女ならどんなに不幸にしても自分のものにしろ」って考えはエゴだと気付いた。惚れた女は幸せにしなきゃ駄目なんだ。
もう8年会ってない。そしてこれからも会うことはない。
でも、もし出会うことがあればもう一度俺は彼女を口説きたい。

他の2人ももし出会ったらまた好きでいると思う。
そんだけ好きになった相手だし、その時に別に好きな人がいたとしても俺は好きなんだと思う。

好きな人は今でも好きなまま。