Ringoハック  コウのBlog

コウは、昭和40年(1960年代)男です。 PCはFM-TownsからはじまりWindowsを使っていましたが、ジョブスがiMacを発表してからApple信者になりました。 Appleについてのことも書いていきます。 好きなアニメや漫画、SF小説、映画についても日記風に書いていきたいと思います。

Apple好きのみなさんへ Apple、iPhoneのことについて書いていきます。 アニメについても書いていきます。

 Pocketは、インターネット上の記事を保存して、あとでまとめて読むための無料のサービスです。

 Safariで、「古い機能拡張」が使えなくなったので、機能拡張なしで Pocketを使う方法をご紹介します。
GoogleアカウントでMacOSアプリにログインする方法も合わせて書きます。
 
参考:2019/09/21

●Pocketのはじめかた(Webサービスの利用)

 Googleアカウントか、自分のメールアドレスで登録することが出来ます。
今回は、Googleアカウントでログインします。

※Apple、Firefoxのアカウントでログインする場合は以下のアドレスをクリック


■MacOS版アプリのインストール


■MacOS版アプリにGoogleアカウントでログイン

pocketlogin001

 
 Webサービス版PocketにログインしたGoogleアカウント、passwordを入力しても、何故か「Login Error」が表示されます。

pocketlogin002

 
 仕方がないので、「Forgot password ?」をクリックして、パスワードのリセットをします。
Googleアカウントを入力「送信」。
受信したメールから、元のパスワードの入力して再設定すると、MacOS版PocketでGoogleアカウントでログイン出来るようになります。

■SafariでPocketを使えるように設定

 ①Safari 右上 → 共有 → その他 クリック

pocketlogin003


 ②システム環境設定 → 機能拡張 → 共有 → Pocket クリック
(Evernoteを使う場合も、同様に設定できます)

pocketlogin004


■SafariでPocketに保存する方法

 保存したいWebサイトを表示。
 Safari 右上 → 共有 → Pocket クリック

pocketlogin005


これで、Pocketに保存できます。


Safariには、Pocketの機能拡張をインストールできなくなりましたが、「共有」ボタンからWebサイトを保存することができます。

※参考:
 Chrome、Firefoxの場合は機能拡張をインストールできます

 みなさん、Webブラウザの機能拡張は使っていますか?
Macで、しばらく「Chrome」を使っていましたが、やっぱり「Safari」がいいかな、と思い「Safari」を起動したところ、
『「Norton」や「1password」とか、他にもあった、機能拡張のアイコンがツールバーから消えている!?』
『どうゆうこと?』

「Safari → 環境設定 → 機能拡張」で確認すると、
   機能拡張がありません
『どうゆうことでしょう?』

 そのまま、「機能拡張を追加」をクリックすると、
「App Store の Safariの機能拡張」が表示されました。
前は、「APPLEの機能拡張のWebサイト」が表示されたはずです。

(とりあえず、「1password7」を開いて、「ブラウザの拡張機能をインストール…」を選択して、インストールしました。
 実は、最初に「1passwordX」というのを間違ってインストールしたので、みなさんもご注意を。)
私が欲しいものは「App Store の Safariの機能拡張」の中には無いので、どうしたものかと調べたところ、

「2019年09月03日」で古いSafari機能拡張はダウンロードできなくなりました。

 Appleは古い(レガシー)機能拡張は対応しないとのことです。
新しい機能拡張を同梱したアプリ、または機能拡張のみを「MacAppStore」で公開しています。

参考記事:
Apple、「Safari Extensions Gallery」を閉鎖。古いSafari機能拡張はダウンロードできなくなったので注意を

 2019年10月に公開する、macOS Catalina」は完全64ビットOSで、32ビットアプリは動作しないそうです。

 私のMacで調べたところ32ビットアプリは、プリンタのユーティリティアプリがまだ32ビットアプリでした。
今のうちに、プリンタメーカーのサイトで、今後アップデートするのかを、確認したいと思います。

みなさんも、古い資産にはご注意を!

 AirPodsはワイヤレスなので、走ったりして頭が動くと、落としてしまう人もいるでしょう。
最近は電車のホームから線路に落としてしまうのが、問題になっているようです。
落とした場所が判っていればいいのですが、行方不明になった時の探し方をまとめました。

●事前準備
 「iPhoneを探す」をオンにしておく。
  iPhone→「設定」→「AppleID」→「iCloud」→「iPhoneを探す」オン
 
iphone_001


「iPhoneを探す」アプリで探す。
 「iPhone」に「AirPods」をペアリングしてあれば、「iPhoneを探す」ア
プリを選択して、表示された「AirPods」をタップ
 

iphone_002


●「AirPods」の現在地を地図上で確認できたら、「サウンドを再生」をタップして、探す事ができます。
 ここでオンライン・オフラインの状態が確認できます。
 注意点として、ケースに入ったままの「AirPods」は探せません
オフラインであっても、最後通信できた場所が分かるのでそれをもとに探しましょう。

iphone_003


●同様に同じAppleIDでログインしている「Mac」、「iPodTouch」なども探すことができます。
 「Webブラウザ」上から「iCloudにログイン」して「iPhoneを探す」を選択して、「AirPods」を探すこともできます。

●それでも見つからない場合
 近くのApple正規サービスプロバイダーもしくはApple Store直営店へ製品を直接持ち込む修理扱いとなる。

参考リンク

このページのトップヘ