2005年05月18日

香水で使われる動物性の香料

動物性の香りと言えばジャコウ系ですね。ジャコウ鹿の性腺分泌物を乾燥させたのがムスク、甘い色っぽさを表現。
ジャコウ猫ならシベット。ビーバーの性腺組織を利用したのがカストリウムは、セクシーでミステリアスなニュアンス。
マッコウクジラの腸内にできた結石を香料にしたのがアンバーです。
動物性の香料は、どれも大人っぽいセクシーな香りが特徴。
 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kouact4/22381824
この記事へのトラックバック
ビーバービーバー科生物の分類|分類界: 動物界 :en:Animalia|Animalia門: 脊索動物門 :en:Chordata|Chordata亜門:脊椎動物|脊椎動物亜門 :en:Vertebrata|Vertebrata綱: 哺乳綱 :en:Mammalia|Mammalia目:ネズミ目(...
【莨検at 2005年07月07日 16:03