河辺倉司のSlowLifeをたのしむ

Enjoy Your Life?  人生をのんびり楽しみましょう。

DDBR

基本形の改造1

基本形である「OPUS1」の改造です。初期から言えば、どれだけ改造したことやら。まずドームは反対に付いていたし。パイプダクトは無かった。それからスパイクも付け、9Φのアルミダクトを少しずつ増やしていったな〜〜〜。アルミ管のダクトから、ステンレスの管になって段々太していった。今は38φ150ミリ長さのステンレス管をダクトにしています。

これを49φの単管パイプでダクトに、さらに拡大しています。随分と気持ち良い重低音が出ていますが、もう少し欲しいです。

IMG_2478

以前やったフレキシブル管は止めて、ドームの拡大をしてみます。

IMG_2565

2cmの袴をハメてみました。

IMG_2564

左は従来のままで、右が2cmの袴をはかせたタイプです。

重低音もそうですが、中域が力強いです。ドームの底力を感じました。明日は左のスピーカーに3cmの袴を履かせてみます。






それじゃまたね〜〜〜〜〜〜〜。







John Legend - Preach (Official Video)














貸出用のスピーカーの改造

ブビンガで作ったスピーカーを貸出用に改造しています。

IMG_2093

38Φのステンレス管L140mmです。そこそこの音が出ていますが、まだ、まだ挑戦したく、42Φのステンレス管にしてみました。

IMG_2140

図面は下のようになっています。

スクリーンショット 2019-07-07 18.21.19

上の隙間を15ミリほどに拡大しながら、長さも5mm長くして145mmにしています。エンクロージャから下に、8mmほど出ています。

これを聴いちゃうと、、、、38Φのステンレス管には戻れなくなりますね。重低音のパワーが、まるで違います。やはり重低音の出ないスピーカーなんて、聞きたくないですよね。これは、ご期待に添えるスピーカーに漸くなってきました。

超重低音までは、この長さではかなり無理があります。でもこの重低音は、管が太くなっただけ音圧が楽しめます。




それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。









Simply Three - Rain (Original Song)










OPUS1の改造

OPUC1の貸出を依頼されて、貸出用はないので、以前試作でエンクロージャを改造します。

OPUC1用に、ステンレスΦ38を長さ145ミリにカットします。

IMG_1471

カットしたステンレスのバリを、下の工具で取ります。

IMG_3115


古いΦ15の穴を、木の棒で穴に合わせて塞ぎました。新しくΦ38の穴を開けて、ステンレス管を叩き込みます。

IMG_3800

Φ15の穴は布テープで止めていましたが、木でキチンと塞ぐと驚く音が出てきました。

IMG_2781

2インチの超重低音には届かないけれど、ブビンガの良さがモロに出た重低音です。サイズからは想像できない音です。やはり低音が増すほど、気持ち良い音楽になります。

上出来!!!






それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。






Labrinth - Miracle (Official Video)

 

















 

VP50は?

VU50は失敗しましたが、VP50に挑戦してみます。

IMG_1875

左がVP40(外径48mm)で、右がVP50(外径60mm)です。


IMG_1868

視聴は、、、中高域はきちんと出ていますが、重低音の音圧が下がっています。容積がもう少しあれば生きてくるのでしょうが、ここはVP40が、エンクロージャに合っていますね。

すぐにVP40に戻しました。


ちょっと気になることが、、、、

先日薄型テレビ用のスピーカーを依頼されて作りましたが、それが気になりました。作って渡したのは良いのですが、、、、、、こんな需要が多いのかと思い、テレビの横に設置してみました。

今までもやったことはありますが、もう一度確認です。

イヤホーンジャックの端子からアンプに繋いで、さらにスピーカーへと。

普通のテレビ番組は、何も問題無く聞くことが出来ます。ブルーレイディスクで、入力をテレビ画面で切り替えてDVDを見てみました。


IMG_1876

あまりDVDは持っていませんが、「海の上のピアニスト」を掛けてみました。

ちょっとの視聴が、、、、ついつい長くなってしましました。ホラーのように特別の音はありませんが、気持ちが良い音です。

部屋が大きくなった分だけ、低音が少し足らないようです。


これをもとに、薄型テレビ用のスピーカーを作ってみます。







それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。











Have Mercy" | Eryn Allen Kane





































VP40

ホームセンターでVP40を購入しました。

そしてすぐにテーパー加工。

IMG_1867

流石に太いですよ。そして音は、更に深くなりました。でもフルボリュームにはできません。今までの85%くらいしか上げることが出来ません。それ以上上げると、音が歪んできます。

その85%くらいの音でも、かなりのボリュームですがね。

エンクロージャの内容積が足らないのかな????

IMG_1868

少しサイズアップしたスピーカーを作ってみましょう。





それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。






Dua Lipa - Swan Song

 





















 

VP管とステンレス管

VU管の酷さは分かりましたが、VP管をもう一度検証します。

VP管を使った時、ステンレス管に交換してからの違和感は全く無かった気がします。 もう一度VP30を検証してみます。

IMG_1866


入り口を、テーパー上にカットしてあります。

視聴は、ステンレス管に迫ります。解像度はかなり高いです。低音の響きは、ステンレス管に迫ります?????

不思議ですね〜〜〜〜〜。

テーパーカットが、効いているのかな???  
VP30は外径が38mm 内径31mmです。この外径がステンレス管と同じになります。


いや〜〜〜〜〜!!面白い。


VP40とVP50で、もう一度検証してみます。






それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。







Sinead Harnett - By Myself

 








 

バッカ〜〜〜〜みたい!!

製品版を家に持ってきました。

IMG_1846

その視聴は、、、、今までの苦労が泡と消えました。

ブビンガの素晴らしい重低音に、とてもじゃないけれど追いついていません。圧巻の超重低音を 叩き出しています。エンクロージャの材質で、これほど音が変わるとは驚きです。


気を取り直して、塩ビ管を再度挑戦。

IMG_1843

VU40に共振防止のテープを巻いています。共振が消えただけ、ずいぶんと音が綺麗になりましたが、やはり解像度は落ちます。管が太くなっただけは、低音は更に増していますが、ブビンガにはまだまだ追いついていません。

こんなに苦労したのに、、、、ブビンガは、ズ〜〜〜〜〜っと前に完成していたのです。

IMG_1844


もう一つ太いVU50に挑戦してみましたが、流石にこれは音が腑抜けです。テープを巻いた効果もありません。内容積2.8Lの限度は、VU40までですね。



VU40サイズのステンレス管の入手方法は、現在ありません。取り敢えずステンレス管38Φで、新しい作業を進めます。





それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。







Echos - Haunt

 





 

ステンレス管の驚異

VU40の塩ビ管(外径48Φ内径44Φ)を付けての視聴は、??????です。

IMG_2627のコピー

音にメリハリがありません。何か曇ったような音です。

IMG_2317のコピー

どうにも気に入らないので、もう一度ステンレス管38Φに戻しました。厚みは1ミリですが、VU管厚み2ミリとは大違いの音です。

音の輪郭がしっかりと出ています。力も十分で、重低音も解像度がしっかりしています。高域の美しさは、心ときめきます。

IMG_8463のコピー

ステンレス管の切断はグラインダーでやっていましたが、キチンとした断面とサイズが出るように丸鋸刃を注文しました。とても高額で驚いていますが、無くちゃ仕事にならないです。







それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。








joanna - Séduction

 





 

音場再生装置??

ダクトは、25Φから32Φに変更しました。まだこんな音があるんだな〜〜〜、という感じです。どんどん重低音の音圧が上がって、どこまで,,,,,ドウなんだろうね。

IMG_9914


これ以上太いサイズのアルミ管は、ホームセンターではありません。

いろいろ探して、家にVP40の塩ビ管がありました。長さは145ミリで音の入口をテーパー加工して、内容積2.8Lタイプのエンクロージャに設置。

IMG_0723

布テープで止めるだけなので、簡単に交換ができます。

IMG_0379

すごい音になっています。どんどん情景が豊かになります。もう戻れないですよ。

ここまでは、昨日までの作業。





今日はステンレス管38Φと塩ビ管VU50を購入しました。そしてすぐに加工して、2タイプを用意しました。

IMG_2627のコピー


取り敢えずサイズの小さなステンレス管から視聴。

38Φの世界は、完全に音場再生装置ですね。圧倒的な空間を作ります。特別な場所でない限り、得られることの無い音場です。今は小さな6畳くらいの空間なので、これが大きな空間になった時に、どのような音になるかは判断はできません。

2.8Lのドーム・バスレフは、全てのスピーカーの頂点に立ったかな???????そんな気がする、現在です。


今日はこれまで。


明日はのんびり、花見かな???







それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。






Forgotten City from RiME - Lindsey Stirling

 


















 

まだまだ改造しています。

改造改造の連続で、なかなかアップする暇がありませんでした。
この間、12日立っています。





先日のスピーカー・コンサートは、アンプが途中でご機嫌斜めになって中止。やはり予備は、必ず必要ですね。その後、何もなかったように復旧していました。

最後のアンケートに、「低音が足らない」という指摘を受けました。

自分では足りていると思っていても、まだ足らないという人がいるのです。だから、それの答えるために、新しく改造に取り掛かりました。





9Φのアルミ管を足すのは簡単ですが、アルミ管の先の削りだしの作業が大変です。そこでアルミ管を太くするアイデアです。9Φのアルミ管を増やすよりも、12Φのアルミ管にサイズアップしてみました。

取り敢えず、、、、内容積1.8Lの箱が2セットあるので、片方ずつ改造して、音の比較をします。

アルミ管12Φ3本立てにして の視聴は、なかなかごきげんです。重低音の音圧が増しています。管を太くすることによる歪の心配をしましたが、全く問題ない音です。

4本5本と増やしましたが、これならアルミ管を太くしても良い感じです。その穴を大きくして15Φのアルミ管を差し込んでみました。

IMG_1699

まだまだ、アルミ管は大きくできそうです。18Φのドリルと18Φのアルミ管を購入しての視聴もごきげんです。歪の心配は全く感じられません。やはりドームに設けた9Φの穴が、一番の効果が大と思われます。

IMG_1698



ダクトの数は5本まで増やしましたが、どうも音がスッキリしません。穴をテープで塞いで調整すると2本まで減らすことができました。

IMG_1700


さらなる大きさのアルミ管は25Φです。アルミ管はホームセンターで調達できますが、ドリルはネットで購入するしかありません。木工用のスターエムF型ドリルは、最後の切り口がきれいです。

manzoku-tonya_4962660153051


アルミ管25Φはやはり太いだけあって、重低音の音圧が素晴らしいです。しばらく聞いていると何か 、、、、、、不満です。 1つ塞いでみました。

IMG_1726




アルミ管25Φ2本立てとアルミ管25Φ1本建てとの比較試聴。重低音もそうですが音の輪郭が、1本立てのほうがしっかりしています。嬉しいですね、作業が減って楽になりますよ。

1.8Lで、この重低音はありえないです。たのし〜〜〜〜い!!




次は32Φにも挑戦。









それじゃ〜〜〜またね〜〜〜〜〜〜。






Kelsey Lu - I'm Not In Love (Official Video)






 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor 天気
プロフィール

大地

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ