河辺倉司のSlowLifeをたのしむ

Enjoy Your Life?  人生をのんびり楽しみましょう。

スイーツ

栗きんとん

秋になって来ましたよ。栗が少しずつ出てきました。鮮度が必要と勝手に思もっているので、農家の無人販売からの購入です。たまたま、新城の街道にありました。いつもの購入予定の所は、未だなかったです。

早速今夜、仕事の合間に仕込みました。

 
DSCN5366


ゆでたクリをスプーンで掻きだして、ムーランで漉します。昔は馬の尻尾を使った漉し器を使ったこともありましたが、大変な作業でした。このムーランは、それこそ簡単に早く砕いてくれます。2度挽きすれば口当たりも大変滑らかになります。

粉糖を加えます。これも砂糖では、口の中でザラツキます。少しラム酒を加えて、これは防腐材代わりです。たったこれだけです。

DSCN5367

アイスクリーム・ディッシャーで、キチンとした量を計ります。それをラップで茶巾絞りです。茶巾を使って茶巾しぼりをしたこともありましたが、ラップが一番乾燥しなく、汚れずに、綺麗な茶巾しぼりができます。

DSCN5368


明日でも食べられますが、食べごろは2.3日後です。栗の味が更に増してきます。これは毎年の作る又は食べさせる楽しみの一つです。これを食べると、市販の栗きんとんはもう食べられないですよ。ほとんど栗ですからね。








 

くりきんとん


今年も栗の季節になりました。今年は他でも買いましたが、全く酷いもので捨ててしまいました。先日の火曜日に新城市鳳来まで出かけて、そこで購入しました。蓬莱の栗は、メチャクチャでかいです。3袋購入してきました。ちょっと多いかなと思いましたが、楽しみの一つなので、気になりません。

栗は鍋で40分ほど似てから、実をスプーンで掻き出します。スプーンが一番綺麗に掻き出せます。

SANY0001

掻き出した後は、野菜の裏ごし器のムーランで粗挽きにします。その後穴あきのボールで、もう一度漉します。昔は、馬毛の漉し器でやっていましたが、能率が悪いのでムーランと穴あきボールを使っています。2度漉しますが、この方がズ〜〜っと早いです。

漉したものに、粉糖(ふんとう)を入れます。砂糖では粒が大きいので、口触りが悪いです。市販のものは、和三盆を使いますが、和三盆の味が強くて栗の味が僅かです。

さら防腐をかねて、ラム酒を少し入れます。これをラップで茶巾絞りします。

SANY0006

茶巾を使うよりも、ラップの方が清潔です。このまま置けば、乾燥も防げます。

SANY0009

ちょっと大きいですが、味は栗そのものです。60個以上出来ましたが、多くはいろんな人の口に入ります。他人にやるのが、又楽しいのです。毎年の楽しみでもあります。

残ったものは冷凍します。去年少し冷凍しましたが、意外と美味しかってです。少し季節はずれて食べる、栗きんとんもおつです。



パンナコッタ


日本ブログ村のランキングに参加しています。「一日一回を!!」という蘭の「日本ブログ村」「ピュアオーディオ」「スローフード」のコーナーに参加しています。

「日本ブログ村」ではとてもランキングの上位には乗りませんが、「ピュアオーディオ」では、96人中昨日は17位でした。今日昼の時点ではお陰様で11位でした。「スローフード」は62人中で4位です。

とってもありがたいことです。多くの方に読んでいただき、FDBRやスローフードについて知っていただけたらと思っています。素敵な音楽と素敵な食べ物を知って、人生を豊かに過ごして欲しいのです。これからも、ドンドン、一日一回クリックをお願いします。これが励みで、また楽しい記事が提供できると思っています。


RIMG0002
今日はイタリアン・スイーツを紹介します。パンナコッタでレストランで採用しているものを、家庭サイズに変更しています。簡単で美味しいから、ぜひトライしてください。美味しいものを食べるとすぐに幸せになれます。自分で作ったものが、皆さんに喜んで幸せになってくれることは、自分も幸せになります。

私自身は甘いものはあまり好きではありませんが、少しは食べます。レストランなので、どうしてもスイーツは必要で作っています。レストランのスーツとケーキ屋さんのスイーツは、基本的に違うと思っています。レストランはテイク・アウトがないので、保存料は要りません。型に詰める必要の無いので、形が自由に作れます。他にもありますが、こんなところで・・・。

パンナコッタ
生クリームのゼリーと言った方が、よく分かると思いますが、これはイタリアンなのでパンナコッタと呼びます。

生クリーム   200ml(1パック)
粉ゼラチン     7g
水        50g
牛乳      100g
砂糖       45g
ラム酒      少々

粉ゼラチンと水をわせて、室温で10分以上放置させます。こうすることでゼラチンを柔らかくします。残りの材料全てを別の鍋に入れてゆっくり加熱します。沸騰する前に火を切り、ゼラチンを注ぎ撹拌します。型に入れて冷やすだけです。実に簡単で、メチャクチャ美味しいパンナコッタの出来上がりです。ラム酒は、香り付けと防腐剤代わりですので、これも最後に。

生クリームは必ず、植物油脂でない乳脂肪で作りましょう。一般用は乳脂肪45%ですが、私たちは47%の混ざりっけのないものを使います。この方が美味しいですが、日持ちがしません。入手も困難でしょうが・・・・。

翌日くらいが、よく冷えて美味しいです。ゼラチンがかなり少なめなので、プルプルッと口当たりが良いです。そして口の中の温度で、ジワ〜〜〜っと綺麗に溶けていきます。絶妙なおいしさですよ。



Pat Metheny & Charlie Haden! Two for the road


昨日のCharlie HadenとPat Methenyのコラボです。Pat Metheny
のCDで、Charlie Hadenを初めて知りました。これは、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」からのテーマミュージックです。私の大好きなエンリオ・モリコーネが作曲しました。素晴らしい曲で、いろんな人が演奏しています。

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor 天気
プロフィール

大地

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ