11月30日、東京会館で行われた角川三賞(山田風太郎賞、横溝正史ミステリ大賞、日本ホラー小説大賞)の授賞式に行ってきました。
プロを対象とした山田風太郎賞を受賞したのは、冲方丁(うぶかた・とう)さんと窪美澄さん。
窪美澄さんは12月号「MY STORY」に出ています。

横溝正史ミステリ大賞は、河合莞爾さんと菅原和也さん。
河合莞爾さんは10月号「賞と顔」、菅原和也さんは11月号「賞と顔」に出てもらっています。

日本ホラー小説大賞は、大賞が小杉英了さん、読者賞が櫛木理宇さんでした。
小杉英了さんは8月号の「賞と顔」で原稿を書いてもらっています。
ちなみに、読者賞の櫛木理宇さんは、以前、小説すばる新人賞も受賞しており、その際、「賞と顔」に出てもらっています。

会場には受賞者のほか、選考委員の北村薫さん、京極夏彦さん、坂東眞砂子さん、荒俣宏さん、貴志祐介さん、過去の受賞者の桐野夏生さん、朱川湊人さんも来ており、とても盛大な授賞式でした。

(写真は、右から冲方さん、窪さん、河合さん、菅原さん、小杉さん、櫛木さん)
角川三賞