スポンサードリンク
那須にも伊藤園ホテルがあります。 那須の伊藤園ホテル塩原は、 バイキングプランで365日同一料金、6,800円です。 もちろんこの料金は、大人一人、1泊2食付の料金で、 アルコール・ソフトドリンク飲み放題付きです。
  ちなみに、那須の伊藤園ホテル塩原に小さい子供さんなど 家族連れで行く方も多いと思いますが、 3歳未満は、料金無料で、3歳〜小学生未満の幼児なら、4,900円、 小学生の場合は、6,800円となっています。 那須伊藤園ホテル塩原のある塩原温泉郷は 1200年以上の歴史のあ温泉郷で、自然を堪能できるスポットがたくさんあり、 植物や花の名所が数多くあります。
<那須の伊東園ホテル塩原> 住所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原2196番地4
電話:0287-32-2811
電車でのアクセス: 東北本線「西那須野駅」、東北新幹線「那須塩原駅」から塩原温泉行バスで45分
車でのアクセス:東北自動車道西那須野塩原IC〜車で約20分。 駐車場も70台分あります。
伊東園ホテル熱海館は、JR熱海駅から歩いて1分くらいの便利な場所にあります。 伊東園ホテル熱海館は、自家源泉がホテル直下から汲み上げられていて、 岩盤浴もあって、その岩盤浴には15種類の天然薬石が使用されています。 使用したがお楽しみ頂けます。
伊東園ホテル熱海館は、北投石が使用されている天然温泉です。 本館の温泉に使用されている北投石は、世界で3ヶ所でしか産出されない貴重なものです。 伊東園ホテル熱海館は、遠くからでも新幹線で行くと便利です。 東京〜熱海間なら、新幹線で50分、新大阪〜熱海間で3時間。 名古屋〜熱海間でわずか1時間40分で行くことができます。
<伊東園ホテル熱海館>
住所:〒413-0011  静岡県熱海市田原本町4-16
電話:0557-83-2000
伊藤園ホテルグループは伊豆半島を中心に株式会社スタディーが運営していて 温泉旅館やホテルは23軒あります。静岡県にある伊藤園ホテルグループの宿、ホテルは伊豆伊東温泉、 伊豆下田温泉、伊豆稲取温泉、伊豆熱海温泉、西伊豆松崎温泉、伊豆大仁温泉にあります。また、 神奈川県には箱根湯本温泉、湯河原温泉にあり群馬県の伊香保温泉、湯檜曽温泉にもあります。 さらに、伊藤園ホテルグループのホテル・宿は栃木県の鬼怒川温泉、千葉県の南房総白浜温泉、長野県の信州戸倉上山田温泉、さらに白樺湖にも ホテルを構え長野県と群馬県前橋市と滋賀県彦根市にはシティホテルがあります。 伊藤園ホテルグループは7800円均一の料金体系でとてもリーズナブルな金額で旅行を楽しめますが 静岡県熱海市の熱海金城館など料金体系の異なる宿も一部あります。 しかし、伊藤園ホテルグループの打ち出した365日同一料金で1泊2食付というサービスは西の湯快リゾートと並んで シーズン料金を導入しないという点で旅館やホテル業界の常識を覆しました。 また、伊東園ホテルグループ(いとうえんほてるぐるーぷ)も湯快リゾートのように往復バスを運行していて 新宿、横浜〜伊豆下田、伊豆稲取、西伊豆松崎まで利用できるのでこれも好評で評判です。 「ガイアの夜明け」というテレビ東京ドキュメンタリー番組でも伊東園ホテルは以前放送されましたが インターネット、カラオケ、囲碁、麻雀ルーム、将棋なども無料で楽しめチェックイン・アウトの時間が 自由なのもいいという口コミや感想も多くこれからも評価を高めるサービスが期待されます。 ちなみに、伊東園ホテルグループが運営しているのはクリアックスグループにある株式会社スタディーです。

香木の一種という樹木に
該当する種類は幾つかありますが
独特の香りがする木と
焚いた時香る木には違いがあります。
北海道で有名な白樺という樹木も
香りがありますし楠等の樹木にも
香りがあります。

しかし香木の一種として
「焚く」という事はしないものです。
白樺や楠等は作品として加工される
ケースが大半を占めています。
香木の一種として使われるのは
伽羅(きゃら)・沈香(じんこう)が
一番有名ではないでしょうか。

「焚いた時の香を聞く」と香道
(こうどう)では表現します。
そして香木の一種である
最高級品の伽羅(きゃら)は
とても贅沢な一品です。
香道の世界にいらっしゃる方には
価値がものですが香道という
言葉や香木という言葉を
知らない方も多いのが現状です。

古来から香を楽しむという事が
いくつかの歴史書には記されています。
香木の一種を焚いて楽しむ
という表現をする事が沢山あります。
それがお香です。
お香には多種多様な種類があり
選び方は自分の好きな香りでいいのです。

はじめは、お試しサイズ等の
購入がいいのかもしれません。
リラックスしたい時に
お気に入りのアイテムを
焚くという場合が多いのは女性です。
また現在のお香の中には
香木の一種である沈香を使った
組香が販売されています。

お香専門店等も多くなりました。
特にインターネット上では
目立っているのではないでしょうか。
例えば伽羅ありますという
宣伝文句を見かけます。
実際に伽羅を知らない方には
意味不明な言葉ですが
順番に覚えていけばよい事です。

どこまでが専門店というのかが
ポイントですが香木(こうぼく)に
詳しいスタッフさんが
問い合わせにも応じてくれる
ショップが増加しています。
初心者マークさん
お勧めショップも一度は
覗いて見たいものです。


香木の中でも六国の一と
呼ばれ最高級品として
知られているのがベトナム産の
伽羅(きゃら)です。
香木の原産国を分ける
表現として六国(りっこく)
という表現が使われています。
その六国の中でも一番最上の位が
伽羅(きゃら)というように
分類されています。

香木の六国とは
・ベトナム産「伽羅」
・タイ産「羅国」
・マナンバール産「真南蛮」
・マラッカ産「真那伽」
・サッソール産「佐曾羅」
・スマトラ産「寸聞多羅」
と紹介されています。
上記は一般的な代表国として上げられています。

香木は六国の一種でも
それぞれ香が違うものです。
人工的に加工された
樹木ではありませんので
原産国により色・形・香が違います。
極端ではないようですが
素人でも違いが把握できます。

香道の世界で香木の六国の一である
伽羅(きゃら)を焚き香を聞く
聞香(もんこう)を試してみるのは
平安時代の優雅さが
想像できるのではないでしょうか。
雅な世界というのは
日常的には中々味わう事が
出来ないものですから
どっぷりと香の世界に浸かってみるのも
リラックス出来るかもしれないですね。

また香木(こうぼく)を使った六国五味
(りっこくごみ)という言葉もあります。
香木の六国の一である
最上の香を楽しむ事が
出来るアイテムでもあります。
現在は手軽に購入する事
が出来るようになりました。
多くはお香として販売されています。

専門店での購入も出来ますし
インターネットのネットショップでも
購入する事が出来ます。
日常生活の少し贅沢な楽しみとして
香道(こうどう)の世界に
浸ってみる事もお勧めです。

雅な世界というと源氏物語等を
連想しています。
また香木が今現在知られるように
なった最大の要因として
NHK大河ドラマ篤姫ではないでしょうか。
香道の作法に基づいて
放送されていました。


スポンサードリンク