yogurting ヨーグルティング

2005年10月

2005年10月31日

(レトロゲームレビュー) (スーパーファミコン) スターフォックス

star_fox0001


スーパーファミコンのポリゴンゲー第三弾はこのゲーム、「スターフォックス」です。Ninteodo64、ゲームキューブと続編が発売されている有名なゲームなのでご存知の方も多いでしょう。 スーパーFXチップを搭載し、まだ当時パソコンでもかなりの処理能力を必要されたポリゴンをフルに生かした3Dシューテイングゲームです。ある意味次世代のゲームと言うものの可能性の一端を見せてくれた技術的にも大変意義のある作品だっと思います。続きを読む

今週の気になるソフト 11月02日(水)発売のソフト

先週の、「ワンダと巨像」の祭りも終わり少し落ち着きを取り戻した感がありますが、11月はまだまだ期待の新作が多いです。そんなわけで今週発売される気になるソフトを紹介していきます。

BEATDOWN(アウトロー・リベンジ・アクション)・・・今週期待のソフトはこの一本だけです。11月発売されるソフトの中で「ソウルキャリバー3」に次いで期待しているソフトがこれ「BEATDOWN」です。ジャンルは「アウトロー・リベンジ・アクション」なんともややこしい名前がついてますが、用はアクションゲームでしょう。発売元はカプコンと言うことで私的には「フアイナルファイト」の3D版と言うようなゲーム性を期待しているのですが、果たしてどうなのでしょうか?

システムですが、プレイヤーは街で情報収集をしつつ数々のミッションをこなすことでゲームが進行するようです。また、仕事をこなすだけではなく街で誰彼かまわず喧嘩を売ったり、警察官を敵に回し逃げたり、金やアイテムを集めるなどゲームの自由度は高いようです。こうしてみると、「ファイナルファイト」と言うよりもどっかと言えば「GTA」に近いゲーム性なのかもしれませんね。また、バトルでは仲間を連れて一緒に協力して戦うことも出来、それぞれのキャラに個性があるので誰を連れて行くかの選択は悩むことになりそうです。また、プレイヤーの行動によってイベントが発生したり、プレイヤーの生き方次第で称号が変るなどやりこみ要素も多いですね。

バトルはパンチやキックの肉弾戦に加え、バットやゴルフクラブ、鉄パイプ等の武器を使っての攻撃も可能。武器がない場合は相手から奪うことも出きるみたいです。また、プレイヤー、敵にはLIFEゲージのほかにPRIDEゲージが存在し、このPRIDEゲージを減らすことで相手に交渉を持ちかけることが出来ます。交渉の際の選択肢は4つ、「仲間にする」「金を奪う」「情報を吐かせる」「ビートダウン」。挑発をしたり、敵のプライドを傷つけるような攻撃をすることでPRIDEゲージは下がるようです。そして、連れていける仲間は2人まで。仲間と協力することで強力な攻撃を繰り出すことも出来ます。

そのほかにも上着やスボン、靴をアクセサリーを購入したり、ヘアスタイルを変えたり等プレイヤー好みの格好にしていくことも可能です。

なかなか自由度の高そうなアクションアドベンチャーゲームですが、私は戦闘シーンに大いに期待しています。「ファイナルファイト」のように群がる敵をガンガン倒していくようなアクション部分の爽快感が果たして味わえるのかどうか?ただ、公式のページを見る限りではかなり楽しみになってきました。何度もプレイして爽快感を味わえるようなそんなゲーム性を期待しています。

BEAT DOWN ビートダウン


koubow20053 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!ゲームな話し 

(アニメ感想) 蟲師 第2話 「瞼の光」

第一回が放送されるやかなりの反響があったこのアニメ。そういう私もこのアニメの不思議な魅力にすっかりはまってしまいました。今期はノーマークでも面白いアニメがかなり多いです、ひょっとして過去最高かもしれませんね。さて、今日はどんなお話しを見せてくれるのでしょう?

mushi05103100


mushi05103101
続きを読む

2005年10月30日

(アニメ感想) 地獄少女 第4話 「聞こえぬ叫び声」

5f6e4663.jpg

ここにきて初回のインパクトが薄れ、展開もワンパターンになりがちなこのアニメですが、復讐部分ももっとえぐく、恐ろしくして欲しいと思うのは私だけでしょうか?この最後の復讐部分こそこのアニメの見せ場なのですが、こう物理的な苦痛よりももっと精神的に追い詰めて苦しめないと、復讐者が死ねば地獄逝きと言う代価とはとてもつりあわないと思うのですけどね・・・。続きを読む

(アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第4話 「驚愕のフリープログラム」

今日もまたあの強烈な性格ブスに会えるのですね〜!と言うわけでカレイドスコープですけど、いやあ〜ホント面白い。このアニメの魅力はヒロインのタズサの「キャラ」これに尽きるでしょう。もう、スケートなんていい!君さえ見られればw

ginban05103000
 「プッチ〜ン!あたし、もう切れました・・・」

ginban05103001
 「おらあ〜!」続きを読む

(アニメ感想) 灼眼のシャナ 第4話 「惑いのフレイムヘイズ」

シャナのメロンパンをほおばる姿が可愛いと評判のことのアニメですが、最初は小生意気で素直じゃないシャナが悠二と関わることで少しずつ変っていく(さらに可愛くなっていく)姿も見ものですね。これからどこまで可愛くなっていのかな〜?

shyana05103000
 今日は何も言わずにどうぞ・・・

shyana05103001
 ・・・続きを読む

(アニメ感想) 格闘美神 武龍 第4話 「じんじんさせて」

色々不満はありますが、もうストーリーの方は半分諦めて蘭ちゃんのお色気のみに注目しています。まあその肝心のお色気もちょっと中途半端な感は否めませんが・・・どうせ見せるならもう「ガバっ」とそう思うのは私だけでしょうか?

kakutou05102900
 どうきれい〜?

kakutou05102901
 ん〜ナイスバディ〜!続きを読む

2005年10月29日

(アニメ感想) BLOOD+ 第4話 「アブない少年」

前回、ジョージと小夜の過去が少し明らかになり物語が動き出した感のあるこのアニメ。まだ先は長いようなのできっと途中でまた新たな事実が明らかになっていくのでしょうけど、ラストの方でジョージが血を流して倒れてしまったのでジョージの生死を心配している人も多いと思います。私もジョージは好きなキャラなので気になってました。さあ、どうなるのでしょうか?

blood+05102900
 悲しみにくれる小夜・・・

blood+05102901
 真央ちゃん登場!!続きを読む

(レトロゲームレビュー) (スーパーファミコン) アウターワールド

Outer World000


と言うわけで、スーパーファミコンのポリゴンゲーム第2弾はアクションアドベンチャーゲーム「アウターワールド」を紹介したいと思います。続きを読む

2005年10月28日

(アニメ感想) ケロロ軍曹 第82話 「623 僕のラジオに出ない? であります」 「ケロロVS夏美 1/6ガチンコバトル! であります

それにしても前回のど根性ガエルネタには不意打ちをつかれたようで、やられてしまいました。まあ、これがケロロ軍曹らしさなのでしょうけど、ケロロに服を引っ張られてにやついている冬樹君の姿が忘れられません(^_^;。今回も一発お願いしますよ〜!

kero05102800
 おいおい・・・

kero05102801
 だからさ、その格好は・・・続きを読む

大塚愛の盗作疑惑?

ええ〜、今なんか巷では大塚愛の盗作疑惑のお話しで持ちきりなんだそうで。何の話しかと言うと知らない方のために説明いたしますと、あの「さくらんぼ」のヒットで知られます大塚愛さん新曲「プラネタリウム」がファイナルファンタジー10のテーマ曲でRIKKIさんの歌う「素敵だね」の盗作ではないかと言う噂が流れているのです。


プラネタリウム


ファイナルファンタジーと言えば言わずと知れた日本を代表するスクウェアエニックスの大作RPGで、ファイナルファンタジー10はPS2で発売され全世界で出荷本数が500万本を越えたと言う大ヒットゲームです。

個人的にFFの中で「素敵だね」は8のテーマ曲「Eyes On Me」、FF1X-2の挿入歌で倖田來未の歌う「1000の言葉」に次いで好きな曲なので盗作と聞いてちょっと気になったのですが、実際に2曲とも聞き比べた感想としては微妙と言うところですね。。確かにサビの「素敵だね」と言う部分はほとんど変らないと言う印象を受けました。

しかし、盗作の意志があったかどうかは曲を作った本人にしか分からないことでしょう。しかし、この大塚愛さんって前も盗作疑惑ありませんでしたっけ?間違っていればごめんなさい。こういった曲の盗作疑惑と言うのは結構話題になることが最近多いような気がするのですが、これだけ音楽があふれているとどこかで聞いた曲が潜在的に刷り込まれていて・・・と言うことはないのかな?と思う今日この頃です。

そうそう、このファイナルファンタジー10はなかなかの名作です。前述した「素敵だね」はこのゲームのある重要なイベントで流れるのですが、まだプレイしていない方で気になった方は是非プレイしてみて下さい。

素敵だね featured in FINAL FANTASY X


ファイナルファンタジーXインターナショナル


koubow20053 at 10:48|PermalinkComments(2)TrackBack(2)clip!

(アニメ感想) ノエイン もうひとりの君へ 第3話 「オワレテ・・・」

前回、1話とは画が違いすぎると反響を呼んだこのアニメですが、改悪ではなく改善のほうみたいで個人的にはハルカに萌えやすい仕様になったなと喜んでいますw。ええ、お話しの方はまだまだ謎も多いのですが相変わらず映像のクオリティは凄いの一言。今回も楽しみです。

noein05102700
 おっ、ユウ君男だねえ〜

noein05102701
 いや、マジでキモイんですけど・・・続きを読む

(レトロゲームレビュー) (スーパーファミコン) ドラッケン

Drakkhen0001


さて、今回はスーパーファミコンのポリゴンゲームの紹介3連発です。まず、一発目はスーパーファミコン初期に発売された海外RPG作品「ドラッケン」の紹介です。続きを読む

2005年10月27日

(アニメ感想) ガンパレード・オーケストラ 第3話 「遠すぎた橋」

ええ〜、関西で一週間以上遅れての放送になりますね。このタイムラグは何とかして欲しいところですがいたし方ないですかねえ。さて、前回で隊員達との溝がさらに深くなった咲良。初っ端から少し重い展開ですが、いつになったら隊員達と分かり合えるのやら・・・。暫くこの展開が続きそうなので覚悟はしてますが、そろそろ開けた展開を見せて欲しいところですね。

gunpa05102600
 相変わらず孤立無援の咲良ちゃん(カワイソス)

gunpa05102601
 亜美ちゃんだけは咲良の味方続きを読む

koubow20053 at 21:24|PermalinkComments(4)TrackBack(25)clip!

(アニメ感想) はっぴぃセブン 〜ざ・テレビまんが〜 第4話 「男どき女どきプラモどき」

このアニメのオープニングっていいですよね。歌詞もよく聞くとなかなか泣かせてくれます。肝心の本編の方はと言うと好みもあるでしょうけど、正直ギャグはあまり笑えないし、萌え要素もいまいち第一主人公の少女が個性なさすぎですよね。不幸少女じゃなくて普通の女の子になってしまったし。でも、やっぱり見ます(^_^;)

happy05102600
 なーんか後ろの人の目が凄いんだすけど・・・

happy05102601
 いや、あいつバカだから・・・続きを読む

koubow20053 at 05:23|PermalinkComments(2)TrackBack(15)clip!Rio RainbowGate! 

(アニメ感想) ARIA The ANIMATION 第4話 「その 届かない手紙は・・・」

もはや、このアニメが流れている時だけは特別な時間・・・。さあ、私達を癒しておくれそして心の汚れも洗い流しておくれってな感じで鑑賞している(?)方も多いと思われるのですが、癒し系アニメでありながらいやだからこそ萌え精神を失わない製作スタッフは素晴らしいの一言ですね。さあ、今日どうやって我々を癒してくれるのでしょうか?

aria05102600
 「バ〜カ、バ〜カ、藍華のバ〜カ」

aria05102601
 「ちょっとぉ、そこ!社長だからっていい加減にしておきなさいよ〜!」続きを読む

2005年10月26日

(アニメ感想) ぱにぽにだっしゅ! 第17話 「天道は親なし」

毎度我々に様々なネタを提供してくれるこのアニメ。私は元ネタに気づかない事が多いですが、分かる人にはたまらないものがあります。最近はちょっとHっぽいネタも多いですけど、さて今回はどうなのでしょうか?

pani05102600
 ベッキーの可愛いショット四連発!

pani05102601
 マホ〜!ベッキー!!続きを読む

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第4話 「新たなる力、起動なの!」

今期放送中のアニメの中では1,2を争う人気の魔法少女リリカルなのはA’s。数々の萌え要素、そして迫力のある戦闘シーン、魅力あるキャラ等に惹かれる人が多いのでしょうか?個人的には一歩ひいた所でこのアニメを視聴していますが、良さというものは十分伝わっております。

nanoha05102600
 ん〜いい女だねえ〜

nanoha05102601
 ってたたむんかい!!続きを読む

2005年10月25日

(アニメ感想) ラムネ 第3話 「ちっちゃなイトコと花火」

ストーリーは地味で肝心の萌え要素も個人的にはいまいちなこのアニメですが、今回はイトコのひかりちゃんが登場と言うことでそちらに期待したいと思います。何でも、彼女は一癖あるみたいなので建次とのからみはちょっと楽しみです。

lamune05102600


lamune05102601
続きを読む

(アニメ感想) エンジェル・ハート 第4話 「さまようHEART」

前回、いよいよ冴羽とグラスハートが接触しましたがこれからグラスハートにどう冴羽が絡んでくるのか?そして香との関係は先が気になってこの1週間眠れませんでした(一部誇張です(^_^;)。さあ、早速気になるので続きを見ていきましょうか!

angel05102500


angel05102501
続きを読む

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第3話 「はじめてのケ・イ・ケ・ン」

すっかり学園コメディーの色に染まりつつあるこのアニメですが、前作からのファンも多いですし安定した面白さがありますね。登場キャラが多くて初めてみた人は名前を覚えるのが大変でしょうけど、個性的なキャラが多くて見ていて飽きませんね。

maiotome05102500
 「カ〜メ〜ハ〜メ」

maiotome05102501
 「ハア!!」続きを読む

2005年10月24日

(ファーストインプレッション) (PS2) 「バーンアウトリベンジ」

先週は目ぼしいソフトがこの「バーンアウトリベンジ」しかありませんでした。と言うか今月は期待されるタイトルは多かったものの、正直期待外れなソフトが多かったと言う印象です。まあ、しかし来月と12月は新作ラッシュですし今はお金を貯めておく時期なのかもしれませんね。と言うわけで「バーアウトリベンジ」の簡単な感想を簡単に紹介していきたいと思います。続きを読む

(レトロゲームレビュー・PCエンジン編) 「ネクロスの要塞」

necross05102400


necross05102401


さて、今回取り上げるのはPCエンジンの名作ソフト「ネクロスの要塞」です。今から15年ほど前に発売されたこのソフトですが、PCエンジンでは数少ない名作ロールプレイングゲームではないでしょうか?続きを読む

今週の気になるソフト 10月27日(木)発売のソフト

先週はバーンアウトリベンジぐらいしか目ぼしいゲームがなく少し寂しかった1週間ですが、来週はついにあの期待の新作が発売されますね。来週は発売本数は多いものの個人的には期待できるソフトは一つしかありません。

「ワンダと巨像」(アクションアドベンチャー)・・・さあついに発売です。実は今年一番期待されている大作ソフトではないかなと思います。もうこのソフトに関しては何も言うことがないぐらい有名ですね。
ジャンルはアクションアドベンチャーです。愛馬アグロに乗って広大なフィールドを駆け巡り恐ろしく大きな巨像と戦闘を繰り広げます。このアグロを乗りこなすことが攻略の第一歩となるような感じがします。が、詳しい操作法やストーリー、そして世界観等は公式サイトでも必要最低限のことしか書いてないため詳しいことは分かりません。実際にどのうよな物語、戦闘が繰り広げられのかはプレイしてみてのお楽しみといったところでしょうか?
巨像のずっしりとした重量を感じさせるグラフィック動きは特筆すべきものではないでしょうか?ユーザーの期待度も半端ではありませんが、売り上げの方も相当いくと思います。非常に楽しみな新作ソフトですね。

ワンダと巨像 特典 スペシャルDISC付き


koubow20053 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ゲームな話し 

2005年10月23日

(アニメ感想) 蟲師 第1話「緑の座」

さあ、また新しいアニメが始まりました。いやあ、今秋はホント大変ですね。このアニメのタイトルが凄いです。「蟲師」なんともおどろおどろしい響きですが、地獄少女のようなホラーテイストのアニメなのでしょうか?期待したいところです。

mushi05102300


mushi05102302
続きを読む

(アニメ感想) 地獄少女 第3話 「汚れたマウンド」

えー、毎回このアニメを見ているとなんだか人間不信に陥ってしまいそうではありますが、最後不思議と地獄通信利用者の顔がほっとしているのを見るとなんか救われた気分になります。しかし、あの子達の死後には永遠の地獄が待ち構えているのですけどね・・・。今回もえぐい話しのようです。果たして・・・。

jigoku05102300
 おい!花笠!!
jigoku05102301
 は〜な〜が〜さ〜!!続きを読む

(アニメ感想) 灼眼のシャナ 第3話 「トーチとフレイムヘイズ」

難解な用語が初回からバンバン出てきますが、前回の平井さんのお話しですっかり心を撃ちぬかれてしまいました。シャナも可愛いところあるし安定した面白さがあるアニメだと思います。主人公の悠二もいい性格しているので感情移入がしやすいのもポイントですね。さて、今回は・・・。

shyana05102200
 まさに「ツンデレ」の見本のようなキャラ

shyana05102201
 そんなに睨まないで〜続きを読む

(アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第3話 「トリプル・トラブル」

前回視聴終了と同時に「面白い!」と思わず叫んでしまいました。タズサのキャラがたちてまくって見ててとても面白いです。100万ドルの美人であるはずなのにピートに意地悪している時は思いっきり顔を崩しまくっているところも最高に笑えます。いやあ、何気の土曜日のこの時間帯が楽しみになってきました。さあ、今回も我々を腹の底から笑わせてくれるのでしょうか?

ginban05102200
 性悪女ショット四連発!

ginban05102201
 パチパチ続きを読む

(アニメ感想) 格闘美神 武龍 第3話 「危険な二人」

もう、このアニメに関しては多くは望みません。毛蘭のサービスショットが見られたらいいかなって(^_^;。格闘技系ならそのへんをもっと突き詰めてほしいですね。なにせ今は空前の格闘技ブームですし格闘技のことに詳しい視聴者も多いはず。中途半端な知識で作品を描くときっと飽きられることでしょう・・・。ここがこの作品は微妙ですね。

bu05102200
 今回もサービスサービス♪

bu05102201
 パチパチ続きを読む

(アニメ感想) BLOOD+ 第3話 「はじまりの場所」

初回の激しく衝撃的な幕開けに比べると、前回少しトーンダウンしましたがそれでも一定の評価を保っている感のあるこのアニメ。まだ、先は長いですからこういう回もあるでしょうね。さて、今回はどうでしょう?激しいの一発お願いします!

blood05102200
 雨の中倒れこむ少女・・・

blood05102201
 小夜を前にして怯えるジョージ・・・続きを読む