yogurting ヨーグルティング

2008年06月22日

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」

紅 1


圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷への侵入を試みる。そして始まる、真九郎たちと九鳳院家との最後の戦い。はたして、真九郎は紫の笑顔と平和な日々を取り戻すことができるのだろうか…!?


真九朗がいよいよ蓮丈と対峙・・・。紫を奥の院から開放したいと話す真九朗に、何も分かっていないと返す蓮丈。

真九朗の投げかけは、これまで蓮丈が散々外の者達から、言われ続けた言葉なのであります。すでに蔓延している慣れ・・・これは前回でも示されていましたね。

いやむしろだからこそ、真九朗の「紫が母のようにはなりたくないと言った」という言葉は蓮丈の心に大きな混乱をもたらしたのです。

「今考えていることが正しく、今起こっていることが全てなのだと勘違いしている・・・。」とは、蓮丈が真九朗に言った言葉。

紫が九宝院のしきたりを受け入れたものだと蓮丈は思っていた。ところが、彼女の心はそれとは全く正反対の想いに支配されているという事実・・・。蓮丈は蒼樹の自殺に関して、罪の意識というものを感じていたように思えます。それ故、母のようになりたくないという紫の心の叫びは蓮丈の心に深く突き刺さったことでしょうね。


そして、真九朗を追いかけ、紅香が車ごと奥の院へと乱入してきた。真九朗も無茶な男だとは思うが、そうか・・・そんな彼の行動は師匠譲りであったわけですね(苦笑)。さてここでは、弥生vsリン、さらに真九朗vs竜士対決が繰り広げられました。

真九朗、弥生共に、前回は相手にまるで歯が立たないままやられてしまったので、今回は同じ相手にどのような戦法で戦いを挑むのかと注目していたら・・・変則戦法ときましたか・・・。

見る限り、崩月流が元々変則なのか、それを正しく体得していない真九朗の繰り出す技が変則になってしまうのかは不明ですが、この戦い方はどうやら、相手にはかなり効いたようです。

まあ、竜士にしてもリンにしても性格はアレですが、戦い方自体は正統派で、スマートなタイプのでしょう。格闘技で、こういうタイプが苦手とするのは、セオリーでない動きをするタイプであります。

だから、二人はリズムを崩され、あのような無様なやられ方を晒してしまったのでしょうね。でも、正直言って真九朗のあのネコパンチじゃ相手には効かないと思いますけどね・・・もっと腰を入れるんだあ〜!


さて、紫の気持ちを確認する真九朗。そう、彼の真の目的はこれでした。紫自身の意志を確認すること・・・。そして、それを選ぶ権利は彼女にはあるのです。

これに対し紫は、はっきりと「奥の院を出て行きたい」と言う意志を示しました。さらに、「恋をしたい」とも・・・。ただし、彼女の選択で重要なのはここからです。

紫は「奥の院は出たい。しかし、九宝院からは出ない」と話したのです。紫にとって真九朗についていくことは容易い。

しかし、それは逃げるということなってしまう。ならば、ここに留まって、九宝院のしきたりと対峙したい・・・それこそが「戦うということ」なのだと考えているのでしょう。


紫はこれまでことあるごとに「真九朗のように強くなりたい」と話していました。それこそ社会という彼女にとって未知の世界で自立し、生活を営んでいる真九朗は、さぞかし大人として映ったことでしょうね。

しかし、実際には真九朗も紫と同じようなに弱さや縛りを抱え生きていた存在でありました。強くなるために体の内部へと仕込まれた角・・・それはまさに真九朗の弱さの象徴とも言えるでしょう。

人はいつだって何かと向き合っていかなければならない・・・紫は九宝院を見つめ、さらに世間とも向き合いたいという決断をしたのです。


そんな紫のその強い意志は、ついに父親・蓮丈の心を動かしました。こうして、紫は奥の院を出て、九宝院で暮らすことになり、一方の真九朗も五月雨荘に戻って自身の弱さとの戦いを続けるというところで物語は締めくくられたのです。

紫と共に真九朗が、五月雨荘に戻るというエンドを期待した方には少し物足りない結末となったでしょうか?ただ、九宝院の家の縛りという根本的な問題を解決しない限りは紫の開放もあり得ないと思うので、こうした終わり方もありかなとは思います。

ただ、この最終回は、これまでこの作品が受けていた評価から考えると、少々拍子抜けするような内容であったとは思います。

その原因を考えるに・・・まず、戦闘シーンにあまり面白味を感じられなかった。

最初の戦いでは、こてんぱんにやられてしまうが、再戦においては圧倒的強さを発揮し見事リベンジを遂げる・・・まあ、ベタではありますが、そこにはある種のカタルシスというものが味わえるわけです。

ただ、一度目の戦いからそれほど時間が経過してない上に、変則に戦い方を変えたからあっさり勝っちゃったではあまりにもウソ臭過ぎる

真九朗達の強さに何か説得力のある理由付けがないと、やはり盛り上がれないし、リベンジ戦でのワクワク感というものも味わえない。ここは少し失敗していたかなと思える部分ですね。


そしてもう一つの理由、それはやはり紫があまりにも物分かりが良すぎるということ。彼女は確か7歳でしたっけ?奥の院は出るが、九宝院家には留まって戦うなんてとてもあの歳の子供のセリフとは思えません。

これまでの紫は、もっと子供らしいあどけなさという部分を割と強調して描かれていたと思います。彼女は確かにしっかりしてますが、そこはまだ子供だな・・・と思わせる描写が多かったのではないのでしょうか?

それから考えると、今回の彼女の発言は、人間としてもかなり完成された大人が発するような言葉ですよね。何と言うか、物語としてうまくまとめるために、紫の自立という部分をある程度描かなくてはいけないとは言え、これではあまりに、ここまでの積み重ねを無視し過ぎているように思いました。

結末には納得するけど、そこまでの過程にいまいち説得力がなかった・・・それが最終回の評価でありますね。


しかし、五月雨荘での紫と真九朗の日常は本当にうまく描写されていましたね。環や闇絵との関わりもあって、そこには擬似家族というテーマも含んでいたように思います。

その中で、真九朗は生きる活力を得、また紫も人を愛するということの意味を知り始めていた・・・。そして最終的に、互いの自立(家族からの)という締めくくりに繋がっていたわけですね。

残念ながら名作にはなり損ねた作品であるかもしれませんが、評価出来る部分は多い。声優さんの演技、よく動く映像、丁寧な心情描写等・・・この作品に出会えて本当に良かった・・・。


そんなわけで、スタッフ並び声優の皆様お疲れ様でした。また、この作品の感想記事を見てくださった方、これまでコメントを下さった方、ありがとうございました。よろしければ感想等を聞かせてくださいませ。


↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<今回はマクロス特集〜!ポッドキャストラジオ ピッコロのらじお♪第19弾をアップ!!(08/06/14更新)>
ポッドキャスト版「ピッコロのらじお♪第19弾」をアップしたしました。今回はマクロス特集!現在放送中のマクロス・フロンティア。その原点である、初代マクロスTV版と劇場版の紹介と考察。さらに愉快なOPトークコーナーに、アニメニュースとアニメ感想をお届けする「ピッコロといろはのアニメおもちゃ箱」、もちろんレトロゲーム紹介コーナーもあるよ!!興味のある方は是非聴いてくださいませ。

アドレスはこちら→「ピッコロのらじお♪第19弾」


<ブロガーの皆様にお知らせ>
当ブログのポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪」では現在、協賛サイト様を募集中でございます。協賛サイトになっていただいた場合は、お持ちのブログのCMを「ピッコロのらじお♪」にて流します。

*当ブログのCMが完成しましたので、こちらを参考にご検討くださいませ↓

http://db1.voiceblog.jp/data/koubow/1196348316.mp3

興味のある方はこちら→「ピッコロのらじお♪ 協賛サイト様募集中〜」

<〜アニメ話しをネットラジオで〜>
毎週水曜日夜11時より、アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」をリアルタイム配信いたしております。
コードギアスR2、マクロスF、ソウルイーター、To LOVEる 、ドルアーガの塔 、かのこん 、ダ・カーポII セカンドシーズン 、ペルソナ、仮面のメイドガイ 、絶対可憐チルドレン、我が家のお稲荷さま。 、図書館戦争 、狂乱家族日記 等のアニメ話しや、最新ゲームやレトロゲームについて熱く語っております。興味のある方は是非聴いてみてください。ラジオの配信は、当ブログトップページまたは、「ねとらじ」にて。

<〜ポッドキャストラジオの配信〜>
こちらは隔週にて配信いたしております。各テーマについて考察やお勧めアニメ紹介、またレトロゲーム紹介などを行っております。興味ある方は是非聴いてみてくださいませ。

http://blogs.yahoo.co.jp/bokuteitaraku/trackback/963741/40303590

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【アニメ感想】 紅 kure-nai 第12話(最終回) 「われ存在り」  [ ばらしやジョネスは二度死ぬ ]   2008年06月22日 01:02
いよいよ今回で最終話を迎えたわけですが… 正直ここまでの話の流れは微妙 九鳳院家が本格的に動き出してからというもの話の展開がつまらなくなった気がします 物語前半の日常生活を描いていたときは良作と思っていたのに… なまじ演出やキャラクターが良くできている...
2. 紅 kure-nai 第12話(最終話)。  [ どっかの天魔日記 ]   2008年06月22日 01:08
『紅 kure-nai』 最終回…第12話 『われ存在り』。 ストーリーは…。 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前...
3. 紅 -kurenai-  第12話  「われ存在り」  [ KTN:神奈川辺境交通 ]   2008年06月22日 01:14
視ていましたが、レビューしてませんでした。 いやいや、なかなか上手にまとまっていましたね。 マクロスFとかも良いですが、紅も良作ですね。 良い最終回をありがとうございます。
4. 紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」  [ SeRa@らくblog ]   2008年06月22日 01:15
ふたたび奥の院に戻った真九郎は蓮丈と対峙。 紫を自由にしてやれと言い放つ。 真九郎の意思に、紫が選んだ決断は――。 今期の中でも高評...
5. 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」(最終話)  [ Shooting Stars☆ ]   2008年06月22日 01:16
今期一番に最終回を迎えることになった「紅」 【あらすじ】 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。 彼らの前に??.
6. 【最終話】紅 kure-nai 第12話「われ存在り」  [ よう来なさった! ]   2008年06月22日 01:20
今期開始アニメ、では文句なしにトップを独走していたこのアニメも最終話。終わってみれば・・・・・・良いアニメでした。良いアニメでしたが、今回の最終話はもっとはるかに素晴らしい内容を期待していたわけで、肝心の締めが、精密さに欠ける突っ込みどころの多いアバウ....
7. 「われ存在り」 紅 kure-nai 第12話  [ Welcome to our adolescence. ]   2008年06月22日 01:22
紅 kure-nai 第12話(最終話)「われ存在り」 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主の..
8. 紅 第12話  [ にき☆ろぐ ]   2008年06月22日 01:31
さて、いよいよこのアニメも最終回前回ボロボロにやられてしまった真九朗たちしかしそれでも紫を取り戻しに一人突っ走る真九朗それを車で追いかける紅香ということで前半はカーチェイスこの作品でこんな場面がみられるとはちょっと意外でしたしっかし色々壊しまくってるし...
9. 紅 KURENAI 第12話「われ存在り」 最終回  [ おれといっしょに・・・ ]   2008年06月22日 01:42
とうとう最後ですねー、ここまでの流れはかなりテンポがいいので期待した最終回となりました。あれ、弥生さん復活してる(;・∀・)前回の話で車まで紅香さんに引っ張ってもらうほどボロボロだったのに、今週はピンピンしてますなぁ、仙豆でも食べたんでしょうかw崩月流最...
10. 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」  [ Spare Time ]   2008年06月22日 02:17
『圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの??..
11. 紅 Kure-nai 第12話 『われ存在り』 感想  [ 腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR2&ガンダム00ファンサイト ]   2008年06月22日 02:45
紅 Kure-nai 第12話 12話 感想 イラスト 紅-kure-ani-。半年前から期待していて良かったです!個人的に久しぶりに秀作でした。 ...
12. 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」  [ ミナモノカガミ ]   2008年06月22日 03:04
真に強きもの。
13. 紅 第12話(最終話)「われ存在り」  [ 【アニメ】 雨上がりより虹色な 【感想】 ]   2008年06月22日 03:27
奥の院に連れ戻されてしまった紫ですが。 紫の本心はどうなんでしょうか?
14. 紅 -kurenai- 第12話(最終話) 「われ存在り」  [ はじまりの渓谷 ]   2008年06月22日 03:29
今期の良作アニメ紅・ついに最終回!
15. 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 (最終回)  [ 赤い彗星3号館 ]   2008年06月22日 04:16
再び九鳳院の奥の院に戻った真九郎。それを追いかける紅香と弥生。真九郎が奥の院にたどり着いたときに蓮丈が現れ、どこまで行っても交わることの無い主張の応酬となる。その時に現れた紅香はちょっと想像外の登場の仕方をする。そして紫の元へと向かう。
16. 紅・第12話  [ 新・たこの感想文 ]   2008年06月22日 06:15
「われ存在り」 紫を連れ出すため、一人で奥の院へと向かう真九郎。彼を追う紅香と弥生。そして、真九郎の前に、蓮丈が現れる… 「こんな...
17. 「紅kure-nai」第12話(終)  [ 日々“是”精進! ]   2008年06月22日 06:44
第十二話「われ存在り」(終)奥之院から退散しかけた真九郎だったが、やはり紫を連れて帰ることをあきらめきれず、単身奥之院へ戻った。圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合...
18. 紅 第12話「われ存在り」(最終話)  [ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年06月22日 06:46
サブタイは第11話とセットになって、この最終話で見せた紫のアイデンティティーを示す。 九鳳院での紫の自立、未来に余韻を残して引いたが、連載中の原作との兼ね合いからか、破滅もしくは幸福いずれにしても決定的な結末は迎えられないのだろう。 一抹の寂しさを感じさせ...
19. 紅 kure-nai 第12話 (最終話) 「われ存在り」  [ 白狼PunkRockerS ]   2008年06月22日 07:20
本音を言えば普通に紫と暮らすエンドが良かったんですけどw 言わんとしてることはわかる(つもりではいる)が、納得はできんわ カタルシスの...
20. 最終回を迎えたアニメ批評  [ 許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello. ]   2008年06月22日 07:36
紅/ドルアーガの塔/かのこん 仮面のメイドガイ         最終話
21. 紅 第十二話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年06月22日 09:12
 紫を救うため、奥の院を目指す真九郎。でも、その前に食堂に忍び込んで腹ごしらえ。
22. アニメ「紅」全12話 感想のようなもの  [ 本家らう゛ろくた? ]   2008年06月22日 09:41
紫が世間を楽しむように番組を楽しみました
23. 紅 12話 感想  [ 日々を綴る ]   2008年06月22日 09:45
紅最終回の感想です。 1クールだったとは・・・。 そうだとしても、もう1話くらいあると思ってました。 あれ? 普通に弥生が復活してる??.
24. 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」  [ サボテンロボット ]   2008年06月22日 09:47
★★★★★★★★☆☆(8) 「じゃあまたな。真九郎。」 紫が選んだのは好きな人に守られるのではなく その人の隣で一緒に歩いていく事。...
25. 「紅 kure-nai」12話 われ存在り  [ 蒼碧白闇 ]   2008年06月22日 10:35
結局成長物語だったんだなぁという印象。 真九郎が紅香をも押さえれるほど力をつけてた竜士を倒し、 弥生は紅香と同じといわれた状態では負??.
26. 紅 −kure-nai− 最終話  [ いま、お茶いれますね ]   2008年06月22日 11:06
最終話 【われ存在り】 今期終了アニメの中ではダントツに面白かった。全12話にしてはきれいにまとまっていたし、キャラもよかった。脚本の..
27. 紅 最終話「われ存在り」  [ 時空階段 ]   2008年06月22日 11:24
=== あと1話あるかと思ったけど今回が最終話でしたw === '''う〜む最近の1クールアニメは12話仕様が普通なのかね?''' {{{九鳳院邸にリトライをかますシンクロウ〜}}} 前回敗れた相手との決着をつける時という最終回のベタな流れですな ...
28. 紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」  [ たどたどしい日々 ]   2008年06月22日 12:15
圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独
29. 紅 kurenai 第12話 われ存在り  [ 自称隠れオタの徒然なる日記 ]   2008年06月22日 12:15
最終回。 紅公式ファンブック (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-8)(2008/05/23)片山 憲太郎商品詳細を見る つーか終わっちゃったよ。あらすじ語...
30. 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」  [ うるるん漫遊記 ]   2008年06月22日 12:27
「見つけた♪」 といわんばかりのリンの笑顔がすごく魅力的 その後紅香の車に一撃を与え、髪を手で払う仕草もええわ〜 ・・・弥生さん? ...
31. アニメ 紅 第12話 『われ存在り』  [ ゚・*:.。. .。.:*・゜大A図書館通信゚・*:.。. .。.:*・゜ ]   2008年06月22日 12:41
紅 第12話 『われ存在り』 終わっちゃいました。 ここ数年の作品の中でも、屈指の出来だった気がします。 相変わらず賛否両論あるよう...
32. 紅 -kurenai- 第12話 【終】 「われ存在り」 感想  [ AAA??悠久の風?? ]   2008年06月22日 13:07
紅 -kurenai- 第12話 【終】 「われ存在り」 感想いきます。
33. 紅 第十二話(最終回)「われ存在り」 感想。  [ もす。 ]   2008年06月22日 14:03
最終回スペシャルでお送りします。 ※ネタバレ注意
34. 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 感想  [ アニメを中心に語ってみるブログ ]   2008年06月22日 15:14
第十二話「われ存在り」の感想
35. 紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 感想  [ かて日記 ]   2008年06月22日 16:28
紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 感想 それが私の歩む道。
36. 紅 第12話  [ こじこ脳内 ]   2008年06月22日 17:46
高い車なのにぃ〜!! 紅香の心の叫び(笑) 真九郎は、奥の院へと向かった。 そして蓮丈と真九郎はお互いの心をぶちまける。 紅香・弥生は??..
37. 紅 #12  面白かったさ  [ 物語を食べて生きてます ]   2008年06月22日 17:49
カーチェイス リン vs 紅香さん 向かってくる車のガラスを割るいかれぶりを発揮したリンでしたが 車の腕は今一歩 池にぼちゃん 拳法 リン vs 弥生さん  弥生さん 実はサイボーグとか強化人間? いや先週死にかけていた人が、あっという間に 復活しているもので で...
38. 紅 KURENAI 第12話 「われ存在り」(終) 観賞^^  [ まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜 ]   2008年06月22日 18:16
変態の魔の手から紫を救え!(゚д゚) 幼女アニメ真九郎と紫の人としての成長を描いてきた「紅」、いよいよ最終回!
39. (感想) アニメ 『紅』 第12話 「われ存在り」  [ ★一喜一遊★ ]   2008年06月22日 20:22
一人で九鳳院に潜入した真九郎。 それを追いかける紅香たち。 しかしリンに気付かれてしまい、窓に穴を開けられる…{/face2_shock_m/} 真九郎は屋敷の中で蓮丈に出会う。 一方紅香はリンとカースタント中{/m_0033/} 「オレは紫に会いにきた」 と言う真九郎に、蓮丈は「奪...
40. ロリータは世界を救う。「紅(くれない)」  [ Anime in my life 1号店 ]   2008年06月22日 22:33
何がどうなって何の解決があったのだろう?最終話を見ただけでは理解できない視聴者はいませんでしたか? 子供子供していた紫ちゃんが急の..
41. 『紅』第12話(最終回)  [ 球根栽培法 ]   2008年06月22日 22:53
 いろいろあった末にようやく「奥の院」に入った“真九郎”の前に“蓮丈”が現われる。“紫”を奥の院から救い出したいとぶちまける“真九郎”にもどこ吹く風といった趣の“蓮丈”だったが、「“紫”が母(“蒼樹”)のようにはなりたくないと言っていた」という言葉にイタ....
42. [アニメ]紅-kure-nai-:第12話(最終回)「われ存在り」  [ 所詮、すべては戯言なんだよ ]   2008年06月23日 00:02
 この終わり方、最高やわぁ。( ;∀;) カンドーシタ  てか、終わってほしくない。もっともっと紫が見たい。真九郎にケチをつける紫をもっと見たい。あの口調と態度をもっと見ていたい。今までで一番、最終回となってほしくない作品でした。2期も作れるよね。いえ、....
43. 「紅 -kurenai-」 12話と総括  [ さすらい旅日記 ]   2008年06月23日 00:59
今期かなり楽しみにみていた「紅」が遂に終わってしまいました。 他の作品とは違い、真九郎と紫のコミュニケーションや絆といったような、 殮.
44. 紅-kure-nai- 第12話 われ存在り 最終話 感想です。  [ 箱庭の黒猫 ]   2008年06月23日 07:46
つ・・・ついに来てしまった最終回です。 ありがとうございました。今期一番感動を頂いたアニメでした。 いっぱい泣かせて頂きました。 さギ..
45. 紅-kure-nai- 第12話「われ存在り」(最終回)  [ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年06月23日 13:45
紅 kure-nai Aパート早々の九鳳院蓮丈と真九郎のやり取りは痛いですね。真九郎には過去の経験からみ出だしたもの、明確な考えが出てきません。紫と生活して少しは変れたはずだったのに、口に出して言葉にできるほど自分の中で完全に理解できていない、噛み砕けていないと....
46. 感想 紅 第12話  [ ネットの片隅で適当なこと書く人のブログ ]   2008年06月23日 14:05
紅感想です。ネタバレ注意。
47. 紅#12最終回  [ 悪のめいどブログ ]   2008年06月23日 19:51
紅第12話 最終回「われ存在り」??
48. アニメ感想:紅 kure-nai 第12話「われ存在り」  [ あららニッキ ]   2008年06月23日 21:43
紅 kure-nai 第12話「われ存在り(われあり)」の感想です。 あらすじ 弥生が負傷したためいったん引き返そうとする紅香だったが、真九郎は紫を助けるために一人で九鳳院に乗り込むことに。紅香たちは単独で乗り込んだ真九郎を追う。 見所 紫の決意。これに尽きます....
49. アニメ視聴記録:紅 第12話『われ存在り』  [ 世捨て人の備忘録 ]   2008年06月23日 22:35
もう最終回かあ。 割と早かったような気がします。
50. 紅 -KURENAI- 12  [ MEGASSA!! ]   2008年06月23日 23:42
= 第12話 「われ存在り」 = {{{1クールは短いですねぇ。紅ももう終わりですよ。 世界観のスケールの大きさと放送期間が合いませんね、2クールくらいかけて作らないと すべてを網羅しきらない感じです。 ラストは予想通り、紫の奪還成功。 再び外の世界に...
51. 紅 -kurenai- 第12話 『われ存在り』  [ アニメ-スキ日記 ]   2008年06月24日 05:20
紅 -kurenai- 最終回です。 予想外の結末でした。 五月雨荘でハッピーエ
52. 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」  [ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年06月24日 12:23
弥生さん。。。死にかけてるかと思ったら。。。
53. 紅 全12話総評  [ 天使は瞳を閉じて ]   2008年06月24日 21:48
守るものが見つかったとき、人は強くなれる
54. ドルアーガの塔 −the Aegis of URUK− 全12話総評  [ 天使は瞳を閉じて ]   2008年06月24日 21:48
世界の行く末はその塔に束ねられた
55. 紅 第12話「われ存在り」  [ Hiroy's Blog ]   2008年06月25日 00:14
存在
56. 紅 -kurenai- 第12話(最終話)「われ存在り」  [ 紅色みかん  ]   2008年06月25日 13:11
紅 -kurenai- 第12話(最終話)「われ存在り」 ついに最終話! 時が経つのって早いですね〜。 この前にもホロとかネウロとか絶望先生とかの最終話感想を書いた気がするのですが。 追記に感想です。...
57. 紅 12話+  [ 箱庭迷宮 ]   2008年06月25日 20:13
われ存在り 紫の真意を聞くために、真九郎はもう一度 奥の院へ向かう。 リンや竜士と再び戦闘になるが、崩月流を使い勝利した。 蓮杖や和...
58. 紅 kure-nai 第12話【最終回】  [ 真・萌え声依存症候群 ]   2008年06月25日 21:35
紅 kure-nai 第12話「われ存在り」 ※公式HP等を参照。 【感想】 放映開始後に、慌てて原作を1巻だけ買い、 一読していたのでオチは分か??.
59. 紅 kure-nai 第12話  [ SUTEKIなSOMETHING ]   2008年06月26日 01:37
九鳳院から紫を助けるために一人戻った真九朗。後を追って紅香 と弥生も九鳳院へ。真九朗は紫の父であり九鳳院の当主でもある 蓮丈と対峙し紫を解放するよう説得を試みるのだが…。 真九朗や紅香は紫を奥ノ院に閉じ込めたままでは紫にとって良く ないと連丈を説得。し....
60. 紅 12話レビュー  [ Kazu'Sの戯言Blog(新館) ]   2008年06月26日 02:18
落し処としては無難なところだと思います。かなり厳しい展開かなと思ったんですが、最善策で纏めたと思います。崩月流で全てが決着してしまの..
61. 紅 -kurenai- 第12話「われ存在り」の感想。  [ いーじすの前途洋洋。 ]   2008年06月26日 13:18
紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」 評価: ── こいつが先だぁ! 脚本 松尾衡 絵コンテ 松尾衡 ...
62. 紅 #12  [ 日々の記録 ]   2008年06月26日 17:00
真九郎と紫の物語も、とうとう最終回です。たった1人で、再び九鳳院へと乗り込んだ真九郎。それを知った紅香は、車で九鳳院の敷地に乗り込みました。もの凄い窮地にあるはずなのです...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔