yogurting ヨーグルティング

ゲームな話し

2006年12月19日

(NDS) 「ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア」の製作が決定!

ファイナルファンタジー タクティクス アドバンス


先日、PSソフト「FFT」のリメイク「ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争」がPSPで登場することが発表されましたが、ニンテンドーDSでもFFTが製作されることが発表されました。

その名も「ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア」。このソフト、ゲームボーイアドバンス用ソフト「ファイナルファンタジータクティクス アドバンスド」の正統な続編に当たる作品のようです。今年発売されたニンテンドーDSソフト「FF3」で評価を上げたスクウェアエニックスですが、今作がどのような出来になるのか楽しみですね。個人的には、「ファイナルファンタジータクティクス アドバンスド」はテンポが悪かったので、その辺りが改良されていると嬉しいのですが・・・さてどうでしょうか?ちなみに、発売日、価格はまだ未定でございます。

koubow20053 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

(NDS) ドラゴンクエスト9のゲーム動画を公開

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー


久しぶりにゲームの話題などを・・・。ニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」の動画が公式サイトにて公開されています。サイトはこちら↓

http://www.square-enix.co.jp/dragonquest/20th


久しぶりに任天堂のゲーム機で製作されるこのソフト。なぜPS3ではないんだ!と言う声もあるかと思いますが、ゲーム性を追及した結果、NDSがベストだと判断されたのでしょう。私はいいことだと思います。ドラクエ8は素晴らしい出来でしたが、映像演出に凝ったあまりやや戦闘のテンポが悪くなったような気がしたので・・・。タッチペンを生かしたゲームとなることを期待しております。

koubow20053 at 00:21|PermalinkComments(2)TrackBack(3)clip!

2006年09月30日

PS2ソフト 「ひぐらしのなく頃に祭」の発売日が決定

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ?セット(限定版) 特典 金属バット型ボールペン「悟史のバット」付き


プレイステーション2ソフト「ひぐらしのなく頃に祭」の発売日が12月21日に決定した模様です。アニメも最終回を迎え、まだまだひぐらしワールドを堪能したい!と言う方は是非。ちなみに定価は7329円となっております。

ソース→http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/09/1221.html

公式HP→http://www.alchemist-net.co.jp/products/higurashi_matsuri/index_main.html

koubow20053 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月22日

PS2ソフト「聖剣伝説4」の発売日が決定!

スクウェア・エニックスから発売予定のPS2ソフト「聖剣伝説4」の発売日が12月21日に決定いたしました。価格は7140円とのこと。さらに、本作のメインテーマを坂本龍一氏が担当することが決定しました。

今年の年末のビックタイトルですね。非常に期待していますが、DS「聖剣伝説」がアレだったため、ついつい大丈夫かな?と心配しています。そして、メインテーマを担当する坂本龍一氏ですが、ゲームの音楽のお仕事はPCエンジンの「天外魔境」以来でしょうか?ちなみに公式HPにいくと流れる音楽が素晴らしいです。是非聴いて見てください。

公式→http://www.square-enix.co.jp/mana/

koubow20053 at 20:27|PermalinkComments(5)TrackBack(1)clip!

プレイステーション3が価格変更

11月11日に発売が予定されています、ソニーの新型ゲーム機プレイステーション3の価格が値下げされることが決定いたしました。当初、20ギガバイトのハードディスク搭載モデルは値段設定は62790円とされていましたが、東京ゲームショウ2006のTGSフォーラムでの久夛良木健社長の発表によると49980円に値段が変更になったとのこと。さらに、HDMI端子が実装されることも決定いたしました。

やはり、これは任天堂の新型ゲーム機「Wii」の価格設定を受けてのものでしょうか?しかし、当初の価格設定から1万円以上も値段を下げるとは思い切ったことをしたものです。これで、この次世代ゲーム機戦争もさらに熾烈を極めそうですね。

koubow20053 at 20:17|PermalinkComments(4)TrackBack(8)clip!

2006年09月21日

「北斗の拳(仮題)」がPS2で発売

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 初回限定版


アーケードで人気を博した「北斗の拳」がPS2で発売されます。アーケードモードにサバイバルモードやトレーニングモードが追加される模様です。

ところで、私はゲームセンターで見かけたことないのですが人気あったのですか?見た感じドット絵っぽいですが2D格闘物みたいですね。様々な名シーンがどこまで再現されているのか?楽しみですね。

ソース→http://www.famitsu.com/game/coming/2006/09/15/104,1158287014,60142,0,0.html

koubow20053 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月15日

東京ゲームショウ2006での「アルケミスト」の出展情報

ひぐらしのなく頃に祭(限定版) (2006年12月発売予定)


2006年9月22日から開催されます「東京ゲームショウ2006」。このイベントの物販ブースに「ひぐらしのなく頃に祭」で知られますアルケミストが出展するそうです。

内容はプレイステーション2版「ARIA」の発売を記念して作られました限定版パッケージの絵柄のテレカや、同じくプレイステーション2で発売されます「ひぐらしのなく頃に祭」のパッケージ絵柄のテレカ等です。

ちなみに、「ひぐらしのなく頃に祭」の紹介パンフレット等無料配布物も見逃せないそうです。ああ〜!東京の方が羨ましい!!

詳しい情報はこちら→http://www.famitsu.com/game/news/2006/09/14/103,1158245754,60139,0,0.html

koubow20053 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

デビル メイ クライ 4の公式プレサイトがオープン

デビル メイ クライ 4(仮称)


プレイステーション3での発売予定が予定されています「デビル メイ クライ 4」の公式サイトプレオープンしたようです。これからは、2006年9月22日より開催される東京ゲームショウに向け、新情報をほぼ毎日更新していくとのこと。ムービーも公開される予定ですので、気になる方はいってみてはいかがでしょうか?

公式→http://www.capcom.co.jp/devil4/

koubow20053 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月14日

任天堂の新型ゲーム機「Wii」の発売日と価格が決定!!

9月14日に幕張メッセで開催で開催された"Wii Preview"にて、任天堂の新型ゲーム機「Wii」の発売日と価格が発表された模様です。発売日は12月2日で、価格は25000円。本体にはWiiリモコンとヌンチャクコントローラがひとつずつ同梱されているとのことです。

ちなみに本体と同時発売のソフトは「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」、「Wii Sports」等16タイトルです。さらに、ファミコン、スーパーファミコン、ニンテンドー64のほか、PCエンジン、メガドライブの過去ソフトがダウンロードできるサービス「バーチャルコンソール」も発表されました。、

いやあ、しかし25000円は予想通りでしたがPS3やXBOX360に比べてもかなり安いですね。おまけに、コントローラーもかなり斬新で他のゲーム機との差別化も十分はかられています。これは、ライバルにとっても大きな脅威となりそうです。新感覚のコントローラーで遊ぶ「ゼルダの伝説」は、ある意味ゲーム機の大きな革命となるかもしれません。

年末に向けてゲーム業界は俄かに盛り上がり始めました。

ソース→http://www.famitsu.com/game/news/2006/09/14/103,1158217838,60029,0,0.html

こちらで会見の模様の動画が見られます→http://www.famitsu.com/game/news/2006/09/13/103,1158136282,59965,0,0.html

koubow20053 at 21:28|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2006年09月12日

オンラインゲーム 「Master of Epic」が声優ユニット「Clover」のコラボサイトを開設

Master of Epic はじめてパッケージ


オンラインRPG「Master of Epic」の公式サイトにて、声優ユニット「Clover」のコラボレーションサイト「モエクロ」が開設されました。

ちなみに声優ユニット「Clover」とは、井ノ上奈々さん、宮崎羽衣さん、庄子裕衣さん、斎藤桃子さんの4人の声優さんからなるユニットです。彼女達が、「Master of Epic」し、プレイ日記を綴っていくのが「モエクロ」。キャラ名は明らかにされていませんが、使用しているキャラの外見は公開されているようです。「Moe」だけに萌えユニットですかなるほど、面白い企画だとは思います。

もしかしたら、ゲームの中で「Clover」のメンバーと出会えるかも・・・。

Master of Epic公式サイト→http://www.moepic.com/

モエクロ→http://www.moepic.com/clover/index.html

koubow20053 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月10日

フライト・プランの新作シミュレーションRPG 「ドラゴンシャドウスペル」

「サモンナイト」、「ブラックマトリックス」シリーズ等を手がけてきたフライト・プランが、自社ブランドでソフトを発売することが決定いたしました。その第一弾が、シミュレーションRPG「ドラゴンシャドウスペル」です。詳しいことはまだ明らかとなっていませんが、今まで良質のゲームを手がけてきたメーカーですから、期待出来るのではないでしょうか?現在の開発状況は65%だそうです。また、9月11日に公式サイトがオープンする模様。

ファミ通.COMでの記事→http://www.famitsu.com/game/coming/2006/09/08/104,1157681711,59721,0,0.html

フライト・プラン公式ページ→http://www.flight-plan.co.jp/

koubow20053 at 21:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年09月08日

「Xbox 360 コアシステム」が日本でも発売決定

Xbox 360 発売記念パック(初回限定生産)


北米では発売されてました「Xbox 360」のHDDレス仕様「Xbox 360 コアシステム」が11月2日より日本でも発売されることが決定しました。価格は29,800円となります。

こコアシステムとは標準仕様の「XBOX360」からHDDと「Xbox 360メディアリモコン」、LAN ケーブルを抜き(その他にも少し変更アリ)、価格を下げたモデルです。

この、「Xbox 360 コア システム」の発売を記念し、「NINETY-NINE NIGHTSTM (N3)」、「PGR 3 - プロジェクト ゴッサム レーシング 3 -」 の 2 タイトルを同梱した「Xbox 360 コア システム 発売記念パック」が期間限定生産で登場いたします。

今まで、ちょっと高いかなと敬遠していた人には入門モデルとしていいかもしれません。ちなみに、別売りとして、「Xbox 360 ハードディスク(20GB)」が9,975円、「Xbox 360 ユニバーサルメディアリモコン」は3,150円となっています。

ただ、このモデルはゲームデータ等の保存場所がないため、Xbox 360のゲームをプレイする時には、別途メモリーユニットが必要とのこと。

私は、やはり高くても従来モデルがいいですね。ハードディスクも後で買うとなると結局値段が変わらなくなってきますからね。ネットゲームをプレイする時にもひつようでしょうしね。後、映像ケーブルをコンポジットAVケーブル付属と言うのが何とも・・・今やD端子は必需品でしょう。ただ、2本のソフトが同梱されています記念パックはお買い得だと思います。

詳しい情報は公式ページへ→http://www.xbox.com/ja-JP/hardware/xbox360/core.htm

koubow20053 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(6)clip!

2006年09月07日

(PS2) 「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」に登場するキャラは120人以上!!

ドラゴンボールZ Sparking!NEO 特典 宇宙ポッド型置き時計付き


10月5日に、PS2で発売されます「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」。変身形態を含め120人以上のキャラが登場することになりそうです。「ドラゴンボールZ Sparking! 」と言えば、昨年発売されたドラゴンボールの3D格闘アクションゲームですが、ドラゴンボールの世界観を再現した美しい背景や、建物破壊等の豪快な演出等、今まで発売された数々のドラゴンボールのゲームの中でも、もっともドラゴンボールらしさを再現した作品だと私は思います。

今回はバトル中にリアルタイムで変身が可能になったり、キャラクタふたりを交代しな戦う新システムを採用されているそうです。グラフィックもさらにパワーアップしているようですし正統進化と言ったところでしょうか。

ゲームモードも「ドラゴンアドベンチャーモード」がメインモードとしてあり、「サイヤ人編」から「GT編」のストーリーが追体験出来るそうです。 問題はどれだけストーリーが再現されているかですが、あまりにもぶつ切りでは困りますね。ただ、登場するキャラも多いですし、長いお話しのため全ての再現は不可能でしょう。しかし、抑えるべきところはしっかり抑えて欲しいものです。

嬉しいのは戦闘アクションの追加です。敵を吹っ飛ばした後、すぐ背後に現われて叩き落す「バニシングアタック」、空中に蹴り上げた後すぐ追いかけ、空中コンボを叩き込む「リフトストライク」等の新コンボ、必殺技が追加されているみたいです。ドラゴンボールらしい戦闘が再現できそうですね。

ドラゴンボールファンとしてはとても楽しみな作品。ちなみに予約した人のみ、特典として「宇宙ポッド型置き時計」がもらえるそうです。これはちょっと欲しいかも・・・。

詳しくはこちら→http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060907/dbz.htm

koubow20053 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

2006年03月17日

FF12の話しとか

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き


早速FF12をプレイしています。いやあ〜、久々の大作ですが期待通りの出来に私は満足しています。2時間ぐらいプレイしての簡単な感想を述べますと、まずタイトル画面で定番のテーマ曲に感激!前作10ではこれがなかったのですよね。本当にファイナルファンタジーの続編なのだと実感させられました。

そして、オープニングムービーはさすがです。もう、CGの人間の顔の造形のリアルさには驚かされました。リアルタイムポリゴンの出来もすばらしいです。戦闘シーンについては賛否両論あると思いますが、個人的にはリアルタイムの部分は残しておいても移動は自由にさせる必要がなかったと思いました。

ライセンスシステムについてもこれを使わないと武器や防具が装備できないなどややこしく面倒くさいシステムになっています。自由に好みのキャラを育成出来ると言うのはいいのですけどね。

ディスクロードの頻度もそれなりにありますし、結構読み込みにかかる時間も長めです。

しかし、ゲームの出来自体はいいです。広大なフィールドを冒険する楽しみ、仲間と冒険していると言う一体感、やりこみ要素の多さ、美しいグラフィック等期待の大作にふさわしい出来です。なにより嬉しいのは、今まで映画とゲームの融合を謳っていたこのシリーズですが今作はしっかりゲーム性を重視して作られていると言う事です。仲間と冒険をする醍醐味を十分味わいたいと思います。

明日からは早速プレイ日記を更新していきたいと思います。


koubow20053 at 21:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年03月14日

もういくつ寝ると〜♪FF12

ff12

ファイナルファンタジー12発売直前と言うことで噂のポーション買ってきました!噂はかねがね聞いてますけど、わたしゃ絶対マズイなんて言わないぞ!!どれどれそれじゃ一口・・・ふむふむ・・・う〜んマズイ!もう一杯!!(苦笑)。これなんて罰ゲーム?

いやいやでも思ったよりは全然マシだったです。まあ、FFの発売なんてのは毎度お祭りみたいなものですしメーカーに踊らされていると言うのは十分分かっているのですけどちょっと楽しくなってきますね。

さて、肝心のゲームですが雑誌のレビューでは満点の評価を受けたとか・・・まあこれは全くアテにはしてませんがそれなりに期待は出来ると思います。最近のスクエニには期待を裏切られることが多いですが、さすがにFFはしっかり作りこんでくると思います(FF10-2はこけたけど)。気になるのは公式で戦闘システムが公開されていないこと。今回の戦闘シーンはフィールドマップとの区別がなく、つまりは「ローグギャラクシー」と同じようなものかな?フィールドマップからそのまま戦闘に突入するシステムのようですね。ですからゲームのテンポは大分良くなるのではないでしょうか?

手に入れましたら早速プレイ日記を更新したいと思います。それにしてもまだKH2もアビスもクリアしていないのにこのままだと未クリアのゲームが増えていきそうです・・・。FF12予約してないですけど、発売日に買えるか不安です。まあ、大丈夫だと思いますが。


ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き


koubow20053 at 23:25|PermalinkComments(6)TrackBack(2)clip!

2006年02月27日

今週の気になるソフト 2006/3/02発売のソフト

先週は注目作が多かったわけですが、今週も期待の新作が発売されます。一番の注目作はやはりデビルサマナーでしょうか?このシリーズはファンが多いですからね。それでは、そんな期待の新作を簡単に紹介したいと思います。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団(RPG)・・・まずはこれ。メガテンシリーズの新作ですが、今回は戦闘はリアルタイムで繰り広げられます。攻撃は剣を使っての近接攻撃と銃を使っての遠距離攻撃。剣を使っての攻撃では連続攻撃や回転斬り等があります。銃を使っての攻撃は“火”や“氷の属性攻撃も可能とのことです。さらに、悪魔合体も健在で戦闘では仲魔と共に戦い「合体技」なども使用できます。まあ、戦闘がリアルタイムになったと言う事でちょっと心配な面もありますが、悪魔合体も健在ですし面白く仕上げてくれると思います。個人的にはデビルサマナーシリーズはサターンではまったのでかなり期待しています。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 特典 10周年記念 オリジナルサウンドトラックCD付き


任侠伝 渡世人一代記(侠気アクション)・・・元気お得意の剣豪アクションゲームですが、まあこのシリーズは完成されているので特筆すべきところはないのですが、使用武器が大槌や鉄扇等36種類あり、仲間との連携技も豊富に用意されているようです。また、主人公の着る衣装を選べる「いなせコスプレ」や主人公や子分のお助けアイテム「小粋アイテム」、ミニゲームの「丁半博打」等遊び要素は満載のようです。期待したいですね。



PS2 任侠伝 渡世人一代記 3月2日発売予定


天下人(リアルタイムシミュレーションRPG)・・・セガのリアルタイムシミュレーションと言うとどうしても「ドラゴンフォース」を思い出すのですが、これは光栄の「決戦」に近いイステムのようですね。この系統のゲームにはあまり詳しくないのですがリアルタイムでの合戦と言う事で瞬時の判断力が鍵を握ることになりそうです。敵味方入り乱れての合戦は楽しみですね。

天下人


koubow20053 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月20日

今週の気になるソフト 2006/2/23・24発売のソフト

今月はここまでこれと言ったソフトは発売されていないのですが、今週はこれでもかと言うぐらいに注目作が目白押しですね。来月はFFの新作も発売されますし、これから春に向けてのこの時期は毎年ゲーム業界も盛り上がりますね。それでは、私が気になる作品を簡単に紹介したいと思います。

幻想水滸伝V(RPG)・・・やはり、今週一番の注目作はこれとディスガイア2でしょう!前作の4は非常に残念な出来だったので、今作はどうなのだろう?と言う不安はありますが、実際のところどうなのでしょうね?今作はわりと一作目や二作目のようにシンプルなゲームシステムに戻っているような気がします。ゲーム性やストーリー性を重視してゲーム本来の面白さを追及したそんな印象を持ちます。まあ、実際に遊んでいないので分かりませんけど、公式を見る限りでは過剰に演出面やグラフィックを強化した等と言う宣伝文句はないみたいですね某RPGみたいに(苦笑)。まあ、もし私が感じた通りなら方向性としては決して間違っていないと思いますし、期待できると思います。今回は発売日に買うかな?

幻想水滸伝V(通常版) 特典 プレミアムDVD付き


魔界戦記ディスガイア2(史上最凶やりすぎシミュレーションRPG)・・・ユーザーの間では非常に評価の高かった作品の続編です。もう、前作でも十分完成されていたゲームなので基本的なシステムの変更はないと思います。また、前作のキャラクター「ラハール」「フロンん」「エトナ」も登場します。汎用キャラクタにも新キャラ、裁判にも新要素が加わりこれはますますやり込みがいのあるゲームと仕上がっていますね。グラフィックには大きな変化が見られないので、今のゲームにしては少し地味に感じるかもしれませんが、ゲームとしての面白さを追求したこのゲームに派手な演出はあまり必要ないのかもしれませんね。確実に面白いと分かっているゲームなので安心買えます。しかし、予約してなくても発売日に買えるのでしょうか・・・。

魔界戦記ディスガイア2(通常版) 特典 CD「魔界アレンジコレクション ~ダークレーベル~」付き


戦国無双2(タクティカルアクション)・・・RPGの息抜きに蹴散らし系(?)アクションゲームはいかが?と言うことで登場しました戦国無双2。これ系のゲームではカプコンの「戦国BASARA」がかなり言い出来だったので、やはり元祖としてはそれ以上の内容を見せて欲しいところ。今回は成長システムにレベルアップ、スティール、よろず屋が用意されており、やり込み要素もなかなかのものです。ちなみに、スティールは倒した武将の技能を一定確率で盗み習得できるというもの。よろず屋は敵兵を倒したり箱を壊したりすることでお金を得、それで技能や馬を貰ったり、武器が鍛えることが出来るシステムです。敵をバッサバッサと倒す爽快感に加え、成長システムなどのRPG要素。これは非常に楽しみですね。

戦国無双2(通常版)


koubow20053 at 22:44|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!

2006年01月30日

今週の気になるソフト 2006/2/2発売のソフト

先週の新作ラッシュも落ち着いて今週はあまり注目作がないですね。やはり、今週一番の期待作は「ツーリスト・トロフィー」でしょう。と言うわけで今回紹介するソフトはこれ一本です。

ツーリスト・トロフィー(リアルライディングシミュレーター)・・・グランツーリスモのバイク版と言われているこのゲーム。とにかくグラフィックのクォリティは凄いものがあります。最初このゲームのCMを見た時、新型ゲーム機のソフトの宣伝だと思っていたので「ああ、やっぱり新型ゲーム機の威力は凄いんだなあ」と見ていたのですが、PS2のソフトだと後で分かってびっくり!プレステ2もまだまだ捨てたものじゃないんだなあと再認識。さて、ゲームモードですがアーケードモードとツーリスト・トロフィーワールドの2種類が存在しています。アーケードモードは好きなバイクと好きなコースを選んで遊ぶことが出来ます。ツーリスト・トロフィーワールドは、「TTチャレンジ」や「ライセンススクール」等7種類のモードが用意されており、メインとなるのは「TTチャレンジ」と「シリーズ戦」でしょうか?また、また、自分だけのライディングフォームを作る「ライディングフォームエディター」やヘルメットやレーシングスーツを手に入れ自由に着せ替えが出来るなどやり込み要素も充実してますね。グラツーリスモに比べればあまり話題になりませんが、バイクの挙動をどう再現しているのか?またそれが操作にどう反映されるのか?非常に期待しています。果たしてナムコの「MOTO GPシリーズ」を越えるゲームとなるのでしょうか?

ツーリスト・トロフィー


koubow20053 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年01月24日

今週の気になるソフト 2006/1/26発売のソフト

いやあ〜、最近はゲーム情報はすっかりご無沙汰しておりました。申し訳ありません。これからも、出来るだけレビュー等を書いていきますのでよろしくお願いいたします。さて、今週発売のソフトは多いですよ〜。やはり注目は「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」ですかね。他にも大作があるのでサクっと紹介していきたいと思います。

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(戦国サバイバルアクション)・・・まずは、やっぱりこれでしょう!バッサバッサと敵を切り倒す爽快感は果たして健在なのか?というところに注目ですが、今作で採用された新システムについて紹介を。従者システム・・・仲間との連携攻撃や仲間に命令が出せます。後、主人公と仲間の操作を自由に切り替えることが可能のようですね。命令コマンドには「猛攻」「追従」「特殊」等があるそうです。これらにどんな効果があるのかは公式を見る限りでは不明です。鬼武侠・・・これは随所で発生するミッションバトルのことで達成条件をクリアするとアイテムを入手することが可能のようです。条件は例えば、「制限時間内に敵を殲滅せよ!」とかですね。また、戦闘結果の評価でアイテムが変化するそうなのでやり込み要素となりそうですね。鬼戦術・・・鬼力を消費して放つことの出来る大技、用は必殺技ですね。仲間との合体技、合体鬼戦術も使う事が出来ます。破魔陣・・・各ステージのクリア後はこの破魔陣でしばしの休息を・・・。仲間から重要な情報を引き出すことも出来、アイテムの練成も可能となっております。破魔鏡・・・ステージの各所に存在するこの破魔鏡では武器・防具の強化」や「技の強化」そして、データのセーブを行うことが出来ます。とまあ、以前からあったシステムもあったかな?今作で一番の注目はゆかな、もとい柳生十兵衛茜でしょう。どんなお色気アクションを見せてくれるのか楽しみですね。まあ、前作に比べて硬派さは少し影を潜めましたけど、キャラクター育成や武器収集などのRPG要素もありますし長く楽しめる作品に出来上がっているのではないでしょうか?敵をバッサバッサとなぎ倒す爽快感が健在なのか?期待したいですね。

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS


ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-(ガンアクションRPG)・・・そしてもう一つの期待作の登場ですね。FFですが、今作は完全なRPGではなくガンアクションRPG。FF7のキャラクターヴィンセントが主人公のゲームです。彼の秘密がこれで・・・。銃はハンドガンだけでなくマシンガン、ライフル等を使い分けて敵と戦います。また、アクションは格闘攻撃も出来ますので状況に応じて使い分けていきたいところてすね。また、MPを消費して強力な攻撃リミットブレイクの発動も可能です。またねガンのカスタマイズも可能でパワーアップさせていくことが出来ます。PVを見る限りはかなり面白そうですね。ただ、最近のスクエニには裏切られているので安心は出来ません。グラフィックはさすがだと思いました。さあ、どうなのでしょうか?

ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- 特典 特別映像DVD「COMPILATION of FINAL FANTASY VII: REFLECTIONS」付き


アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女(ムスメ調合RPG)・・・個人的に一番期待しているゲームです。システムがかなり複雑っぽいのでシテムの説明は今回省かせて貰います。ゲームを購入する予定なのでレビューで説明したいと思います。ちなみにアイテム作成システムは健在、レシピカードを手に入れ材料を集めとワクワクしますね。そして、フィールドマップは2Dワールドマップは3Dで表示されます。フィールドマップの2Dには大賛成。暖かみのあるグラフィックはこのゲームに雰囲気に合っていると思います。戦闘システムも面白そうですし期待できる作品だと思います。とにかく、これだけはプレイしてみないことには感触がつかめませんね。公式を見る限りではシステムもいまいち飲み込めませんですししね。

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女


今週は大作が多いですね。今回挙げた3作品ともユーザーが満足できる出来であればいいのてすが・・・。とにかく木曜日が楽しみです。取りあえず、アルトネリコは購入するつもりです。楽しみですわ〜。

koubow20053 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2005年12月19日

今週の気になるソフト 12月22日発売のソフト

さすがに今週はクリスマスと言うことだけあって発売されるゲームソフトの数が多いですね。何といっても注目は「キングタムハーツ供廚任靴腓Δその他にも、「ナルティメットヒーロー3」「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」等期待の新作は多いです。それでは、それぞれ簡単に紹介していきます。

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(レース)・・・まずはこのソフト。一部に根強いファンがいるゲームです。本当にこのゲームを高いレベルのグラフィックで楽しみたいのであればパソコン版をお勧めします。ただし結構高いレベルの環境を要求されるでしょうが・・・私のシステムでは厳しい(泣)。では、モードの簡単な紹介です。「ストリート」・・・オーソドックスなストリートレース、決められた周回走りをライバルと順位を競います。「スプリント」・・・ライバルたちと一周限りのスプリントレースで競うモードです。「ドラッグ」・・・3台の車で競い合うドラッグレースです。「ラップKOバトル」・・・小さめのコースでレース。一周ごとに最下位は脱落、最後の一台になるまで競います。「スピードラップバトル」・・・警察の執拗な追跡にあいながら、様々な目標を達成するモード ですね。今回のメインですかね?「トールブースバトル」・・・決められた区間を、いかに早く走れるかを競うモードです。「チャレンジシリーズ」・・・察の執拗な追跡にあいながら、様々な目標を達成するモードですね。こっちがメイン?とにかく、普通のレースゲームとは違いぶっ飛んだ走りを要求されるゲームですね。PS2の性能でXBOX360のグラフィックにどこまで迫れるか?いや、そんなことを期待しちゃダメかな?とにかく、前作より進化したグラフィックに期待ですね。

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド


NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー3(忍道対戦アクション)・・・ナルティメットシリーズの最新作ですね。今回は、音の五人衆が参戦。まあ、原作でもアニメでもとっくに過ぎてしまったのでやや旬を逃した感はありますが、個人的には好きなお話しなので期待してます。前作はかなり難しかったですがゲームとしての出来はなかなかのものでした。今作では、正統進化らしく技も増え、グラフィックもさらに進化しているみたいです。さらに、前作にあった「ナルティメットロード」も健在、アニメと連動した(アニメDVDが同梱)アクションRPGモードは冒険、探索の自由度がさらにパワーアップしているそうです。原作、アニメファンにはたまらないソフトではないでしょうか?個人的にはかなり楽しみです。即買い決定かな?

NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー3


キングダム ハーツII(RPG)・・・さあ、真打ちの登場ですね。おそらく、今作も期待を裏切らない出来だとは思いますが(最近のスクエニは・・・)これでこけたら本当にもう・・・。このゲームに関しては何も言うことはないのですが成長したリクに注目です。そして、ドナルドやミッキー等おなじみのキャラに加え、FF7や8のキャラも登場!ストーリーを盛り上げてくれることになりそうです。細かいストーリーやシステムは公式を見る限りまだ謎のベールに包まれていますが、きっと期待以上の出来に仕上がっていると思います。さあ、今年最高のRPGとなるか?注目の大作です。

キングダムハーツII


koubow20053 at 23:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月14日

今週の気になるソフト 12月15日発売のソフト

今週も遅くなりました、すいません。さて、今週の気になるゲームソフトです。先週は今冬一番の大作RPG「ローグギャラクシー」が発売されたわけですが、これが意外と評判が良くありません。まあ、最初はアンチが騒いでいるだけなのかとも思いましたがどうやらそうでもないようです。このソフトに関しては近いうちにファーストインプレッションで紹介したいと思います。一方もう一つの注目作「龍が如く」はなかなか高い評価を得ているようですね。これもまた器械がりましたら紹介したいと思います。さて、それでは今週の注目ソフトを紹介していきますか。

テイルズ オブ ジ アビス(生まれた意味を知るRPG)・・・さて、今週も注目作はなんと言ってもこのソフトでしょう。なんと、前作が発売されてから3ヶ月ぐらいしか経っていないのにもう新作ですか。まあ、制作期間が長くかかるRPGをこれだけ短期間の間に出すのですから優秀なスタッフが多いのでしょう。さて、今作ですがやはり注目は戦闘システム。今回は、FR-LMBS(フレックスレンジ リニアモーションバトルシステム)が採用されています。公式によると多方向かつ複数で結ばれた戦闘ラインを持つ「シンフォニア」のシステムをさらに進化させたシステムらしいです。用はバトルフィールドの自由度が格段に増したと言うことですね。また、今作では最大4人までの同時プレイが可能になりました。その他に、攻撃することで溜まっていく画面下部のゲージがMAX値になると、発動できるのが「オーバーリミッツ」や属性攻撃を行うとフィールドに溜まる「音素」の中で特定の術・技を使用してより強力な属性攻撃を行う「FOF」等奥深い戦闘が楽しめるようになっていますね。また、やり込み要素として「闘技場」や「ミニゲーム」も用意されているみたいですね。寒いこの時期、コタツでぬくもりながらRPGをマッタリ2プレイなんてどうでしょう?

テイルズ オブ ジ アビス 特典 10周年記念ファンディスク テイルズ オブ ファンダム 外伝DVD付


koubow20053 at 22:34|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!

2005年12月07日

今週の気になるソフト 12月8日発売のソフト

いよいよ明日の発売に迫ってきました。フラゲ組の人はもうすでに手に入れて遊んでいるかもしれませんね。というわけで今週の気になるソフトを簡単に紹介したいと思います。続きを読む

koubow20053 at 13:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年11月22日

今週の気になるソフト 11月23・24日発売のソフト

今週は発売本数が多いですね。来週は期待のソフト「バイオハザード4」が発売されるわけですが、その前に「ソウルキャリバー3」と言う大人気格闘アクションゲームが発売されます。その他に幾つか面白そうなソフトがあるので紹介していきたいと思います。続きを読む

koubow20053 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月13日

今週の気になるソフト 11月17日(木)発売のソフト

さて、クリスマスと年末にかけて今年も新作ラッシュがあるわけですけど、その前に期待の格闘アクションゲーム「ソウルキャリバー3」の発売があることも見逃せません。まあ、それら新作ラッシュを前にゲーム業界も今は派小休止ということでしょうか?目ぼしいソフトがなかなかで出来ませんねえ〜。と、言うわけで今週期待のソフトですが、私は「ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤルZ」を推します。前作はプレイしていないのですが、評価は高かったです。そんなわけでこのソフトの簡単な説明を・・・。


ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤルZ(ドタバタ3Dアクション)・・・ええ、ゲーム内容は「スマッシュブラザーズ」に近いシステムになっていますね。一対一の対決だけでなく多人数でのバトル、また落ちている武器を拾っての攻撃があったりと非常に豪快にバカらしくワイワイと遊べるそんなゲームです。
登場キャラクター、ケロロ小隊の面々や日向家、そしてポールや556も参戦します。そして、今作から新たに追加されたモードとしてゼン0ステージをクリアする「チャレンジモード」、プレイヤーが負けるまで戦い続ける゛「サバイバルモード」、2Dライン上で戦い「2D格闘モード」があります。おそらく、前作に引き続きストーリーモードもあると思います。

ちょっとお子様向けなゲームと言う印象はありますが前作の評価は高くグラフィックもキレイでキャラクターゲームとしては丁寧に作られていると言う印象を持ってましたが今作ではどうでしょう。「ケロロ軍曹」好きにはお勧めのゲームです。

そうそう、ギロロセーラー服やモアのバニーガール、夏美の体操服など、なかなかマニア心をくすぐるコスチュームも用意されているようです。これは買わねば!!www

大作「ソウルキャリバー」発売前の息抜きとしてこんなドタバタアクションゲームはいかがでしょうか?

ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤルZ


koubow20053 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月08日

ちょっと気になるソフト (PC) 「XANADU NEXT」

えーと、個人的にかなり気になっているので少し取り上げてみたいと思います。

「XANADU NEXT」 (PCゲーム)・・・ザナドゥと言えば往年のゲームファンから見れば特別な想い入れのある方も多いソフトでしょう。かく言う私もそうなのですけど、まず20年前に発売されたこの伝説のPCゲームについて話さなくてはまらないですね。この「ザナドゥ」は日本ファルコムが発売したアクションRPGです。ちなみに、これはドラゴンスレイヤーシリーズの2作目として発売されたソフトです。ドラゴンスレイヤーシリーズといえば英雄伝説シリーズを思い浮かべますが、それの原点はここにあり、後に「イース」シリーズ等の名作ソフトを世に送り出すことになる日本ファルコムと言うゲーム会社を世に知らしめた記念すべき作品と言ってもいいでしょう。

ストーリーは主人公がダンジョン奥深くに潜む伝説のドラゴンを倒すのが目的と言うとてもシンプルなものですが、このドラゴンを倒すのにはドラゴンスレイヤーが必要になり、このドラゴンスレイヤーとドラゴンにたどり着くまでで苦難の連続なのです。
まず、はっきり言ってこのゲーム初回のプレイでドラゴンまでたどり着ける人はおそくらくいなかったと思います。途中で何度もプレイをやり直すはめになることでしょう。と言うのは、このゲームの一番の特徴としてカルマと言うパラメータが存在があげられます。これは、プレイヤーの行動、主に敵を倒すと言う行為によってこの数値が上がっていきます。これが上がりすぎるともうアウト、先に進めなくなります。この時点でゲームを一からやり直さなくてはなりません。また、ダンジョンに出現する敵の数は決まっており、さらに倒してはならない敵も存在します。主人公はカルマにも気をつけつつ、倒す数、倒す敵等様々なコトを考慮しながらプレイしなくてはドラゴンスレイヤーを手に入れられないと言うシビアさがありました。

また、キャラクターメイキング、食料の概念、武器の熟練度等今のゲームの原点となった思われるようなシステムが多く採用されています。

非常にシビアで頭の使うプレイが要求されるゲームでしたが苦心の末、ドラゴンスレイヤーを手に入れ、ドラゴンを倒した感動はなにものにも変えがたいものがありましたのを覚えています。20年前に40万本と言うとてつもない大セールスを記録したこのゲームの続編とも言うべきゲームがこの「XANADU_NEXT」です。ちなみに。このゲームのことは私はよく分かりません。購入した時の楽しみとして事前情報はほとんど入手していないのです。しかし、前にちらりとスクリーンショットを見た感じは画面も3Dになり割とオーソドックスなアクションRPGになったなと言う印象がありました。購入したら早速プレイしレビューを紹介したいと思います。

秋の夜長に、こんなPCゲームの名作はいかがでしょうか?

ザナドゥNext 限定特典版 DVD-ROM版


koubow20053 at 23:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年11月07日

今週の気になるソフト 11月10日(木)発売のソフト

さて、11月発売のソフトの一番の目玉はやはり「ソウルキャリバー3」なわけですが、個人的にそれ以外のソフトはあまり興味が沸かないですね。12月は大作ラッシュですし、これはそれに向けてお金を貯めろと言う神のお導きなのでしようか?wwと言うわけで今週期待のソフトは・・・

一本もありません!ってなことはないのですが、ワクワクするようなゲームは見当たりませんね。唯一興味があるのは、スパイクから発売されます「忍道 戒」ですかね。というわけでこのソフトを簡単に紹介したいと思います。

忍道 戒(忍者アクションアドベンチャー)・・・このゲームは「侍道」シリーズで知られます「スパイク×アクワイア」が製作した忍者アクションアドベンチャーです。内容はもう、そのまんまなのですが屋敷に潜入し敵を倒すと言った「天誅」のようなゲーム内容を想像してもらえたらいいと思います。公式を見ると、特に目新しいところはないのですが、グラフィックの出来や操作、ストーリーや設定等洗練されていて全体的な完成度は高いような気がします。

また、高度な物理エンジンモードによってアイテムやオブジェクトの重さにリアルティを追求したり、「ハラキリエンジン」(因果応報と関係)なるシステムが採用されていたりとよりリアルテイを追求。
さらに、好きな任務やマップを作れる「ミッションエディター匠」、調合によって強力な忍具が作れたりと遣り込み要素も豊富です。

じっくり遊びこめるこんなゲームはいかがでしょうか?

忍道 戒


koubow20053 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月31日

今週の気になるソフト 11月02日(水)発売のソフト

先週の、「ワンダと巨像」の祭りも終わり少し落ち着きを取り戻した感がありますが、11月はまだまだ期待の新作が多いです。そんなわけで今週発売される気になるソフトを紹介していきます。

BEATDOWN(アウトロー・リベンジ・アクション)・・・今週期待のソフトはこの一本だけです。11月発売されるソフトの中で「ソウルキャリバー3」に次いで期待しているソフトがこれ「BEATDOWN」です。ジャンルは「アウトロー・リベンジ・アクション」なんともややこしい名前がついてますが、用はアクションゲームでしょう。発売元はカプコンと言うことで私的には「フアイナルファイト」の3D版と言うようなゲーム性を期待しているのですが、果たしてどうなのでしょうか?

システムですが、プレイヤーは街で情報収集をしつつ数々のミッションをこなすことでゲームが進行するようです。また、仕事をこなすだけではなく街で誰彼かまわず喧嘩を売ったり、警察官を敵に回し逃げたり、金やアイテムを集めるなどゲームの自由度は高いようです。こうしてみると、「ファイナルファイト」と言うよりもどっかと言えば「GTA」に近いゲーム性なのかもしれませんね。また、バトルでは仲間を連れて一緒に協力して戦うことも出来、それぞれのキャラに個性があるので誰を連れて行くかの選択は悩むことになりそうです。また、プレイヤーの行動によってイベントが発生したり、プレイヤーの生き方次第で称号が変るなどやりこみ要素も多いですね。

バトルはパンチやキックの肉弾戦に加え、バットやゴルフクラブ、鉄パイプ等の武器を使っての攻撃も可能。武器がない場合は相手から奪うことも出きるみたいです。また、プレイヤー、敵にはLIFEゲージのほかにPRIDEゲージが存在し、このPRIDEゲージを減らすことで相手に交渉を持ちかけることが出来ます。交渉の際の選択肢は4つ、「仲間にする」「金を奪う」「情報を吐かせる」「ビートダウン」。挑発をしたり、敵のプライドを傷つけるような攻撃をすることでPRIDEゲージは下がるようです。そして、連れていける仲間は2人まで。仲間と協力することで強力な攻撃を繰り出すことも出来ます。

そのほかにも上着やスボン、靴をアクセサリーを購入したり、ヘアスタイルを変えたり等プレイヤー好みの格好にしていくことも可能です。

なかなか自由度の高そうなアクションアドベンチャーゲームですが、私は戦闘シーンに大いに期待しています。「ファイナルファイト」のように群がる敵をガンガン倒していくようなアクション部分の爽快感が果たして味わえるのかどうか?ただ、公式のページを見る限りではかなり楽しみになってきました。何度もプレイして爽快感を味わえるようなそんなゲーム性を期待しています。

BEAT DOWN ビートダウン


koubow20053 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2005年10月24日

今週の気になるソフト 10月27日(木)発売のソフト

先週はバーンアウトリベンジぐらいしか目ぼしいゲームがなく少し寂しかった1週間ですが、来週はついにあの期待の新作が発売されますね。来週は発売本数は多いものの個人的には期待できるソフトは一つしかありません。

「ワンダと巨像」(アクションアドベンチャー)・・・さあついに発売です。実は今年一番期待されている大作ソフトではないかなと思います。もうこのソフトに関しては何も言うことがないぐらい有名ですね。
ジャンルはアクションアドベンチャーです。愛馬アグロに乗って広大なフィールドを駆け巡り恐ろしく大きな巨像と戦闘を繰り広げます。このアグロを乗りこなすことが攻略の第一歩となるような感じがします。が、詳しい操作法やストーリー、そして世界観等は公式サイトでも必要最低限のことしか書いてないため詳しいことは分かりません。実際にどのうよな物語、戦闘が繰り広げられのかはプレイしてみてのお楽しみといったところでしょうか?
巨像のずっしりとした重量を感じさせるグラフィック動きは特筆すべきものではないでしょうか?ユーザーの期待度も半端ではありませんが、売り上げの方も相当いくと思います。非常に楽しみな新作ソフトですね。

ワンダと巨像 特典 スペシャルDISC付き


koubow20053 at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月17日

今週のちょっと気になるゲーム

先週取り上げた、「レーシングゲーム「注意!!!!」」、「コード・エイジ コマンダーズ 〜継ぐ者 継がれる者〜」、「クリティカル ベロシティ」の購入は結局見送ることにしました。代わりに全くのノーマークであった「プリンス・オブ・ペルシャ ケンシ ノ ココロ」を購入。が、後で同じ日にXBOX版が出ていることに気づきました(大失敗箱版にしておけば良かった)まあ、面倒くさいからPS2版でもいいですけど。このソフト意外に評価がいいみたいですね。また、近いうちにプレイした感想等を書きます。
それにしても、最近のスクエニはことごとく期待を裏切っているなあ。まあ、期待していたソフトの評価が低いと拍子抜けすると同時にほっとする面もあるのですよね。正直一ヶ月にゲームを何本も買うのはきついですからね。

さて、今週の発売のソフトで期待しているソフトは一本だけ「バーンアウト リベンジ」です。所謂、アクションレースゲームですがただのレースゲームではありません。ライバルと順位を競うモードもありますが、ライバルをクラッシュさせて走行不能にしたり、一般道を走っている車の列に突っ込んで大クラッシュを巻き起こしたりと、かなりクラッシュに拘ったゲームではないでしょうか?
今回は、走行中にジャンプすることが可能になりより激しいレース展開が演出されるようになっています。公式のムービーを見る限りは、グラフィックも進化してて前作の「バーンアウト3」が原色基調の派手でポップなグラフィックに対して今回は渋めでよりリアルなテイストに変わっているようです。クラッシュシーン等の派手なエフェクトも健在でコース設計も一新して複数の分岐やショートカットが散りばめられているのだそうです。
ゲームモードも「レース」、「ロードレイジ」、「グラッジマッチ」、「バーニングラップ」、「エリミネータ」、「トラフィックアタック」、「クラッシュステージ」とかなり豊富です。
このゲームに関してはもう難しい事は考えず、本能のまま爽快感を求めてプレイするのがいいのではないでしょうか?ロールプレイングやシミュレーションゲームをプレイの合間の息抜き等にいかがでしょう?個人的に、物凄く期待しているソフトです。

バーンアウト リベンジ


koubow20053 at 07:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月11日

今週のちょっと気になるゲーム

さて、今週発売の私の気になるAND購入予定のPS2ソフトについてちょっと。

今週は、個人的には楽しみなソフトが目白押しです。まずはこれ!

コード・エイジコマンダーズ〜継ぐ者 継がれる者〜・・・スクウェア・エニックスから出るアクションRPGです。ぱっと見「.HACK」と似たような雰囲気を感じましたが実際はどうなのでしょうか?スクエニのアクションRPGと言うと「キングダムハーツ」を思い出しますが、デモムービーを見る限りは無双系のアクションにファンタジーRPG要素と言う印象を受けました。ワラワラと群がる敵をバッサバッサと派手なエフェクトと共に斬りかかるそんなゲームのようです。
システムは、キャラクター毎の物語をミッションで追うミッションクリア形式のARPGだそうです。ミッションクリア型だからますます無双みたいですけど・・・。
攻撃は、武器化した両腕を使って敵を倒す接近戦とフィールド上のオテロを吸収して様々な効果を使い分けて攻撃する中距離戦があります。中距離戦は画面効果も派手でこれをうまく使いこなす事が攻略の鍵となるようです。そして、通常攻撃に加えて打つことが出来るコードドライブを当てることによって繰り出されるヒロイックアクションではど派手な演出と共に強力な攻撃を出すことが出来ます。なんか、ドラゴンボールの戦闘シーンのようですが。
幻想的な世界観のグラフィックが魅力のこのゲーム、期待したいところですが最近のスクエニはユーザーの期待をことごとく裏切っているので私は購入するかは微妙です。面白そうではあるのですが、見た目ほどの爽快感はないような気がしてならないのです。まあ、他のユーザーの評価を見てから購入しましょうかね?とりあえず様子見です。

コード・エイジ コマンダーズ ~継ぐ者 継がれる者~ 特典 設定資料集+クリアブルースリーブケース付き


レーシングゲーム「注意!!!!」・・・なんとも凄いタイトルですが所謂洋ゲーってやつでかね。「BURNOUT3」のようにぶっ飛んでてなおかつ爽快感のあるレースゲームを期待しますがどうでしょう?衝突や破壊が売りのこのゲーム、他のマシンを蹴散らし破壊しぶっ飛んだレース展開が繰り広げられそうです。破壊のみに特化した「デモリションアリーナ」と言うモードもあるそうです。「デストラクションダ-ビー」に近いゲームのような気がします。まあ、洋ゲームらしいゲームですね。紹介ムービーを見る限りマシンの挙動もよく出来ていると思います。期待していいゲームなのではないでしょうか?

レーシングゲーム「注意!!!!」


クリティカル ベロシティ・・・ナムコが発売する新感覚のドライビングアクションゲームです。いわゆる、箱庭レースゲーというやつですかね?ストーリーに沿って様々なミッシヨンをクリアしていくシナリオモードがメインのようです。「Need for Speed Underground 2」のようなゲームをイメージしたらいいのでしょうか。ちなみに、ミッションはスタントマンミッション、追跡ミッション、救急車ミッション等バラエティーに飛んでいます。カスタマイズパーツでマシンをパワーアップさせることも出来るようです。ミッションがなかなか面白そうですが、車のグラフィックがいまいちチープな気がしますね。スクリーンショットですが、背景のグラフックも特筆すべき点はなくまあごく普通といったところでしょうか?ただ、肝心のゲームモードはなかなか楽しそうです。まあ、これも様子見ですかね。ところで、ナムコはもうPS2で「リッジレーサー」シリーズを出す気はないのでしょうかね?

クリティカル ベロシティ


koubow20053 at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!