yogurting ヨーグルティング

舞-乙HiME(終了)

2006年04月04日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第26話 「Dream☆Wing〜夢の在処〜」

舞-乙HiME ガルデローベ学園スクープブック


セルゲイ・・・優しい人・・・優しすぎる人・・・今はその優しさに感謝します・・・。と言うわけで、乙女の力を残していてくれたセルゲイ。セルゲイが意気地なしで本当に良かったですね(笑)。アリカとニナの最後の戦い、いよいよ始まります・・・。続きを読む

koubow20053 at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(78)clip!

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第25話 「蒼天の乙女」

舞-乙HiME 3


2話続けての放送となります。最終回、新作ラッシュで大変なことになっていますが、最終回に向けてテンションが高まります。やっぱり、最後は大円団で終了でしょうか?このアニメらしい、ラストに期待しています。それでは、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(29)clip!

2006年03月28日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第24話 「あなたのために…。」

舞-乙HiME 3


もはや隠すことの出来ないセルゲイへの想い・・・。ニナがついに勝負に出ます。思えば、アリカに振り回されっぱなしだった学園での生活。知性、運動能力全てにおいて学園ナンバーワンだった彼女の前に現れた一つの脅威。アリカは、ニナにとってもっとも大事なものを奪おうとしていたのでした。ニナがここでそれを我が物にしようとするのは当然の成り行きですね。それでは、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 14:41|PermalinkComments(2)TrackBack(86)clip!

2006年03月21日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第23話 「不思議の谷のアリカ」

舞-乙HiME 3


引っ張ってぇ〜引っ張ってぇ〜ようやくここまでやってきましたよ。本当に彼女の登場まで23話もかかりました。彼女達との出会いがアリカやマシロにどのような影響を与えるのか?非常に気になるところです。それでは早速見ていきますね。続きを読む

koubow20053 at 04:56|PermalinkComments(6)TrackBack(97)clip!

2006年03月14日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第22話 「ホロビノウタ」

舞-乙HiME 3


やっぱり終盤になるにつれて盛り上がるアニメなんですね。もちろん、序盤、中盤も凄かったわけてすが(どっちかと言うネタが)・・・、「ニナまかれる・・・ors」は伝説の回となりましたけどね。今回の注目はなんと言っても舞衣の登場でしょう!まさかここまで引っ張るとは思いませんでした。声優さんも待ちくたびれたのではないでしょうかね(まあ今年は忙しそうだからそうでもないと思いますが)?後、黒トモエのアリカに対する言動にも注目したいですね。アリカを切れさせて彼女の力を引き出してあげてください(苦笑)。それでは、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 05:29|PermalinkComments(6)TrackBack(102)clip!

2006年03月07日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第21話 「白き姫、目覚めるとき」



アニメ「舞-乙HiME」オリジナルサウンドトラック Vol.2 乙女の祈り/アニメサントラ


アレはどう見てもミコトですね。まあ、結構早い段階で怪しいと言われていたことですけどね。そして、ニナの秘密もこれから徐々に明かされることになるでしょう。また、今回はとても重要なシーンがあります。それはアリカとマシロにとってです。感動的な場面であったので是非注目して見て欲しいですね。それでは、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 09:20|PermalinkComments(10)TrackBack(99)clip!

2006年02月28日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第20話 「ニーナと呼ばないで」



アニメ「舞-乙HiME」(マイオトメ)新オープニング主題歌: 「Crystal Energy」/栗林みな実


やっぱりこのアニメは安定していて面白いです。アリカとマシロの魅力も十分引き出されてきていると思います。しかし、意外とオトメ同士のバトルが少ないんですよね。マイスターオトメは結構いるわけですし、もうちょっと彼女達のことも取り上げて欲しいですよね。それと、舞衣が未だ登場しませんね。この辺りで出でくると期待したのですが、もしかして最後まで出てこないなんてことは・・・。そんなことより、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 04:28|PermalinkComments(2)TrackBack(89)clip!

2006年02月21日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第19話 「宿命の17歳(^^;)」

舞-乙HiME(3)


やはりと言うかこのアニメはクライマックスに向けて一気に盛り上がる作品ですね。まあ、サブキャラがどんどん脱落していくのもお約束となっているのでしょうね。ヒーローアニメの王道ですが・・・。序盤はちょっとネタアニメっぽい雰囲気で、それはそれでもちろん面白かったのですがやはりこの展開にはかなり燃えるものがあります。前回の衝撃は引きずっていますが先が楽しみでしょうがない!さて、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 05:27|PermalinkComments(6)TrackBack(106)clip!

2006年02月14日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第18話 「ホワイトアウト」

舞-乙HiME 2


いよいよ戦うことになったアリカとニナ、悲しい定めですね・・・。「二人ともボクのために戦わないでくれ!」ってセルゲイが叫んでくれたらワロス。考えたらこのおっさんが一番の原因ですよね?年端もいかない娘さんを女として意識するだけでも犯罪なのに(苦笑)、なんか前作と同じくセルゲイにはホント腹が立ってきた。とにかく感想です(笑)。続きを読む

koubow20053 at 05:48|PermalinkComments(8)TrackBack(104)clip!

2006年02月07日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第17話 「蒼の舞/想い、散るとき」

舞-乙HiME 2


しかし、新OP何度も見てもカッコイイですね。最後のアリカとニナの一騎打ちにはかなり燃えます。本編でこういうシーンが見られるのは最後の方でしょうか?急展開となった前回、さあいよいよ戦いが始まるわけですが今回も熱い展開を期待しています。それでは、感想です。続きを読む

koubow20053 at 22:22|PermalinkComments(6)TrackBack(93)clip!

2006年01月31日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第16話 「約束だよ!」

舞-乙HiME 2


さて、OPが変わりました。前の歌も好きだったのですが今回の曲の方がこのアニメの雰囲気に良く合っていると思います。これからの激しい戦いを予感させるようなカッコイイ曲ですよね。そして、舞衣もついにオープニングに登場しました。いやあ、楽しみです。後はアリカとニナ、この二人は何れ強力なライバルとなる運命のようですね。ライバルと言うか敵同士ですか?さあ、ここからが本番ですよ!では、感想です。続きを読む

koubow20053 at 20:03|PermalinkComments(6)TrackBack(98)clip!

2006年01月24日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第15話 「アリカ、泣く。」

舞-乙HiME 2


アリカもマシロもウジウジ、ウジウジ。恋愛ってもっと楽しいもののはずだよ?そりゃ確かにあふれる想いにつらくなることもあるし、初めての感情に戸惑っているのかもしれないけど、子供らしく明るくいって欲しいですね。「負けないように、いきましょう♪」。さて、ストーリーの方は本格的な鬱モードへと移行しているみたいです。唯一の救いはアリカの底抜けな明るさかな?と言うわけで感想です。続きを読む

koubow20053 at 04:19|PermalinkComments(8)TrackBack(93)clip!

2006年01月17日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第14話 「オトメのS・O・S」

舞-乙HiME 2


前回、いよいよ乙女同士の衝突があったというところで終わりましたがいよいよ始まるのでしょうか?鬱展開が・・・。もう少し、アリカのオバカっぷりを見ていたかったのですけどね。まあ、前作は終盤は激しく鬱だったので今回はもうちょっと明るい展開でもいいかなと思っていたのですが、さあどうなるのでしょか?それでは、感想です。続きを読む

koubow20053 at 18:37|PermalinkComments(6)TrackBack(92)clip!

2006年01月10日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第13話 「茜色の空に…」

舞-乙HiME 1


関西では、月曜日が大変なことになっています。「落語天女」「タクティカルロア」「パラダイスキス」「プレイボール2nd」「エンジェルハート」「舞-乙HIME」とアニメ好きにとっては土曜日に続いて大忙しの一日となります。これは、昨年以上に放映されるアニメの数が多いですよね。とても一話一話丁寧に感想を書いてられないですわ。と言うわけで今回の舞-乙HIMEですが、プッチャン達は封印です。続きを読む

koubow20053 at 19:20|PermalinkComments(2)TrackBack(87)clip!

2005年12月27日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第12話 「仮面舞踏かい?」

舞-乙HiME 1


さて、晃君と巧海君の登場ですね。晃君は名前と声優さんからしてアレなわけですが(まあスタッフの狙いでしょうけど)ガチではありませんので(意味不明?)ご安心を。しかし、巧海が出たってことは当然あの人もセットになっているってことですよね?今回、あの人の事が語られるのか?楽しみです。さてと今回もプッチャンでお送りします。それではどうぞ!続きを読む

koubow20053 at 20:33|PermalinkComments(4)TrackBack(84)clip!

2005年12月20日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第11話 「HAPPY☆BIRTHDAY」

なんか、ウザいと思ってたアリカが可愛くてしょうがありません。ツンツンのニナちゃんもいいですが、純粋なフリして人を食ったようなアリカもなかなかいい味出してます。さて、今回もプッチャン達でお送りしていきたいと思います。

mai051220001mai051220002続きを読む

koubow20053 at 04:54|PermalinkComments(6)TrackBack(94)clip!

2005年12月13日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第10話 「それが乙女の一大事」

前回はタイトルどおりお約束満載かあ〜!?と思われたのですが思わぬ肩透かしを食らわされました。まあ、スタッフの狙いだったのでしょうけど。今回も色んな意味で楽しみですねw。それでは今回もプッチャンたちにお願いします。では〜!

mai051213002mai051213003続きを読む

koubow20053 at 22:38|PermalinkComments(2)TrackBack(113)clip!

2005年12月06日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第9話 「海−水着+遭難=?」

タイトルからも分かるとおり今回もキタなこれw。「ニナまかれる」の回は伝説となったわけですが今回もそれに負けず劣らず凄い〜展開を期待しています。今回も水着キャプしまくりでお送りしたいと思います。それでは、プッチャン達にお願いしますか!

mai51206002mai51206006続きを読む

koubow20053 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(106)clip!

2005年11月30日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第8話 「運命の軛」

アリカとマシロの契約により物語が大きく動き出し始めたこのアニメ。全てはこれからと言った感じですね。正直かなり楽しみです。さて、今回もプッチャン達にお願いしましょうかね?好評だったかは定かではありませんが・・・。

MAI051129001MAI051129002続きを読む

koubow20053 at 10:01|PermalinkComments(7)TrackBack(85)clip!

2005年11月22日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第7話 「蒼の舞/乙女の契り」

いやあ〜、しかし前回のエロネタは凄かったです。実際感想系のブログでも反響は大きくて、まあここまでやってくれたスタッフを褒めるべきでしょうか?ただ、最近のアニメはなんかエロネタが多いですね。もう、夜中はオタクアニメだと割り切っているのでしょう?ちょっと複雑な気分もしますが・・・さて、今回はちょっと趣向を変えまして「極上生徒会」のプッちゃんとりのがお送りします。では、どうぞ〜!

maihime051122007maihime051122008続きを読む

koubow20053 at 08:54|PermalinkComments(9)TrackBack(96)clip!

2005年11月15日

(アニメ感想) 舞−乙HiME 第6話 「ニナ、まかれる…orz」

ついにきましたよ〜!この日が!!今日はお約束満載、お色気満載、美少女満載とおまけにタイトルに「ors」と来たものだ!wどうやらスタッフは本気のようです。これは我々もウカウカしてられません。こころゆくまで視聴いたしましょう・・・。

otome0013otome0012続きを読む

koubow20053 at 23:45|PermalinkComments(7)TrackBack(102)clip!

2005年11月08日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第5話 「学園と制服とあたし♪」

ええ、回を重ねるごとに段々と面白くなってきました。アリカが底抜けに明るいのがいいですね。どんな、つらさやイジメもこの明るさと前向きさで跳ね飛ばしてくれる。前作から登場のキャラもいい味出してます。相変わらずの者、全く別人の性格になった者、人とは違う動物に転生した者www。なんか、ストーリーなんてどうでも良くてキャラの掛け合いだけでも十分楽しめてます。さて、今回はなんか怪しいお店も登場するみたいで、うんうんワクワクしますね〜!

maihime05110800
 ええ、今日は可愛い女の子の恥ずかしい写真が一杯撮れたので紹介したいと思いますwww

maihime05110801
 まあ、なんて大きなお口なんでしょう〜続きを読む

koubow20053 at 08:21|PermalinkComments(6)TrackBack(95)clip!

2005年11月01日

(アニメ感想) 舞ー乙HiME 第4話 「炎の転入生!!」

まさしく、ユリユリ〜な状態でちょっと狙いすぎな感もあるこのアニメですがミコトネコとアリカの可愛さ目当てで見てしまっている自分がいます。きっと、これからもお約束のネタ満載なんだろうなあ〜、ああ〜スタッフの思惑通りなんたろうなあと思いつつもやはり期待してしまうのでした・・・(^^;)

maihime05103000
 「皆逃げて〜!!」

maihime05103001
 「ああ・・・ローブが・・・」続きを読む

koubow20053 at 05:57|PermalinkComments(6)TrackBack(83)clip!

2005年10月25日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第3話 「はじめてのケ・イ・ケ・ン」

すっかり学園コメディーの色に染まりつつあるこのアニメですが、前作からのファンも多いですし安定した面白さがありますね。登場キャラが多くて初めてみた人は名前を覚えるのが大変でしょうけど、個性的なキャラが多くて見ていて飽きませんね。

maiotome05102500
 「カ〜メ〜ハ〜メ」

maiotome05102501
 「ハア!!」続きを読む

koubow20053 at 04:03|PermalinkComments(4)TrackBack(73)clip!

2005年10月18日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第2話 「乙女の園を駆ける疾風!?」

otome05101800
 気がついたら朝みたいな

otome05101801
 そんで持って裸〜みたいな

otome05101802
 最後は迫られて〜みたいな

さて、今期のアニメの中でもわりと気楽に見られることのアニメ。登場キャラも前作のおなじみのキャラが多数出演でキャラもそれなりに個性が出来上がっていますから安心して視聴が出来るのではないでしょうか?前作のような鬱展開はもう勘弁な(^_^;。

シズルがあっさりと化け物を倒したのを見てすっかり彼女にホの字のアリカちゃん。と、そこへミコトが登場!っておい!猫かよ〜!!ありゃりゃ、猫に転生ですか。こりゃすっかりスタッフに遊ばれてますね。ちょっと可愛そうな扱いですな(^_^;)。
学園長に学園に入りたいと直訴するアリカ。そこへ「嬉しいわあ〜そんなにうちの舞気に入ってくれたん?可愛いらしい子やね」とアリカの顔に急接近するシズル、キスをすると言うふりをしてちらっと横目でナツキを見やると耳の方に口を寄せふっと熱い息を吹きかける。その快感に(?)昇天するアカネ。

キタねこれまたキタね!はい、ちらっと意味深げな目でナツキを見るシズルはちょっとナツキに意地悪をして試そうとしているのですかね?やっぱり二人はそういう関係なんだあ〜いや、私の妄想ですけどね。
ええ、次いで学園の日常風景が映し出されるわけですが、前作まともに見ていない私は誰がだれだか分かりません。皆噂好きの女の子みたいですね。シズルに憧れているあたりなんか「極上生徒会」を思い出しますが、まあ女子高の学園ものにはありがちな設定ですかね。「ユリね〜ユリね〜ユリユリね〜♪」byレインちゃん と言うわけでなんか怪しい雰囲気もありつつ物語は進んでいきます(^_^;)。

otome05101803
 私負けないもん!みたいな

さて、学園で一夜を明かしたアリカですが彼女の処遇は結局審議会に委ねられることになりました。が、呑気に審議会の結果を待っていられないアリカは直接審議会で学園に入れてもらうことをお願いに会場へと走り出します。しかし、途中でシホと出会いそこで彼女に追いかけられることに・・・

ええ、シホが出てきましたね。前作でもアレだったわけですが今回もアレですね。しかし、呪いの人形を持って「お前も巻き巻きしてやろうか〜」って新感覚のネタをお持ちで・・・(^_^;)。まあ、ここからはずっとアリカが走りっぱなしシホや他の生徒を巻き込んで大騒動になんかこの壮大な鬼ごっこを見てると一瞬「うる星やつら」?なんて思ったりもしましたけどちょっとバタバタと世話しなかったなあ。しかし、野川さくらさんの演技が凄かったなあ〜ああいう声も出せるんですね?「ローゼンメイデン」の雛苺のイメージが強かったからかちょっと意外でしたと言うかマジワロタww。

まあ、今回はなんかドタバタ喜劇でしたけどこのアニメってこういう作品なんでしょう。何も考えず気楽に笑いながら見るのが一番ですね。シホなんてなかなか面白いキャラですしミコトネコも不細工でカワイイし愉快なアニメですた(^-^)

otome05101804



舞-乙HiME 1 (1)


koubow20053 at 05:29|PermalinkComments(9)TrackBack(68)clip!

2005年10月11日

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第1話 「ユメノ☆アリカ」

28261d56.jpg







前作「舞-HiME」は終盤からしか見ていないのですが、私の前作の感想はひたすら鬱だなと。ただ、雰囲気から察するに序盤は明るくて後半にかけてどうしようもなく鬱アニメになったんじゃないかあと想像しているのですが。
さて、そんな前作とストーリー的な繋がりがあるのかどうかは分りませんが公式の紹介を見る限り随分アニメ、アニメした美少女アニメだな(^_^;)と言うのが印象です。この秋の新作ラッシュで今回は当りアニメが多いと思うのですが、本作もそんなアニメとなるのでしょうか?

いきなり、オープニング異形の馬鹿でかい怪物が登場(こんなアニメが今回多いよなあ)。なんか、いきなり修羅場のようです。一人の赤ん坊を抱えた女性が何者かに追われて逃げている模様。そして「生きて!」と願うようにそう呟き水路に赤ん坊を流します。
今作はファンタジーっぽい世界観ですね。ヨーロッパの国をイメージした世界のようですし、まあそのほうが好き放題出来るっことかもしれません。と思いながら出てくるキャラの顔を良く見るとどこかで見覚えが・・・っておい!これって前作に出てたキャラじゃない!?今頃気づいた(^_^;。なるほど、別の世界で前作のキャラを出すそんなアニメだったんですね。いやあ、前情報仕入れてなくてすいませんm(_ _)m。
さて、五柱で学園長のナツキと同じく五柱の一人シズルがなにやら話し込んでいます。いい加減に見てしまってたけど前作でこの二人は「レ☆」な関係だったんですよね?いや、シズルの一方的な片思いでしたっけ?結構きわどいシーンなんかもあったりして、どうかな?なんて思ったりしましたけどさてはて今回はどうなることやら?
で、今作の主人公はアリカ・ユメミヤちゃん。純粋で明るい子だけどちょっと幼い(精神年齢が)女の子。コーラルオトメであるニナに着いてきてヴィント市にやってきました。田舎からやってきたため見るもの全てが新鮮に映るアリカのはしゃぎっぷりにニナはとても迷惑そう。もっと、構ってやれよ!(^_^。
そして、マシロと言う少女との偶然の出会い。なんと彼女は、この国の姫。小生意気でワガママなこの少女にアリカはこれから振り回されることになりそうです。

今回の全体的な感想としては主人公の女の子が底抜けに明るくてなかなかいい感じじゃないでしょうか?姫やニナとの絡みもなかなか楽しそうですし。前作とはちょっと雰囲気が違うようですね。ところで、エンディング見てて気づいたのですけど、声優さんに岩男潤子や櫻井智等の懐かしい名前たちも・・・。なんか久しぶりです。そうそう、エンディング曲もなかなか面白い曲です。まあ、鬱な展開にだけはして欲しくないなあ・・・。

舞-乙HiME 1 (1)


koubow20053 at 04:15|PermalinkComments(2)TrackBack(40)clip!