yogurting ヨーグルティング

紅 kure-nai(終了)

2008年06月22日

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」

紅 1


圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷への侵入を試みる。そして始まる、真九郎たちと九鳳院家との最後の戦い。はたして、真九郎は紫の笑顔と平和な日々を取り戻すことができるのだろうか…!?
続きを読む

koubow20053 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(62)clip!

2008年06月13日

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第11話 「われ思考う」

紅 1


真九郎は紅香と弥生と共に、九鳳院の屋敷へと突入を開始する!次々に襲い掛かる数多の護衛を倒して、奥へと歩を進めていく真九郎たち。そんな彼らの前に、リン・チェンシンが立ちはだかる!彼女の相手を弥生に任せて、真九郎と紅香はついに紫がいる奥ノ院に辿り着く。女中や護衛の男たちの抵抗を退けながら内部へ進行する真九郎と紅香の前に、紫と竜士がその姿を現す。紫を連れて行こうとする真九郎だが、紫の思いがけない一言が…。

続きを読む

koubow20053 at 05:15|PermalinkComments(0)TrackBack(58)clip!

2008年06月07日

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第10話 「慣れの恐怖」

紅 1


紫を九鳳院家に連れて行かれてしまったことに、ショックを隠せない真九郎。みかねる環や闇絵。そんな真九郎に弥生は、過去に自分が仕事で犯してしまった失敗を語り、紫のことはすぐに忘れたほうがいい、とアドバイスをする。それを聞いても吹っ切ることができず、どうにかして気分転換しようと試行錯誤する真九郎。そんな折、紅香から突然電話がかかってくる。新しい仕事のために、五月雨荘から出ろと…。
続きを読む

koubow20053 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(53)clip!

2008年05月31日

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第9話 「貴方と私と」

紅 1


九鳳院家を敵に回すという事の重大さに気付き、紫の護衛を続ける自信を失ってしまう真九郎。そんな真九郎に対し、紅香は紫と九鳳院家の隠された真実を語り始める。紫が背負っている運命の重さを知った真九郎は、どんなことがあっても彼女を守り通すことを、改めて心に誓う。そして、紫をより確実に守り抜くために、五月雨荘を離れる決心をする真九郎。しかしそんな矢先、五月雨荘に竜士たちが!
続きを読む

koubow20053 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(58)clip!

2008年05月26日

(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第8話 「自愛と臆病と」

紅 1


紫の七五三を祝うため、真九郎たちは神社へ行くことに。紫たちが着付けや、お化粧の準備をしている最中、七五三のことを弥生に報告すると、行動が軽率だと怒られてしまい、仕方なく人の少ない駅前の神社に行き先を変更する。出店がないことにうなだれる環と闇絵。初めて訪れた神社に目を輝かせる紫。記念写真など撮りながら平和なひとときを過ごす。しかし、その陰で紫の動向を注意深く監視している謎の男たちが…。
続きを読む

koubow20053 at 05:40|PermalinkComments(0)TrackBack(45)clip!

2008年05月20日

(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第7話 「女」

紅 1


紫に女としての喜びが何かを熱弁する環。彼女は、より深く知ってもらうために、紫を大学に連れて行く。そこで環は、五月雨荘にいるときとは少し違う姿を見せる。しばらく歩き回った後、座って休んでいると、ふたりの前に環のボーイフレンドである里志が現れた。和やかな雰囲気で話し始めるが、里志は「もう会うのはやめよう」と。へこむ環のことを懸命に励まそうとする紫だったが、ふと夕乃のことを思い出し真九郎の元へ急ぐ・・・!
続きを読む

koubow20053 at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(46)clip!

2008年05月12日

(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第6話 「貴方の頭上に光が輝くでしょう」

紅 1


地元の祭で行われるミュージカルに、ボランティアで出演してほしいと頼まれる五月雨荘の住人たち。真九郎が断り続けるものの、環たちが強引に出演を決めてしまう。しかもそのミュージカルのヒロインに、なんと闇絵が大抜擢される!真九郎は、大きな不安を抱えながらも、仕方なく練習を始める。しかし、その練習の中で、闇絵がすさまじい音痴だということが発覚。いらつく紫と環をよそに、どうにかしなければと悩む真九郎は、夕乃に代役を頼むのだが…?続きを読む

koubow20053 at 05:11|PermalinkComments(0)TrackBack(52)clip!

2008年04月25日

(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第4話 「才物」

紅 1


かつて自分と銀子が通っていた幼稚園を救うため、土地の権利書を奪ったグループと交渉を行う真九郎。しかし、その交渉の最中に、真九郎の後をつけてきた紫が相手側に捕まる。それでも、真九郎がめげずに粘り強く交渉すると、相手グループのボスがすんなりと権利書を渡してきた。受け取って真九郎が帰ろうとしたそのとき、紫がボスの態度が怪しいと言い出した!怒ったグループは二人を窮地に追い込む。気絶した紫をよそに真九郎は・・・!続きを読む

koubow20053 at 06:49|PermalinkComments(0)TrackBack(56)clip!

2008年04月20日

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第3話 「偽者の顔」

紅 1


真九郎が銀子から仕事の依頼を受けていたその頃、環に連れられて学校へとやってきてた紫。まるで遊園地や動物園に来たかのように、興味津々な表情で学校中を探索して回る。そしてしばらく歩き回っていると、紫の前に夕乃が通りかかる。互いに簡単な自己紹介を済ませると、紫は夕乃のことを半ば無視しながら再び学校探索を始める。だが、夕乃が九鳳院の名を知っているとわかった途端に、紫は彼女に対して不信感を抱き始め…?
続きを読む

koubow20053 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(57)clip!

2008年04月15日

(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第2話 「溝と流れと」

紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)


紫を置いて学校に行った真九郎は、心配のあまり度々紫に電話をかける。一方、留守番中の紫の前に、同じアパートの住人・環と闇絵が現れる。その間も真九郎は電話を鳴らすが、話に夢中な紫は着信に気付かない。そんなことを知る由もない真九郎は電話をかけ続け、何度目かでやっと電話が繋がる。だが、聞こえてきた声は、紫ではなく闇絵だった。闇絵に紫の居場所を聞くが、知らないと言われ真九郎はついに学校を飛び出してしまう!!続きを読む

koubow20053 at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(47)clip!

2008年04月04日

(アニメ感想) 紅kure-nai 第1話 「極夜」

紅~醜悪祭 上 (1) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)


平凡な高校生活を送りながら、あらゆる揉め事を解決する裏稼業・揉め事処理屋を営んでいる紅真九郎。ある日彼は、同じ揉め事処理屋として憧れの存在である柔沢紅香から、謎の少女・九鳳院紫の護衛を依頼される。紅香に認められたい思いと、少女の悲しげな表情に打たれ、悩みつつも引き受ける。翌日、紫を部屋にひとりで待たせることに不安を感じながらも、真九郎は学校へ向かう。しかし、彼が学校から帰ると、紫は姿を消していた…。続きを読む

koubow20053 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(60)clip!

2006年07月10日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第12話 「愛・・・戦いの果てに」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


天界へとやってきたラハール一行。しかし、そこで待っていたのは手荒い歓迎。ブルカノが現われ、なんと悪魔を召還したのです。天使が悪魔と契約する・・・その事実に衝撃を受けるフロンですが、ラハールは悪魔を難なく倒しブルカノを退散させます。そして一行はさらに奥、神殿の中心部を目指し歩くのでした・・・。続きを読む

koubow20053 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(8)clip!

2006年07月03日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第11話 「赤い月が照らす夜」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


いよいよ天界へ殴りこみをかけることになったラハール。エトナ、フロンと言う子分を従え降り立ったそこは、赤い月の見える「月渡しの雪原」でした。天界へと向かったはずなのになぜこんなところに?首をかしげるラハール。その時、不思議な歌とともに大量のプリニー達の行列が現われるのでした・・・。続きを読む

koubow20053 at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(9)clip!

2006年06月26日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第10話 「明日の勇者はキミだ!」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


地球人の魔界への侵略。それを阻止せんと立ち向かう、ラハールと地球勇者ゴードン。一方、ジェニフアーと接触するフロンとエトナは、彼女の口から意外な事実を聞かされるのでした・・・。続きを読む

koubow20053 at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

2006年06月20日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第9話 「宇宙戦艦ガルガンチュワ」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


ついに船の修理を完成させた地球勇者ゴードン。悪との決着をつけるためラハールの前に現われます。意外にもゴードンとの対決を受けるラハールですが、彼には密かな企みがあるのでした・・・。続きを読む

koubow20053 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(7)clip!

2006年06月11日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第8話 「プリニーの一番長い日ッス!」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


突如姿を消したプニリー達、幾ら、エトナが呼んでも現われません。そのおかげで、もう何日もまともな食事をとっていないラハールは爆発寸前。しびれを切らしたラハールがプリニーを探しに街へと赴くと、一匹のプリニーがこそこそと物陰に隠れて移動しているのを発見。ラハールは捕らえて、他のプリニー達がどこにいるのか聞きだしますが・・・。続きを読む

koubow20053 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(8)clip!

2006年06月05日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第7話 「魔界兄妹」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


ラハール一行がふらりと立ち寄った村の酒場。そこで、アルバイトをしていたゴードンとジェニファーに出会いますが何でも彼らの話しによると、ラハールの妹に会ったとのこと。しかし、肝心のラハールは自分には妹などいないと話します。と、そこへ暴走族に追われていると言うマハールが飛び込んできてラハールに助けを求めるのでした・・・。続きを読む

koubow20053 at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(10)clip!

2006年05月29日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第6話 「エトナの恥ずかしいヒ・ミ・ツ」

魔界戦記ディスガイア キャラクターコレクション


ラハールを賞金首に仕立てたという者が住む城・・・サルディアから教えられたその場所に赴いたラハール一行は、早速城の主と対面します。その主、名をマデラスと言います。かつて、ラハールの父であつた魔王の好物である暗黒まんじゅうを盗み食いし追放された悪魔、そしてこの男こそラハールを墓場へと追いやった張本人だったのです。そして、ラハールへの裏切りはもっと近いところにもあったのです。エトナ・・・マデラスとつるみラハールを捕らえようと企んでいた彼女はついに正体を現し、フロンと共に捕らえてしまいます。ラハールとフロンが気がついた時、二人は妙な空間に飛ばされていたのでした・・・。続きを読む

koubow20053 at 23:37|PermalinkComments(2)TrackBack(7)clip!

2006年05月22日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第5話 「魅惑のダンジョン…かもしれない」



魔界戦記ディスガイア 1/アニメ


賞金首から狙われながらも旅を続けるラハールとエトナ、ちなみにフロンは砂漠に置いてけぼり。途中、森の中で迷っていると雨が降り出し、偶然見つけた怪しげな洋館に退避することに。館の主人サルディアはラハール達を歓迎し手厚くもてなします。しかし・・・。続きを読む

koubow20053 at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!

2006年05月15日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第4話 「成金城の大岡裁き!?」

魔界戦記ディスガイア キャラクターコレクション


今回はゼニスキーとコガネスキーが登場。ゲーム版では特に使いどころがあると言うわけではなかったのですが、無理やりゼニスキーを戦闘に参加させていました。まあ、好きやキャラだったわけでもなかったんですけどね(汗)。ちなみに、ゴネスキーの声は金田朋子さんです。この人の声を聞くとなぜかテンションが高くなるんですよね・・・。続きを読む

koubow20053 at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(8)clip!

2006年05月08日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第3話 「おいでませ魔界秘宝館」

魔界戦記ディスガイア プロローグ (初回限定生産)


フロン萌え派エトナ萌え派で意見の分かれているこのアニメですが、私は実はラハール燃えです。家来だと言いフロンとエトナを従えていますが実はこの二人に振り回されていると言うあべこべぶりは、笑えます。燃えと笑いを兼ね備えた貴重なキャラなのです(笑)。さて、ラハールの魅力が伝えられたところで今回の感想といきますか・・・。続きを読む

koubow20053 at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(15)clip!

2006年05月02日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第2話 「中ボス落ちてケライがふえた」

魔界戦記ディスガイア プロローグ (初回限定生産)


このアニメはフロン萌えがメインだと思われている方が多いと思うのですが、実はエトナ萌えなんですよ(笑)。ええ、人を食ったようなあの態度はまさしく小悪魔。お間抜け平和ボケ少女(フロン)との掛け合いはこれからの楽しみの一つです・・・。続きを読む

koubow20053 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(10)clip!

2006年04月25日

(アニメ感想) 魔界戦記ディスガイア 第1話 「眠れるゴミ捨て場の王子」

魔界戦記ディスガイア プロローグ (初回限定生産)


原作ゲームにはそれなりにはまりました。アイテム界とかにはまってて、ほとんどストーリーは進みませんでしたけどね(笑)。個人的にはアニメ化されないかなあなんて漠然と考えていた時期もあったので、アニメ化は結構嬉しかったですね。キャラが魅力的ですのでこれをどう生かすかに全てがかかっていると思います。それでは、感想です・・・。続きを読む

koubow20053 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(19)clip!