TOP > 香典の表書きの書き方 > 連名で出す場合の表書き

連名で出す場合の表書き

香典を一人ではなく、複数で出す場合があります。

あまり親しくないご近所の方や、会社関係の方がお亡くなりに

なった場合、連名で香典を出します。

この場合の香典袋の表書きにもマナーがあります。

何人かを取りまとめ、立て替えて香典を段取りする役目が

回って来たとき慌てず対処できるようお勉強しておきましょう。


香典を連名で出す場合には、人数によって書き方が変ります。


■少人数で連名にしてお香典を出す場合

差出人の名前を中央に並べて記入します。普通、右から上位の

人の名前を記入します。人数によって表書きのバランスを考え

て書いてください。この方法では表に書ける名前は3〜4名まで

です。また、連名の方のフルネーム、漢字を確認してください。


■多人数で連名で香典を出す場合

代表者の氏名の左側に小さく「他○名」または「外一同」などと

記入し、別紙に代表者以外の氏名を連記して金封の中に入れます。

また代表者の名前抜きで、表には「○○会有志」あるいは

会社名や部課名などを書いてもいいです。


■3,000円以下の香典を出す場合連名はやめましょう

連名の場合、各人の額が3,000円以下のときは、ご遺族に返礼品

の心配をさせないよう個人名を書かない心づかいをして欲しい

ものです。その場合、香典の書き方は、特別にきまりはありませ

んが、「有志一同」「友人一同」「○○課一同」が一般的です。



例えば有志三人の連名で金額は合わせて10,000円の香典を包み、

香典返しなどなどの気を遣わせたくないと考えている場合、

「○○一同」でも個人で包んでもどちらでも間違いではありません。


ただ有志一同のときもきちんと別紙に個人個人の名前は書いて

おいた方がいいです。3,000円を超えるのならば、それぞれ個人

で出してもかまいませんし。

香典返しなど後々のことはご遺族が決めることですので、

そこまで気を使わなくていいと思います。 小額の香典にもお返し

をする人はするものです。どうしても気になるなら、香典返し

を受け取るつもりで一人5,000円を別々に包むのはどうでしょう。