2008年05月25日

300 あとがき(2008年4月13日)

067909de.JPG 4月13日(日)15:00からミュージアムホールで第2期ボランテイアの方々の発足式が行われました。文化交流展示室にも新しい風が吹いてきたようです。皆様のご活躍を心から祈ります!というわけで私(第1期)のつたないボランテイア日記も本日で終了にしたいと思います。
 最後に永い間展示解説ボランテイア部会長としてご活躍された鈴木普己雄氏(写真)の言葉をご紹介し結びと致します。来館者の喜びが私達の喜びです」この言葉は私ども第1期ボランテイアの素直な感情であったと思うからです。永い間このブログをちらちらとご覧下さった方々に感謝いたします。有難うございました。  
Posted by koudzf3 at 21:51Comments(1)

2008年04月06日

299 一つの心一つの魂!(2008年3月31日)

f6572ebb.JPG3年間に亘った第1期ボランテイアの任期が終わった。人生の最終ステップでこのような素晴らしい機会をいただいたことに心から感謝したい。九州人の心は熱い!ボランテイアを含めた全ての関係者が深い信頼関係で結ばれることが全ての基礎だと思う。九州国立博物館の限りないご発展を祈りたい。神に感謝!  
Posted by koudzf3 at 18:37Comments(0)

298 交流課・糸井茂氏のご挨拶

f1c4c312.JPGパーテイの最後に交流課を代表して糸井茂氏のご挨拶があった。氏は開館前から一貫して「博物館とボランテイアの関係は信頼に基づくパートナーである」ことを強く主張されてきた。九博ではボランテイアの直接のご担当として糸井氏はまさにその主張を実践された。ご尽力に心から感謝いたします。  続きを読む
Posted by koudzf3 at 18:08Comments(0)

297 終了パーテイ(3月30日)

468c60c0.JPG17時からミュージアムホールでXUXUのアカペラコンサートが開催された。魅力あふれるカルテットでその不思議なハーモニーに魅せられた。私どものために東京から特別に招かれたのだという。18時から最後のパーテイが盛大に開催された。博物館側の深いご配慮が身にしみる想いであった。有難うございました。  
Posted by koudzf3 at 17:38Comments(0)

2008年03月31日

296 第1期ボランテイア終了式

822a73b4.JPG14時からミュージアムホールで第1期ボランテイアの終了式が行われた。展示解説部会は米山さんが代表となり三輪館長から立派な感謝状と記念品(独楽ー飛翔ー)をいただいた。独楽は「その人の人生がますます円満に回転しますよう」という願いが込められていると云う。暖かいご配慮に心から感謝いたします。  
Posted by koudzf3 at 22:04Comments(3)

295 展示解説ボランテイア歓送会

03a2f93c.JPG午前中の部会にひきつづき12時から「うぐいす茶屋」で完戸さん外7名の方々の送別会と新しい第2期ボランテイアの歓迎会が行われた。お別れする方々のご健勝とご多幸を心から祈りたい。いろいろと有難うございました。新しい部会長の市川氏は「ボランテイア活動はまず楽しくありたい」と話された。全く同感である!  
Posted by koudzf3 at 21:38Comments(0)

294 役員の退任と新役員の選出

bcd0ea47.JPG現在の部会長鈴木普己雄氏、副部会長井出良治氏・秋山博志氏の退任が承認され長期間に亘った人知れぬご労苦に対して盛大な拍手が湧いた。その後新役員として部会長に市川瞬一氏、副部会長に水永哲郎氏・井手良治氏が満場一致で選出された。尚井手氏は新役員のお二人をバックアップする体制をとる。  
Posted by koudzf3 at 20:48Comments(0)

293 展示解説部会開催(3月30日)

025c7c7d.JPG10時30分から第1期・第2期ボランテイアの合同部会が研修室で開催された。部会長の鈴木氏が3年間の経過報告をされその後「部会長・副部会長・班長は全員が退任し4月からは第2期ボランテイアの方々に全ての運営を引き継ぎ登録ボランテイアはバックアップ体制をとる」案が提示され全員一致で承認された。  
Posted by koudzf3 at 20:18Comments(0)

292 第12回九博デー(3月29日)

c833feae.JPG「九博を愛する会」主催の九博デーがミュージアムホールで開催された。主題は「文化を未来に伝えるために・・・」午前中は三輪館長ほかによるシンポジウム。午後はNHKのプロフェッショナルで紹介された鈴木裕さんの講演。文化財の修復については一つの作品に1年〜10年をかけると聴き驚きと感動を覚えた。  
Posted by koudzf3 at 10:11Comments(0)

2008年03月23日

291 大宰府の街から・光明禅寺あたり

5ac7e5c5.JPG大宰府天満宮正面の大鳥居を右に曲がると静かな小道がある。右に黄海海戦で活躍した軍艦定遠?の遺物があり昔ながらの小さなお店もある。正面には光明禅寺が静かなたたずまいをみせている。左に曲がれば九博、右に曲がれば西鉄大宰府駅にでる国博通りだ。絵は画家橋本敬雄氏(札幌在住)にお願いした。  
Posted by koudzf3 at 18:31Comments(0)

2008年03月16日

290 博多座からのお客様(3月14日)

ee93892f.jpg朝友人から急に頼まれて現在博多座で出演中の長谷川稀世さん・かずきさん達を文化交流展示室にご案内した。好奇心溢れる気さくな方々でシアター4000やあじっぱも楽しまれた。長い公演期間中唯一日だけの休日を梅の大宰府と九州国立博物館で過ごされたことになる。帰り光明禅寺までの静かな国博通りを散歩しながら稀世さんは「東京ではとても忙しくて今日は本当にホットした一日でした」と喜ばれた。博多座では銭形平次・あじさいの女を絶賛公演中。3月26日(水)までです。皆さん是非見に行きましょう!  
Posted by koudzf3 at 11:18Comments(0)

2008年03月09日

289 第3回まほろばコンサート(3月9日)

9d6b929f.JPG11時から大宰府市民吹奏楽団によるまほろばコンサートがミュージアムホールで開催された。最初のストレートロードから気迫に溢れた演奏が聴衆を魅了した。曲目は意表をついた選曲であり時代劇絵巻、ピンクレディーから最後のブラジルまで多彩を極め、終了後も満席の聴衆から拍手が鳴り止まなかった。  
Posted by koudzf3 at 21:42Comments(0)

288 九博ボランテイアの未来を考える

8f36dd7e.JPG3月8日第2期ボランテイア全体研修でシンポジウムが開催された。九博から参加された交流課の糸井茂氏は「思いやりの心」の重要性を話され会合を締めくくられた。全く同感だ!ボランテイアは「名も金もいらない」という様々な価値観をもった人々の集まりである。同じ志を持った人々が互いに深い思いやりの心を持って行動しなければボランテイア集団は本質的に機能しないのだ。鋭い指摘だと思う。  
Posted by koudzf3 at 18:21Comments(0)

2008年03月02日

287 曲水の宴(3月2日)

c0a2f98a.JPG朝から快晴、大宰府天満宮では「曲水の宴」が開かれ白梅・紅梅が満開で美しい。今日74歳の誕生日。平均寿命まで残るは3年間だ。この美しい梅の花をあと何回見れるかな。幸い博物館側のご配慮で登録ボランテイアとなれて有難い。人生の第4楽章をボランテイアとして謙虚に誠実に熱情をもって生きたいと思う。  
Posted by koudzf3 at 11:34Comments(3)

286 白村江の戦い前夜・清原氏講演会

aff71564.JPG大宰府館で展示課の清原倫子氏の講演を聴く。倭国の女帝と新羅の女王こそが主題なのだが歴史おんちの小生には極めて難解。白村江の戦いで何故唐が新羅と連合軍を組んだのか?唐の狙いが高句麗にあったことも初めて知る。驚いたのは7世紀頃四国の道後が反乱する九州の豪族を視野に入れた大和朝廷の情報拠点であったという事実。私は道後と言えば「坊ちゃん」位しか頭になかったから。日朝関係の歴史が奥深いことだけは理解できた刺激的なレクチャーであった。  
Posted by koudzf3 at 11:16Comments(0)

2008年02月24日

285 班長会が開かれた(2月23日)

c07bc965.JPG私ども第1期ボランテイアの任期も1ヵ月後に迫ってきた。新しい第2期の方々に如何にスムーズにその活動を引き継ぐか?去り行く方々の送別・新しい方々の歓迎。そしてより一層の展示解説ボランテイア活動の発展のために今何をすべきか!部会長・副部会長のリーダーシップの下に真剣な班長会議が行われた。  
Posted by koudzf3 at 11:05Comments(0)

2008年02月17日

284 デ・リーフデ号とエラスムス像

d081c4ad.JPG小さなソプラノのコンサートがあり大分の臼杵に行った。ホールに1600年初めて九州臼杵に漂着したオランダのデ・リーフデ号があった。よく見ると船尾にエラスムス像が装着されている。九博に開館後2年間に渡って展示されたエラスムス像である。オランダと日本との交流はこの船との出会いがスタートであった。  
Posted by koudzf3 at 11:35Comments(2)

2008年02月11日

283 寿司職人の心に学ぶ

52d73739.JPG雑誌「金沢」を見ていたらお寿司の名店「弥助」のご主人森田一夫さんの談話があった。お客様がカウンターに腰を下ろしたらまず「来て下さって有難う」と心の中で頭を下げます。感謝の気持ちをこめて寿司を握り、そして力を抜いて「どうぞ」と差し出します。私が力むと食べる方も力が入ってしまうでしょう。お客様と心を通わせて求められているものを私なりに考え心を添えてお出しします・・・・・。展示解説ボランテイアとしてハットさせられた一文であった。(PCが故障更新が遅れました)  
Posted by koudzf3 at 22:10Comments(0)

282 ボランテイア現場実習始まる!

44f21195.JPG2月1日(金)から第2期ボランテイアの方々の現場実習が始まりました。写真は2月7日に来られた木曜午前班の方々です。この日はまずボランテイア室にご案内してミーテイングがあり、その後文化交流展示室を井手さんが紹介。フリーの見学後12時30分からシアター4000を観賞していただきました。歴史に詳しい方々が多くなんだか新しい風が吹いてきたようです。皆様ヨロシクお願いいたします。  
Posted by koudzf3 at 21:48Comments(0)

2008年01月27日

281 第2期ボランテイア研修開始

b3ff1e8a.JPG新しく第2期のボランテイアの方々が決定した。三輪館長による第1回の事前研修会が実施され「文化は西から九州から」「日本文化の形成をアジアの視点からみる」という基本コンセプトが熱く語られた。昨日よりも今日!今日よりも明日!新しい方々と共に価値ある九博ボランテイアの歴史をつくりたい。  
Posted by koudzf3 at 19:11Comments(1)