公園のネコたち

梅雨明けして夏も本番!保護スペースの中はネコ温度でいつもほとんど同じで快適。
食後はこのダルダルが気持ちいいのよ。
私の肉球にミッキーがいるの見つけられる? by チビ
_20200803_111533





アメリカの先住民は季節を把握するために、各月に見られる満月に名前を、動物や植物、季節のイベントなど実に様々につけていたそうです。

8月の満月は“Sturgeon Moon(チョウザメ月)。

スタージェン…と聞いても日本人にはあまりなじみの無い英単語ですが、アメリカ先住民の間ではチョウザメ漁はこの季節を象徴するものだったようです。

昨夜は、そんな満月を見ながら、クリンや友三郎先生に語りかけていました。

by 絶賛自粛中のスタッフM



7F9011BA-CA87-49FE-BE43-6562062D40E2

区内の方が道路にいるところを保護しました。
ひどいネコ風邪だったのですが、回復しています。
人なれもしていて、よく遊びます。
ウィルスチェック問題なし。ワクチン接種済。
推定2~3か月、シッポも長く、美形女子です。

中林1596332213232中林unnamed

肝臓の数値が悪くなって、少し様子がおかしかったので保護スペースのネコになったキッちゃん。
お外にも未練はあるらしく、ここからお外を見ています。
中と外、どちらが幸せなのでしょうか?

DSC_1168DSC_1169

男子なのに女子よりかわいい声の大野くん。
こんな座り方していると、もしかして女子?と思ってしまいます。

DSC_1173

一緒に成長しているのに、すでに性格に違いが、、、、、。
ポンポコリンのおなかです。
_20200801_103206_20200801_103759

ネコママの手のひらからあふれるくらいの大きさになり、ミルクの量も順調に増えています。

DSC_1200DSC_1201DSC_1194

7月は毎日雨マークでカビが生えそうな気分でした。
保護スペースのネコたちは高齢なので湿度や気圧の変化で体調に影響を受けやすいです。
皆さまのサポートのおかげで、冷えすぎず湿度が高くなりすぎない室温で快適に過ごしています。

クリンさんが小さい時に公園に偶然みえて、ネコたち家族が暮らしていることを知り、
ご飯などのサポートをしてくださりながらお休みの日に公園訪問して下さるご夫婦が保護スペースを訪れてくださいました。
クリンさんと福太郎君にお花を頂きました。
その頃からクリンさんは他のネコに比べて体が大きく目立っていたので、おにいちゃんと呼んでいたそうです。
クリンさんは小さい時からネコ仲間を守るお役目があったのですね。
今更ながら気がつきました。

保護スペースの専属獣医さんの命日も8月初めで、ともさぶろう君と名づけたニヒルなトラネコさんが
クリンさんと福太郎くんを従え、いつまでもメソメソしないで前を向いて歩きなさい!と言われました。
天寿を全うした生き方をしたネコさんを看取らせてもらい、気持ちを新たに、猛暑になりそうな8月を乗り越えて行こうと思っています。

皆さまが暑い夏を元気で過ごされますよう、ネコたちと共にお祈りしております。

DSC_1176 (1)

クリンさんがいなくなり、いつもみんなで一緒にいた大きなベットをミーちゃんが独り占め。
脇のネコママお手製爪とぎベットはしょうへい君が陣取っています。
彼がベットで使用しているときは、みんな爪とぎができません

DSC_1156DSC_1159 (1)

またまたコロナ感染拡大している中、7月が終わってしまいます。
チビ2匹が順調に成長してくれているのが救いです。
あどけないまなざしに癒されています。

DSC_0389

このページのトップヘ