公園のネコたち

カテゴリ : ネコの紹介

古参メンバーのちーぱぴ。愛称ちーちゃんです。
耳のピアスはかつての避妊手術済みのマークです。(現在は耳カットが主流)

ノラ時代に脊椎を損傷、排泄には介助が必要ですが、 普段はおとなしい甘えん坊さんです。
フードの時間には自分からケージに入ってくれるお利口さんでもあります。
DSC01886
 

先月28日のブログで、2013年最後の新人(ネコ)「おちょろ」として画像のみのお目見えでしたが、この度、「大福」と名改めまして、紹介させていただきます。

大福は都内の餌場に出入りしていた推定5歳くらいのメスです。
6キロあります。(お外のネコは冬に向けて脂肪を蓄えるということもあり。。。) 

新しい環境にまだ少し緊張気味ですが、人慣れはしていて、元来おっとりした性格のようです。
静かに大人しくしているのに、身体の大きさ故、存在感があります。
「マツコ」と呼ぶスタッフもいます。「デラックス」はどうかと言う声もありましたが、「大福」です。

みなさま、どうぞ宜しくお願いいたします。
IMG_20140106_110345
 

すみれは銀座の飲食店でごはんをもらいながら、地域ネコとして暮らしていました。

交通事故にあって骨盤を骨折してしまい手術を受けたのですが、街に戻る事が出来なくなりこのスペースに入ってきました。
 
男の子なのですが、手術して下さった先生がなぜかすみれと命名して下さりました。
 BlogPaint

竹内栖鳳の絵に出てきそうな和猫のひめか。
ほっそりとした体つきのおばあさんネコです。
最近では食欲が落ちて、フードを残すことが多くなってきました。

クールな顔付きに反して、人懐っこく、撫でられるのが大好きです。
ひめか 

大きなからだに小さな耳、お顔は、、、そう、沖縄のシーサーみたい!
鳴き方も尻上がりな調子で特徴があります。

飼い主さんが健康上の理由で飼えなくなったため、ネコママが預かりました。
性格はいたってマイペース。
シーサーのすっとんきょうな鳴き声を聞くと、何だか脱力してしまう、三枚目癒し系です。
20131009_192928

高齢の飼い主さんが他界されて保護されたアイちゃん。
 
保護されたときから目の様子がおかしかったので眼科専門医を受診したところ
扁平上皮癌が見つかりました。
 image
 















高齢ネコでもあることから現状でできる治療は済ませ、
このまま状態をみていくことになりました。
 
保護された時からほとんど人に慣れていないネコだったので、
ネコにストレスをかけずにできる世話くらいしかしてあげられませんが、
今のところごはんもよく食べてくれて、静かな余生を過ごしてくれています。
 
想像の範囲ですが、きっと大変な生活を送ってきていたのでは、、、、、、
そんな事を考えると、できるだけ痛みに苦しむことなく
静かな時間が過ぎてくれる事を祈ってしまいます。

小太郎のママだったから、コタママ。
今はのんびりきままな13才。
コタママ

















ちょっと垂れ目でタヌキ顔です。
目が合うと、撫でてくれる?とアイコンタクト!

やけに印象に残る味わいある佇まいは年の功でしょうか。

コタママ2




 

おさつ、通称おさこ。

公園の入り口でぐるぐる回っているネコがいる、との通報があり

保護されました。耳が聞こえていませんでした。

病院でCTやMRI検査を受けましたが、ぐるぐるの原因は特定できませんでした。

投薬で症状はおさまってきましたが、今でもゲージの中でぐるぐるぐるっと

勢いよく回り始め、扉を開けるとロケットのように飛び出してくることもしばしば。


そんなおさこもネコママの膝に乗るのが大好きです。

甘えていると加減がわからずネコママの手をガブッと噛んでしまうのがたまにキズです。

ニャアとは言いません。たまにあげる鳴き声は、、カモメのよう。

華奢な身体に(聞こえないけれど)大きな耳、無垢な目をしています。
おさつ-




 

草食系のやすひろ。

もともと大変なびびりですが、スタッフにも少しずつ慣れてきました。

今はなでるとぐにゃりとからだをくねらせて、もっともっと!とアピールです。

まだ、ふとした瞬間にびびりモードに入ってしまいますが、

お家のネコになったら、なかなかの甘えん坊になりそうです!

ピータンのような透き通った緑色の目が美しい、やすひろです。
やす




 

5月生まれのさつき、通称さっちゃん。

まんまるな目で人をまっすぐ見るさつきは、なでたりブラッシングをすると、

お礼にこちらの手を丹念に舐めてくれる律儀者でもあります。


かつては地域の方々にとても可愛がられていましたが、交通事故により脊椎を損傷。

後ろ脚が麻痺、硬直し、引きずって傷が化膿するようになったため切断となりました。


保護スペースでは、上下の移動以外ほかのネコたちと変わらない生活をしています。

ちょっと照れ臭いとき、嬉しいときなど、ボーリボーリと爪を研ぎます。


こちらは先日いただいたバースデープレゼントのおもちゃに目が釘付けのさつき
DSC01699


























このページのトップヘ