panoramakouen-27



GWの情報!5月3日正午より<大鹿歌舞伎・春の定期公演>が開催されます。




5月3日12時より、<大鹿歌舞伎・春の定期公演>が開催されます。300年の歴史ある公演です!


少し、遅きに期する感はありますが、GWの情報を一つ…。表題の「地元住民により、300年伝承されてき伝承芸能“大鹿歌舞伎”春の定期公演」が、今年も5月3日に正午から開催されます。

(以下、大鹿村・行政HPより一部抜粋)


長野県の文化使節として、ヨーロッパ各地及び、大阪府(国立劇場)でも開催されるなど、国内外にファンも多く、全国から大勢の参加者が詰め掛けます。

地芝居としては全国初の国選択無形民族文化財にも指定され、昔ながらの観劇スタイル…・ここぞという時には大きな声が飛び交い、花(おひねり)が飛ぶという、昔懐かしい演劇の世界に浸ることができます。

南アルプスの麓、<日本で最も美しい村>加盟村の一つ、大鹿村大河原「大磧神社の舞台」で、大自然に囲まれ、ゆっくりと農村歌舞伎の妙に浸ってみては如何でしょうか〜!


場 所:長野県下伊那郡大鹿村大河原・大磧神社舞台
参加費:無 料
日 時:22年5月3日(月)開演・正午〜4時頃
演 目:「奥州安達原 宗任物語の段」(おうしゅうあだちがはら むねとうものがたりのだん)


交 通:中央線・岡谷で飯田線に乗換え、伊那大島駅から臨時バスが伊那大島駅を午前9時に出発し、帰りは終了次第、指定された乗車場所(小渋橋バス停)集合 (料金・片道千円)

高速バス:新宿西口・高速バスセンターから一直線、松川インター下車。

(いずれを利用されるにしても、遠方の方は前日に当村入りをして、旅館・民宿等に宿泊され、翌日早めに現地入りされるのが一般的です。前日(5月2日)は高速バス停より、2時少し前のバスが出ると思います。確実な事は観光協会へ…)


お弁当の予約はお早めに下記へ
・ペンション はいから村 0265(39)2928(1200円)
・塩の里食事処      0265(39)2338(1200円)
・赤 石 荘       0265(39)2528 (1200円)
・観光協会        0265(39)2929(2500円…2名様以上より受付)


※尚、ご宿泊の場合は、私どもが営む「洸風荘」(0265(39)2562)では、現時点では1室(8畳)のみ空いておりますので、3〜4名様のみお受け致しますが、それ以上の場合は、上記、観光協会へお問い合わせ下さいますようお願いします。


※写真は、春の村の風景(場所によっては花が散り始めるなど、変化があるかも知れません)。
※他に南アルプス展望台・中央アルプス展望台・大西公演、他、村内はお花が美しい時期、2〜3日連泊してごゆっくりお過ごしされては如何でしょうか…。