2016年12月07日

 出場歌手発表を受けての紅白歌合戦座談会、第2弾は演歌・歌謡曲系の歌手とゲストなどについて語る形になります。
 今回のメンバーは私、おなかさん(10代)Pondaringさん(20代)は前回同様、おなじみター坊さん(40代)、そして今回たっての願いで初参加していただく形になりました、HP「Red and White Song Festival」管理人の北脇さん(40代)。この5人で進めていく形になります。

続きを読む

kouhaku19510103 at 01:48コメント(0)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦座談会 

2016年12月02日

 出場歌手発表を受けての紅白歌合戦座談会ですが、今回はメンバーも入れ替えて2部構成で進めていく形になります。前半はJ-POP歌手メインの章になります。メンバーは私、おなかさん(10代)Pondaringさん(20代)tk21さん(20代)になります。それではどうぞ。
続きを読む

kouhaku19510103 at 17:02コメント(4)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦座談会 

2016年11月25日

 例年通り今年も出場歌手が何を歌うか、予想してみました。

 歌唱予想曲は各歌手につき10曲まで予想します。各歌手ごとに予想される曲目のトップテンを作成した上で、原則一番上の順位に来た曲が予想曲となります。メドレーが予想される歌手もいますがその場合、基本的に上位2〜5曲が歌われると考えてもらえれば良いともにメドレーになりそうな確率も併記しています(数字は独自基準)。なおステージがどうなるか読めないためメドレーも何もサッパリ分からないという歌手に関してはとりあえず50%ということにしました。

 曲の横に書いてある括弧内の数字はその曲が発表された年を示しています。中には発表された年ではなくヒットした年を掲載した物もあります。この辺りも個人的な判断とさせて頂きます。数字がない曲は今年リリースされた楽曲です。また別のアーティスト名が括弧内にあることもありますが、それはカバー曲と考えてもらえれば良いです。過去歌われた楽曲は今回、第○回で歌われた数字だけを書くことにしました。例えば「青い珊瑚礁」の場合横に”31・46メ”と書かれていますが、これは第31回(1980年)、第46回(1995年)メドレーで歌われた曲という意味になります。

 また個人的に希望する曲目も掲載します。曲名の横に☆マークがついている曲が希望曲となります。

 もちろん曲目だけでなく各歌手ごとのコメントも書いています。もうほとんどこの曲以外ない、あるいは複数曲でどれが選ばれるのかわからない、そういった部分は全てそこに書かれています。

 なお出場歌手はアイウエオ順ではなく紅白歌合戦に初出場した年が古い順に並べています。初出場の歌手はデビュー時期が早い順に並べています。フォーマットは出場歌手(回数/初出場回/デビュー年/年齢)という形にしています。年齢は今年の大晦日を基準としてグループの人は○○〜○○表記、デビュー年はメジャーではなくインディーズ/自主制作でCDがリリースされた年を基準にしています。デビュー前に別の芸名での活動履歴があればその時のデビュー年を表記、またCDデビュー前のライブ活動や結成年・歌手以外での活動歴は考慮に入れていません。
続きを読む

kouhaku19510103 at 21:08コメント(12)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦予想 

2016年11月24日

 第67回NHK紅白歌合戦の出場歌手とアナウンサーが本日午後0時半に発表されました。

 先にアナウンサーについて触れます。

 総合司会は武田真一アナウンサー。1990年入局は阿部渉アナらと同期、熊本県出身。『ニュース7』担当キャスターとして、NHKの中でも最高級の実力・人気を誇ります。
 紅白歌合戦に直接関わるのは今回が初めてですが、前半と後半の間に挟み込まれる5分間のニュースを10年近く担当してます。オードリーの春日俊彰に「武田アナ頑張れ!」と呼びかけられたり(第60回)、映像が切り替わる間際に芸人のゲストが爪痕を残そうとする光景に微笑み(苦笑?)で返したり、ニュースの終わりには「それでは紅白歌合戦を、引き続きお楽しみください」と挨拶したり。近年はこういったやり取りも隠れた紅白歌合戦名物でした。
 「情熱と真心を込めて務めたい」と穏やかなほほ笑みを浮かべ、大地震に見舞われたふるさとや東北地方などに思いを寄せ、「今年一年の最後にいい夢をみせてもらった。来年はもっといい年になるんじゃないかと、勇気や元気をお届けできる番組にしたい」「歌番組は全く初めて。普段はニュースを担当しているんですが、『紅白』は番組自体がニュースなんだと感じています。合間のニュースではなく、総合司会を担当させていただきます」というコメントを発表しています(記事(オリコン))。起用理由は矢島CPによると、「紅白もあらためて生放送、ライブ感を大事にしたい」だそうです(記事)。既に発表されている両司会も初めての紅白司会(1人はソロとしてですが)、大変新鮮な顔ぶれですがその分進行に不安もあります。ほぼ報道一筋で歌番組どころか芸能番組の司会自体が初めて、果たして大丈夫なのかとも思いますがそこはNHKの中で最も人気と実力を兼ね備えたアナウンサー。期待して活躍を拝見したいところです。あと後継のニュース担当アナは誰になるのでしょうか。そちらも少し気になります。

 ラジオ中継担当は二宮直輝アナウンサーと寺門亜衣子アナウンサー。双方とも初の紅白歌合戦、そして2008年入局の同期。同期のアナウンサーが揃ってラジオ中継を担当するのは第65回の青井実アナ・首藤奈知子アナ以来2年ぶり。その2年前も青井アナと橋本奈穂子アナが同期で、意外とあるようです。二宮アナは『BSコンシェルジュ』担当、寺門アナは『ニュース シブ5時』キャスターを務めています。こちらもフレッシュな人選になりました。

 今年もウラトークチャンネルはバナナマンがメイン進行を務めます。3年連続、すっかりお馴染みになりました。この2年は久保田祐佳アナが進行役でしたがあいにく今年は産休、というわけで今回選ばれたのは『うたコン』で司会を務めている橋本奈穂子アナウンサー。久保田アナはレポやラジオ実況も含めて計6回紅白に出演しましたが、橋本アナもラジオ実況(第62回・第63回)、ウラトーク(第64回)で計3回出演しています。前回はテリー伊藤を相手に非常にバランスの良い進行役を務めていましたが、相手が変わった今回はどうなるでしょうか。なお橋本アナは久保田アナの2年先輩、結婚は分かる限りではありますが、まだしていないようです。


 さて出場歌手ですが、今年は初出場5組ずつ計10組、紅組白組23組ずつで計46組選出されました。本来なら紅組白組同数で選出されるのが当たり前のはずなのですが、色々あって同数選出は4年ぶりという形。前回は紅組25組白組26組なので、計5組カットされたという計算になります。表記は出場歌手(回数/初出場回/デビュー年/年齢)、初出場順で1組ずつ書いていきます。ではどうぞ。


続きを読む

kouhaku19510103 at 13:26コメント(13)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦ニュース 

2016年11月12日

 本日、今年の紅白歌合戦の司会者が発表されました。

 まず紅組は来春のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインを務める有村架純。ホームページに掲載されているコメントは以下の通り。

 このお話を聞いたとき、私の人生に二度とない出来事だと思いました。この事実を受け入れるにはもう少し時間が必要かもしれません。それほど、私としてはとってもとっても大きな大きな役目でまだまだ力不足ですし、本当に恐れ多い気持ちでいっぱいです。
ですが、司会を務めさせていただけることに感謝の気持ちを持って精一杯やらせていただきたく思います。 皆さんと素敵な時間を過ごせるように自分自身も楽しみながら役目を果たせたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


 前回の紅白歌合戦ではゲスト審査員として出演。西野カナ「トリセツ」の曲紹介の時に、紅組司会はどうですかと聞かれて「憧れはあります」と回答していますが、早くも実現する形に。朝ドラからの紅白司会は過去にも多くありますが、放送前のヒロインが司会で起用されるのは今回が初。ゲスト審査員を含めても例は少なく、挙げるとすると第33回の橋田壽賀子(翌年の『おしん』脚本)、第37回の黒柳朝(翌年の『チョッちゃん』原作)くらいでしょうか。彼女の司会・来年の朝ドラの評判次第では2年連続もおおいに有り得そうですが、果たして。


 白組は過去5年連続でグループ司会を務めた嵐の相葉雅紀が、ソロで初司会を務める形になります。

 こんな大役を僕一人がお引き受けできる立場ではないと思い、本当に悩みました…。
でもこの先、僕の人生でこんな有難いお話は一生いただけないと思います。毎年年末に「あの時にお受けすればよかった…」と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。
今の僕には、ただただ全力で頑張ることしかできませんが、出場歌手の皆さまに気持ちよく歌っていただけるよう精一杯努めますので、どうか皆様よろしくお願い致します。


 現在毎週火曜22時25分から放送されているスポーツ情報番組『グッと!スポーツ』のMCを務めています。他のメンバーがいる中で彼が選ばれたのは、リオデジャネイロ五輪でメダル獲得した選手のゲスト出演が予想されることも大きいでしょうか。東京五輪の年まで続くとしたら5年連続、あるいは嵐の各メンバーがそれぞれ交互に司会を務めると想定してもやはり5年連続。果たしてどうなるでしょうか。なお彼がジャニーズ事務所に入った理由は”『愛ラブSMAP』で、SMAPと一緒にバスケットボールをしたい”なんだそうです。出場歌手はまだ決定していないですが、その意味では彼らの紅白出場をお膳立てする人選と言えるのかもしれません。


 総合司会はまだ発表されていません。紅白司会の後に総合司会が発表されるのは第61回(2010年)以来6年ぶり。第60回も同様でした。古舘伊知郎明石家さんまなどの起用も噂されていますが、果たしてどうなるでしょうか。アナウンサー起用ならば11月末までに間違いなく発表があるかと思いますが…。



kouhaku19510103 at 15:47コメント(19)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦ニュース 

2016年10月17日

Kersee(以下K):こんばんは。今年もよろしくお願いします。
ター坊(以下タ):今年もよろしくです。ご無沙汰ですね!こんばんは!
おなか(以下お):今年もよろしくお願いします!ご無沙汰してます!
にゃる(以下に):よろしくおねがいします。ほんとですね!お久しぶりです(^^♪
TAISEI☆ORIGIN(以下た):お久しぶりです!迷探偵ミジュマル☆改めTAISEIE☆ORIGINです!いろいろあり改名しましたので、これからはたいせいという名で、呼んでください!
K:今日はこの5人になります。で、おそらくですけど今年の座談会は今回と、出場歌手発表〜曲目発表の間の2回だけになると思います。年越せば反省会みたいな感じでやりますけど。
タ:あっという間に10月ですよね。今年は去年以上に混迷しそうですね。
お:例年以上に、豪華な出場歌手を期待してしまいますね。
K:話の流れとしては、司会から先にいきます?
タ:ですね、そうしましょう!

 お待たせいたしました。今回も当ブログで紅白座談会を実施します。今年はわたくしKersee、お馴染み個人的には10年以上のつき合いになるター坊さん、NHKホールの紅白を何度も観覧しているにゃるさん、前回初めて座談会に加わった10代で、「紅白歌合戦」でgoogle検索すると予想記事が上位10位にランクインしているおなかさん、そして2年前に迷探偵ミジュマル☆の名前で参加して頂いた、現役高校生のTAISEI☆ORIGINさん。この5人で進行していきます。次回でもう1人加わる可能性はありますが、人数の兼ね合いもあるので今回は最大でも6人での進行という形にしていく予定です。ですので今年に関しては座談会に参加したいというリクエストがあってもお応えすることできません。ご了承ください。


続きを読む

kouhaku19510103 at 20:59コメント(34)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦座談会 

2016年09月26日

(紅組)
1.Perfume
2.西野カナ
3.E-girls
4.水森かおり
5.AKB48
6.乃木坂46
7.miwa
8.椎名林檎
9.石川さゆり
10.欅坂46
11.松田聖子
12.天童よしみ
13.坂本冬美
14.市川由紀乃
15.BABYMETAL
16.AAA
17.いきものがかり
18.島津亜矢
19.和田アキ子
20.AI
21.Superfly
22.高橋真梨子
23.宇多田ヒカル
24.安室奈美恵
25.Little Glee Monster
26.大原櫻子
27.家入レオ
28.藤原さくら
29.水前寺清子
30.伍代夏子
31.藤あや子
32.八代亜紀
33.小林幸子
34.ももいろクローバーZ
35.水曜日のカンパネラ
36.水樹奈々
37.aiko
38.香西かおり
39.手嶌 葵
40.森高千里
41.LiSA
42.NMB48
43.HKT48
44.SKE48
45.今井美樹
46.きゃりーぱみゅぱみゅ
47.JUJU
48.和楽器バンド
49.A応P
50.DREAMS COME TRUE


(白組)
1.星野 源
2.氷川きよし
3.五木ひろし
4.三代目J Soul Brothers from EXILE
5.EXILE
6.山内惠介
7.三山ひろし
8.桐谷健太
9.ゆず
10.嵐
11.関ジャニ∞
12.Sexy Zone
13.福山雅治
14.TOKIO
15.T.M.Revolution
16.RADWIMPS
17.back number
18.福田こうへい
19.ゴールデンボンバー
20.RADIO FISH
21.V6
22.SEKAI NO OWARI
23.細川たかし
24.郷ひろみ
25.徳永英明
26.KinKi Kids
27.SMAP
28.Mr.Children
29.桑田佳祐
30.THE YELLOW MONKEY
31.BEGIN
32.平井 堅
33.WANIMA
34.コブクロ
35.Hey! Say! JUMP
36.Kis-My-Ft2
37.MAN WITH A MISSION
38.レキシ
39.GENERATIONS from EXILE
40.[Alexandros]
41.UNISON SQUARE GARDEN
42.ゲスの極み乙女。
43.ポルノグラフィティ
44.ナオト・インティライミ
45.美輪明宏
46.吉田拓郎
47.スピッツ
48.ONE OK ROCK
49.ケツメイシ
50.近藤真彦



(参考)
〜SONGS出演者(故人除く)〜
1月〜3月:ゆず広瀬香美BUMP OF CHICKEN岩崎宏美福山雅治三代目J Soul Brothers
4月〜6月:徳永英明いきものがかりAIDREAMS COME TRUEきゃりーぱみゅぱみゅ吉川晃司高橋真梨子コブクロ桑田佳祐合唱SP(miwaアニソンSP(藍井エイル・Kalafina・LiSA
7月〜9月:DREAMS COME TRUE西野カナ福山雅治THE YELLOW MONKEY吉田拓郎宇多田ヒカル松田聖子リオ五輪直前SP(吉川晃司・AI・安室奈美恵2016ブレイク新世代(桐谷健太・藤原さくら・水曜日のカンパネラ

〜のど自慢ゲスト〜
1月:水森かおり五木ひろし増位山太志郎神野美伽
2月:瀬川瑛子吉 幾三坂本冬美鳥羽一郎松原健之由紀さおり市川由紀乃角川 博
3月:八代亜紀前川 清三山ひろし大月みやこ北山たけし石原詢子
4月:May J.氷川きよし伍代夏子細川たかしT.M.Revolution小林幸子
5月:山内惠介中村美律子水樹奈々島津亜矢藤あや子北島三郎田川寿美橋 幸夫原田悠里山川 豊クリス・ハートキム・ヨンジャ
6月:香西かおり五木ひろし福田こうへい長山洋子川中美幸吉 幾三大月みやこ鳥羽一郎
7月:三山ひろし八代亜紀竹島 宏水森かおり加藤登紀子森 進一天童よしみ美川憲一クミコ千 昌夫
8月:坂本冬美堀内孝雄神野美伽大川栄策椎名佐千子冠 二郎北山たけし石川さゆり
9月:夏川りみ岩崎宏美森山愛子前川 清川野夏美新沼謙治瀬口侑希山本譲二

〜うたコン出演回数(4月〜9月)〜
6回:氷川きよし三山ひろし
5回:石川さゆり市川由紀乃五木ひろし丘みどり水森かおり山内惠介
4回:クリス・ハート坂本冬美椎名佐千子天童よしみ福田こうへい
3回:石井竜也石丸幹二華原朋美北島三郎香西かおり長山洋子夏川りみ新妻聖子平原綾香布施 明細川たかし水谷千重子



続きを読む

kouhaku19510103 at 01:11コメント(49)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦予想 

2016年09月08日

 紅白歌合戦のホームページが2016年仕様になりました。今年もいよいよといったところになるでしょうか。

 今年のテーマは「夢を歌おう」。これはどうやら2019年に放送される予定の第70回まで継続されるようです。この連続したテーマは第58回〜第60回の「歌力」以来になりますね。良いのではないでしょうか。なお放送時間も例年通り19時15分から23時45分までで確定。おそらく今後4年間はこの時間のまま固定になるのでしょう。

 前回の東京オリンピックは1964年、前の年の紅白は白黒でバッチリ映像が残っています。渥美清の聖火ランナーから始まり東京五輪音頭の全員合唱で締めくくるその内容は、五輪ムードの高まりを端々から感じさせるものでした。もっとも1964年に開催された第15回紅白および第13回以前は映像が残っていないので、写真からしか様子をうかがえないのですが…。

 その他、SMAPに関しては籾井会長がジャニー喜多川に直訴してでも出演を熱望するという記事が出ています。果たしてどうなるでしょうか。

kouhaku19510103 at 22:28コメント(3)第67回(2016年)紅白歌合戦第67回紅白歌合戦ニュース 

2016年09月04日

 今年ももう9月になりました。早いですね。例年通りだとこの時期に初めて、年末の紅白歌合戦に関する記事を作成する時期に入ります。というわけで2016年も当記事から、今年の紅白歌合戦についてあれこれ書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

 さて、今回の紅白は例年以上に事前予想のトピックが多いです。それについて色々考えてみることにしましょうか。


〜司会〜
 紅組司会はここ最近、『とと姉ちゃん』の高畑充希の名前が予想として多く取り上げられています。先日の思い出のメロディーでも司会担当、紅白の司会の可能性も低くはなさそうです。ただドラマの視聴率こそ高いものの、内容は必ずしも好評というわけではないようです。果たしてどうなるでしょうか。彼女以外の候補は『あさが来た』の波瑠、10月からの朝ドラ『べっぴんさん』の芳根京子、来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の柴咲コウ、そして昨年の紅組司会で、まだ 『精霊の守り人』が翌年・翌々年まで続く綾瀬はるか。前回の司会における活躍っぷりも加味すると、今回も綾瀬はるか続投が一番良いような気がするのですが、どうでしょうか。無難、というにはやや違うのかもしれませんが。個人的には女優だけでなくバラエティ適性の高い松岡茉優の司会も見てみたいです。
 白組司会は前回の流れだと井ノ原快彦続投の可能性がやはり高め。ただ後述しますが、今回はいささかジャニーズだと難しい問題に直面する部分もあります。そうなるとジャニーズ外、可能性が高いのはやはり『うたコン』司会を務めている谷原章介。司会だけでなく俳優としてもNHK出演多数、ジャニーズ以外なら十中八九この人で間違いないと思います。それ以外だと『真田丸』から堺雅人あるいは大泉洋、大穴で古舘伊知郎といったところでしょうか。
 アナウンサー関連は、総合司会は今回も有働由美子になるでしょうか。そろそろ『のど自慢』の小田切千もありだと思いますが。ウラトーク席も久保田祐佳で通して欲しいですが、『ブラタモリ』の桑子真帆近江友里恵もいます。ラジオ実況席はどうなるでしょうか。この辺りは個人的にそこまで事情に明るくないので、コメント欄に譲りたいところです。


〜SMAP〜
 12月31日で解散が発表されたSMAPですが、今回の紅白歌合戦において一番カギを握るのは間違いなくこのグループの処遇になります。仮に紅白ラストで、白組大トリで「世界に一つだけの花」辺りを歌った場合、間違いなく空前の白組ブッチギリ勝利になります。第35回・1984年の都はるみや第50回・1999年のSPEEDとは比較にならないレベルでしょうし、もっと言うと第64回・2013年の北島三郎以上の出来事と言えるかもしれません。番組としても一番美しい締めになると思いますが、これはSMAP5人が最後だということでプロとして力を合わせた時の話。ベストパフォーマンスを見せられることが出来ないという結論になると辞退の可能性も十分考えられます。
 まず辞退の場合は、5人のメッセージを最低でも文面として公開して欲しいところです。そうでない場合おそらくインターネットで事務所に対する大バッシングが起きます。既に何度も目にしていますが、それ以上に”これは事務所の陰謀だ”的な文章が各所で流れることでしょう。場合によっては当ブログのコメント欄も荒らされる可能性も…まあこれは小さな話ですが。個人的にはそれによって紅組白組のバランスは確実に是正されるので、選択肢としてはなしではないと考えていますが、おそらく世間はそう考えないでしょう。紅白でラストを見たいという人が圧倒的多数のはずです。
 紅白の勝敗に関係ない特別枠でラストという選択肢もありますが、それでもSMAPが出るから白組に投票する視聴者は多くなるので意味がないと思います。そうなるとやはり大トリになるのは間違いないでしょう。場合によっては大トリで歌った後で、蛍の光の代わりに「世界に一つだけの花」全員合唱ということになるかもしれません。思い切ってSMAP全員を司会にするというのも一つの案ですが、これはやはり解散の理由を考えると可能性非常に低くなるでしょうか。


〜特別枠・大物歌手の動向他〜
 『とと姉ちゃん』主題歌を歌う宇多田ヒカル、さらにその後の『べっぴんさん』主題歌が決まったMr.Children、「ヨシ子さん」が喝采を浴びている桑田佳祐、NHKリオ五輪テーマソングを担当した安室奈美恵。今年は例年以上に、ここ数年の紅白と関連が薄いアーティストのNHK起用が多いです。宇多田ヒカルは過去紅白出場全く無し、安室奈美恵は第54回以来、ミスチルは北京五輪テーマの第59回のみ。桑田佳祐はここ最近サザンも含めて2度中継出演していますが。あとは『君の名は。』主題歌で話題になっているRADWIMPSも、昨年のバンプ同様CDJ会場からの中継出演が考えられます。再結成だとメインの活動期に紅白に縁がなかったTHE YELLOW MONKEYも気になるところ。昨年は1980年代が、特に後半において重要なテーマになっていた分もありますが今年は1990年代組。これが大きなキーワードになっていきそうな予感もします。


〜新顔の多さ〜
 今年は紅白出場が考えられる新顔も例年より多いです。紅組だと欅坂46BABYMETALLittle Glee Monster家入レオLiSA手嶌葵藤原さくら水曜日のカンパネラ。白組だとback numberWANIMA浦島太郎(桐谷健太)MAN WITH A MISSION[Alexandros]レキシBLUE ENCOUNTBOYS AND MENRADIO FISHGENERATIONS from EXILE TRIBE。ジャニーズはSMAP辞退の場合KinKi Kidsの初出場が取りざたされていますし、最近の押し具合を考えるとHey! Say! JUMPKis-My-Ft2の初出場、枠の増加も十分に考えられます。演歌も紅組は市川由紀乃がヒットしていて常連と入れ替えという形で出場する可能性が高く、白組も初出場ではないですが、福田こうへいが久々リリースのシングルをヒットさせています。大ベテランはさすがに安泰かもしれませんが中堅どころは大きな入れ替えも考えられそうで、個人的にはむしろSMAP以上に注目したいと思っているところです。ここ数年出場のないコブクロ平井堅AIの復帰も考えられます。これらの歌手予想は例年10月に入ってから記事作成していますが、今年は少し早くするかもしれません。発表はさすがに例年通りのスケジュールだと思いますが…。


〜企画ステージ・ゲストなど〜
 映画だと『シン・ゴジラ』が空前の好評・客入りを記録しています。『アーロと少年』『ズートピア』『ファインディング・ドリー』といったディズニーアニメも引き続き堅調、この辺りが大きく関わる可能性もあるでしょうか。あとは何と言っても金メダリスト連発のリオデジャネイロ五輪。ここから審査員等でゲスト出演する選手も出てきそうです。演出だと、閉会式の人選と大きく関わっているアーティストが椎名林檎Perfume。この2組のステージにも例年以上の注目が集まりそうです。また熊本地震が起こった年でもあるので、企画ステージあるいは選曲に影響が出ることも考えられます。水前寺清子八代亜紀森高千里が復帰する可能性もおおいにありそうです。


 したがって、今回の紅白はおそらく例年通りの…という形にはならないと思います。第62回(2011年)か第60回(2009年)、あるいは第54回(2003年)か第49回(1998年)辺りに近いものになるかもしれません。うまくいけば紅白史上に残る…という回になりますが、人選を間違えたりすると目も当てられない内容になる可能性もあります。果たしてどうなるでしょうか。これから4ヶ月ほど、注視していきたいところです。



kouhaku19510103 at 23:37コメント(49)第67回(2016年)紅白歌合戦 

2016年02月07日

 2015年・第66回NHK紅白歌合戦座談会・後編をアップします。早速ご覧ください。なおこちらの収録日はSMAP解散危機が報道された直後の1月16日に行われました。

続きを読む

kouhaku19510103 at 01:18コメント(21)第66回(2015年)紅白歌合戦第66回紅白歌合戦座談会 
Recent Comments
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ