2015年01月03日

第65回(2014年)NHK紅白歌合戦〜その6〜

ももいろクローバーZ(3)「My Dear Fellow with Mononofu JAPAN」
〜田中将大投手が応援。内村光良振付「歌舞伎ダンス」にも注目!〜

 ウラトーク席から中継。放送席にはT.M.Revolution田中将大が座ってます。設楽が言うマー君との共通点はモノノフであるということ。ただ今回有安杏果がインフルエンザで欠席。「今回はももかのいないステージになってしまいごめんなさい。でもももかの分まで頑張って最高のパフォーマンスをお見せするゼーット!」というメッセージでした。マー君主導で曲紹介に入ります。”ももか!”と会場にいるモノノフの声援が泣けます。
 前日に『LIFE!』で内村光良扮する夏木京介氏から歌舞伎風の振り付けを教授されましたが、それをそのまま本番でも取り入れていました。さすがにメイクは歌舞伎風というわけにいかなかったようですが。階段上では5色の法被を着たダンサーが盛り上げます。歌詞テロップが会場にも表示されるビジョンも良いですね。ラストサビではクリスマスイヴに行われたさいたまスーパーアリーナで録音したモノノフの声援が会場にも流れていました。直筆メッセージが書かれた衣装といい、紅白に対する思いや意気込みを誰よりも直接的に感じますね。
 しかし今回のステージに有安杏果はいません。4人の衣装には緑をあしらって。あーりんはももかの顔写真を持って。れにちゃんはラストのももかパートを代わりに歌って。すごく懸命に彼女がいない分を埋めていることは画面からひしひしと伝わって感動しましたが、やっぱりあの全力で独特の声で歌うももかがいないという事実はものすごく大きいです。かなこの「次は5人で!」という言葉は間違いなく本心でしょう。”泣いてもいいんだよ”という言葉を心から贈りたい気分になってしまいました。
(ウラトークチャンネル)
 中継が入るので一旦仕切り直し。ももクロの曲紹介が終わるとすぐに二宮和也は退場。
 ファンのメッセージがあしらわれた衣装、最後はファンがそれぞれの色に塗ってくれたのだとか。ももクロからの西川さんへのメッセージは「絶対に歌うな」ということで。ちなみに偶然ながらマー君のマイクのカバーは緑だそうで…。
(トピック)
二宮さん!田中さん!T.M.Revolutionさん!豪華です!
ヤンキースの田中将大選手がマウンドに向かう登場曲でも1曲です。
今回の衣装は、モノノフ(ファン)からの直筆メッセージが書かれたもの。その数、90276人分だそうです!
二宮さんはもう退場しました。設楽さんもサインしたそうです。
ももクロさんからは西川さんに「一緒に歌うな」指令!ちなみにももクロさんのマニキュアは緑色!

関ジャニ∞(3)「オモイダマ」
〜デビュー10周年。夢に向かってがんばる人への青春応援歌!〜

 歌前に曲についてコメントするメンバー。今回は楽曲が楽曲なので至ってマジメでした。
 7人のメンバーが熱唱しています。思いのほか音程が合ってないような気もしましたがその分歌に対する思いが伝わるステージでもあったような印象もあります。管楽器隊と合唱が盛り上げます、と言いたいところですがどうも管楽器隊はマイクが入っていないアテブリ状態にも見えます。良いステージ・良い曲なんですが色々と難しい部分も感じさせたステージでもありました。ラストにある全員のソロパートもメンバーによってマイクの音量に差があり過ぎでちょっと残念でしたね。
(ウラトークチャンネル)
 ゲストを残してバナナマンが放送席を離れます。思いのほか聴き入る一同。マー君は高校時代のことを振り返ります。プロでも活躍してる彼ですが、高校野球はやはりそれとは全く違うということで。個人で思い出に残っているのは日本シリーズの時に球場全体が歌った「あとひとつ」だそうで。なお西川さんは会うたびに安田くんの股間を触るという、あえて言う必要のない情報を暴露。
(トピック)
29人の高校生スペシャル管楽器隊、30人の高校生スペシャル合唱団の皆さんが、関ジャニ∞のステージを応援!!
今年で3回目の紅白出場となる関ジャニ∞。しっとりしたナンバーを歌うのは今回が初!
バナナマンさんトーク席から離れた!久保田アナと田中さんT.M.Revolutionさんの3人に!

氷川きよし(15)「ちょいときまぐれ渡り鳥」 福岡県出身
〜人型ロボットや巨大ロボットアームで「股旅」の世界を表現〜

 バナナマンHKT48のメンバー(指原莉乃・兒玉遥・宮脇咲良)がステージ上に登場。やはり喋るのはバナナマンと指原だけであとの2人はマイクも持たせてもらえません。審査員席の黒柳徹子「どこにきよしって言おうか考えています、きよしー!」。相変わらずのフリーダムっぷりです。
 氷川きよしに変なバックがつくのは昔からですが今回ほどそれがクローズアップされたのは今までになかったですね。登場したのはおかめとひょっとこが描かれた2体のロボットと、ひょっとこのお面を被ったダンサー。ロボットは人力のようで、なんだかガンダムを操作するアムロみたいな。巨大な扇子は何かのセンサーで動いてるような感じで。1番終わって黒柳徹子が「きよしー!」と声援。そのまま徹子に向けているかのように台詞パートが作られているのが面白かったです。氷川きよしの股旅物といえば「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音次郎」がありますが、衣装が股旅姿というのは意外にも今回が初めて。なんか色々な要素を詰め込み過ぎてたような気もしましたが、まあ15回も出てますしたまにはこんなステージもいいのではないでしょうか。
(ウラトークチャンネル)
 ウラトーク席に手を振る設楽に放送席が反応。「なんであの位置で?」とマー君ツッコミ。
 ハイテク江戸ワールドというテーマの2体のロボットにウケるご一同。「人の手も見えてるんですけどね」とマー君。「誰が考えたんですかこの演出。感心!」
(トピック)
「今年は水森さんと一緒に盛り上げられれば。一緒で心強い」と氷川さん。あとに続く水森さんにも注目ですね!
テーマは「ハイテク江戸ワールド」だそうです>>久保田アナ
すげー>>2人

水森かおり(12)「島根恋旅」 東京都出身
〜桂由美デザイン・変幻自在の巨大ドレス〜

 早速真っ白で大きいドレスで登場。普通に歌うかと思いきや途中からスカートが動き出しました。中にダンサーが入っています。なんだか真島茂樹がプロデュースした時の美川憲一の衣装みたいですね。
 真っ赤なドレスのダンサーが出てきたと思ったらそのままスカートが広がって本人は上の方に上がっていきます。ものすごく高いところからの歌唱になりました。なんだか遠目からみると赤いダイオウイカみたいな感じにも見えます。その場にいたオーディエンスは皆驚いていたのではないでしょうか。
 イントロ・間奏・アウトロにアレンジが加わり、退場シーンをツッコまれる辺りいよいよ往年の小林幸子っぽくなってきました。1コーラス半ではなく2コーラスならあと1段階の進化を期待できるわけですが。新曲で通すところも共通しています。次回目指すのは電飾装置でしょうか、それとも宙吊りでしょうか。期待は高まるばかりです。
(ウラトークチャンネル)
 出てきて開口一番「ホイップクリーム」みたいなという感想。スカートが動き出してビックリする一同。間奏では皆さん大絶叫。高さは7m近いそうで。「いずれやってみたいですよね、斜めから出るとか」と西川。人まで含めて衣装、あの後一旦倉庫に行かれるとかいう情報も入りました。
(トピック)
バナナマン日村さんも言ってましたが、水森さんご自身いわく、今年の衣装は「ピャー!」っとなるらしいです(笑)
なんか起こりそう!!
赤くなった!!!! 上がる上がる>>>田中投手

五木ひろし(44)「よこはま・たそがれ」 福井県出身
〜9月に亡くなった作詞家・山口洋子さんに捧ぐ〜

 興奮さめやらぬ中、一旦有働由美子が間をとります。9月に亡くなった山口洋子を写真を使って振り返ります。こういうステージだと恒例・木村拓哉の曲紹介。
 瞬く星をバックにして五木ひろしが熱唱します。それこそ天国の山口洋子に届くように。43年前にこの曲で初出場した映像、お互い若い頃のツーショット…。「千曲川」で39年前に初めてトリを飾った時の映像も流れました。「山口先生、ありがとうございました。」と最後に挨拶。こちらもまた泣けるステージ。言うことなしの名演です。
(ウラトークチャンネル)
 静かに聴き入る放送席。「心にしみる、重みを感じる」というマー君の感想。西川さんの喋りが完全に司会さながら。次の出番のため西川さんとマー君はここで退席。
(トピック)
「この曲が原点。五木ひろしがあるのは、山口洋子さんとの出会いがあったから。山口さんに感謝しながら歌います」(五木ひろし)
ウラトーク…聞き入っちゃってます

いきものがかり(7)「GOLDEN GIRL」 神奈川県出身
〜紅白では初めてアップテンポの元気ソングを披露〜

 『花子とアン』村岡花子(吉高由里子)『マッサン』亀山エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)『まれ』津村希(土屋太鳳)が勢揃い。朝ドラをするにあたって大事なことは3人とも「体力」だそうで。こういう風に1人ずつ聞くと個人的にはついオチを期待してしまうのですが、さすがにそんな流れにはなりませんでした。当然ですが。いきものがかりときゃりーぱみゅぱみゅを続けて曲紹介。きゃりーさんの曲紹介はすっかり名物コーナーと化しています。今回の吉高由里子は採点にすると65点くらいでしょうか。
 アップテンポになるとダンサーが入るのは仕様でしょうか。振り付けといい衣装といい、なんだか往年の”ラッキィ池田とお茶の間ダンサーズ”っぽいなぁと思えて仕方ありませんでした。そんなステージの作り方も、ましてや曲もなんかすごく懐かしい紅白らしさという感じがします。昭和50年代後半でもこんなステージありそうですよね。歌声に関しては安定感の一言。まだ出場7回、メジャーデビューして10年に達していないのが信じられないほどでした。すっかりベテランの域に達しています。
(ウラトークチャンネル)
 バナナマンが放送席に戻ってきました。早速水森かおりのステージは凄かったと話します。
 いきものがかりの結成日と嵐のデビュー日は11月3日、同じ日なんだそう。なおバナナマンは日村が20歳の時から、人生の半分以上を過ごしているそうです。トークでは完全に設楽がボケ、日村がツッコミになるんですね。
(トピック)
田中投手、T.M.Revolutionさん退席です。ありがとうございました。
ボーカル・吉岡聖恵さんの作詞・曲の曲で紅白出場は初めて。「責任が全て自分に返ってくるので”ソワソワ”する」とのこと。
ほんとにこの歌声大好き>>日村

きゃりーぱみゅぱみゅ(3)「きらきらキラー」 東京都出身
〜今年の衣装とステージも大注目!〜

 今回は羊の執事に連れられて登場。KILLERと書かれたヘアバンドに水色のウィッグ、ピンクのドレスは確かによく見ると「キ」と「ラ」の文字がふんだんに施されています。階段ステージからステージに降りて階段に戻る構成、またもう一つ何か仕掛けがあるんじゃないかと思ったら何もなしに終わってしまいました。過去2回と比べると持ち時間格段に短いです。確かに勢いは落ちていますがこうも扱いが違うのかと…。
(ウラトークチャンネル)
 「人形だよ、かわいい」との感想を残します。衣装は何週間もかけて作られたのだそうで。
(トピック)
衣装に注目を!よく見ると「キ」と「ラ」の文字の飾りつけで構成されているんです。
ウラトークには日本エレキテル連合が登場です!

TOKIO(21)「LOVE YOU ONLY」
〜デビュー20周年。紅白初出場で歌ったデビュー曲を披露〜

 デビュー20周年を迎えたTOKIO。お約束通り城島リーダーに振られます。羊だけに…何もありませんでした。新しいパターンです。V6関ジャニ∞も応援。イノッチが喋ると松岡が「目をあけていこう」「あいてるよ」見事なやり取り。関ジャニ∞も村上信五が「夏さんざん歌ってらっしゃいましたからねぇ」使う単語フツーに間違えてます。確かに事実ですが。
 「皆さんホントにありがとうございます!こんなグループですが、皆さんのおかげで20年間やっていくことができました!えー、今日ここで20年に1度のお願いがあります皆さんに。ここにいる皆さん全員、お立ち願いたい!バナナマンのお2人も、審査員の皆さんも、そして関ジャニ∞・嵐・V6!Youたちこっち来ちゃいなよ!来ちゃいなよ!OK、みんな一緒に歌おうぜ!「LOVE YOU ONLY」!」
 長瀬のMCでNHKホールが完全に一体化します。今年夏フェス各所でとんでもない盛り上がりを見せたというこの「LOVE YOU ONLY」ですが、紅白でもそれを見事過ぎるくらいに体現していました。マイクを向けた時にオーディエンスの声がここまではっきりと入るのは初めてだと思います。ノリや手の動きなどその辺りは事前にスタッフの指導があったと思いますが、声の大きさは本番にならないとどうなるか分かりません。かつて紅白では観客のノリが悪すぎる場面も多々あったので、それを思うと隔世の感といいますか何と言いますか。本当に感動しました。このステージで今回の紅白が完全に良い流れになったと確信できた内容だったように思います。文句なしに2010年代の紅白を代表する神ステージでした。
(ウラトークチャンネル)
 ゲストで日本エレキテル連合が登場。しっかり細貝さんと未亡人朱美ちゃんのまま。細貝さんは「興奮して耳毛抜き忘れた」のだそうです。控室に行ってとりあえず謝って、でも許してくれて一緒に写真を撮ったのだそうです。
 名指しされてビックリするバナナマン。放送席もライブさながらに盛り上がってます。大合唱。細貝さん相当テンション高くなってます。「こんな細貝さん見たことない」
(トピック)
「LOVE YOU ONLY」について、「20周年の今年はめちゃくちゃ歌った!とにかく歌った!」と松岡昌宏さん。
みんなで歌おう!
細貝さんが耳毛のせいでイヤホンが入らないトラブル!
NHKホールがオールスタンディング!



kouhaku19510103 at 14:54コメント(3)第65回(2014年)紅白歌合戦   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

1. Posted by サンデーナイトドリーマー   2015年01月03日 15:27
田中マー、色んなところに顔を出しすぎじゃないですか?
本職は何なんですかと言いたいですよ
百歩譲って体調が良いなら、オファーを断れずにということで、わからなくもないですけど、故障あけですよね?
野球選手って暇なんですね…
それ以前に野球人気があるとは思えないのですが…
2. Posted by たまき   2015年01月03日 23:16
関ジャニのステージは近年で最も失敗した部類に入るのではないかと思いました。
そもそもメンバー7人が全員生歌というだけで、マイクの音量のバランスなど難しいのだと思います。
実際去年も歌い出しのソロでマイクがほとんど入っていなかったメンバーがいましたし。
今年はさらに大人数のコーラスまで加わった上に、唯一聞こえるメンバーの歌声がかなりジャイアン風味でこれが紅白?と唖然としてしまいました。
どうしても大勢でやりたいならコーラスを事前録音の口パクにするか、メンバーを口パクにした方がまだマシだったような気がします。
3. Posted by ZAK   2015年01月07日 02:11
木村君の曲紹介「人の命はいつか枯れるもの。でも、歌の命は歌われる限り永遠です」も印象的でした。歌唱には、40年以上の時を経て、初出場時とはまた違う思いが込められていたのかなと感じました。
ももクロのステージの記述には、こちらが泣けてきました。メンバーが欠けること、ステージに穴をあけることの無念さは察するに余りありますが、あれだけの演出をしてもらえたら幸せ者だろうなとも思いました。
羊といえば…に何も出なかった城島君ですが、翌日の「笑点」では「ひつじつ剛健」というネタを披露していました!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Categories
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ