2011年12月3日より全国ロードショーされている、映画けいおん!の舞台探訪(聖地巡礼)です。

img_943682_32368086_10

※記事内に多少のネタバレを含んでいます。未視聴の方でネタバレが嫌な方はご覧にならないほうが懸命です。

映画内ではHTTの5人はロンドンへ卒業旅行へ行きました。そのロンドンへ向かうシーンでJALの航空機内が忠実に再現されています。この記事では最も手軽に同機種に乗る方法とキャプ画像比較を載せたいと思います。

※全て2011年12月20日撮影。

vlcsnap-00003
WS000173_TRIM
トレーラームービー、及び映画本編では、5人の乗った飛行機はJAL401便、機種は777-300ERでした。国際線専用機材です。
JALには国内線仕様の777-300型機と国際線仕様の777-300ERの二種類ありますが、国内線仕様ではないことに注意が必要です。
現在JALでは順次新塗装機(鶴丸)に塗り替えられていますが、この777-300ER型機はまだ旧塗装(サンアーク)になっており、鶴丸塗装は一機もいません。映画内で先行して登場させたのですね。
これから順次塗り替えられていくので、そのうち嫌でも沢山見れることになりそうです。

777-300ER
これが噂の777-300ER型機、ジャンボ機がJALから完全退役した今、この777-300ER型機がJALのフラッグシップとなっています。

08
トレーラームービーより。雰囲気からして機体の最後尾だということがわかります。窓側が3列、そして最後尾が2列のシート配列と言えば…

WS000174_TRIM
JALの777-300ER、座席コンフィグがW82とW73の機材で座席が56A〜C、57A、57Cということが分かりました。

さて、国際線専用機材なので、機内の撮影をするには国際線に乗らなければいけない…と思っている方は多いのではないでしょうか。
実はこの777-300ER型機、国内線でも乗れるのです…w その路線は以下の通りです。

JAL3087便 成田⇒中部(名古屋) 18:25⇒19:40
JAL3082便 中部(名古屋)⇒成田 08:25⇒09:30
JAL3007便 成田⇒伊丹 18:30⇒19:55
JAL3002便 伊丹⇒成田 08:25⇒09:40


成田発着の機種が773となっている便です。成田空港には国内線仕様の777-300型機は飛来しませんので、国際線の間合い運用で、777-300ER型機が使われているのです。

さて、今回私は伊丹空港で飛行機の撮影をしにいきました。その帰り、JAL3002便、伊丹⇒成田を利用することを考えたのです。
HTTが座った席も判明したことだし、同じ席(56A〜C、57A、57C)を指定しようと思うと…

WS000169
予約段階ではこのように座席ブロックがかかっていて、指定ができません。仕方がないので、私は57Kを予約して当日の座席変更を目論みました。
また、前日の朝5時より、ブロックがかかっている座席の開放が行われますが、この座席はインターネット上ではブロックが外れることは当日もありませんでした。

IMG_4064
当日、早めに空港に行き、自動チェックイン機にて座席変更を目論みました。しかし、56A〜Cの座席ブロックは外れているものの、57A・Cのブロックは外れていない…。そしてこの日は既に56A(紬席)は他の方に取られていました。
ぜひとも唯席(57A)に座りたかったので、直接有人のチェックインカウンターに乗り込み、交渉した結果…

NEC_1062
あっさり唯席(57A)をゲットすることができましたw 
この席は車椅子や体が不自由な方の為にJALが事前に確保している予約席なのでしょう。その為、当日にならないと座席変更かけられないようになっているみたいです。

さて、ここからが本題の777-300ER型機の機内カット撮影。今回はトレーラームービーや、ヤフオクで流れていたフィルムのキャプチャー、また私の記憶を元に撮影してきました。

08
IMGP8228
相当上から撮るようですが、これでも手を伸ばして上から撮影したのですw 私の背ではこれが限界でしたw

04
IMGP8275
これは57Aの座席の後ろから相当無理な体制で撮影しました。広角16mm(デジタル24mm)でも足りません…w

05
IMGP8255
シートベルトサインの標識。これは窓側列にあるシートベルトサインとは違うようで、真ん中の座席列(D・E・G)の標識を撮影しました。

09
IMGP8309

10
IMGP8233

02
IMGP8281
ムギちゃん座席の隙間からコッソリ…のシーン。
12
IMGP8301
57Gの席あたりから。

03
IMGP8265
57Aの窓より。流石に朝の便だったので、夕日は望めませんでしたが…w

下記2カットは私の記憶を頼りに撮影したカットです。
IMGP8235

IMGP8307
57Hの席より。

いかがでしょうか。大抵の機内カットは網羅できているかと思います。何よりも、機内が忠実に再現されていることに驚きましたね。
成田−伊丹なんて、お高いんでしょう?とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。いいえそんなことはありません。
出発45日前のスーパー先得なら12800円、出発28日前の先得割引なら14800円、出発3日前の特便割引3なら17100円と、普通運賃の22500円よりお得に搭乗することができます。
ぜひこの便に搭乗して、お手軽にロンドンへ行く気分を味わってみてはいかがでしょうか?w

私はJALマイルが溜まっていたので、行きは羽田−伊丹、帰りは伊丹−成田と指定して、9000マイルで往復できましたw

NEC_1063
最後に、私がいつも飛行機に乗る際にCAさんに書いてもらっているログブック。
キャプチャー画像を見せて、降機の際に撮影のお願いをしたら、驚かれていたと同時に快諾していただきました。
CAさんにはキャプチャー持ち係までしていただいて…w 流石国際線乗務のCAさん、キャプチャー用紙を持つ手まで気品を感じました。
お陰様で自分でも満足がいく写真が撮れましたw JAL3002便のクルーの方々、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました!

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)はかきふらい・芳文社/桜高軽音部 にすべて帰属します。