2010年10月〜12月まで第一期が放送され、2013年4月より第二期が放送されている
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。の舞台探訪(聖地巡礼)です。


2761113i


千葉市が舞台と言いながらも毎回千葉市の舞台背景が出るとは限らない俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ですが、予想通りと言ったら難ですが、第03話、第04話は全く千葉市背景が登場せず、私はつかの間のお休み状態でしたw
5月4日に放送された第05話は桐乃が京介に彼氏のフリをしてもらい、事の流れでデートすることとなったお話。
千葉駅周辺が舞台として登場したので早速探訪してきました。

【千葉駅前】
001
002
事の成り行きで京介と桐乃はデートすることに。同じ家から出るけど、デートらしく待ち合わせは千葉駅で。
一つ一つのパーツは合うのですが、空間配置が異なり、しっかりは合わない状態です。
休日の10時頃に訪れましたが、流石千葉のターミナル駅。そこそこ人がおり、撮影は少し気を使いました。撮影は早朝がいいですね。

003004
柱にはジェフ千葉の広告ステッカー。

005006
待ち合わせ場所に現れた桐乃。デートするなら地元ではなく、少し離れた津田沼や船橋のほうがいいと思うのは私だけでしょうか。地元の友人に遭遇確率高いですし…w

007008

009010

011012
バスのりば横のショッピングモールを歩きますが、店舗などは合わない模様。

015016

019020

021022

023024

025026
自分で撮っていて、あまり代わり映えがないような感じがします…w

027028
麻奈実に見つかった!

029030

031032
奥の店舗は回転寿司の銚子丸。ディティールが残っています。

033034

【京成ローザ10前】
041042
桐乃と京介のデートはエロゲの選択肢の如く定番の映画館へ。
千葉駅周辺の映画館といえば『京成ローザ10』と『千葉劇場』がありますが、今回は京成ローザの前が登場しました。

039040

043044
入り口前の店舗も実際にありました。『Sun Shoes』は『Son Shoes』へ変わっていました。
10時5分前に訪れたのですが、その時はまだ店舗横の扉が開いておらず、何だか雰囲気違うなぁ…と嘆いていました。
10時になり警備員さんが扉を開け、そしてSun Shoesさんではアニメと同じ場所にゴムシューズがセットアップされ、徐々に作品内と同じようになる光景を見ながら歓喜していました(^^ゞ

045046
少し見づらいのですが、作品内の自動ドアに『Mother's Day』のステッカーが貼られているのが見えるでしょうか。
実際の店舗の自動ドアにも『Mother’s Day』のステッカーが貼られていました。大抵の作品はロケハンが半年前や数ヶ月前といった感じで、放送時には細やかなステッカーが変わっていることが多いのですが、千葉駅のジェフ千葉のステッカーといい、この作品はロケハンが本当に最近行われたようですね。

047048
桐乃と京介が入った喫茶店も京成ローザの入っている店舗を軽く探してみましたがありませんでした。
千葉駅周辺を細かく探したら見つかるかもしれません。

【アドアーズ千葉店前(ゲームセンター)】
049050
第一期の際も登場したゲームセンター前。右側の街灯も実際にあるのですが、これも入れようとすると大幅にずれそうだったのでカット。

051052

053054
背景の建物は『C-one』という高架下ショッピングモール。改装工事の為に閉鎖しています。建物の色は黄色ではなく白色です。

055056

057058
第一期ではこの『アドアーズ千葉店』で、桐乃は太鼓の達人を叩いていました。内部は異なるようです。

059060

【千葉公園護国神社横】
061062
黒猫と京介の帰り道。お馴染み千葉公園護国神社横の住宅地です。

063064

065066

067068

069070

【千葉公園護国神社入り口】
071072
千葉公園護国神社入り口前。こちらも細やかなパーツは合うのですが、空間配置が若干異なり、微妙に合いません。

073074

077078

079080

081082

083084
以上、第05話舞台探訪でした。
京介と桐乃のデート、桐乃をスカウトしようとしている人の監視が付いているということでしたが、付けられている描写はなく、本当に付けられていたのか疑問に思います。
デートを打ち切ることもできた桐乃、京介と一緒に撮ったプリクラを受け取った満足そうな顔は全てを物語っているように思えます。今後の黒猫と京介の関係もどのようになるのか楽しみですね。

【探訪後記】
DSC07467
放送翌日の朝に探訪を行ったのですが、ゲームセンター前で私と同じようなカットを撮影している方がいらっしゃいました。
『何だ何だ、同業者がいるぞ!?こんな翌日に探訪するのは一体誰だ!?』と思っていたら、同じ探訪コミュニティメンバーである、ローリング廻し蹴りのしらさんでした(^_^;)
このように舞台となった場所を回っていると、俺妹モノレール効果も相成って探訪者(聖地巡礼者)を見かけることが多くなってきました。
しかし来る人が多くなるということはそれだけトラブルが起きる確率が高くなるということ。試しにYahooのリアルタイム検索で『俺妹モノレール』と検索してみてください。
楽しそうに乗車・撮影するファンのツイートの合い間に、俺妹モノレールを快く思わない地元の人のツイートや、走行中の車内で写真を撮りまくっているファンを快く思わないツイートが見受けられます。
今までこのようなアニメによる呼び起こしの前例のない千葉市、急に訪れ始めた若者たちに戸惑いを隠せない地元の方々がいるのも事実です。
これらはある程度仕方がないことだとは思っていますが、やはり一部のファンの行動によって印象は大きく変わってしまいます。一人ひとりの周囲に対する気配り、心遣いが必要と感じています。


より大きな地図で 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期) 舞台探訪マップ を表示

この記事で登場した場所のアクセスについて
【千葉駅】
千葉市中央区新千葉1丁目

【京成ローザ10(映画館)】
千葉市中央区本千葉町15-1
・京成電鉄千葉中央駅すぐ
・千葉都市モノレール千葉駅・JR千葉駅から徒歩約8分

【アドアーズ千葉店(ゲームセンター)】
千葉市中央区富士見2-4-15
・千葉都市モノレール千葉駅・JR千葉駅から徒歩約5分

【千葉公園護国神社前入口】
千葉市弁天3-1
・千葉都市モノレール千葉駅・JR千葉駅から徒歩約10分
・千葉公園連蓮亭(蓮池)より徒歩約8分

この記事では「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/A-1 Picturesにあります。

2761113i