2006年02月03日

フライトプラン 4

題名    『フライトプラン

監督    『ロベルト・シュヴェンゲ

出演者   『ジョディ・フォスター』『ピーター・サースガード』『ショーン・ビーン

個人的な評価★★★★(5点満点中4点)

『あらすじ』

夫を突然の事故で亡くして遺体を引き取り、6歳の娘ジュリアを一緒に最新型のジャンボジェットの乗り込む元航空機設計士のカイル(ジョディ)ところがうとうとして目を覚ますと娘ジュリアの姿がどこにもなかった。しかもジュリアが飛行機に搭乗した記録もなかった。それでも必死に探すカイルであったが、FAXで着た情報には娘はすでに亡くなっているとの情報が・・。

『個人的なみどころ』

航空機サスペンス物。今作は娘(ジュリア)は妄想か誘拐かという推理サスペンスに仕上がっている。しかも飛行中の航空機の中(密室)での出来事。娘の誘拐を信じ乗務員乗客を敵にまわしジャンボジェットの中を必死に探し回る姿は必見。

『ネタバレ有りの感想』



予告編が面白かったので期待していた作品でした。推理サスペンスという事で、飛行機内で娘がいなくなった。探す途中に娘がすでに亡くなっているとの情報がはたして真実は・・。と言う感じの内容で、推理サスペンスとしては楽しめました。(だから4点です)ただ細かいところでは、不満が残りました。登場記録は抹消できるものなのか。貨物室を真剣に探さないのはおかしいのでは?。(そんな事をしたら厳罰でしょう)誰も見ていないのはありえないだろう。(離陸時はシートベルトを締めるので、航空機に入る時にコートで隠していたとはいえ6歳の子供ですからね、わかるのではないでしょうか?。他にもいろいろありましたが、航空会社はたまったものではないでしょうね。今作はカイルのハチャメチャぶりが目立った作品でしたね。



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「フライトプラン」  [ ANQ Ritzberry Fields ]   2006年02月04日 09:42
4  公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」と「....
2. 映画のご紹介(90) フライトプラン  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年02月04日 17:39
5 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(90) フライトプラン- ジョディー・フォスターは 世界で一番パワフルな母親だった 日曜日の朝一で、「フライトプラン」を観た。 まず始めに断っておくと、jamsession123goは、ジ...

コメント一覧

1. Posted by デザイン腕時計   2011年09月02日 23:23
1 セラミック腕時計

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
カウンター
by カウンターホテル
訪問者数

NHK失われた文明

livedoor 天気
ハーボット
コメント
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
Profile
ALWAYS
エイリアン
隠し砦
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)