2007年03月10日

ソフトバンク、日興問題余波直撃…疑惑報道も

ソフトバンク、日興問題余波直撃…疑惑報道も

世界同時株安の直撃を受けた日本の株式市場。依然、不安定な動きがみられるなか、市場の注目を集めているのが、個人投資家に人気のあるソフトバンク株だ。3月1日
には、株価が前日比で9%も急落し、日経平均株価の下落寄与度でトップになった。
市場関係者の話を総合すると、急落の背景には、海外投資銀行のレポートや海外経済
紙の疑惑報道のほか、日興問題も影を落としているようだ。

【衝撃レポート】

ソフトバンクの株価急落のきっかけとなったのは、欧州系投資銀行のカリヨン証券東京支店が2月27日付で公表したアナリストレポート。

同レポートは、ソフトバンクが不適切な会計処理を行っている可能性があると指摘。
これを引用する形で、3月1日付の英有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)
は、「不適切な子会社の連結外しと償却処理」の疑惑があり、批判の声が高まれば総
務省の官僚が証券取引等監視委員会に情報提供し、調査を求める意向を示していると
報道した。

これが市場の疑心暗鬼に飛び火し、ソフトバンクの株価も急落した格好だ。
FTの報道では、ソフトバンクの決算に承認を与えてきたのが旧中央青山監査法人(現みすず監査法人)だったことにも言及。同監査法人は、不正会計処理で上場廃止の方向となっている日興コーディアルグループや、同じように粉飾決算疑惑が報じられている三洋電機の監査を担当し、相次ぐ信用失墜から解体を余儀なくされた。

その結果、ソフトバンクの会計監査人が旧中央青山からトーマツに移ると、ソフトバンクの決算に対する監査は厳しくなるとした。

ソフトバンクは、同レポートについて同日付でコメントを出し、「アナリストの事実誤認および憶測によるものであり、当社への正式な取材に基づくレポートではなく、また、そのような事実は一切ございません」と反論。さらに6日、カリヨンやFTに対して法的措置をとると発表した。

【日興問題の影】

市場では、日興問題との関連を不安視する向きもある。

日興グループの特別目的会社(SPC)である「NPIホールディングス(NPIH)」は2004年8月5日、利益水増しの“舞台”となったコールセンター大手「ベルシステム24」が実施した第三者割当増資約1042億円(新株520万株、1株あたり2万0050円)を引き受けた。このことは日興の特別調査委員会の報告書でも明らかにされている。

その増資で資本が充実したベルシステム24は同9日、ソフトバンクグループのコールセンター会社「BBコール」を約500億円で買収し、完全子会社化した。

その後、ベルシステム24を買収したNPIHは親会社である日興プリンシパル・インベストメンツ(NPI)との間で、ベルシステム24株を使ったEB債(他社株転換社債)の契約を交わし、利益の不正水増しに走ることになった。

「ソフトバンクにすれば、どうせグループ企業(BBコール)を売却するなら、できるだけ高く売りたいとの思惑が働いたはずだ。ベルシステム24の増資は、ソフトバンク側の思惑に答えるためのものとみるのが自然。そこに、情報サービス会社CSKの傘下から離脱したいベルシステム24の経営陣と、利益のかさ上げを狙った日興コーディアルグループが乗ったというのが、構図として浮かび上がってくる」(大手証券幹部)という。

市場には「日興グループとソフトバンクグループとの間で行われた取引を懸念する向きもある」(同)といい、そうした不安感も同社株の売りを誘発した一因のようだ。

ボーダフォン買収のため1兆4500億円を事業証券化で調達したソフトバンクの孫正義氏。その事業の行方に注目が集まるなか、カリヨンのレポートやFTの疑惑報道など新たな“障害”が頭を煩わせることになりそうだ。

ZAKZAK 2007/03/07

(ソフトバンク、日興問題余波直撃…疑惑報道も ZAKZAKより)
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_03/t2007030725.html

koujirou2005 at 11:14|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2007年01月15日

日本の改革は紛れもなく日本的特有のものである(NYT 1/7)

日本の改革は紛れもなく日本的特有のものである(NYT 1/7)
書評 スティーブン・コトキン プリンストン大学教授
 
 日本はどうなっているのか?中国の台頭により東アジアのもう一つの大国が注目されなくなってしまった。依然米国に次いで(4兆7千億ドルという)世界第2の経済力を有し、世界第3か第4の軍事力を擁する日本を軽んじてはならない。
 
 1980年代に日本経済の津波は行く手にあるすべての国を呑み込むかに見えた。ところが90年代には日本経済は信じられないほど低迷してしまった。その後、2002年初めからまた日本は堅調な回復軌道に乗った。
 
 カリフォルニア大学バークレー校スティーブン・ヴォーゲル政治学教授の『ジャパン・リモデルド』(邦題『新・日本の時代−結実した緩やかな経済革命』)は、経営者とのインタビューや企業のケース・スタディ、外国との比較などによって分析した社会科学的見解を示しており、専門書の域を出ている。読み出したら止まらないルポルタージュとまではいかないが、日本に特殊な市場経済について英語で書かれたまたとないすぐれた分析である。
 
 ヴォーゲル博士は二つの根強い神話を否定する。先ず、彼は1990年代の「失われた10年」の低迷期間も最近でも、日本は麻痺状態にあったのではないとする。激しいリストラを行っていたのである。日本企業は能力給制を拡大し、関連会社を売却し、生産拠点を海外に移した。政府は年金制度を変更し、会社法を改正し、不良債権を整理し、自らも再編した。

 第2に、ヴォーゲル博士によれば、日本は、政府系企業の民営化、社外重役の任命、ストックオプションの採用などにより、米国式の規制緩和や株主尊重を導入したような印象を与えているようであるが、実際には、日本は日本流に自らを再構築したのだ。

 ヴォーゲル博士によれば、日本の特殊性は、日本の文化というより日本の歴史と日本の政治からきているという。そして19世紀と第2次世界大戦までの日独型経済システムと英米型とを比較分析し、第2次大戦後は冷戦下でアメリカは共産主義の防波堤として日独に労使協調を奨励し、その結果英米の「自由市場型」に対して日独の「社会経済型」が生まれ、政府が経済に介入してきたとする。

 その後(バブル崩壊後の経済低迷中に行われた改革・リストラを通して、日本企業の銀行、サプライヤー、労働者などとの関係は以前より選別的になった。しかし経営者に対するインタビューなどから伺えることは、日本は自らの方式で改革しつつある。そして依然として、その経済を英米式に変えない日本式の経済大国なのである。【了】

January 7, 2007
OFF THE SHELF; Japan's Retooling Is Distinctly Japanese
By STEPHEN KOTKIN
WHAT'S up with Japan? China's ascent has diverted attention from East Asia's other formidable power. With an economy still the world's second-largest ($4.7 trillion) after the United States, and one of the top three or four militaries, Japan is not to be taken lightly.

In the 1980s, Japan's economic tsunami appeared set to engulf every country in its path. In the 1990s, just as deliriously, its economy receded. Ideologues of all stripes had a field day, because what looked like a state-guided model first produced stunning success (nearly a quarter-century of around 8 percent annual growth after 1950) and then stunning failure (more than a decade of stagnation after a late-1980s stock market and real estate crash).

Then came another surprise. Since early 2002, Japan has been on a steady rebound.

''Japan Remodeled'' (Cornell, $19.95) by Steven K. Vogel, political science professor at the University of California, Berkeley, gets beyond the punditry by presenting a social-science understanding tested against executive interviews, company case studies and foreign comparisons. It is not page-turning reportage. But the indulgent reader is rewarded with the best analysis in English of Japan's distinctive market economy.

Dr. Vogel dispels two potent myths. First, he shows that all through its lost decade of the 1990s, as well as recently, Japan has experienced not paralysis but a frenzy of restructuring. Japanese enterprises expanded merit-based compensation, sold subsidiaries and moved production abroad. The government modified the pension system, revised corporate law, removed a pileup of bad loans and even reorganized itself.

Second, Dr. Vogel notes that a crisis-ridden Japan may have given the impression of adopting American-style deregulation and shareholder value by privatizing public corporations, naming outside directors to boards and experimenting with stock options. But just as 1980s America did not turn Japanese, he says, ''a funny thing happened on Japan's way to the U.S. model: it never got there.'' Japan remodeled its own way.

Japan's distinctiveness derives not from innate culture but from history and politics. In 19th-century Japan, as well as in Germany, industrializers sought to avert the socialist inclinations of working classes by resorting to extreme repression or paternalism. This contrasted with the British and American market model that was developing amid more limited government.

Germany and Japan had liberal capital markets, mirroring the Anglo-American model, but in the 1930s they abandoned lower-cost capital for the security gained from corporate reliance on a main bank.

After World War II, the newly democratic West Germany and Japan moved to stakeholder partnerships for labor -- encouraged by the American occupation, which sought to promote social solidarity in cold-war allies to inoculate their societies against Communism. The upshot has been a German-Japanese ''social market'' alternative to the Anglo-American ''free market.''

In both pairings, governments intervene in the economy, but in different ways. In the United States, government policies formerly shifted vast wealth and opportunity to the middle; lately they have redistributed them upward. Germany and Japan integrate labor into corporate governance and afford considerable employment security. While American corporations benefit from nearly absolute freedom to hire and fire, Japanese companies benefit from low turnover. (That's why it's called political economy.)

Dr. Vogel reveals that American-style liberalization elicits ambivalence in Japan, even among the putative beneficiaries. Export-oriented manufacturers, for example, refrain from terminating workers to avoid damaging their domestic image or employee productivity. ''We could not lay off workers in Japan,'' a vice president at NEC tells Dr. Vogel. ''We have 150,000 workers, and most of them have families. If we laid them off, the local government would get after us, and the media, too.''

Japanese companies also spurn mergers and acquisitions as disruptive and gimmicky. And they eschew supplier-hopping. ''If you just procure what is cheapest,'' a Nissan vice chairman tells Dr. Vogel, ''then what do you do about the cost of developing the next technology?''

Business elites in Japan tend to follow a collaborative and long-term approach, Dr. Vogel concludes, because it provides a valued sense of social harmony and equity, and because that is how they make profits.

The Japan model discriminates against women (who predominate in the temporary work force), fosters industrial collusion and cheats consumers out of cheaper imports, Dr. Vogel notes. He also offers a chart indicating that from 1975 to 2004, annual equity returns in Japan have consistently been below those of the United States.

Some American companies downsize even during upturns as profits soar. Profit-squeezed Japanese companies grant job security in exchange for cost-lowering wage restraint. If shareholders -- including ever more foreigners -- complain, Japanese firms announce more cuts than they will carry out.

Liberalized pockets do exist in Japan, such as in telecom. And the country's post-1990s economic model has become more varied internally, partly from greater exposure to outside practices. The country has also become more openly differentiated by income.

Japanese companies have become more discriminating in their ties with banks, suppliers and labor. But if cross-holding of shares among corporations has declined in many cases, it has risen in others. ''Temp labor'' is proliferating, yet lifetime employment may be going up. Japan is reinventing itself, and it is still recognizably Japan -- an economic giant that does not organize its economy the Anglo-American way.

Still, could world economic integration eventually eradicate broad system differences? Not likely. The global economy is a set of interrelated national market systems that must compete or suffer the consequences. But amid today's profound pressures for convergence under American might, divergence persists. This is the often overlooked context for contemplating how China has boomed for three decades while flouting the supposed laws of market governance.

Communist-ruled China may be awaiting its economic comeuppance for being unfree. Or it may be on a winding path to a stable, prosperous market model of nationally specific institutions, drawing on others' and its own experience. Certainly China means business. Just ask the Japanese.




koujirou2005 at 18:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年11月23日

11月28日の堀江被告第25回公判に期待する

9月4日から始まった堀江被告の公判も、11月28日の第25回公判で当初のスケジュールを終える。そして、28日に特段の事情がなければ、今後、論告求刑、弁護側最終弁論、判決と続いていく予定である。

第24回公判を伝えた11月21日付ライブドア・ニュースによれば、28日の第25回公判では、弁護側による伊藤眞教授への尋問のほか、堀江被告への再主尋問、補充尋問が行われる予定と伝えられている。

伊藤眞教授への弁護側尋問への期待
28日の一つの注目点は、東京地裁の職権で証人採用した伊藤眞慶応大学商学部教授(会計学)に対する弁護側尋問である。伊藤眞教授は、11月21日の第24回公判において、検察側による尋問で、争点となっている自社株売却益の会計処理について「その他の資本剰余金になる」と述べ、売り上げ計上できないとする検察側の主張に沿った証言を行っていると伝えている。

しかしながら、11月24日に行われた元ライブドア監査人の久野太辰被告の公判に弁護側証人として出廷した会計学専門の慶応大学大学院教授によれば、「粉飾に問われた自社株売却益の売り上げ計上について「当時はガイドラインが決まっておらず、会計士の責任を問うのは異論がある」と、弁護側主張に沿う証言をしたと伝えられる。

この二つの公判の報道を見る限り、「現在は、会計処理のガイドラインで、自社株売却益の売上げは、「その他資本剰余金」に計上しなければならない会計上のルールになっているが、事件発生当時はガイドラインは存在しなかった」という事実と、悪質な意図に基づく計上でなければ「粉飾」とは看做すことは難しいという推測が成り立つのではないか?21日の傍聴者によれば、伊藤眞教授は、「(ライブドア・ケースの場合)15億円の利益上乗せについてのみ不適切会計の疑義がある」と証言したとの記述もある。こうした疑問点を踏まえ、弁護側による適切な尋問と伊藤眞教授の証言を期待したい。

内外メディア・利害関係者への充分な説明
ライブドアの株主は最盛期には23万人を越え、上場廃止後でも15万人強と過半数の株主が残っている。ライブドアの経営陣・従業員とともにライブドアの最大のステークス・ホルダーである。

また、堀江元社長が出所した際、ヘリコプターまで出動させて報道したマスコミや堀江被告の生き方に共感していると思われる野次馬・ファンの異常な盛り上がり方は、単に「頓珍漢で、胡散臭い」人物の裁判ではすまない。彼らが納得できるような情報開示が必要となっている。

さらに、堀江被告逮捕直後、英国のフィナンシャル・タイムス紙が、「自由で開かれた金融市場は日本にとって不可欠であり、今回の捜査がどうなろうとも堀江氏のような改革者は必要」と書いた。その後も、米国のウォールストリート・ジャーナル紙、ニューヨーク・タイムス紙、AP通信、英国タイムズ紙他の欧米一流紙が、継続して事件の推移や裁判の状況を報道している。海外株主が過半を占めるライブドアだけに、外国メディアの論理としても自然に写るプロセスが不可欠だろう。

28日の公判では、こうした海外も含めたさまざまな期待・関心・疑問が少しでも解消されるような尋問と証言を期待したい。


koujirou2005 at 13:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年11月20日

見えざる革命ーP.ドラッガーは日本で蘇るか?−

平成17年度株式分布状況調査の調査結果について
http://www.tse.or.jp/data/examination/distribute/

株投資の税率アップは、団塊世代の大問題!
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2743042/detail
また、今後の日本の証券市場の税制について、次の3点を挙げている。1)上場株式などの配当ならびに譲渡所得にかかる現行税率10%を、少なくとも個人金融資産に占める株式の比率が30%に達するまでの間、恒久税制として定着させる。ちなみに、この「個人金融資産に占める株式の比率(2001年)」は、日本7%に対し、米国34%、フランス29%、イタリア22%である。
株式を長期保有した場合の譲渡益課税については、両国ともに軽減措置がとられている。ことに、英国では個人貯蓄口座制度が定着。18歳以上の個人が投資した株式や株式投信のキャピタル・ゲインは一定限度まで非課税とされている。

ブログ「見えざる革命」
http://roadtosuccess.livedoor.biz/archives/50598273.html

日本版「見えざる革命」
http://www.r-i.co.jp/nenkin/nen20/2003/ne030303.html
koujirou2005 at 12:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年11月05日

2ch管理人ひろゆき早稲田祭に見参!本当に大丈夫か?

11月4日(土)の早稲田大学の大学祭に2ちゃんねる管理人、西村ひろゆき氏の講演会が行われた。大学内にポスター等の告知はなかったが、開始前の午後1時頃から会場の15号館302号教室(680名収容)には多くの人が並び始め、開演予定時刻の午後二時には入りきれない人も合わせ、ネット告知で約2千名の人が集まった。

西村ひろゆき氏は、現在、インターネットの世界では、公判中の堀江元ライブドア社長と並んで注目の的である。昨年10月、東京都内の獣医師からの損害賠償訴訟に最高裁で敗訴し、400万円の賠償金支払命令と書込みの削除命令が行われて以来、いくつかの裁判での敗訴判決が続いている。

報道によれば、最近では、女子プロゴルファー北田瑠衣選手から、(1)書き込みの削除(2)書き込んだ発信者の情報開示(3)100万円の損害賠償などを求めて東京地裁に民事訴訟を起こされ、管理人の本人が一度も法廷に出席しないままお有罪が確定する見込みだという。裁判所からの通知を、住民登録上の住所に送っても本人が不在の為、見ていないという論理を裁判所がだすとは思えない。裁判で決定が出れば、その判決に従うのが法治国家の国民の義務であり、責任である。

PJは昨年5月、西村君、橋元弁護士、電通の秋山局長の講演会にでた。その時、秋山局長は、西村君に、「早稲田のスーフリに一時入っていたことで、電通就職後、2ちゃんねるで個人名を晒され、あるとことないことを書かれた。さらに、そのコピーを婚約者の親に送りつけられ破談になった。こうした実害があるような書込みの放置は許せないのではないか?」との質問であった。

西村君は、「書込みの削除ルールは定めてあるし、書いた人物の特定は書き込まれて1日以内ならIPアドレスの特定は可能。実害が出たというなら書いた人に責任がありますから、その書いた人を訴えられれば良いでしょう」と応えていた。つまり掲示板で被害を受けても、掲示板の管理者・所有者には責任はなく、あくまで掲示板に書き込んだ人が悪いとの考えだった。

しかし、昨年10月の最高裁判決により、掲示板管理者にも一定の実質的な管理義務が発生し、書込み削除と書込みによる損害に対し一定額の賠償が判例となった。

夕刊フジによれば、現時点での2ちゃんねるの累計賠償額は2000万円を超えるはずという。しかも判決で命じられたのにもかかわらず、賠償に応じたとの報道は見られない。

3日の講演会で、西村君は、『「今年の年収は広告、ツール販売、書籍販売」などで一桁上に行きそうです』、年収1億円に届くことを示唆した。しかし、裁判で敗訴が確定した賠償金ものまで野放し状態となれば、どこかが強制的な法的規制に動くのではないかとの声も聞こえる。

西村氏は、「子供があんまり得意じゃないから、結婚するつもりありません」、「日本がいやになれば、どこか他の国に行っても良い」と西村君は、国外脱出も仄めかしていたが、ネット文化が日本人の考え方を根本的に変えたのかもしれない。

7日には堀江被告が証人として弁論を行う予定とと伝えられる。この堀江被告証言が、こうしたネットの後輩達に良い影響を与えるものになって欲しいものである。【了】


koujirou2005 at 01:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)