2011年04月19日

矜持を持つ事、下肢静脈瘤の漢方治療

一日も早い復興を願い、今できる事を継続していきます。


先日知人と「矜持をもつ」という意味はどういう事だろうという重く深い会話をしました。まず、感じた事は今のわたくしでは矜持は持てないという事。また意味もよく分かりません。矜持=自尊心?とも考えたんですが、自尊心なら僅かながらわたくしにもあります。調べてみますと

「矜持」を使えるのは、その人の社会的・対外的「立場」を前提とした場面で使われるという事。「聖職者としての矜持を持つ」とか、「男としての矜持というものがある」などの例が示すように、「××(=立場)としての矜持」、という形で使うのが原則みたいです。その立場にある者としての「誇り」「示すべき態度」などを指すのが「矜持」らしいです。考えてみれば、わたくしの周りにはたくさん矜持をもっている方がいます。お手本として日々頑張ります。



7bb667f1.jpgそんな小難しい事を考えていた時にTVに矜持をもった王さんが流れました。
慌てて撮りました。有名人ではあまり思いつきませんが、王さんは後進を指導し育て、引き際も惜しまれながらで、災害時は先頭に立っておられます。

巨人やソフトバンクファンではないですが、王さんは大好きです。






ココから下は漢方の話です。





下肢静脈瘤の漢方治療

脚の血管がコブのように(蛇のように)表面に浮き出る下肢静脈瘤。放っておくと肺塞栓症のような危険な状態に陥ることもあります。肺塞栓症とは脚の太い静脈(深部静脈)に詰まった血栓が血流に乗って肺に運ばれ、肺の動脈に詰まり、呼吸困難や胸痛などを引き起こす。心肺停止状態となることもある。 脚は第二の心臓ともいわれますが、脚の静脈では、筋肉の収縮がポンプの働きで血液を下から上へ押し上げています。そして、重力によって血液の逆流が起こらないよう、静脈には“弁”があります。この弁が何らかの原因で壊れると、血液が逆流し脚に溜まってしまします。もしくは下肢の深いところにある静脈に血栓(血液の塊)ができるために流れが変わり、下肢の表面近くの静脈の内圧(血管内の圧力)が上昇してできる静脈瘤ですこうして起こるのが下肢静脈瘤です。子宮筋腫や痔の既往歴があられる方に多いです。


<下肢静脈瘤の主な症状>
脚の重だるさ、脚のむくみ、夜間の脚のつり
血管が浮き出る(立った状態で)、脚の湿疹・かゆみ・色素沈着
手術をしても予後が良くない人も多い 




<下肢静脈瘤の漢方治療>

下肢静脈瘤は、静脈中のコブ=お血が原因と考えます。お血とは血の流れが滞り、塊やしこりができやすい状態。まずは、血の巡りを良くし、塊やしこりをとる活血化瘀という分類の漢方薬をよく使います。血の流れを整える活血作用と共に、血の流れを助ける生薬や散血の働きのある田七人参を使用することもあります。また、血管が弾力性を失うと、血液が末梢から心臓へ戻る力も弱くなります。
脈に張りと弾力を与え血管力をアップさせる事も大切です。

漢方薬は疎経活血湯,桃核承気湯,桂枝茯苓丸,五積散等様々です。
今年の患者様に桂枝茯苓丸を服用して頂き、1ヵ月後に蛇のような静脈瘤は潰れた感じになり立ち上がり時の痛みが消えました。
”足が軽い、歩きやすい”と言って頂きましたが、血流の悪さから来る症状(肩こり、便秘)がまだ酷かったため、桃核承気湯を1週間分服用していただいたところ、”黒い便が便器一杯にでた”と連絡があり、その後は漢方薬を飲むのをやめて、軽くなった身体でゴルフ三昧だそうです。継続していただいた方が体質改善のため、これからの健康の為には良いんですが、元気になって楽しんでいるのなら,それは何より嬉しいことです。



佐賀の漢方薬 皇漢堂薬局 管理薬剤師 横溝哲治(錣二)

koukando at 07:09│Comments(0)TrackBack(0)漢方雑談 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔