クラッチ 鉄道貨物部屋

やっぱりカメラはニコン、ラーメンは二郎に限る

新鶴見のDE10を撮る 安中に現れる160507

安中のスイッチャーが故障したとのことで、新鶴見からDE10が貸し出されています。

専用線のスイッチャーが故障した場合にJR貨物の機関車が代走することはあまり例がないと思いますが、今回のケース
では安中の入換を受託しているジェイアール貨物・北関東ロジスティクスの機関士が倉賀野や熊谷貨物ターミナルでDE
10の運転を行っていることから、このような措置がとられたものと思われます。

DE10

構内の一角にしれっとDE10が佇んでいます。
気持ち悪いくらいに違和感がありません・・・。

3月のダイヤ改正で安中貨物の到着が30分ほど早まりました。これに伴って着前入換の時間も早まっているので、撮影
の際には注意が必要です。トキ車が5両以上になった場合だけ、午前中までに荷役を終えたトキ4車と午後に荷役を行っ
たトキ車を連結する入換が16時過ぎから行われます。

DE10

DE10の入線が珍しいことはいうまでもありませんが、日車25トン機が構内を縦横無尽に動き回るのも実はそれなりに
珍しいことです。普段は亜鉛精鉱の荷役施設の奥にこもっていて、本務機であるDB301が検査などで使用できない時
しか日の目を見ないためです。

DB301は入換中に脱輪したことで床下の燃料タンクが損傷して油が漏れてしまったらしいです。修理が完了して安中に
戻り次第、DE10は新鶴見へ返却されるため、DB301の復帰時期が気になるところです。

************************

安中貨物到着後の入換手順も変わり、DE10によってタキ車もトキ車も一度側線へ引き上げ、その先をスイッチャーに
任せるやり方になっています。確か通常はタキ車を2両ずつ山の中腹にある荷役施設へ持って行くはずです。

DE10

DE10を応援で借りた理由はよく分かりませんが、3月のダイヤ改正で安中貨物は到着時刻だけでなく返空列車の出発
時刻も早まり、到着から出発までの間合時間が187分から179分へ減っています。日車25トン機だと山の中腹にある
荷役施設へ向かう上り勾配が少々きついからでしょうか。日車25トン機だけでも入換を行うことは可能なはずですので
どうしてDE10をわざわざ借りたのか疑問が残ります。

GW終了 撮れ高上がらず・・・

また撮りたい

だらだらと過ごしていたら、明日で休みもおしまい。。。

葬式鉄プロジェクト 愛知機関区のDD51を撮る160504

5月4日は前夜の雨も上がってすっきりと晴れ渡りました。

が、四日市界隈からの石油の発送はなく、3日の返空列車のみ・・・。
DD51も単機牽引でテンションは下がる一方。早朝に順光で撮影できる唯一の場所へ出向きます。

5263レ

いたずらに機関車の走行距離を増やすことはしない方針なのか、ゴールデンウィーク中に動いているカマは限定されてい
るようです。このところ撮影機会が多い892号機。5月4日に四日市界隈で見かけたのは1028・1146・1156と892
だけでした。タキ車は長めの19両でしたので最後尾は切れてしまいます。

5263レ

停車中にさくさく移動していつもの海蔵川へ。
風が強くて水鏡にはなりませんでした。

5263レ

入換

毎年恒例となっているゴールデンウィークの6883レ復活運転に伴い、6287レがこの日は運転されました。冬場は毎日
のように見られるDD51同士の並びですが、暖かい時期は滅多に見られません。

葬式鉄プロジェクト 愛知機関区のDD51を撮る160430

ゴールデンウィークを前に、セメント列車が運休期間に入りました。
運転再開は6月になると思われます。

ブルートレインもなくなり、貨物列車も運休が増えるので、撮影対象がありません。石油列車の復活運転を見込んでの
四日市訪問でしたが、通常の土日と同じ運行体制でがっかり・・・。やはり初日の29日に訪問するべきだったのかもし
れませんが、前々からの私用で福岡へフライトしていたのでやむを得ません。

タブレット健在タブレット健在

29日の深夜に自宅を出発しましたが、あまりの眠さに海老名SAでダウン・・・。気づけば空が明るくなっています。大慌
てで出発し、120キロで疾走してなんとか5263レの到着前に塩浜駅へたどり着きました。

お目当てはタブレットの受け渡し。
信号機の移設で廃止されたという情報もありましたが、ご覧のように健在です。

5263レ

カマは昨年4月に全般検査を受けた1028号機でした。

四日市界隈では、コスモ石油と昭和シェル石油が2017年3月から事業提携を行うことになっています。具体的には今後
想定される石油需要減少および高度化法二次告示に対応するため、四日市地域における原油処理能力削減がメイン
になっており、コスモ石油四日市製油所の常圧蒸留装置1基を停止するとともに、昭和シェル石油は自社の高度化法二
次告示対応に相当する石油製品・半製品を昭和四日市石油からコスモ石油へ供給するとのことです。少なからず専用線
や石油列車への影響がありそうです。

葬式鉄プロジェクト 愛知機関区のDD51を撮る140518

6361レ

四日市港にて

四日市港にて

6360レ

<この記事は作成中です>

神奈川臨海鉄道を撮る 夜の末広町にて160409

末広町にて

荷役中

荷役中
このブログについて
このブログは、貨物列車を「経済活動に欠かせない物流の一翼」ととらえ、貨物列車を中心として管理人が撮影した写真や現地・文献で見聞きした情報を掲載しているものです。

【好きなもの】
・貨物列車
・ラーメン二郎

【嫌いなもの】
・関西鉄
・低学歴者
・低偏差者
・キャノンユーザー

正確な情報を掲載するよう心掛けていますが、鉄道とは接点の少ない業界で勤務している「フツー」のサラリーマンが道楽としてやっていることですので、誤りがある可能性があることをご承知おき下さい。また、このブログは撮影地ガイドではありませんので、原則として撮影場所の詳細やカメラの設定などは掲載致しません。
ジャンル別倉庫
訪問者数(UU)

    • ライブドアブログ