Wii ISOイメージを外付けHDD より読み込んで起動する WBFS Manager V4.0


  1

  WiiソフトのISOデータを外付けHDDに転送し、Wii 上で起動させる為に必須なツール
   WBFS Manager の最新版WBFS Manager V4.0 がリリースされました。






   


                   

   WBFS Manager V4.0



     WBFS
    3                

「Wii Backup File System」の略称。
USB Loaderで認識するための独自フォーマットなので、WBFSフォーマットした
HDD、UBSメモリはPC上で認識されず、通常は扱うことができません。
WBFS Manager は通常はPC上で確認できないWBFSフォーマットしたHDDの中身を
開いたり、ISOファイルのコピー/削除といった作業を行うことができるツールです。
ISOを外付けHDDに転送する際には、予め吸い出しておいたWiiソフトをPCなどに
保存しておく必要があります。

4rr



1・WBFS Manager V4.0 をダウンロード後、解凍します。

4
WBFS Manager V4.0

2・実行ファイルをダブルクリックしてインストール。(どちらでも良い)

5 (2)

5 (3) 5 (1)

メインメニューが表示されます。

6

注意
Windows 64bit 版ユーザーではWBFS Manager V4.0 は未対応です。
64bit 版ユーザーは下記リンクよりWBFSManager 3.0.1 RTW x64 を使用して下さい。

6
WBFS Manager 3.0
・WBFSManager 3.0.1 RTW x64(64bit版)
・WBFSManager 3.0.1 RTW x86(32bit版)

3・外付けHDDをPC上にセットし、最初にWBFS形式でフォーマットします。

           
3

4・フォーマット後、メニュー上部の「ドライブ」項目からフォーマットしたドライブレターを
選択し「ロード」。

d467 (1)

メニュー左ペインの「参照」からISOファイルを選択し「ドライブに追加」で外付けHDDに
ISOファイルを書き込みます。

d467 (2)

greenshot_2010-07-30_21-28-49

WBFSManagerV42

5・コピーの終わった外付けHDDをWii 背面部のUSBコネクタに接続し、USB Loader より
起動すればゲームの起動が可能です。