2017年08月17日


01



お盆が終了しました。お盆の前から朝晩どころか昼間も涼しい日が多く過ごしやすい反面、極端な天気が多くなっていくのがちょっと心配。


ところでお盆中にスーパーなんかに行くもんじゃないですね。ものすごい人出でげんなりですよ。マナーも悪くなる一方


駐車場までカートで荷物を運び、そのまま駐車場にカートを放置して帰るジイさん、買い物中に考え直したのかお饅頭の上にニンジンとピーマンを放置などなど、田舎といえども人間性のレベルは低下しているようです。


お客様は神様ですなんて、もう過去のお話ですな。





01



koume39 at 00:00コメント(0) 
日記 

2017年08月15日


04



全国的にお盆ということで、





zz409gtrf2
梅吉おさぼり中





01



koume39 at 00:00コメント(0) 
日記 

2017年08月10日


02



「キボウノシマ」、原作/守靖ヒロヤ、画/玉越博幸(竹書房バンブーコミックス刊)を読みました。


004


盆を前にして朝晩が少し涼しくなったような気がします。あと1週間もすれば過ごしやすくなる。かもね。





01
電子書籍で読みました。


02
現在3巻まで発売中です。





乱交の島があるという噂を信じてフェリーでやってきた島が、実は妖怪が支配する島だった、というホラーマンガです。


ホラーとエロは切っても切れないのでエログロマンガです。ただ乱交の島なのにエロは最初だけでした あとはバットで殴ったら腕がちぎれたり、ナタで首がポロッと落ちたり。あれ? これはナタかな? 大きい包丁? え? こんな疑問を持つ奴の頭の方が疑問? おお 普通の人はそんな疑問持たないんだ そうなんだ・・・。


03
早く人間になりたい。





離島に行ってひどい目に合う話はよくありますけど、似たストーリーとしては彼岸島かな。彼岸島にエロを足してみましたみたいな感じ。人間を食料として飼うところも似ています。「キボウノシマ」らしく、彼岸島よりはこの作品の方が飼われ方は幸せかも???


グロい妖怪のエログロホラー、好きな方は是非。





04



koume39 at 00:00コメント(0) 
 

2017年08月08日


02



「人生はニャンとかなる! 明日に幸福をまねく68の方法」、水野敬也+長沼直樹著(文響社刊)を読みました。


003


台風5号通過中、何事も無く済みますように。





01





可愛い猫の写真に偉人の格言が添えられた自己啓発本です。世界の偉人の格言なんですけど、半分以上知らない人





印象に残った格言


「快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない」 ジョン・ロックフェラー


わたくしは快楽におぼれる人生を歩みたいのですっ ダメ人間





「よい記憶力は素晴らしいが、忘れる能力はいっそう偉大である」 エルバート・ハバード


すぐ忘れられる人がうらやましい。





「一度サボるとクセになる」 孟子


ギクッ





「行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福はない」 ベンジャミン・ディズレーリ


行動のないところに幸福はないということなので、わたくしは無職生活から脱却し、弟子3号M君の起業を手伝うことになりました。さようなら無職生活。3年間の無職生活は楽しかったな。





008
働きたくないでござる!!





02



koume39 at 00:00コメント(2) 
 

2017年08月06日


02



先月は野生のサル、今月は野生のタヌキを間近で見ました。


買い物の帰りに近所にある神社の近くを通りかかった時、神社の参道に子タヌキが1匹座っていました。野生のタヌキを見るのは久し振りです。わたくしが子供の頃はまだ宅地が少なく、あちこちに竹やぶや林がある田舎だったので、タヌキやキツネも時々見ることがありましたが、宅地化されてからは全く見なくなっていました。


距離3mほどでしばし見つめ合い


携帯で写真を撮ろうとしたのですが、携帯とウォークマンを一緒にポケットに入れていたので、携帯のストラップがウォークマンのコードに引っ掛かり、手間取っている間にタヌキは走り去ってしまいました。


何事も慌てるとうまくいかない





02



koume39 at 00:00コメント(2) 
日記 

2017年08月03日


02



「掟上今日子の旅行記」、西尾維新著(講談社刊)を読みました。


999


住宅地なのに野焼きをするのはどういう了見なのか?


ワシ、燻製になりそうやないか





01
電子書籍で読みました。





眠ると記憶がリセットされる忘却探偵を主人公にした、8作目のミステリー小説です。


今回はフランスのパリで、探偵VS怪盗の戦いが描かれていきます。ストーリーの流れは面白くて良いのですが、ミステリーらしいミステリーは無く、本格推理ファンには受け入れられない作品かな。忘却探偵という設定を楽しむ本です。





印象に残った一節


「頭の回る人間が本気で人をだましてきたら、どんなに気をつけても、それをかわすすべはない」


世知辛い世の中で油断しなくても騙される人が多い現在、詐欺までいかなくても口八丁手八丁で丸め込まれる人は、相当多いのではないでしょうか。かくいうわたくしも商品先物でカモられましたけど まあそんな時は事故にあったと思って、スッパリ忘れるのが1番です。問題はどうしたらスッパリ忘れられるのか、ですかね? 誰か教えて





面白いけどミステリーではないから、ライトなライトなとってもライトなミステリーファンにはお薦め?





02



koume39 at 00:00コメント(0) 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: