2019年01月22日


03



大寒も過ぎて冬本番の地域も多いようですが、わたくしの住む地域はまだ数センチの積雪が1回有っただけで、過ごしやすい冬が続いています。というわけで、11月に作った料理の紹介でも。





豚肉のポン酢和え
01


コショーを多めにすると美味しい。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/e4c72b018e2357f20f43983d6ab03593.html





ササミの梅照り焼き
02


梅干し好きなら是非


このレシピを参考にしました。
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330009795/





春菊とマイタケのサッと煮
03


良い出汁の味です。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/4009af33006b1d7ff27cfc9aaa84b2af.html





白菜とツナのお浸し
04


これ、美味い


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/d5e608d4ee0bfbeb5806ad95ff94739b.html





大根のクリームシチュー
05


コンソメで大根のクセを消しています。悪くはないんだけどクセを消してまで大根を使わなくてもと思ってしまう。


このレシピを参考にしました。
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1220012618/





ホウレン草の中華スープ
06


良い感じのスープです。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/d9b63ba6928db79ee97341961f0cedd6.html





今回は白菜とツナのお浸しをお薦めします。ツナ缶高いですけどね。猫缶を買うときは高くても平気だったのに、人間用は値段が気になってしまう





07



koume39 at 11:59コメント(0) 
料理 

2019年01月20日


03



「新闇狩人」、原作/坂口いく、画/細川真義(スクウェア・エニックス ガンガンコミックス刊)を読みました。


09


最近、自宅の1階の屋根の上を歩く白猫に駐車場で遭遇しました。首輪をしているので触れると思っていましたが、1m以内に近付くと5m程走って逃げます。またジリジリとなだめすかして1mまで近付くとまた逃げるの繰り返しで、結局触るどころか近くにさえ行けませんでした。そんなに怪しい人間に見えているのかね?


zzki89





01
コミックレンタルで読みました


02
全3巻です





現代版の必殺仕事人という感じのマンガです。警察が動けない犯罪者を、被害者に代わって闇に葬る闇狩人の活躍を描きます。


ここで細かい疑問を持ってはいけません。科学捜査の警察よりも調査能力があるのか? とか、毎回証拠を残さずに人を殺すことが出来るのか? とか、そんな現実的なことを言ってはいけないのです。リアリティを求めたら世の中つまらなくなります。ドラえもんなんていないとか、サンタクロースは本当はいないなどと子供に諭してはいけないのと同じです。作品の設定を楽しむのが大人というものです。





印象に残ったのは主人公が頼み人に言ったコレ。


「大きな幸せは無理でもご飯がおいしいとか面白い漫画見つけたとか小さかったり一瞬だったりする幸せを積み重ねる生き方も悪くはない。」


わたくしもいい歳の大人になったので、大金持ちになるのはあきらめ、小さな幸せを積み重ねることにしたいと思います。・・・・・でも塵はいくら集めても塵なんだよなあ





浮世をしばし忘れられる作品なので、興味のある方は是非





03



koume39 at 01:42コメント(0) 
 

2019年01月17日


07



「Dr.STONE」、原作/稲垣理一郎、画/Boichi(集英社ジャンプコミックス刊)を読みました。


001


最近我が家の1階部分の屋根の上を、白猫が歩いています。どこから上がっているんだろう??? 首輪を付けているので、今度見つけたら触っちゃおう





01
紙の本で読みました。


02
現在8巻まで発売中です





世界中の人間が石化して文明が滅んだ世界を舞台にしたマンガです。石化から3700年後に、偶然石化が解けた科学者が石化から復活させる方法を発見、石器時代に逆戻りした世界で、少しづつ文明を取り戻していくというストーリーです。




科学と言えばわたくしが子供の頃に、昆虫をコールドスリープさせる実験をしました。塩や砂糖、醤油などの調味料を混ぜて作った薬液に、昆虫を漬けて冷凍します。





冷凍庫に入れたらどうなったと思いますか?





オカンにすごい勢いで怒られた





あのまま実験を続けていれば、今頃はノーベル賞を取っていたかもしれません。





そんなわたくしのアホな過去は置いといて。




石化した全員を助けたい科学者と、若者だけを助けたい武道家の間で対立が起き、やがて別れて争うという流れになっていきます。キャラのハイテンションに若干ついていけないところもありますけど、科学が好きなら興味を持って読めると思いますよ。お薦めです。





03


koume39 at 00:09コメント(0) 
 

2019年01月15日


02



毎日眠いです。寝不足が続くと偏頭痛になることが多いので、早く寝るように気を付けないと。ということで11月に作った料理の紹介でも。





キノコと卵のスープ
01


薄味、調味料増量で。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/8241d77c25ab6bdfca879ef0c3228476.html





厚揚げの肉巻き照り焼き
02


シンプルな味付け。ピリ辛にしても良いかもね。肉巻きなのに巻いてない? そんな面倒なことしませんよ。食べたら一緒だもん。


このレシピを参考にしました。
https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/20410/





焼きパプリカのおかか醤油
03


オーブンで丸焼きするレシピなんですけど、千切りにしてフライパンで焼きました。美味かったです


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/84644aa8bb3ab44eefa3926d84361b8b.html





チキンソテーきのこソース
04


面倒なレシピなので手順は無視。ケチャップ美味い


このレシピを参考にしました。
https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/20414/





小松菜とシメジののり和え
05


のりと和えると美味しい


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/4990d0659275cfd08860e481e671d806.html





牛肉と白菜のカレー醤油炒め
06


安いカレー粉を買ったら味がぼんやりする・・・。お値段以上にはなかなかならないな。





今回は小松菜とシメジののり和えをお薦めします。ほうれん草や菊菜なんかにも応用できるよ。





07



koume39 at 00:40コメント(0) 
料理 

2019年01月13日


02



「犬神の杜」、内藤了著(講談社タイガ文庫刊)を読みました。


zz8jhn659uj


あかぎれで手が痛い。常に2、3ヵ所切れているので地味に辛い。





01
電子書籍で読みました





バイパスを通すための、トンネルの掘削工事現場を舞台にしたホラー小説です。


はるか昔の時代に蠱毒によって生み出された犬神にまつわるストーリーになっています。術者自身にも大きな負担を強いられる犬神を、生贄と共に捨て続けた山にトンネルを通す工事が行われ、犬神に工事現場の従業員が襲われ、体中に咬み痕がある姿で次々に亡くなり、というストーリーです。


この作品はホラー要素は少ないかな。犬神を操る一族の悲しい宿命に比重が多くかかっている感じです。怖いのはトンネルの中から土砂を積んだトラックが出てきたら、むかし生贄にされた人々の死体だらけだったところくらいです。それほど怖くないのでホラー初心者にもお薦めできるかな。わたくしは壊れた上級者だから、初心者でも怖くないかは知らんけど





02



koume39 at 00:15コメント(0) 
 

2019年01月10日


01



「かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。」、友麻碧著(富士見L文庫刊)を読みました。


008


1月も早10日、あっという間ですね。今年の冬は雪が少なく遠くの山が真っ白になるものの、自宅周辺は数センチ積もった1回のみ。このまま春にならないものか。





01
電子書籍で読みました





祖父が残した借金を返すために妖怪が経営する宿屋の離れで、食事処を営む主人公と妖怪の姿を描くファンタジー小説です。


シリーズ8作目も中央と地方の政治がぶつかる権力争いを軸に、北にある極寒の国でのストーリーが進んでいきます。7作目と8作目であちこちに伏線が張られているので、これをどう回収するのか楽しみです。





今回は名言的なものはありませんが、読み終わってほっこりする良い小説ですよ。荒んだ心を癒してくれる良作です。とってもお薦め





02



koume39 at 00:00コメント(0) 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: