2018年01月21日


02



いよいよ大寒ということで、今週はとても寒くなりそうです。嫌だなあ。ということで年末年始に作った料理の紹介でも。





崩し豆腐の野菜あん
01


薄味 調味料を増量したほうが良いよ。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/0b885152d8ccefe539557bf784d166a6.html





エノキの唐揚げ
02


これ簡単でおいしい。でも揚げ物の片付けは面倒


このレシピを参考にしました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000015-it_nlab-life





黒豆煮
03


黒豆美味しい。市販のものやレシピでは甘過ぎるので、砂糖を大幅に減らしています。(黒豆250g、水1000cc、砂糖140g、塩5g、醤油10cc)


水と黒豆を入れて沸騰させ調味料を入れて一晩置く。圧力鍋の低圧で8分煮るだけの簡単料理。





トマトとシラスのポン酢和え
04


塩とポン酢はシラスの塩気があるから無くても良いよ。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/afbdd7599b1052fdd29437cdf92f31a1.html





ゆりねと油揚げの味噌汁
05


ゆりね甘くてうめ~


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/9784701d38c7528db2695aab8620a404.html





大豆とカリカリジャコの甘辛炒め
06


イソフラボン補給に。


このレシピを参考にしました。
https://cookpad.com/recipe/4833785





今回はエノキの唐揚げと黒豆煮をお薦めします。黒豆煮は簡単なので是非





07



koume39 at 00:00コメント(0) 
料理 

2018年01月18日


02



「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 蝶の足跡」、太田紫織著(角川文庫刊)を読みました。



110


冬真っ只中というのに3月並みの気温ということで、室温が暖房無しで17度まで上がりました。しかし来週の天気予報は雪マークが並び、最高気温2度なんて日も 変化あり過ぎる





01
電子書籍で読みました。





シリーズ11作目かな? ミステリー小説のカテゴリーながら、いよいよヒューマンドラマになってきました。


裁判員裁判で重い罰を与えられなかったことを後悔する元裁判員3人が、出所後の男の態度に憤慨し、男を拉致監禁して真人間に矯正しようとする、という流れでストーリーが進んでいきます。テーマが重すぎる・・・。





印象に残った一節。


「死んだ方がいい」人はいたとしても、だからといって「死んでいい」人はいないのだ。だけど心の中でもう一人の僕が呟いた。遺族の前でも、同じ事が言えるのか?





壊れた体を治すことはできても、壊れた心は簡単には治せない。被告と原告、どちらの側に立って相手を見るかで対応も変わってしまう。被害者、遺族の立場に立てば許せないことが多くなるのは当然。世の中から戦争が無くならないように、人間の心はそれほど広くはない。


ちなみにわたくしの心の広さはこれくらい。





BlogPaint





櫻子さんシリーズのファンの人にのみお薦めします。





02



koume39 at 00:00コメント(0) 
 

2018年01月16日


07



「猫鳴村のダキニ」、梅津裕一著(キリック刊)を読みました。


109


先週は大雪になるかと思っていましたが、わたくしの地域は1日降っただけ、しかも積雪2センチと助かりました。北へ10km行くと結構な積雪になっているみたいですけど。





01
電子書籍で読みました。





東北の山奥にある猫鳴村に大学生4人組が訪れるところから始まるグロ系ホラー小説です。廃村になって捨てられたはずの村の中で、大学生たちが経験する惨劇のストーリー


猫鳴村は邪教を信じる村で神様に選ばれると村人に見送られながら、塩を抱えて神社の奥に入って行き、しばらくすると生肉の塩漬けが配られます。食人でっせ


生きたまま足をスライスされて食べられたり、頭骸骨でお酒を飲んだり、生首の頭を切って焼いた石を脳みその中に入れ石焼ビビンバにしたりと、初心者には大変厳しい内容となっています。





後半は少し失速気味ですが、なぜ人を殺してはいけないのか、なぜ人を食べてはいけないのかと、人生を悩んでいるような頭の中の線が切れている人は是非





02



koume39 at 00:00コメント(0) 
 

2018年01月14日


01



ジェットコースターのように気温が上下するのやめて欲しい。寒い・・・。というわけで12月に作った料理の紹介でも。




カレー風野菜スープ
01


カレー味に不味いものなし。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/5175d4e9b9987710f715922c932920e4.html





パセリのお浸し
02


ツイッターに上がっていたので作ってみました。パセリを茹でて塩昆布と和え、ゴマ油と醤油をたらすだけ。生のパセリを平気で食べられる人にはお薦めですよ。





ジャガイモのペタンコねぎ焼き
03


美味し、もちもち


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/406af8e562721ab18f438318560f8f38.html





アジのなめろう
04


冷凍総菜よりは美味しい。青魚の刺身が好きな人はハマる味ですよ。


このレシピを参考にしました。
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00000934/index.html





タラのムニエル バター醤油風
05


レシピではほうれん草を使うのですが、1束250円と手が出なかったのでチンゲン菜で


このレシピを参考にしました。
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1850008069/





豚プルコギ丼
06


豚肉で作るプルコギ、金欠のときにお薦め。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/12eed18134114f41ddaf7297a3eb4620.html





今回はタラのムニエルをお薦めします。バターと醤油が良く合います。





07



koume39 at 00:00コメント(0) 
料理 

2018年01月11日


03



昨年千葉県で食べたアジのなめろう。


01


パッと見ゲロみたいですけど、どうしても食べたくなったので通販で買いました。送料込みで1袋当たり約400円


0001


冷凍はやっぱりそれなりの味ですね。不味くは無いけど港の近くの味にはどうやっても勝てない。


どうしよう





自分で作るか





01



koume39 at 00:00コメント(2) 
日記 

2018年01月09日


05



「兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿」、木々津克久著(秋田書店少年チャンピオンコミックス刊)を読みました。


108


今年の冬は雪は降れども全く積もらずという、とても楽チンな冬になっております。水曜日から週末に掛けて雪の予報が続くのですけど、さてどうなるでしょうか。





01
電子書籍で読みました。


02
全7巻です。





行方不明になっていた警察官の兄が、骸骨姿の幽霊になって自宅に戻ってきます。霊感が強い高校生の妹が、身の回りで起きる事件を幽霊の兄と共に解決していく、というホラーミステリーマンガです。


兄が幽霊ということで兄の死の真相を追いながら、幽霊の邪気に操られた人間などと戦っていきます。悪霊てんこ盛りですけど画が明るいので恐怖感ゼロ キャラも明るいのでホラー系苦手でも普通に読めるレベルです。ただなんとなく説教臭いところがありますけど。





キャラ設定などは面白いと思いますが、ちょっと軽い印象が強いです。流行のライトノベルをマンガにしたような感じかな。今どきのマンガながら綺麗なエンディングを迎えるので、興味のある人は是非





03



koume39 at 00:00コメント(0) 
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: