2018年09月25日


07



財布が古くなってきたので買い替えました。使い始めて10年以上、あちこち擦り切れてきたので気分一新です。


気になっていたコーチの財布をポチりました。


大人気ということで1ヶ月待ち


そして先週無事到着





P9196467
外箱



P9196468
コーチならぬ高知の財布


これは良い物だ


人生初の長財布なので、ポケットから落としたりスラれたりしないように気を付けなければ。





01



koume39 at 00:00コメント(0) 
日記 

2018年09月23日


02



もう秋分の日ですよ。陽が落ちるのが早くなって18時には薄暗くなりますね。来月には17時には薄暗くなるんですね。あの暑い夏が懐かしい。ということで8月に作った料理の紹介でも。





キューリの梅ゴマ和え
01


手軽にもう1品欲しい時に良いよ。


このレシピを参考にしました。
https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/25706/





長芋の黒コショー焼き
02


とろろにするより楽チン


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/4b84284dbb3a8333a6b52cd891173878.html





牛肉とコーンのガーリックバター炒め
03


夏向きの野菜炒め、具材次第でいろいろ出来そう。


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/b5d9680d0bf470add0ba2c930b965846.html





牛肉とタマネギの甘酢炒め
04


甘酸っぱい味付けで美味しい。


このレシピを参考にしました。
https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/3963/





エノキと梅のおにぎり
05


面倒なので握らず 梅干しの酸味が良い


このレシピを参考にしました。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/d27193f666fb372e52fe213730dbb10e.html





鶏肉とピーマンのカレー醤油炒め
06


カレー味に不味いもの無し。


このレシピを参考にしました。
https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/3827/





今回はエノキと梅のおにぎりをおすすめします。シンプルだけど美味い、夏におすすめです。





07



koume39 at 00:00コメント(0) 
料理 

2018年09月20日


05



「下町ロケット2 ガウディ計画」、池井戸潤著(小学館刊)を読みました。


zz765tr4


久し振りに朝から夜まで綺麗に晴れました。何日振りだろう。窓を開けると丁度良い感じの気温でしたけど、風が吹くと肌寒い。もう秋なんだと実感します。





01
紙の本で読みました





下町ロケットの続編です。今回はロケット部品ではなく、心臓用の人工弁の開発をメインにしたストーリーが流れていきます。


この作家さんはストーリー構成が上手いです。なので万人にお薦めできる内容で、大半の方が面白く読めるはずです。なのですが、パターンが似ているので意外性という点には欠けるかな。


あと、敵役の会社がダメ。NASA出身のエリート社長と、他社からヘッドハンティングした社員ばかりなのにポンコツ過ぎる。いくら何でもそれは無いんじゃないかなと、オッサンは思いましたよ。




ちょっとまとまり過ぎなところはありますけど、綺麗にまとまっている良作です。お薦め





02



koume39 at 00:24コメント(0) 
 

2018年09月18日


02



「ザ・ナニワ金融道」、青木雄二プロダクション著(集英社ヤングジャンプコミックス刊)を読みました。


zz398iy6


雨続きの毎日でしたが、火曜日の夕方から水曜日にかけてようやく晴れそうです。布団干そう





02
電子書籍で読みました


03
現在5巻まで発売中です





東京から大阪にやって来た青年が就職した会社は「帝国金融」。クセのある先輩たちに囲まれ、苦労しながら金貸しの道を歩むという、ナニワ金融道のスピンオフマンガです。


第1巻は豊洲ならぬ貧洲新市場を舞台に、政治家同士の駆け引きと利権に群がる業者の姿を、風刺たっぷりに描いていきます。これに主人公が直接かかわる事は無いので、この市場問題をストーリーに絡める必要性があったのだろうか??? うん、まあ、描きたかったんだろうなと納得してみる。





新人の青年から見た帝国金融が描かれていくので、ナニワ金融道のテイストを大事にした構成になっていて安定した作品です。なので大冒険したストーリーではないところが、スピンオフ作品の限界なのかな。ナニワ金融道のファンにはお薦めです。





05



koume39 at 00:04コメント(0) 
 

2018年09月16日


11



「かくりよの宿飯七 あやかしお宿の勝負めし出します。」、友麻碧著(富士見L文庫刊)を読みました。


zz56yt3xs


いつから太陽を見ていないだろうと思うほど、雨か曇りの日が続いています。火曜日に曇り時々晴れの予報の後、週末まで曇りか雨の予報。これかなりアカンやつやん





01
電子書籍で読みました





祖父が残した借金を返すために妖怪が経営する宿屋の離れで、食事処を営む主人公と妖怪の姿を描くファンタジー小説です。


シリーズ7作目は中央と地方の政治がぶつかる権力争いに巻き込まれていくストーリーです。500年前に作られた宿屋の歴史や、創設の秘密も明らかになっていきます。





印象に残ったのは主人公が言ったコレ。


「私にはどうしたってできないことがあるんだって、それをまず認めること。」


出来ないことを良い事にサボろうとする奴がいるから世の中上手くいかないんですよ。


・・・ああ、ワシのことか


006


zz456721l
だってクズだもん





大勢の人に読んでみて欲しい作品ですよ。





02



koume39 at 00:00コメント(2) 
 

2018年09月13日


07



夏も終わりということで、寒くなる前にわたくしの独断と偏見で決める、ホラーマンガランキングを発表したいと思います。


こういうのはやっぱり10位から発表するものなのかな?


じゃあ発表





第1位


猟奇刑事マルサイ
01


精神的にくるホラーです。幽霊より生きている人間のほうがはるかに怖い




第2位


闇夜に遊ぶな子供たち
02


幼い兄妹が次々に襲われる





第3位


恐之本
03


正統派ホラーの短編集。





第4位


ゴーストハント
04


小説をノベライズした正統派ホラー。





第5位


赤い妹
05


正統派ホラーの短編集。





第6位


洗礼
06


年老いた大女優が若さを求めて脳移植するお話。





第7位


眼球綺譚
07


短編ホラー、ゲテモノ喰いが秀逸。





第8位


インセクツ
08


虫が大発生して人間が襲われるパニックホラー。





第9位


死人の声をきくがよい
09


現役のホラー作家さんでは1番好きな作家さんです。





第10位


チノミ
10


人間の血を飲む人々のお話。ジャンルはホラーだけどちょっと違うかな。





興味がある人はぜひ読んでみて下さい





11



koume39 at 00:00コメント(2) 
 | 日記
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: