2004年07月01日

ゲノム上のタンパク質の動きを捉えることに成功(理研)

ゲノム上のタンパクの動きを捉えることに成功
- ゲノム上でのタンパクの棲み分けが明らかに -


今後の展開が非常に楽しみなニュースです。
独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、90ナノメートルの解像度でゲノム上のタンパク質の動きを捉えることに成功しました。理研横浜研究所・ゲノム科学総合研究センター・ゲノム構造情報研究グループの白髭克彦客員研究員(東京工業大学助教授)、加藤由起リサーチアソシエイトらと、英国がん研究所のフランク・ウルマン博士との共同研究による研究成果です。
 ゲノム上に存在する遺伝情報が機能するためには様々なタンパクがゲノムと相互作用する必要があります。従って、ゲノム上でのタンパクのダイナミックな動きを詳細に捉えることは、ポストゲノム時代の重要な技術の1つです。研究グループは90ナノメートルの解像度(従来の約1万倍)でタンパクの動きを捉えることが可能な独自技術(ChIP-chip法※1)を開発してきました。今回、研究グループでは、このChIP-chip法を用いて、細胞分裂で重要な役割を果たすコヒーシン※2(染色体接着因子)と呼ばれるタンパク質の動きを捉えることに成功しました。

これだけではなんだかわからないと思いますので,リンク先の図を是非ご覧ください。

RNAポリメラーゼの有無によって,DNA上のコヒーシンの位置が調節されていることがよくわかります。

コヒーシンに関する研究が進み,染色体異常症(0.6%程度の発生頻度といわれています)の知見が深まることが期待できます。

それよりも,DNA上のタンパク質の位置を動的に捉えられるこの技術を応用することで,塩基配列だけではわからなかった,どのように遺伝情報の発現が制御されているのかの全体像に迫れると思われます。

それにしても,卒業してから10年ほどたちますが,この間の技術の進歩には驚くばかりです。勉強しないと,あっという間に取り残されてしまいますです。  
Posted by koumei3 at 13:39Comments(63)TrackBack(0)科学・医学

2004年06月29日

D70のファームアップデート

またまた,すごく間が空いてしまいました。久々に投稿しようとしてみたところ,いつの間にか「共通テーマ」という項目が増えているし…。これは何でしょうか?後で調べてみます。

それはさておき,自宅用にNikonのD70を買った勢いを仕事に生かし(?),会社用にもD70を買ってもらいました(別に個人のものではありませんが)。

さっそく取材などで使い倒している方から,「256MBのCFぢゃ容量が小さいんぢゃ,われー」とのお達しがあり,Nikonのページをうろうろしていたところ,ファームのアップデートを見つけました。

Nikon D70 用ファームウェア (Macintosh) A:Ver.1.01 / B:Ver.1.02 ファームウェアのダウンロードについて

これまでに気がつかなかった非常に細かい不具合が修正されているようです。

それと,会社に買ってもらおうと思っていた30GBのストーレージビューア「COOLWALKER(MSV-01)」が,6月発売予定から9月に発売延期になっている。

しょうがないので,512MBのCFを買ってもらおう。トホホ。  

2004年06月20日

暑い,暑すぎる

CA240003.JPG紫陽花も夏バテしております
  
Posted by koumei3 at 13:33Comments(1)TrackBack(0)日記・駄文

2004年06月14日

医療過誤に対する外科シュミレーション

妻は肋骨にヒビが入るは,長女は風邪?なのに薬は飲まないは,吐くは,仕事はてんこ盛りだはで,すっかり更新をさぼってしまいました。

ぼちぼちと復活していきます。

それはともかく,日経MedWaveにこんな記事が出ていました。

「患者中心の医療」から「人間中心の医療」へ

東京電力技術開発本部技術開発研究所ヒューマンファクターグループ特別研究員の河野龍太郎氏は,昨今の医療ミス続発(単に報道されることが多くなっただけという気もしますが)に対して,システムとして対応しなければいかんですたい,という至極まっとうな内容を述べておられます。そして,氏は次のように続けます。
シュミレーションも必要です。医療では患者で経験をつませる。ですが、安全の面から考えれば、腰椎穿刺や注射など、シミュレーターなどを利用して、たくさん失敗して、ミスがなくなるまで訓練を行ってから実際に行うべきです。はじめはそのシミュレーターは“ちゃち”なものでいいのです。航空機や原子力発電所のシュミレーション装置も、当初は“ちゃち”でしたが、今は本物と寸分たがわないものが可能になっています。

「シュミレーション」に突っ込みを入れたいわけではありません(日経BP大丈夫か?とは思いますが)。医療のシミュレーション,とくに外科分野でのシミュレーションとしては,昔Mac版として一世を風靡した「Life&DEATH」が思い出されるところですが,もしかして氏の頭の中にあるのは,こんなものではないでしょうか?

SIMPLE2000シリーズVol.58 THE 外科医

レビューはこちら

このゲームが進化して,というよりハード的に進化して,電車でゴーのコントローラーのように,リアルな人体を(以下,怖くなってきたので省略します

それにしてもこのゲーム,画像のリアルさ(ステントの入った血管を交換しているところ?など)と,「左右のアナログスティックを操作して,人工血管を血管内に配置してください。」とのギャップがすばらしいです。

ちなみに,ゲーム画面をよーく見ると,「人口血管」となっていることを発見しました。こっちも誤植かいな
ヽ(´ー`)ノ  
Posted by koumei3 at 21:22Comments(1)TrackBack(0)科学・医学

2004年06月11日

負けるな!紫陽花

040611_0819~0001.jpg何やら大きく鮮やかな赤い花に犯されそうな,かわいそうな紫陽花くんです。

練馬区大泉にある牧野記念庭園近くにて
  
Posted by koumei3 at 08:26Comments(1)TrackBack(0)日記・駄文

2004年06月10日

カブレラの復帰まだかいな

040610_2306~0001.jpg写真は西武池袋線20000系の車体に描かれているカブレラ様です。この横には,松坂も描かれているのですが,2人とも怪我からの復帰待ち。
_| ̄|〇

これで首位にいるのが不思議です。

最近打線がつながらないライオンズ,早くカブレラだけでも復帰して欲しいものです。

土曜日にでも,猫屋敷に行こうかしらん。

携帯からの長文入力は疲れるなー
  
Posted by koumei3 at 23:19Comments(1)TrackBack(0)日記・駄文

2004年06月09日

今日の夕食

040609_1855~0001.jpgしその天ぷらとかき揚げでした。しその実の天ぷらもあったのですが,撮り忘れた
ガックリ
  
Posted by koumei3 at 19:26Comments(1)TrackBack(0)日記・駄文

紫陽花(その3)

040609_1353~0001.jpg文京区菊坂にて。周囲の花は青いのに,これだけピンクでした。
  
Posted by koumei3 at 13:57Comments(2)TrackBack(4)日記・駄文

2004年06月08日

葉っぱを食べたのは誰だ

040608endo種子からはじめて,順調に育っていたスナップエンドウ(他にも呼び方があるのですが,わが家ではこう呼んでいます)に異変が。

先週の中頃から,葉っぱが少なくなっているような気がしていたのですが,平日ということもあり,放置してしまったのが運のつき。土曜日には小さめの2本の葉が食べ尽くされていました。

グーグルの中の人に聞いてみたところ,捜査線上にナメクジの影がちらほらと。また,ナメクジにはビールトラップが効果的との有力情報も得られました。ビールトラップ,50代の親父が駅前で引っかかりそうな罠ですが,プリンなどの容器を淵が地面と同じ高さになるまで埋め,その中に飲みかけのビールを少々入れただけのお手軽な罠です。

ということで,土曜日の夕方に罠を設置,日曜日に回収してみたところ,見事に何も入っていませんでした…。本当は夜中に見回りをした方がいいらしいのですが,爆睡してました。

代わりに,別途購入しておいた市販のナメクジホイホイに,とても小さなカタツムリ×1とダンゴムシ×1が引っかかっていました。

どうも,このカタツムリが犯人臭いのですが,現在,捜査を継続中です。  
Posted by koumei3 at 02:36Comments(0)TrackBack(0)日記・駄文

2004年06月07日

紫陽花(その2)

040607ajisaiこれは,うちの庭のガクアジサイ(でいいのかな?)です(写真をクリックしていただくと,もう少し大きくなります)。斑入りでちょっとかわっているものです。携帯で撮ったものではわかりにくいので,D70で改めて取り直してみました(ピンが甘過ぎだ…)。

blogをうろうろと拝見させてもらったところ,東京自転車生活の巨匠jinxさんの紫陽花と,経由で知ったpipiさんの三渓園のアジサイと同じ物のようです。

これらを拝見すると,わが家の紫陽花は,完全に出遅れているようです。日当たりが今ひとつなためか,それとも土がよくないのかと,あれこれ考えてしまいます。

それにしても,あちらこちらのblogにあがっている紫陽花を拝見すると,どれも立派ですねー

うちの紫陽花達にも頑張って(何をだ)欲しいものです。  
Posted by koumei3 at 01:29Comments(7)TrackBack(7)科学・医学

2004年06月06日

月にはねるこうさぎ

こうさぎに「シャア♪」と言われて以来,こうさぎの背景を考えていました。

文字通りシャアにしようかとも思ったのですが,やっぱりうさぎには月(とかいてグラナダと読んで下さい)でしょう。

このエントリに触発されて,月の写真を撮っておいてよかった。  
Posted by koumei3 at 23:52Comments(2)TrackBack(0)blog

2004年06月04日

イクラちゃん元気でね

レッサーパンダの「イクラ」が旅立ちます
多摩動物公園(関 勇司園長)では、レッサーパンダの「イクラ」が、福岡市動物園に旅立つことになりましたので下記のとおりお知らせします。
旅立つ前のイクラに会いに来てください。

何故,レッサーパンダに「イクラ」と名づけますか?「ばーぶー」とでも返事をするのでしょうか?

と思って,よく読んでみると,このイクラちゃんは1996年7月9日釧路市動物園生まれだそうです,釧路生まれなので「イクラ」なのかな。何も魚卵から名づけないでもとは思いますが,移動先の福岡でも元気でいて欲しいものです。

ちなみに,記事中にあるズーストック種とは,絶滅危惧種を動物園の中で保存して野性に戻すズーストック計画で指定されている種のことです。

けど,レッサーパンダも危惧種だったとは知らなかった。  
Posted by koumei3 at 19:35Comments(5)TrackBack(0)科学・医学

シャア専用こうさぎ

040604usagi

いきなりこんなこと言われた…

さっきまで,こうさぎの背景画像を何にするか悩んでいましたが,これで方向性は決まりました。  
Posted by koumei3 at 15:32Comments(4)TrackBack(0)Gundam

こうさぎ,始めました

先週当たりから,あちらこちらでブームになっている(ような気がする)blog pet こうさぎをはじめてみました。名前は,30秒悩んだ末に「shiho」にしました。

livedoor Blogの方は,パンパでガウチョさんのエントリー,うさぎちゃんが参考になると思います。

時間がない(就業中ですので当たり前)ので,いぢるのは後で。  
Posted by koumei3 at 13:56Comments(2)TrackBack(2)blog

ビル解体中

040604_0933~0001.jpg6階建てのビルの屋上に重機が乗っかっています。どうやって上がったのでしょうか?謎だ
  
Posted by koumei3 at 09:37Comments(3)TrackBack(0)日記・駄文

紫陽花

040604_0802~0001.jpgうちの庭の紫陽花はまだこれからです
  
Posted by koumei3 at 08:04Comments(0)TrackBack(2)日記・駄文

2004年06月02日

謎の看板

040602_1719~0001.jpgいつも思っているのですが、この看板は意味があるのだろうか?
  
Posted by koumei3 at 17:21Comments(0)TrackBack(0)日記・駄文

シャア専用労働組合

昨日,勤務先の労働組合の組合誌を担当している編集者から原稿依頼がきました。

20〜50代の男女合わせて百数十人のこじんまりとした労組ではありますが,いざ原稿を書くとなると怖いものです。手の震えが止まりません。

企画の趣旨は,数人の組合員が,自分の好きなものについて400〜1,600字程度で述べるというもののようです。しかし,なぜか私のところには,テーマが限定されて依頼がありました。

そのテーマは


「ガンダム」


_| ̄|○

もうね,アホかとバカかと。

読者層?には,団塊の世代や女性も多いのに,「ガンダム」で何を書けというのか!

とくに書くことが思いつかなかったら,昔,某板の某スレに書いたものでも送りつけてやろうかw  続きを読む
Posted by koumei3 at 12:11Comments(7)TrackBack(0)Gundam

クレマチス

040602_0836~0001.jpg咲きました
  
Posted by koumei3 at 09:56Comments(3)TrackBack(0)日記・駄文

2004年06月01日

アレルギー徒然

CNNにこんな記事が出てました。

アレルギー増加は抗生物質に原因と(最後の「と」は何?)
世界の先進諸国などで近年、ぜんそくやアレルギーが増加している傾向は、抗生物質が消化器官に与える影響に関連しているとの研究結果を、米ミシガン大の研究チームが発表した。抗生物質は病気の原因となる細菌を退治すると同時に、大腸や小腸の中の「善玉菌」も殺してしまい、これが全身の免疫システムを狂わせると考えられる。

腸内細菌による免疫の賦活化の際に,Th1(タイプ1ヘルパーT細胞)とTh2の発現のバランスを取るためには,細菌叢にもバランスが必要であり,抗生物質によりそのバランスが崩されているということを,実験的に確かめた研究のようです。(文長すぎ)

これだけで,腸内細菌叢が安定していない生後間もない時期にも発症していることを説明できるのかは疑問がありますし,細菌性の感染症をなくさない限り,抗生物質をなくすことは難しいでしょうね。

耐性菌のこともあるので,抗生物質の投与量を減らすことには賛成ですが。

それと,日経MedWaveにこんな記事
アベンティス ファーマは5月下旬、アレルギー情報を提供するWebサイト「アレルギーi」を開設した。「アレルギーと『私』の上手な暮らし方」をテーマにアレルギー患者のQOL向上を目指し、アレルギーについての専門情報を提供するのが目的という。

アレルギーi

知っている先生も関わっていますし,「アレルギー患者のQOL向上を目指し」という考えが前面に出ているのがよいですね。  
Posted by koumei3 at 19:38Comments(2)TrackBack(0)科学・医学