2006年06月03日

あっ、動いた

らいぶどー、2日連続で調子が悪かったみたい。
あっぷあっぷできず…休養しました。

凸草加市民大学
市民しみん待ちに待った、草加市の市民大学「まちの匠〜手ぬぐい染め物体験講座」の第一回目。ミニコミ記事風に。

 草加煎餅で有名な、埼玉県草加市。煎餅と同じく、特徴のある地場産業としてゆかた染めがあります。注染という技法で染められたゆかたは「東京本染めゆかた」の名で全国的に知られています。
 草加市のゆかた染は、江戸中期に神田紺屋町(千代田区)の染色業者が移住したことに始まります。その理由は、当時非常に火事が多かった江戸よりも、水量・水運に恵まれ、江戸に近く、また岩槻の木綿産地からも近いこの土地がゆかた染の生産にふさわしかったからと考えられています。
 大正時代には200戸を数えた生産業者も時代の流れで大変少なくなり、技術を受け継ぐ職人さんもわずか数人となりました。今回の講座の講師でもある昼間時良さん(69)も、数少ない職人さんの一人。デザインから染の全工程に携わる唯一の職人さんで、現在は埼玉県の伝統工芸士としてその技術を伝える活動をされています。
 
 …疲れた…気楽に書きます。

 その昼間さん、頭にてぬぐいを巻いて、半纏姿(50年モノ!)。めっちゃ、男前…実際に染めてらっしゃるときはわからんけど、笑顔がすてきなのだわ。
 そして、爪が、真っ青。藍染をやったら手が真っ青になっちゃって、とれないんだって。いいねぇ、職人さんのナマの声って感じがして。
 講義は、地場産業ということで、草加がらみが。「あの一帯で染めて…綿の畑があって…」ってな調子。ふむふむ。
 で、実際に、ゆかたを見て、晒す前の生地を見せてもらって、のりを見せてもらって、古いてぬぐいを見せてもらって、型紙を見せてもらって、歴史をかいつまんで、長板染めを説明してもらって、注染を説明してもらって…
 中でもおもしろかったエピソードは、おもち問題。
 のりの原料は、もち粉とか海草とか、糠なんだけど、昼間さんが小僧の時は戦後の食糧難で、もち粉が、倉庫の奥のオクにしまってあったんだって。で、夜になると、のりをつくるためにもち粉を炊くんだけど、それがもう、いい匂いだったそうで…で炊き上がって石灰を入れる前に、お椀にとって、みんなで食べたんだって。
 へぇ…現場だわぁ
 それから、伝統工芸展示室に展示してあるゆかたと模型で説明してもらって。
 周りのお姐さん方(かなりの熟女以上)の、「は〜」「ほ〜」「へ〜」の大きな相づちと混じって、私も「へ〜」を連発する2時間でした。
 
 次回も、講義。そのあと2回の実習です。実習の2回目は、ぼかし染をやるそうで…
 楽しみっす。

凸オムライス
猫村さんのネコムライスも気になりますが、
正真正銘のオムライスを食べに、講義が終わって、日本橋のたいめいけんへ。

伊丹十三監督の「タンポポ」に出てくるオムライス。
今さら? でも、憧れでしたの。
1800円(だったけ)で、ちょっとお高めだからねぇ。
で、定番のコールスローとボルシチ(各50円!)
ビール、凧揚げ(蛸のフリッター。たいめいけん、
凧の博物館も併設しているのです)をオーダー。
たんぽぽオムライスぢゃーんっ
チキンライスの上に、潰れたラグビーボールなたまご。
おばさんメイドさんの「スプーンで、立てた角度で切れ目をっ」
って指示に、忠実に従っているところ。
はい、とろっとろ。広がる広がる…
丸いお皿にびっちりなライスを覆い尽くしました。
あとはケチャップふりかけて。
うーん、まいるどぉ。鼻のどこかにハーブが残るのは、
どのハーブ?
ペロっといくかと思いきや、なかなかのボリューム。
おいしさと満腹感。

長い一日だったわぁ

koumeya at 23:33│Comments(2)TrackBack(0)至福の時 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ninyo   2006年06月04日 00:51
わ〜!このオムライス!!私も憧れた〜!!まだ未経験・・・一回ほど雰囲気だけ真似て作ってみた記憶が・・・別物が出来た記憶が・・・
たいめいけんのだったんですねぇ〜よし、今度、いってみよ〜!

てぬぐい講座、おもしろそーですなぁ〜
小ネタ的な話を挟まれる、ってトコにぐっと来ますなぁ・・・
実習れぽ、楽しみにしとります。

ライブドアブログ、ますます環境が悪くなってますなぁ・・・
本文とコメント順序が真逆になっとりますが・・・
2. Posted by てぬやうめきち   2006年06月04日 06:53
好きな型紙でそめさせてくれればもっと楽しいけれど、ま、シロートだから、我慢ガマン。
小ネタ含め、なるべくレポートしようと思っております。

オムライス。私は「そぼろチキンライス」を作ってしまった…
玉子と油、相当使ってるかと←ラーメンカウンターからキッチンを眺めてリサーチ済み


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔