ここでは、消化にいい食べ物や悪い食べ物のまとめを紹介します。私のように口内炎ができやすい方はもちろんのこと、胃が痛かったり、胸やけや胃もたれで悩まれている方、胃腸炎や胃腸が弱い方は、「胃に優しい食べ物とは何かを」ぜひ参考にしていってください。

まず、当たり前ですが、消化にいい食べ物でも、よく噛まなかったり、早食いや無茶食いをしてはいけません。胃に負担がかかるので、どんな食べ物でも、よく噛んでゆっくり食べてくださいね。

それでは、消化にいい食べ物や、消化に悪い食べ物を紹介していきますので、目的別にクリックしてください。


消化とは?

胃に優しい、消化にいい食べ物とは?

消化を良くする調理方法や食べ方

胃に優しい、消化にいい食べ物(炭水化物の例)

胃に優しい、消化にいい食べ物(野菜類、イモ類の例)

胃に優しい、消化にいい食べ物(果物の例)

胃に優しい、消化にいい食べ物(飲み物、デザート類の例)

胃に悪い、消化が悪い食べ物(肉類の例)

胃に悪い、消化が悪い食べ物(炭水化物の例)

胃に悪い、消化が悪い食べ物(野菜類、イモ類などの例)


スポンサーリンク


■消化とは?

まず、消化とは何でしょうか?消化については、下の動画を見てください。家でも簡単にできそうですし、何といっても、消化の仕組みが本当によくわかる実験です。



いかがだったでしょうか?消化とは、食べた物が、舌や胃や腸などの各器官で分泌される消化酵素により、小さくサラサラにされるということがよくわかったのではないでしょうか?

このように、食べた物を各器官が消化してくれることで、必要な栄養素を血液やリンパ液に吸収させることができます。そして、消化したときに体に必要ない物は、「おしっこ」や「うんこ」として、体の外に出され、私達は健康に生きていくことができるんですね。



■胃に優しい、消化にいい食べ物とは?

消化にいい食べ物

では、胃に優しい食べ物や消化にいい食べ物とは何でしょうか?一般に、胃に優しい食べ物や消化にいい食べ物は、次の3つの条件を満たすような食べ物です。


①胃の中にある時間が少ない食べ物

②胃に刺激を与えたり、荒らしたりしない食べ物

③食物繊維が少ない食べ物


以上の3つの条件を満たすものが、胃に優しくて、消化にいいとされる食べ物であり、胃への負担が少ない食べ物となります。

①の胃の中にある時間が少ない食べ物とは、つまり消化が早く、すぐに吸収されやすい食べ物のことです。消化が早い食べ物や飲み物は、順に並べてみると以下のようになります。


水、ジュース、果物 ⇒ 30分前後で消化

野菜 ⇒ 30分~1時間前後で消化

炭水化物やタンパク質 ⇒ 2時間~3時間前後で消化

脂肪 ⇒ 半日以上かかって消化



もちろん、食べ物の種類によっては、消化時間の誤差がありますが、上のように水分が多い物ほど、一般に消化が早くなりますので、胃が弱っているときは、上の食べ物を考慮されてください。

お腹の脂肪は落としにくいと言いますが、脂肪の消化は、半日以上かかるとは、驚きですね!

スポンサーリンク


■消化を良くする調理方法や食べ方
消化にいい食べ物

先ほど、胃に優しい、消化にいい食べ物やその条件を紹介しましたが、ここでは、さらに消化をよくする調理方法や食べ方を紹介します。消化を良くするポイントは次の2点です。


①食べ物をよく煮込み、柔らかくする。

②食べ物を細かく切ったり、小分けにして食べる。


消化を高めるには、温かい料理が有効です。特に野菜などは、生のまま食べるより、よく煮込んで柔らかくした方が、消化にいいです。

また、最初にも言いましたが、消化を良くするには、「よく噛んでゆっくり食べる」のがいいですが、食べ物を細かく切って、さらに小さくすることで、より消化しやすくなります。

さらに、一度に勢いよくたくさん食べるより、少しずつ小分けにしてゆっくり食べた方が、胃に優しい食べ方ですし、ダイエットにも効果があります。

1日6食ダイエットという方法を皆さんはご存知でしょうか。このダイエット法は浜内千波さんという方が発案した方法です。

この方法は、1日の摂取カロリーの基準(1600~2200キロカロリー)を6回に分けて、1食の分量が少なくするダイエットです。このように小分けにして食べることは、胃に負担をかけないようにする理にかなった方法なのかもしれませんね。

浜内千波さんは、1日6食ダイエットを実践して、約1年半でなんと38kgもの減量に成功したそうです。 ダイエットに興味がある方は、一度「間食しても必ず痩せる1日6食ダイエット」もご覧ください。



■胃に優しい、消化にいい食べ物(炭水化物の例)

消化にいい食べ物、おかゆ

おかゆ(柔らかめのごはんでもOK)や雑炊

耳の部分をとったパン

やわらかくゆでたうどん(のびてるぐらいがいいかも)

にゅうめん

そば

ジャガイモ


炭水化物の中で、胃に優しくて消化にいいとされる食べ物は、以上のものがあげられます。何といっても有名なのが、「おかゆ」ですね。風邪で寝込んだ時、胃カメラなどの検査をする時、入院された時などには、必ずといっていいほど「おかゆ」が登場しますね。

口内炎の方や胃が弱っている方は、主食として「おかゆ」を選択するのがベストだと思います。また、私のように、麺が好きな人は、「よくゆでた柔らかいうどん」もオススメです。

「そば」に関しては、「消化がいい」と言う人もいますし、「食物繊維が含まれるので、消化が悪い」と言う人もいて、意見が分かれています。また、うどんよりも消化が良いという意見もあります。

私は素人なので、どの意見が正しいのかわかりませんが、いずれにしても、麺を温かくして、柔らかくした状態にしてから食べることが大切だと思います。



■胃に優しい、消化にいい食べ物(野菜類、イモ類の例)

消化にいい食べ物、野菜やイモ

ニンジン

キャベツ

ホウレンソウ

ダイコン

カブ

ハクサイ

カボチャ

ジャガイモ

サトイモ

ヤマノイモ


野菜類、イモ類の中で、胃に優しくて消化にいいとされる食べ物は、以上のものがあげられます。食物繊維の多い野菜や消化が悪く、食物繊維が少ない野菜は消化が良いです。

キャベツには、ビタミンUが含まれており、このビタミンUは胃腸の粘膜を保護したり、修復してくれる働きがあります。ビタミンUがあるなんて、私は知りませんでしたが、胃腸薬の「キャベジン」などに使われており、意外に有名なビタミンのようです。



■胃に優しい、消化にいい食べ物(果物の例)

消化にいい果物

りんご



メロン

ぶどう

バナナ


果物は、飲み物の次に消化に良いとされる食べ物です。果物には消化酵素が含まれるので、消化にかかる時間は、ほとんどの果物が30分ほどです。

中でも、りんごのすりおろしは、果物の中で特にオススメです。皆さんは寝込んだときに、りんごのすりおろしを食べた経験はありませんでしょうか?

私は風邪や熱などで寝込んだ時に、この「りんごのすりおろし」を母がよく作ってくれたのをよく覚えています。 りんごには、「1日1個のリンゴで医者知らず」ということわざがあり、1日に1個食べれば、りんごの豊富な栄養により、医者にかかる必要がないとさえ言われています。

だから、病気にかかったり、胃が弱っていると食欲がなくなるので、そういうときには、りんごのすりおろしを食べると食欲が増え、体調も回復に向かいますので、りんごのすりおろしをぜひお試しください。



■胃に優しい、消化にいい食べ物(飲み物、デザート類の例)

消化にいい、デザート、おやつ

水(ぬるま湯)

スポーツ飲料

果物ジュース

ヨーグルト

ゼリー

プリン

くずもち

こしあん

カステラ

ビスケット

バナナ

赤ちゃん用のお菓子



消化がいい飲み物は、水ですが、さすがに水だけしか飲めないのは、小さなお子様には辛いと思いますし、甘い物が好きな方もいると思います。

そんなときは、上の食べ物や飲み物が消化にいいので、3時のおやつや食後のデザートにどうでしょうか。ただ、おいしいからといって食べすぎはダメですよ。少量だけ食べてください。

スポーツ飲料は、ポカリスエットやアクエリアスがありますが、あまり冷やしすぎたものは飲まないようにしましょう。ぬるいのを飲むのも抵抗があるかもしれませんが、基本はやはり「温かい」方が良いので・・・



■胃に悪い、消化が悪い食べ物(肉類の例)

消化が悪い食べ物

牛肉

豚肉

ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工食品



食べ物の中で、肉類はとにかく消化が悪いです。水や果物は30分前後で消化されて腸に運ばれるのに対して、肉は胃の中に何時間も消化されずに残っています。

胃の中では、肉を頑張って消化するため、たくさん胃液が出されます。胃液は、理科の実験で使う塩酸と同じぐらい物を溶かす力(酸の力)がありますので、胃液が何時間も出続けると、胃が酸により荒れてしまいます。



■胃に悪い、消化が悪い食べ物(炭水化物の例)

消化が悪い食べ物

インスタントラーメン

ラーメンなどの中華麺

そば(消化にいいという意見もあり)

玄米

コーンフレーク



うどんは消化が良く、胃に優しい食べ物ですが、同じ麺でもラーメンは消化が悪いので注意が必要です。特にインスタントラーメンは、かん水や脂肪分の高い油などの食品添加物が含まれており、これらは非常に胃に悪く、消化の悪い食べ物とされています。

私も含め、ラーメンが好きな人は多いと思いますが、口内炎の時や、胃が弱っているときは、ラーメンは避けるべきです。 また、「そば」は、うどんより腹持ちが良いとされていますが、その分、消化が悪いという意見もあります。

私の場合、香辛料の強いラーメンばかり食べていると、確実に口内炎になります。なので、インスタントラーメンばかり食べるのは、避けた方がよいでしょう。


 
■胃に悪い、消化が悪い食べ物(野菜類、イモ類などの例)

消化が悪い食べ物

もやし

にら

ゴボウ

レンコン

こんにゃく

シイタケやエノキなどのキノコ類

わかめ、のり、ひじきなどの海藻類

大豆

トウモロコシ



野菜は比較的消化にいい食べ物ですが、野菜の中にも、消化が悪い食べ物があります。上で紹介した野菜は食物繊維が多いため、消化が悪い食べ物です。

ただでさえ、消化されにくい食べ物なので、よく噛んで食べないと、胃が悲鳴をあげることになります。そして、うまく消化されないと、ウンコをしたときに、そのまま出てくることがあります。

汚い話ですが、私は糸こんにゃくが出てきたことがあります・・・。失礼しました、すみません。



■胃に悪い、消化が悪い食べ物(果物の例)

消化の悪い果物

みかん

レモン

イチゴ

キウイ

パイナップル 



果物は、消化が良いと思われがちですが、果物の種類によっては、やはり消化の悪いものがあります。その代表的な果物はみかんなどがあげられます。

みかんの白い筋(食物繊維)のところは、消化が悪いとされています。しかし、便秘のときやダイエットのときにはよい食べ物と言われており、「白い筋のところにこそ栄養がある」という意見もあります。

みかんをむいて、皮ごと食べる習慣のある人は、胃が弱っているときは皮を取り除いて食べることをお勧めします。


以上が、消化にいい食べ物や悪い食べ物の一例です。胃が弱っていると食べたいものが食べられなかったりして、辛いですよね。胃腸が弱い方に少しでもお役に立つことができれば幸いです。
 
スポンサーリンク