マンボウ・イブと暮らす

ロータスRV販売蠅販売するボンゴトラックベースのキャンピングカー「マンボウ・イブ」の購入から活用までを紹介していきます。

マンボウのドア周りリフレッシュ

かなり前になりますが、4月23日にマンボウのドアノブとドアキャッチの補修をふと思い立って行ないました。
20170423_092816






ドアキャッチ受け側。ゴムがカビで黒くなってて汚いです。
20170423_092821






ドア側。紫外線で黄色くなったところへ白い塗料で一度色を塗ったんですが、それが剥げて更に醜くなってます。
20170423_092907






ドアキャッチの部品は昨年のキャンピングカーショーに行ったときに買ってたので、これと交換します。
20170423_105614






その前に折角ドア周りを綺麗にするので、色が剥げかかっているドアノブも綺麗にしてやることにしました。
新聞紙とマスキングテープでマスキングしたところ。
20170423_105756






缶スプレーで塗装します。
20170423_115410






ノブの塗装が終わってマスキングをはがしたところ。ドアキャッチ部品は既に取り外されてます。
キャッチ部品はシール剤が塗ってあるので、取り外すのに苦労しました。ピアノ線を使って何とか剥がすことができました。
20170423_120737






新しい部品にシール剤を塗ってねじ留めすれば完成です。
新しく取り付ける部品はあらかじめ自動車用のクリア塗料を塗ってから取り付けました。
少しは紫外線にやられて黄色になるのが防げると思います。
ノブやちょっとした部品が元の鮮やかな色に戻ると車が新しくなったような気がして気持ちいいですね。

マンボウの電力環境グレードアップ その2

IMG_5011






5年ほど使用したブライトスターのディープサイクルバッテリーが弱ってきたため、交換することに。
ブライトスターは充電電圧が高くて走行充電が入りにくいという評判だったので、充電電圧が低いと言われているGENESYSバッテリーを購入しました。
IMG_5012






充電電圧は14.4Vからなので、15V以上必要なブライトスターよりも低い電圧で充電できそうです。
IMG_5014






長手方向がブライトスターより長いので、ブライトスターのように横に2個置けません。
私のマンボウはセカンドシートに冷蔵庫のコンプレッサーとリアエアコンのコンプレッサーが入っているためバッテリーを縦に置くと2個置くスペースがなくなります。まあGENESYSは値段が高いし、キャンプ場ではAC付きのところしか行かないし、車中泊旅なら走行充電するだろうから1個でよいという判断をしました。
これでしばらく運用してみようと思います。

マンボウのバンクに窓を取り付けてもらいました

本日、キャンピングカー広島にマンボウを引き取りに行ってきました。
001






この画像を見れば分かると思いますが、マンボウに取り付けてもらったのはバンクの窓でした。
普通のキャンピングカーは大抵ここに最初から窓が付いているんですが、マンボウはバンクのサイドの形が曲面のため通常は取り付けられていません。
そのため、バンク部分が暗くて、風通しも悪いので夏場は暑いです。
前から窓が欲しいなぁと思ってたので、購入して10年の節目に取り付けることとしました。
002






まずは5月にあったキャンピングカーフェスタ広島の会場で、ロータス社長の松本さんに取り付けたい旨を伝え、できれば部品をキャンピングカー広島さんに供給してもらって取り付けはキャンピングカー広島の工場でやってもらえないかと交渉しました。
社長さんの返事はOK、キャンピングカー広島さんとは翌週にキャンピングカー広島さんで行なわれたアンコールフェスタのときに打ち合わせをして取り付け可能の返事をもらい、今回の取り付けとなりました。
003






曲面の部分に窓を付ける平らな台座を取り付けてから窓を付けてあるので、後付け感一杯です。
FRPの色が台座は真っ白だけど、車の方は色あせて色が違うため一層後付け感に拍車をかけてます。
IMG_5072






内側から見たところ。明るいです。こんな明るいバンク内部を始めて見ました。窓を少し開けてベンチレーターを排気側で回せば窓から風が入ってバンク内の温度を下げてくれます。
暑い時期の寝苦しさも少しはましになるでしょう。
あと、バンクから降りなくても外の様子が見えるというのもこれまでできなかったので嬉しいポイントです。
005






てっきり取り付けは内張りを切り抜いて窓枠ではさむと思ってましたが、内張りごと交換したそうです。確かに窓枠の外側の内張りは窓に合わせて凹んでます。
結構凝った作りなので、オプション価格片側¥90,000もうなずけます。
今回の取り付けにかかった費用は詳しくは書きませんが、部品代¥90,000×2に工賃と部品の輸送料がかかりました。それなりにお金はかかりましたが、買ったときから欲しかったバンクの窓。思っていたよりも室内が明るくなり、換気性能も向上したのでとても満足できるものでした。

とうとう炉ばた大将 炙りやを購入しました

IMG_20170625_134116






楽天の期間限定ポイントが4,000ポイントくらいあったので、前から気になっていた「炉ばた大将 炙りや」を購入しました。
価格は4,800円だったかな。
IMG_20170625_134211






箱から出したところ。しっかりとした純正の網が付属しています。
ただ、肉や脂がこびりついた網を洗って綺麗にするのは大変なのでやりたくない。
最近家で七輪BBQをするときは安い網を使って使い捨てにしています。
IMG_20170625_134139






そこで炉ばた大将に使える使い捨ての網はないか調べているとありました。
amazonに炉ばた大将付属の網と同じ180×280mmの使い捨て網が。
20枚で1,843円なので1枚当たり92円。100均より安いので使い捨てにしても惜しくないです。
IMG_20170625_134255






使い捨て網を置いてみたところ。網が縁と直角でないところが安さを感じます。
IMG_5018






試しに家の前で焼肉をしてみました。
七輪と違ってテーブルの上に置いてできるのが便利です。
IMG_5019






ネットで使用後の手入れが楽になるホイルの巻き方を勉強して巻いてみました。
IMG_5021






お肉を焼いてみました。ガスでステンレスのプレートを温めてその輻射熱で焼くので肉の油が落ちても炎が上がりません。下の受け皿に水を入れておくのも炎が上がらないのに一役買っているようです。
IMG_5023






使い捨ての網にしたのと、ホイルのおかげで片付けはすごく簡単にできました。
七輪だと洗う手間はないけど、炭を熾したり灰の片付けなんかがあるので手間は同じくらいの印象です。火力調整が簡単にできるという点では炉ばた大将の圧勝。ボンベは1回の焼肉(1時間くらい)で1本が無くなるような印象でした。
食パン焼いたりもできそうなので、キャンプや車旅で活躍してくれそうな良い道具です。

今日からマンボウ入院です

IMG_20170625_132042






自宅前の状態。普段は大きなマンボウが鎮座していますが、今日からしばらくマンボウはキャンピングカー広島さんに入院します。入院といっても怪我(事故)したわけではなくて、美容整形です。
マンボウリニューアル計画の目玉となる、あるものを取り付けてもらうための入院です。
何が取り付けられて帰ってくるか、乞うご期待!

マルチルームに鏡を取り付けました

この前行ったキャンピングカーフェスタで展示されていたマンボウのマルチルームドアに取り付けられていた鏡を真似して取り付けてみました。
P1090129






朝の身支度がやりやすくなり、妻には好評でした。
10年乗ってますが、まだまだ快適化のネタは尽きませんね。

レースカーテンを交換しました

マンボウ買ってからちょうど10年、まだまだ手放すつもりはないので、最近各部のリニューアルを行なっています。今回はダイネットの窓にかけているレースのカーテンを新品にしました。
IMG_4853






これが納車当時から使用しているカーテン。相当黄ばんできてるし、突っ張り棒もたるんでいてかっこ悪いので、吊り下げ棒ごと交換することにしました。
IMG_4971






交換後の状態。新しいレースのカーテンとステンレス棒を繋いで長くしたレールに変更しました。
これだけで、さわやかないい感じになりました。

マンボウの電力環境グレードアップ その1

マンボウの電力関係をアップグレードしようと考えて活動を始めました。
まずはその一歩目として充電コントローラーを取り付けてやることにしました。
マンボウに付いているIOTAの充電器はオプションでIQ4というコントローラーを取り付けられ、バッテリーの状態により充電電圧を変えて過充電を防止してくれます。
IMG_20170510_230732







日本ではコントローラー単品はあまり売ってないんですが、売ってるところでは6,000円越えの結構なお値段で売られています。
なのでセカイモンを利用してebayから購入。送料や手数料を合わせても日本で買うより1,000円以上安く買えました。
IMG_20170510_230749






これがコントローラー。電話のモジュラージャックみたいなコネクタで充電器に繋ぎます。
IMG_20170510_231008






コントローラーが取り付けられていない状態では緑と黒のジャンパー線が差し込まれています。
これを抜き差しすることで充電電圧を2段階に切り替えるようになっています。
IMG_20170510_235256






このモジュラー線を抜いてコントローラーの線を差し込むことでバルク、吸収、フロートの3段階の充電状態を自動的に切り替えて過充電を防止してくれます。
購入状態ではジャンパー線が差し込まれた状態なので、高電圧の急速充電モードになっていました。長時間AC電源を繋いだままにしておくと過充電になり、バッテリーを痛めてしまいます。実際、これを知らなかった私はずっとAC を繋ぎっぱなしにしていて、バッテリーが膨らんでしまったことがあります。これからはAC を指しっぱなしにしていても過充電にならないのでバッテリー管理が楽になります。

HELINOXチェアワンのそっくりチェアー買ってみました

P1090130






収納がコンパクトな割りにちゃんとリラックスして座れる椅子として気に入ってて、マンボウに常備していたHELINOXチェア。妻用にもう1脚欲しいと思って購入しようか迷っていましたが¥12,000の価格がそれを思いとどまらせていました。
P1090131






そんな中、会社帰りにフラッと寄ったホームセンターでHelinoxにそっくりな椅子を発見!値段は¥3,400ほどで、座った感じも本物とそん色ないので即買いしました。
本物と並べて正面から見たところ。色も大きさも布とメッシュの使い方もほぼ同じ。
P1090132






斜め上から見たところ。そっくりです。
P1090133






横から見たところ。骨組みも同じです。
たまにしか使わないんだからこれで充分ですね。ただ、自分用が本物で妻用がバッタモンだったら妻が文句言いそうですが・・・

マンボウのメインバッテリーを車買って初めて交換しました

20170312_154111






マンボウを買ってもうすぐ10年、今までメインバッテリーを交換したことがなかったんですが、2014年からタイに行っていることが多かったり、通勤車両をロードスターに変えたり、息子が受験生だったりとマンボウに乗る機会が減って来たのでだんだんエンジンがかかりにくくなってきました。
そのため、そろそろ交換してもいいかなと思って新しいバッテリーを購入しました。
20170312_153510






購入したのはPanasonicのCaos。先日ラピュタに取り付けたものと同じ銘柄にしました。
20170312_155354






新旧比較。マンボウはバッテリーが奥まったところにあって、メンテナンスしにくいのでメンテナンスフリーのものにしました。
20170312_155359






容量も少し大きくして100D23Lにしてあります。
20170312_164954






元のバッテリーがあったところに取り付けて完了。
エンジンのかかりがすごく良くなりました。また10年持ってくれるかな。
月別アーカイブ
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ