マンボウ・イブと暮らす

ロータスRV販売蠅販売するボンゴトラックベースのキャンピングカー「マンボウ・イブ」の購入から活用までを紹介していきます。

手斧のシースを作りました


00001






広葉樹の薪を割るのに小さなナタを使ってバトニングしたのでは割れないので、重量を求めて手斧を買いました。
アストロプロダクツで2,000円弱でした
00002






形もかっこいいし、安くて良い斧なんですが刃先をガードするものが画像のようなゴムしかありません。
これでは取り付けているときに手を切っていまいそうです。
00003






こんなガードは危険なので、革でシースを作ることにしました。
まずは紙に斧を置いて型を取ります
00004





完成状態を考えながら輪郭を描いて切り抜きます
00005






以前買ってた3mm厚の革を使って製作したいと思います。
外側を包む部分と刃が直接リベットに当たらないようにするスペーサーも一緒に作ります
00006





型紙を当てて革を切り抜きました
DSC_0049




トコノールを塗って床面を磨きます
00007






曲がる部分に水を付けて柔らかくして、斧に当てて乾燥させることで型が付きます
00008






斧が水分で錆びないように斧にはラップを巻いてあります。
00009






翌日、ベルト部分も型付けします
000010






ヘリ落としで革の角を落としていきます
000011






接着したらカシメがやりにくくなるので、ベルト留めのリベットを先に打ちました
000012






ジャンパーホックも同じ理由で先に取り付けます
000013






ボンドで貼り付けます
000014






クランプして1日放置しました
000015






先を揃えて切り落とします
000016






ヘリを落としてサンドペーパーをかけます
000017






トコノールで磨きます
000018






取りあえず完成!
000019






反対側
000020






上面
000021






オイルを塗ってから磨いて完成しました。
使っていくうちにいい感じに風合いが良くなってきたら嬉しいですね。
ほぼ初めてのレザークラフトでしたが、そこそこまともなものができました

初詣

元日の朝、子供の頃からお参りしている多家神社に初詣に行きました
DSC_0004




いつもは午後からお参りしてましたが、今年は午前中に来たところこれまでにない混みようでした。
0002






いつもは無い横断幕が掲げられていました。
メモリアルイヤーのようです
5477
日本書記ゆかりの神社とのこと
740103




しばらく並んで無事、お参りしました
5479
八咫烏も祀られているよう。
サンフレッチェ広島のマスコットも八咫烏ですね
5478
可愛いので、八咫烏おみくじを引いてみました。
今年も1年、幸せに暮らせますように








塗料保管庫を整理しました

以前、表の駐車場で使っていた上開きの物置きを年末に塗料保管庫に作り変えました
0001






元々、ベランダストッカーみたいな感じで横に置いて上蓋が開くタイプの収納庫だったんですが、古くなり容量も少なかったので新しいものに交換して、家の裏のデッドスペースだったここに来ました。
昔はプラスチックの化粧板がありましたが、それも剥がれてスチールの骨組みだけになっています
0002






まずはホームセンターで棚板と剥がれた扉の化粧板を作るために合板を買って切断してもらってきました
0003






これをコの字状に組み立てます
0004






これを中に入れて棚完成。
見えない家の裏の物置きの中なので、あまり凝ったことはしません。
これでスプレー缶を3段置けるようになりました
0005






元々上開きだったものを横開きで使うので、放っておくと勝手に開いてきます。
開き防止に画像のような止め具を付けました
0006






アウトドアステインを塗った化粧板を取り付けて完成。
簡単な棚ですが、缶スプレーが綺麗に収納できるようになりました

新しい工具箱を買ってもらいました

今使っている工具箱が一杯になりそうなので、新しい工具箱を買ってもらいました P_20190915_130958







アストロプロダクツに行ったら、ボーナスセールやってて上の画像の価格より2,000円くらい安くなってたのでクリスマスプレゼントに買ってもらいました。
IMG_8303






置き場所は自宅の玄関です
IMG_8312






スーツケースみたいにハンドルが出てきて、車輪で運搬できるようになっていますが、横の止め金を外すと3分割して持ち運びもできます
P_20191207_171414






一番上の工具箱
底は鉄板に塗装してあるだけなので、工具をガンガン入れたら塗装が剥げそうです
P_20191207_171427






なのでゴムシートを買ってきて貼り付けました
IMG_8305






最上段
カッターとかの小物が入っています
IMG_8306






最上段のトレイの下によく使う工具が入っています
IMG_8307






上側の引き出し
ラチェットハンドルとコマを入れました
IMG_8308






下の引き出し
タップとかシールテープ、ノギスなどが入っています
IMG_8310






一番下の箱
プラハンとかクランパー、ワイヤーブラシなど、普段あまり使わない工具を入れてます。

今まで何でも投げ込んでて、目的の工具を取り出すのが大変だったけど、中身が整理されて使い易くなりました

アルパカストーブにステッカー貼りました

冬キャンプに行く機会がなかなか無く、アルパカストーブは駐車場で作業するときの暖房として使ってます
IMG_8289






キャンプで使われてる方はハングルが書かれたステッカーを剥がして、アウトドアっぽいステッカーを貼ってドレスアップされている方が多いようです。
ということで私も何かステッカーを貼ってオリジナル感を出したくなりました
IMG_8291






と言っても出来合いの「SNOW PEAK」みたいなステッカー貼ってもスノーピーク製品じゃないので、あまり気が進みません。
ということで妻がパンダ好きなので、DODのウサギをパクってパンダステッカーを作って貼ってみました。

IMG_8290







こんな感じで駐車場で作業時に暖を取るのとコーヒーの湯を沸かしたりに使用しています。 キャンプで使うことができるのはいつになることやら・・・

ボンゴにハイエースのドアミラー取り付けます その11

右側のミラーがまだ完成してませんが、オークションで左側のミラーカバーを入手したのでこちらも加工していきます
IMG_8284






オークションで1700円くらいでした
IMG_8287






右側との比較。
右側よりミラーを付ける部分がない分、形がシンプルで加工しやすそうです
IMG_8293






まずは裏から取り付け穴を6.5mmのドリルで穴あけ
IMG_8295






除去する部分の輪郭をドリルで穴あけ
IMG_8296






裏から見たところ
IMG_8298






ノコギリで穴を繋げていきます
IMG_8299






切断完了
IMG_8301






ナイフやらリューターを駆使してギザギザ部分を削り取りました
IMG_8302






裏から見るとこんな感じ。
ネジを締める穴も2箇所開けておきました。
その12に続きます





ちょっとカッコいい灯油タンク買いました

キャンプ道具としてストーブを使うのにデカくてダサい青色の18Lタンクは使いたくないので新しい灯油タンクを買いました
P_20191201_110427






買ったのはキャンパーがよく使っているドイツのヒューナースドルフ10Lを買いました

P_20191201_110447






アルパカの給油口。
小さいです
P_20191201_110432






付属のホースはそのままでは入らないので、先端を削って細くしました
P_20191201_110440






何とか入るようになったけど、タンク側に空気抜きがないのでなかなか入らない。
おまけにホースの付け根とタンクを相当しっかり締めないと灯油が漏れてきました
P_20191201_123849






見た目はカッコいいんだけど、使い勝手はイマイチ。しょうゆちゅるちゅるのカッコいいのは無いでしょうかね?

ボンゴにハイエースのドアミラー取り付けます その10

8月以来のハイエースミラーネタです。秋は旅行やキャンプに遊び回ってたので、放ったらかしにしてましたが、少し進めたので報告しておきます
001






サンダーで大まかな形を整えて表面もならしました
002






ダイソーで売ってたサンダーに付ける紙ヤスリがついたディスクで削ったので、反対側もいい感じにスベスベになってます
003






ボンゴの台座との合わせ部分。程良い厚さにできました
004






FRPから切り離したところ
005






中に詰めていた粘土を取り除きます
006






ハイエースの台座とFRP。ハイエースの台座を切り離すにはFRPをもう少し削らないといけないので、今回は切り離せませんでした
007






車に取り付けてみました。設計通りピッタリ付きました
008






後ろから見ると飛び出し感は否めませんが、ここはしょうがないですね
その11に続きます。
次回はハイエース台座からの切り離しと細部の仕上げを行っていく予定です

アルパカストーブの置き台を作りました

ゴム足を付けてコンクリートの上には気兼ねなく置けるようになったけど、キャンプ場で土や草の上に置くと下の皿部分に土やホコリが入りそうなので、嵩上げするための置き台を作ることにしました

IMG_8218 






ホームセンターで材料を買ってきました。
幅60mm、長さ900mmの板です。薄いですが軽く作りたかったのでちょうどいいです。400円くらいでした。
よく見えないと思いますが、鉛筆でけがいてます

IMG_8223






ノコギリとノミでこの形まで削りました
003






アウトドアステインを塗って、1晩乾燥させます
004






組み立てたところ
005






ストーブを載せてみたところ。
良い感じにできました

アルパカストーブに遮熱板作りました

燃料計の盤面がガラスではなくプラスチックでできていて、リフレクターを使ったりすると熱で曇ってくるという情報がネットにあったので、対策することにしました
001






ホームセンターで150✕150のステンレス板を買ってきました
CAD






アルミのリフレクターを入れることを考慮して大きさを決め、上記のような図面を描きました
002






これを金切りバサミで切って、穴あけて、折り曲げてこんな形のものを作ります
003






これを元々付いている蝶ナットで固定します。ステンレス板はピカピカなので、熱を反射してくれると思います。
この遮熱板はyoutubeを観てて、誰かがやってたのをパクらせてもらいました




月別アーカイブ
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ