2016年05月31日

ロッドのコンセプト



昨日はティムコの村中義明さんが来霞され、

Fish村で打ち合わせをしました。


なんの?


実は・・・ロッドなんです。

クランキングがメインですが、

他のルアーにも使える汎用性の高いロッドを作っているんです。


一番の特徴はキャスティングのし易さですね。

 



1591-5rod


全部をお見せすることは出来ませんが、

この部分から全体像を想像してください。


そして、キャストしている姿を思い浮かべて下さい。

次に大物をかけてファイトしている姿を思い描いてください。

なんだか楽しそうじゃありません?


ええ、なんたって幸せな釣りが基本コンセプトで、

それを目指して作っていますから・・・ね。


幸二の釣り、幸せな釣り、それが幸釣・・・絶幸釣!

 
 

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) どうぐ | つり

2016年05月30日

どこに行っても・・・!



先日の第19回小さい防塵挺身隊では、

毎回お馴染みの栄養ドリンク瓶が、やっぱり大量に見つかりましたよ。


霞ヶ浦中でこの瓶を拾い回ると、

恐らく数万とか、数十万とかの単位になるのでしょうね。


マジで隠れた恐ろしきゴミであります。

 



1591-3bottle


やはり、多いのは鷲さんマークのオオマサ製薬のものです。

90数本中、3/4が鷲さんマークですね。


これはどこで拾っても起こる現象で、ダントツに多いのが鷲さんなのであります。

この瓶、何とかなりませんかぁ?


引き取るとか、買い取るとか、さてまた交換できるとか・・・どう?


出来ない場合は仕方がないので、

小型の電動コンクリートミキサーの中古を購入して、

ガラス玉作りを始めますかな。


と言うことで、安価なコンクリートミキサーを求めています。

お安く譲っていただけると幸いです。

 



1591-4kid
 


さて、話は変わりますが、今週末の土曜日は子ども釣り教室です。


霞ケ浦環境科学センターの西の池で開催です。

講師が不足しておりますので、

お手伝いいただける方はメールを下さいね。
 

oyaji@wbs1.jp


どうぞ宜しく!

 

  

kounji at 06:12|PermalinkComments(3) 53 | イベント

2016年05月29日

無事終了すますた!



身体が目覚めない。

疲れがとれない。

右手がだるい・・・更新が遅れてしまった65歳の日曜日の朝!




小さい防塵挺身隊は無事に終了しました。


精鋭15名による行方市浜湖岸線の清掃活動は、

事故もなく無事に終えることが出来ました。


出動下さった皆さんにただただ感謝です。

 



1591-1gathering


6年振りの行方市清掃は、僅か500mに満たない距離でありながら、

大量のゴミを回収することが出来ました。


そして、改めて嫌われも者や人間失格の釣り人のいることを、

認識したのでありました。

 



1591-2garvage


これは清掃活動開始一時間後に回収されたゴミの量です。

残りの一時間でどれほどの量のゴミが回収できるのでしょうか?

恐ろしいです!



何故、これほどまでにゴミがあるのでしょう?


それは、日本国が金満だからですね。

金品が溢れ、欲しい物が幾らでも手に入る社会状況だから、

不要なものはどんどん捨て去って行く・・・。


自分のことしか考えず、他者を思いやる心がないのでしょう。

野に咲く小さな花のことなどお構いなしなのです。


清掃活動を続けていて、判ったことがあります。

生き物を殺して捨てて行くのも、

自分の持ち物を野に不法投棄して行くのも、

同様であると言うことです。


生き物の命を粗末にしないでください。

そして、物の命も粗末にしないでください。


飲み物で喉を潤し、心身ともに満たされたのに、

その飲み物の入った容器を野に捨てて行く行為って、

とても野蛮ですよね。


もう止めましょうよ。

水辺にゴミを投棄したり、ゴミを残して行くのは・・・。

 

 
 

kounji at 09:37|PermalinkComments(0) 防塵挺身隊 | 霞ヶ浦

2016年05月28日

マラカスサウンドに痺れちゃう!



ワカサギやシラウオが湖岸線から消えて、

いよいよサーフェイスゲームのシーズンインですよ。


今年はマンボにチャチャ、それにルンバやサルサなど、

ラテン音楽のリズムにのって釣りをしてみましょう!


リズムをとるのはもちろん、マラカスですよね〜。

そのマラカスサウンドを奏でるルアーがあるんですよ。

 



1578-1minamotogorocolor


そう、これですね。

ティムコからリリースされるダイキチクランク・ミナモトゴロー!


Latin Music
に欠かせないマラカスサウンドに加えて、

高浮力とノーローリングを備えたランカーキラーのクランクです。


お陰様で小一時間の釣りを堪能しています。

 


 

1590-5goro


ハクビシンと言うカラーで、背中が白ストライプのために、

遠くからでもしっかりと視認できるのです。


ルアーが水面の何処辺りにあるのかが判るのは、

釣り人側のアドバンテージですよね。

 



1590-6koji


ナイスフィッシュですねぇ〜。

愛すフィッシュでもありますよぉ〜。

ファイトの切れ味が鋭いナイフフィッシュでもありましたぁ〜。


いよいよこれからが本番!

 

 
 

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) ルアー | つり

2016年05月27日

草刈り・・・まっさお!



二日連続の草刈りの話ね。



さて、明日は行方市浜の湖岸線に防塵挺身隊が出動ですよ。

梶無川の河口500メートルほどの湖岸線で清掃活動です。

大量のゴミが予想されます。


それは、2010年の11月以来、

NPO水辺基盤協会では清掃活動を行っていないからです。


一応、2011年も行方市での53 Pick Up!は開催予定でした。

しかし、霞ヶ浦周辺も2011311日の東日本大震災に襲われ、

築堤の地割れや陥没、護岸の崩落、隆起など、

過去には例のない未曾有の被害を受けました。


毎回の会場となっている行方市ふれあいランドも被害を受け、

駐車場の使用が禁じられてしまったのです。



あれ以来、5年間に渡り、

我々が行っていた湖岸の清掃活動は行われていませんでした。


先々月のことでした。

ちょいと用があって東浦の湖岸線を車で走っていたら、

築堤保護のために設置された蛇籠護岸の上に大量のゴミを見つけました。

 


1590-1garvage


1590-2garvage


こりゃ、あかん! 清掃じゃ。ゴミ拾いじゃ。

蛇籠護岸の切れ目や角にはゴミが山盛り堆積していますが、

護岸の平場にはゴミが見当たりません。

と言うよりも、草に覆われてゴミが見えないのです。


そこで、防塵挺身隊の本隊が出動する前に、

斥候先発隊が草刈りをしてきました。

 



1590-3glasscut


1590-4glasscut


いつもは古参兵のジジイ二名部隊での作業なのですが、

今回は新兵のゴールデン金澤兵曹も加わっての三名部隊です。


♪ 湖岸に響くエンジン音 ♪

♪ 進め我等が草刈り隊 ♪

♪ ウィ〜ンウィ〜ンと草薙ぎ切って ♪

♪ 隠れたゴミを見つけ出せ〜 ♪

♪ ああ〜ああ〜 我等が〜防塵挺身隊〜 ♪


行進曲も軽やかに無事に任務終了!

後は明日の出撃を待つのみであります。


今日の雨、明日はやみますよね。

 
 

kounji at 11:07|PermalinkComments(0) 53 | 霞ヶ浦

2016年05月26日

お宝が眠るは草の下



昨日は草刈りに行ってきました。

今週末、小さい防塵挺身隊が出動する場所ね。


処は行方市浜の湖岸線で、

霞ヶ浦ふれあいランドの横を流れる梶無川の河口部ね。

湖岸線に蛇籠が設置され釣り場環境としたら抜群です。


が、そんなことも影響して釣り人が置いて行ったとおぼしき、

缶コーヒーやペットボトルが散乱しているんです。


もちろん、流域住民による不法投棄も多々あるし、

漂着ゴミも山盛りなんですが、

釣り人のものとおぼしきゴミがあるのは紛れもない事実です。

  



1589-4kin


湖岸を土手の上から眺めて見ると、

蛇籠の切れ目や角、凹みなどにゴミが堆積しているだけのようですが、

草の生い茂っている場所、こここそがゴミの宝庫なのです。


草の下には・・・怖いほどのゴミが・・・たぶん!

 



1589-5kin


1589-6akio


二人が生い茂った草を刈り取って行くと、

案の定、ゴミがザックザクと顔を出し始めたのです。

 



1589-7gomi


アリャリャリャリャ〜!

驚き桃の木山椒の木・・・。


想像以上のゴミの量に、三人は呆気にとられたのでした。

 

これらのゴミを拾って処分すれば、

霞ヶ浦の湖水への悪影響が少しは緩和されるでしょう。


自分たちの楽しむ魚釣りを護ると言う大義もありますが、

県民や周辺自治体の飲料水になっている水道原水を守る、

これは流域住民の務めでもあります。



さて、今週末は炎天下での活動になりそうです。

隊員の皆さん、熱中症対策を高じてゴミ拾いをしましょうね。


この日、霞ヶ浦大橋周辺に釣りに来られる方、

差し入れ待っていますよ〜。

場所は梶無川の右岸です。

川を挟んでふれあいランドの反対側ね。

どうぞ宜しく!

 

 

 

kounji at 06:24|PermalinkComments(0) 霞ヶ浦 | 53

2016年05月25日

あ〜あっ!



釣りに行きました。

ワンタックルで。


フェンウィック62CMLJにダイワ・ジリオン、サンライン磯スペ5号、

ラインの先にはミナモトゴローのハクビシン。


腰にプライヤーと水温計、シャープナーにラインクリッパー、

後ろのポッケにゃフィッシュグリップ・・・。


こんな出で立ちで霞ヶ浦の水辺に立ちました。

で、すぐに目についたのがこれでした。

  



1589-3catfish


な、な、なんと7匹ものアメリカナマズが、

コンクリートの平場に放置されていたのです。


カラスに突かれたのか、或いはセグロセキショウに引き出されたのか、

辺りに腸などの内臓が散乱していました。


で、案の定、ものすごい数の蝿が集っていたのですね。

公衆衛生上、これは大変に危険です。


蝿の増殖による細菌の拡散は疫病の元なのですよ。


生き物を殺して放置するってぇことは、

この様な二次被害や三次被害を巻き起こすのであります。


なので、殺してしまうのであれば、

その後の処置をきちんとしなければならないのですよ。


出来ない人は生きたまま元の水に戻す・・・これがベストです。

釣った魚を食べる、釣った魚は生きているうちに水に戻す。


これらの行為は霞ヶ浦の水を守ることにもつながります。

どうぞ、魚を殺して放置して行くのだけは止めて下さい。

 
 

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) 霞ヶ浦 | つり