2019年03月21日

霞ヶ浦のゴミ拾い


西大伍と吉田幸二の53ピックアップ・プロジェクトのリターンも、

先日お送りしたTeeシャツでほぼ完了・・・いやまだありましたよ。


西大伍選手とキムケンこと木村建太プロアングラ―との動画ですね。

さらに、村川勇介プロアングラ―と吉田幸二同船釣行ね。

それと、来る5月12日に開催する霞ヶ浦の「53 Pick Up!」の

報告書をお送りする皆様ですね。


それでも200着以上のリターンをいただいたTeeシャツが終わって、

ホッと胸をなでおろしている僕でした。

 



1909-5tee


ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

お届け予定が大幅に遅れてしまい、申し訳ありませんでした。


でも、喜びのメール等をいただき大変に恐縮しております。

ただただ、感謝の一言です。

 


すっかり春めいてきた今日この頃、釣りしていますか?

僕は全然していません。悲しい限りです。

ここ二日ばかりはボート作りに精を出しています。


あんまりにも精を出すもんだから、遂に尽き果てました。

精魂尽き果てる・・・ってね。

で、インポ気味です。

 


インポートとか、インポッシブルとか、インポータントとか、

インポーズとか、インポテンツとか、インポにもいろいろありますが、

インポと言えばあのインポですよね。

そう、インポレイト(impolite)ですね。

 

無礼とか無作法と言う意味です。

このゴミを見ると、叫ばずにはいられません。


このImpolite parsonめ! 

つまり、「このインポ野郎!」となるんですね。


あっ、あくまでも語呂合わせですから、

英語表現が間違っていてもお許しあれれのれ〜!

 



1909-6garbege01


それにしても霞ヶ浦のゴミは酷く、ゴミ溜め状態です。

この状況を少しでも早く脱するために、

NPO水辺基盤協会は頑張ります。


どうぞ、皆さんのお力をお貸しください。

 

 




kounji at 06:30|PermalinkComments(0) 53 | 霞ヶ浦

2019年03月20日

陽の目を見る


よし、今度の土曜日に舟子水路に出撃ですよ〜。

定点観察の日にします。


月一で生物観察をしているのですが、週に4〜5回は見廻りに行ってます。

なんたって不法投棄の防止と勝手なザクザク対策です。

二枚貝がいるとなると、不法採取者が来るんですよ。

で、ゴソッと持って行かれて観賞魚屋に売られちゃうんですね。


マジで悲しいです。

 



1909-3tanishi


タニシが獲れるというだけで、コイ釣り師も来ますからね。

欲しけりゃあげるんですが、もう少し待って頂戴。

まだまだ発展途上の水路なので、

もう少し生物を増やしてからにしてくださいね。


あっ、先ずは子ども優先ですからね。

そこんとこよろしく!

 


そう、そう、舟子水路の顛末記「その2」が、

スミスさんのサイトにある吉田幸二の釣参菩思に掲載されました。

http://www.smith.jp/voice/ky/ky.html

 

NPO水辺基盤協会が2017年から占有し、

維持管理している霞ヶ浦の舟子湖岸にある植生浄化施設の話です。


維持管理の大変さや水路に生き物が増えている事実に、

僕たちは毎回のように驚かされています。

 



1909-4hangesho


昨年は水路の脇にハンゲショウの群生が見られました。


ハンゲショウと言うのは半夏生(7月上旬)の時期に、

葉の半分を化粧したように白く変色させることから名付けられたようです。


今まで見たこともない植物が繁茂するのは、

それまで日差しを遮っていたヨシを刈ったことで、

陽の目が見られるからなんですね。

 


陽の目が見られると言えば、僕もやっと陽の目が見られます。

取り敢えず、二ヵ所の事業報告書が終了しましたからね。

これで書類との戦いは開放です。


何年やっても書類の整理は不得意です。

申請書、報告書、企画書などの書類作りは駄目ですねぇ。

誰か得意な方、居られませんかね???

 




kounji at 06:30|PermalinkComments(0) しょくぶつ | 素晴らしい!

2019年03月19日

ボートの修理


花粉がひどいですね。

鼻水はおさまっているけれど、目が痒いんですね。

それとクシャミね。クシャミをすると鼻水が出るので、

なるべく我慢しているのですがねぇ〜。


それと、身体中の痒みね。

あっ、これは老人性痒みかもしれませんね。

 


でも、屋外での作業が多いので、

花粉とは友達になるしかないと諦めています。

諦めつつ対策を練って・・・って、何もしていませんでしたね。


現在、アルミボートの修理中です。

遅々として進まないのは先々週の雨のせいですね。

暇なときに雨が降り、忙しい時に晴れるから作業が進まないのです。

でも、そろそろペースを上げないとね。

 



1909-1boat


あとは穴を塞いでカーペットを貼って、ペンキを塗れば完了!

って、それほど簡単じゃないんですね。

でも、子どもたちの喜ぶ顔が見たいから頑張りますよ。


アルミのボートなら葦原の中も突っ込めるので乗降が楽ちんですからね。

ライジャケを着せて霞ヶ浦でボート遊び、魚釣りへの第一歩です。

 



1909-2boat


そうだ、こっちのボートもペンキ塗りをしないとね。

どんな風に塗ろうかな?


やっぱりシャークティースは描こうね。

もちろん目もいるね。

あれこれ考えると時間がなさすぎだよ。

 


まぁ、夏までに何とか仕上がればいいね。

のんびりじっくり頑張りましょ!

焦るなよっ、俺!!

 

 




kounji at 08:20|PermalinkComments(0) 頑張れぇ〜 | 工作

2019年03月18日

秒殺!


土曜日、桜川水郷橋の下流から蓮河原の船溜まり迄の清掃を行いました。


いやぁ〜、恥ずかしいけれど土浦はゴミの溜まり場です。

にも拘らず、相変わらずゴミの犯人探しをするような人が多くいます。

犯人を捜したって行き着くところは生産者なんですね。

 


このペットボトルは何処から来たんだとか、

この栄養ドリンク瓶は誰が作ったんだとか、

この肥料袋の生産者を追求しようとか、

これらの洗剤容器はメーカーに返そうとか、

不毛な意見ばかりが飛び交うのが、市民団体の会議ですね。

あれこれ言う前にお前もゴミを拾えよ! と僕は言いたい。

 


先日も土浦市の古いゴミ袋に入ったゴミ、それも生ゴミの45ℓ袋が、

桜川に6袋も捨ててありました。

分別をするので中身を確認のためにあけたら、

とあるスーパーの業務シフト表が出てきました。

 


桜川にほど近いスーパーの従業員が捨てたものだと思われますが、

警察に相談したらゴミを移動したり、

かってに開けたりしたら証拠としては無効だそうです。

てぇことは、警察官立会いの下でゴミ拾いをしなければならない!

てぇ面倒臭えことなんですね。ア〜、アホ臭!

 


つまり、やっぱりゴミ拾いにまさる環境保全活動はないってぇことですよ。

ゴミの犯人捜しよりも拾うために時間に費やした方が、

環境にはズーッと配慮しているてぇことですね。


なんたって、秒殺でこの量ですから!

 



backet
Photo by Kenji Saito


ま、ま、ま、ま、ま、秒殺は大袈裟かもしれませんが、

このデカバケツに一杯ぐらいはアッと言う間でありますよ。


犯人捜しも良いですが、俺たちの前でそれを言うなよ!

俺たちに言わずにすぐにメーカーを訴えるなりの行動を起こせよ。

それが大事ですよね。


言うは易く行うは難し・・・そんな連中が多いから不毛なんだな。

まさに水辺は不毛地帯(山崎豊子の小説ではない)ですな。

 


が、先日の防塵挺身隊に参加くださった皆さんこそ、

日本の未来を真剣に考え、行動されている方々です。

そんな皆さんと一緒に活動出来て、幸二感激です。


あっ、幸二還暦ではありませんよ。僕はアラセブです。じき古希です。

てぇことで、古希掲揚でお願いします。

あっ、国旗掲揚でしたね。チャンチャン!

 

 




kounji at 06:30|PermalinkComments(0) 53 | 防塵挺身隊

2019年03月17日

無事に終わりました!


87回防塵挺身隊は、桜川の河口の蓮河原地区の清掃に出動しました。

霞ヶ浦河川事務所土浦出張所をお借りしての出動です。


土手の上からではゴミは見当たりません。

でも、一歩水辺に入って行くと・・・そこは人間の愚かさの吹き溜まり。

 



1908-4garbege


霞ポートから蓮河原の船溜まりまでのウェーダー班と、

ビジネスホテル・トキワ前の水門周辺の二班に分かれての清掃です。


蓮河原の石積みが出来たおかげで、湖岸際のゴミが減りましたが、

その分が石積みの間に入り込んでいるのです。

それらのゴミも含めて年に一度ぐらいは清掃をしないと、

生き物たちも息苦しいでしょうから!

 


桜川水郷橋の下流の水門は、地形的構造もあって、

反転流が発生しやすい場所なので必然的にゴミが集まります。

昨年10月にボートでの清掃活動を行いましたが、

回収しきれなかった悔しい場所です。

 



1908-5koji


なんてぇことの説明をして、いざ防塵挺身隊のスタートです。

久し振りの桜川下流、溢れるほどのゴミがありました。

 



1908-6drinkbottle


案の定、栄養ドリンク瓶は570本!

霞ヶ浦で一番拾える・・・と言う汚名は消せませんね。

 

でも、これらの瓶の元凶は土浦の人たちだけではありません。

流呈64劼砲盖擇嶌川流域の人たちのゴミです。

流域の皆さん、もっと川や湖、水辺に目を向けましょう。

命の水を意識しましょう。

 

 




kounji at 10:08|PermalinkComments(0) 防塵挺身隊 | 霞ヶ浦

2019年03月16日

防塵挺身隊からの〜


今月末の日曜日、吉田漁協の小池栄湖杯を開催です。

久し振りの淡水小物釣り競技です。

が、ルールはまだ発表しませんよ。

競技ルールは当日発表です。


さて、さて、どんなルールになるのか?

どうぞお楽しみに!

 


一応、グルテンは用意しておきますが、

それ以外の餌を使いたい組合員の方は、

各自で用意してください。

禁止になる餌はありません。

自家製秘蔵グルテンでも結構ですよ。

 



1908-3fish


魚たちの状況は上づいているので、期待できそうですよ。

目指せ束釣り! なぁ〜んちゃって!!

まぁ、いずれにしても楽しい釣りが味わえますよ。

 

さて、本日は防塵挺身隊です。

87回目の出動です。

 


名 称 87回 防塵挺身隊                                                 

日 時 2019316日(土)

午前900分〜1130分、その後反省会

(反省会は霞ヶ浦河川事務所土浦出張所のInfo centerにて行います)

集合場所:土浦市蓮河原 霞ヶ浦河川事務所土浦出張所(駐車も同所内)

参加費 500円(傷害保険料及びゴミ処理費用)

締切日 312日(火)

申し込み:jimukyoku@npo-mizube.jp

(住所・氏名・連絡先を明記の上、

タイトルに第87回防塵挺身隊参加と入れてください)

協力予定:国交省霞ヶ浦河川事務所、国交省霞ヶ浦導水工事事務所、

土浦市環境衛生課、土浦市環境保全課、

土浦市環境基本計画推進協議会




kounji at 07:14|PermalinkComments(0) 防塵挺身隊 | 霞ヶ浦

2019年03月15日

釣りがしてぇ・・・なぁ。


日々忙しく過ごしています。

年齢を重ねるほどに忙しくなるのだからちょいと悲しいです。


思い起こせば27年前、この地で釣りだけを楽しみたくて、

東京から引っ越してきたのに・・・。

最近では、その楽しみである釣りさえも儘なりません。

 


東京の時間に追われる暮らしではなく、

地方の時間と共に過ごす人生を味わいたかったのに、

何故か時間に追われる日々の昨今です。


それだけこの辺りが東京チックに変貌したという事?

そんな訳はありませんよね。

 



1908-1simpoIMG_4532gathring


先月は阿見町のシンポジウムに登壇して、

今月は名古屋でキープキャストがあって、みんなで行ってきました。

今年も会場は大いに盛り上がりましたね。


さらに来週にはW.B.S.の緒戦が開催されます。

 



1908-2npomizubegathering


おお、忙しや忙しや!


あっ、吉田漁協の淡水小物釣り杯は月末の31日です。

これらが終了した来月には、霞北水産事務所と勉強会が開催されます。


この勉強会では漁業者と遊漁者の双方の意見交換が行われ、

霞ヶ浦北浦の水面利用をより潤滑に行うための勉強会でもあります。

湖沼は国民の財産であり、淡水は人類の宝だからです。

 


こんな調子で次から次に、今年のスケジュール帳が埋まって行きます。

My volunteer activity is Unstoppable.

それがちょいと悲しくて、淋しくて・・・。

 


あゝ、釣りがしてぇ!

朝から晩まで釣りがしてぇ。

月曜日から日曜日まで釣りがしてぇ。

1月から12月まで釣りがしてぇ。

残りの人生が終わるまで釣りがしてぇ。

釣り釣り釣り釣り魚釣り。

何でもかんでも魚釣り。

寝ても覚めても魚釣り。

釣り釣り釣り釣り魚釣り。

バス釣り、フナ釣り、コイ釣り。

タナゴにモツゴにテナガエビ。

アメリカナマズにニゴイ釣り。

ペヘレイにワカサギ、ザリガニ。

何でもかんでも〜そう魚釣り。

あゝ、釣りがしてぇだけなんだよ。

 

 




kounji at 06:30|PermalinkComments(0) イベント | おおっ!