2016年06月26日

友を偲んで!



昨日から山があっても山梨県の河口湖に行ってきました。


久しブリブリの河口湖でした。

こちらも例に漏れず水不足? 減水していましたよ。

 



1600-1kawaguchiko


釣りをしようかな? とも思いましたが、

思いは心の中に留めてノーフィッシングな二日間でした。



昨晩は林圭一さんの偲ぶ会が仲間内で行われ、

カミさんと一緒に参加してきました。


カミさんも数十年振りに河口湖を見て、その変貌に驚いていました。

昔は一緒に釣りをしたこともありましたね。

 



1600-2kokyu


偲ぶ会の会場は森に佇む中国菜館・湖宮さんです。

この店は35年来の釣友である宮澤岐さんのお店です。


夕方の430分に始まった偲ぶ会は、ミッドナイトまで続きました。

な、な、なんと! 9時間にも及ぶながぁ〜い、そして楽しい会でした。

心臓が止まるかと思うほど笑い転げてしまいました。


また、来年も同じ時期に、故人を偲んで集まりたいですね。

林夫人、そして新社長、どうぞ宜しく!

 

 
 

kounji at 22:01|PermalinkComments(0) 人物 | ありがとう!

2016年06月25日

出来ました!



ミナモトゴローが発売されました。


自分が頭の中に描いた構想が形に成るって・・・嬉しいですね。



このルアーを作る上で僕が意識したのは、マンズのワンマイナスです。

水面だけではなく、ちょいと潜ってくれると言う隠し技が好きでした。

同時にフロッグマンも超が付くほど意識しました。


あんな平べったいボディー形状なら、

ファットクランクのようにローリングしない筈だ・・・ってね。

さらに、フロッグマンのジャラジャラする派手な音も好きでした。


なので、美味しいとこどり・・・と言われてしまえばそれまでですが、

僕が一番に求めたのは遊び心なんですね。

 



1599-6monkeychartruse


1599-7biackbuckshad


1599-8oldshad


どうです、睨めっこしただけでも遊び心が満載でしょ!


こいつで水面を騒がせると・・・ガボッとか、ガバッとか。

う〜ん、最高ですね〜!




現在、我が国には数々のプロスポーツが存在していますが、

全ての事の始まりは遊びだったのですよ。


それがルールを設けた競技会になり、

やがてプロスポーツへと発展したのです。


そう、バスフィッシングだって同様です。

遊びの中から今の形になったのですよ。

だからこそ、もっと楽しくバスフィッシングの時間を過ごしましょう!

http://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/1730

 



1599-9instruction


老婆心ながら、ダイキチクランクの台紙の裏の三つの心得ですがね、

よ〜く読んで守ってくださいね。


特に、其の3のパッケージの取り扱いに関しては、

本気で守ってくださいよ。


ゴミ拾いをしていて自らのルアーのパッケージを拾うようでは、

本当に世も末ですからね。

 



あっ、最後にちょいとお知らせを!
 

21回オヨカスのスタッフ募集!■

来たる718日(月)の海の日に、

土浦市大岩田の国民宿舎跡地にて開催の

21回泳げる霞ヶ浦市民フェティバル(オヨカス)での

キャスティングゲームスタッフを募集です。


毎年、200名以上の参加者があるこのイベントでは、

最低でも15名ほどのスタッフが必要です。

午前7時〜午後5時までの10時間、暑さとの戦いになりますが、

子どもたちにキャスティングを通じて、

霞ヶ浦の魚釣りに関心を持って貰うことを目的としています。


そこで、魚釣りが大好きな皆さんのご協力をお願いします。

世界に広げよう、魚釣りの楽しみ!


ボランティアスタッフを買って出ていただける方は、

oyajiアットwbs1.jpまでメールを下さい。

アットは@にして下さいね。

 

  

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) どうぐ | ルアー

2016年06月24日

浄化槽フォーラムin霞ヶ浦



そう、そう、718日のオヨ霞の前々日の16日に、

浄化槽フォーラムin霞ヶ浦」が、つくば国際会議場にて開催されます。


環境省と浄化槽フォーラムの主催で、NPO水辺基盤協会はお手伝いです。

で、主旨は以下の通りです。




環境省
大臣官房廃棄物・リサイクル対策部

廃棄物対策課浄化槽推進室及び浄化槽フォーラムでは、

平成28716日(土)に茨城県つくば市において、

NPOや市民の方々を対象に「浄化槽フォーラムin霞ヶ浦」を開催します。

私たちが出す生活排水と、河川や湖沼に棲む生き物との関係、

ウィルスの話などを通じて、水環境保全について

みんなで考えていくシンポジウムです。

身近な水環境保全、自然環境保全ご関心の有る方々の

幅広いご参加をお待ちしております。

 



1599-4kasumigaura


座長に筑波大教授の中田和人先生をお招きし、

ウィルスについては東大教授の間陽子先生が、

生態系については環境研の熊谷直喜先生が話をされます。


さらに、パネルディスカッションでは、

岩波嶺雄さんがコーディネイターを務め、

パネラーには沼澤篤先生と県の環境対策課が加わります。



と、まぁ、こう言う次第ですので、

霞ヶ浦の生態系や浄化槽の役割、公衆衛生についてなど、

知識として備えておくのもバスアングラーの良識だと思います。


どうぞ、この日の霞ヶ浦釣行を少し削って、

沢山のアングラーの方の聴講を切望します。


尚、退席は自由ですし、駐車券も用意されるようです。

詳しくは、環境省のサイトをご覧ください。

http://www.env.go.jp/press/102668.html

 



1599-5kasumi


他方面から霞ヶ浦を考察する・・・こんなチャンスなかなかありませんよ。

僕らも詰めておりますので、是非、遊びに来てください。


ロビーで釣り話が盛り上がっちゃったりして!


そんな〜、ちゃんと釣行しましょうね。

あっ、間違えた! 聴講でしたね。

 

  

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) イベント | おおっ!

2016年06月23日

嬉しい新聞記事を発見!



618日付の日本工業経済新聞のコラムに、

面白い記事が載っていました。


「日々の栞」というコーナーに、

「ブラックバスは観光資源」と言うタイトルで、

ブラックバスについて書かれていました。


初めにNPO水辺基盤協会の清掃活動のことが書かれており、

これが1996年にブラックバスの釣り人からスタートしたことや、

回収されたゴミの殆んどが、釣りとは無関係の一般ゴミであったり、

産業廃棄物であったりするのが現実ですよね。


環境省は外来生物法で外来魚を自然破壊の最たるものとしましたが、

人間の方が遥かに環境破壊をしているとも書かれていました。


さらに、1925年のバス移入経緯や600億円の市場価値、

野尻湖や河口湖、桧原湖などを例に挙げて、

観光資源としての有効性も説いていました。


最後に、近江商人の「三方よし」の精神を例えに、

琵琶湖の現状を転換すべき提言もありました。


そして、地方創生に役立つブラックバスを、

もっと有効利用すべきという意見が書かれていました。



この記事、相当に面白いので興味のある方は、

こちらに問い合わせてみてください。

日本工業経済新聞 水戸支局

Tel:029-301-1055

URL https://www.nikoukei.co.jp/mito/

 


1599-1newspeper01


1599-2newspeper02


1599-3newspeper03


なんだか元気づけられる記事でした。


僕たちバスアングラーを応援してくれる記者さんもいるんだなぁ。

日本もまだまだ捨てたもんじゃない・・・そう思える火曜日でした。


さて、今夜はオヨ霞の会合です。

イベントで行うアクティビティーの内容が決まりました。

今年はガチャ玉キャスティンゲームを一本です。


大人の部と子どもの部があります。

頑張って海の日を乗り切りましょう!


おっと、スタッフの大募集です。

キャスティング指導のできる方、

受付・伝令・事務方などを受け持ってくれる方を大募集です。


度胸のある男性に愛嬌のある女性、

おとこ気とおんな気のある皆さん、どうぞ宜しく!

   

 



kounji at 06:06|PermalinkComments(0) ありがとう! | 素晴らしい!

2016年06月22日

大阪淀川53 Pick Up!顚末記



先日の日曜日のことでした。


雨降りだと言うのに、参加費を払ってゴミを拾って、

地域だけではなく、地球に貢献している・・・そんな姿の人たちを見ました。

 



1598-1registration


大人千円を払ってゴミを拾うって、すごいよねぇ!

前代未聞だよねぇ。

 



1598-2bug


受付を終えて軍手とビニール袋を受け取ると、

すぐにゴミ拾いのスタートです。


河川敷の公園内はゴミがないのですが、一歩水辺に降り立つと・・・。

 



1598-3pickup


足下のゴミ、対岸のゴミ、目につくゴミをどんどん拾い上げて行きます。

 



1598-4boat01


1598-5boat02


ボート部隊は川面からゴミの回収に努めます。


9
時から小一時間が経過した10時頃には、

ゴミの詰まったゴミ袋が集まってきました。

 



1598-6bug


ゴミ袋の前で集合写真です。

これで一通り終了ですね。





1598-7horumon


清掃活動終了後には、和歌山県から駆け付けてくれた、

竹原さん率いるライオンホルモンのホルモン焼きが・・・美味い!

マジで美味いねぇ。


で、ビールが・・・って、この日は飲んでいませんよ〜。

アクエリアスで脹脛の痙攣を防いでおりました。



 

 

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) 53 | イベント

2016年06月21日

子ども育成プロジェクト!



NPO法人 水辺基盤協会では、

子どもたちに魚釣りの面白さや楽しさを知って貰うイベントを、

各地で開催しております。


実際に魚を釣り上げてもらう魚釣り体験や、

リールを使った釣りに慣れてもらうキャスティングゲーム等、

子どもたちが楽しめる方法で魚釣りの普及に励んでおります。


それは、魚釣りを楽しむ人が増えることで、

多くの国民に日本の水辺、釣り場を守る意識を向上させたいからです。

また、危機的状況の釣り場を見て知って欲しいのです。 



水辺にゴミを残さない。魚たちを無闇に殺さない。

水辺の小さな生き物を通じて命の大切さを学ぶなど、

人としての心構えを形成させると信じているからです。





1597-5gathering


雨降りにもかかわらず、心正しき釣り人は集まってゴミを拾います。


この日も大阪の淀川に京都や奈良、和歌山など、

他府県から釣り人が駆け付けてくれました。

嬉しいですよねぇ。


霞ヶ浦も同様ですが、地元の人たちというよりも、

水辺を愛する人々の参加があると言うのが嬉しいです。


この日もバス釣り愛好の仲間が集まって、

雨降る中でゴミを拾いました。

 



1597-6garvage


大河の淀川から大海原へと流れ出てしまう前に、

少しでもゴミの流出を防ぐことで、

僕たちの行為は地球を守っているんだ!


そんな思いで参加者は一つひとつのゴミを丁寧に拾って行きます。


確かに、拾うのには限りがあります。

流れ出てしまうゴミの方がはるかに多いです。


でもね、何もしないで指をくわえて見ている行為こそが、

無関心と言う無機質な心を生みだしてしまうのです。


そんな子どもたちが増えないように、

僕たちは魚釣りを通じて、水辺を愛する人々を育成して行きます。


それが地球を救う一歩だと考えるからです。



魚釣りを通じて釣り場のゴミを考え、地球の未来を案じ、

子どもたちの育成に辿り着きました。


が、前途多難です。現場は雨降りです。


でもね、降り続ける雨がない様に、

スカッと晴れ渡る日が来るはずです。

それが子どもたちの育成だと考えています。

   



1591-6fishingschool


7月は土浦市大岩田の国民宿舎跡地のイベント、

泳霞市民フェス会場でキャスティングゲームを開催します。


8
月には上の写真のように霞ケ浦環境科学センターにて、

子ども釣り教室を開催します。



どうぞ、お子さんとお誘い合わせの上、ご来場ください。

 
 

kounji at 06:06|PermalinkComments(0) つり | イベント

2016年06月20日

大阪淀川53 Pick Up!前夜祭



昨日は大阪淀川の53 Pick Up!に行ってきました。

もちろん、前乗りで土曜日はとり平でパイカンでした。

 



1597-3gathering


な、な、なんと! とり平に20名ほどが集まって、

久し振りの再会をパイカンしました。


にいちゃんもふーちゃんも元気そうで何よりでした。


途中でたこ焼きを買いに行ったら、

「夜はビール付きしかありません!」と言われて撃沈でした。


この日はハイボールを飲んでいたので、ビールはご法度!

 



1597-4satomi


この日、新しいお友達のさとみちゃんと知り合いました。

眼のクリクリした可愛い女子でした。

また一緒に飲みましょうね。


さて、翌日は淀川のゴミ拾いです。

深酒をしないように気をつけました。

 
 

kounji at 09:33|PermalinkComments(0) 53 | イベント