2024年04月21日

デールはいないけどチップはあるよ・・・なぬ?


Fish村の木の枝払いをしたので、その枝を粉砕しました。

伐ったままの枝を重ねると山盛りになってしまうんですが、

それをチッパーにかけると、あれよあれよと言う間に粉砕されて、

こんなもんですか? てぇぐらいの量になりますは、

下赤塚の次で和光の手前・・・なぬ?

   

2737-6chipper

これは、(株)スミス様からNPO水辺基盤協会の活動のためにと、

ご寄付いただいたスミス・チッパーです。

こやつ切れ者で、5cmぐらいの枝はジャンジャンバリバリ粉砕します。

植生浄化施設のヤナギを間伐したときに出る枝は、

これで粉砕処分しています。まさにSDGsですぜっ。

伸びた木の枝を払って粉砕して、土に帰すのですから・・・。

 

今回はFish村の木でしたが、

通常は植生浄化施設で間伐した枝葉を粉砕してくれます。

本当にありがたいマシーンです。

でも、相当な騒音ですのでイヤーマフはしましょうね。

 


2737-7yearmaff

これですよ、これね。

防音用なので決して音楽は流れません。笑

会話もしづらいです。笑笑

でも、難聴になるよりはましですからね。

 


2737-8chip

細い枝の張った木が十数本ありましたが、たったこれだけになりました。

で、粉砕されたチップは泥にまみれて分解され、大地へと帰ります。

最初は草を覆って草の成長を抑制するでしょうが、

やがて草の成長に伴って栄養分として吸収されるのでしょうね。

そう、やがて草がデール!? ありましたねデール。

 

 

 

kounji at 06:30|PermalinkComments(0) 霞ヶ浦 | 頑張れぇ〜

2024年04月20日

報告書の提出からの〜翌日に看板立て


17日の水曜日、美浦村役場に第111回防塵挺身隊の報告書を届けて、

そのタイミングで「ポイ捨て禁止!」の看板を2枚受け取りました。

この看板、今回清掃活動をした農村公園から堀境の間に立てます。

でも、これだけだとちょいと淋しいので、

W.B.S.NPO水辺基盤協会Wネームになっている

保護水面です。釣りをご遠慮ください」の看板も便乗掲示しました。

 

で、看板を立てに行ったのは、木曜日の午後でした。

何かと雑務に追われてやっと立てることが出来ました。

生き物看板よりは楽ですよ。

なんてったて、描かなくて良いのですから。

たてるだけなら何枚でも出来そうです。笑

   


2737-3board

看板の右手後方に見えるポールが、保護水面の境界で、

ポールから左手が保護水面になります。

そう、釣りをしてはいけません・・・てぇことね。

霞ヶ浦にはこんな場所が幾つもありますので、

ルールをしっかり把握してから魚釣りを楽しんでくださいね。

   


2737-4boardibaraki

残念なのは湖岸道路の内側(岸側)に立てられた看板です。

保護水面のことが詳しく書かれているのに、

田圃側にあるので、だぁ〜れも見られないってことね。

県としては「看板は立ててありますよ」で良いのかもしれませんが、

誰にも認識されない看板なら無用の長物ですよね。

 

それこそ、税金の無駄遣いですよ、旦那。

霞北水産事務所さん、霞ヶ浦河川事務所さんときちんと話し合って、

湖岸に立てるべきだと思いました。

 


2737-5board

もう一つは、農村公園寄りの湖岸道路際に立てました。

丁度、水門があってコンクリートの平場になっており、

開けている場所の湖側です。

ここには、時折釣り人が知らずに立ち入っているので、

その抑止力のために立てました。

 

初めて霞ヶ浦に釣りに訪れた人には、

霞ヶ浦に保護水面があるなんて判りませんものね。

それこそ、保護水面のポール前とポール間に立てて欲しいですね。

どうぞご検討を!

 

魚たちの減少を憂うよりも、

魚たちの棲みやすい環境づくり・・・ですよね。

 

 

 


kounji at 08:43|PermalinkComments(0) 霞ヶ浦 | 清掃活動

2024年04月19日

政治が考えるべきゴミ問題


暑い日々が続いていますね。

朝夕は寒いくらいの涼しさですが、日中は真夏日を思わせるほどの暑さ。

これって、異常気象だけで片づけられるものですか?

ここ3年ばかり、怪しい天気が続いていますよね。

災害や日々の生活に備えましょう!

 

先日の111回防塵挺身隊で残してきた大きな土産は、

巨大なタイヤが3本でした。

一本は水中にあったものを斉藤憲治さんと丹竜治さんが引き上げましたが、

荷揚場まで持ち上げることが出来ずに諦めてもらいました。

で、その場所に放置プレーです。

   


2737-1tire

直径1mほどのデッカデカのタイヤ、重量は数十キログラムでしょうね。

ユニックでもなきゃ上がりませんぜっ。

確かにロープを回してみんなで引っ張れば、

荷揚場まで揚げることは出来たかもしれませんが、

後始末を考えると・・・ねぇ。

で、僕がそのままにしておいて! との判断をしました。

 

さて、さて、もう2本の巨大タイヤですが、

これは大室先生が見つけました。

   


2737-2tire

草の中で眠っているため判りにくいのですが、

草や土中に埋没していたタイヤです。

大室先生はこれを引っ張り出そうと手を出しましたが、

一目で人力では無理と判ったので、

こちらも「そのまま、そのまま」と指示しました。

 

これらの3本のタイヤを引き上げるには人力では無理なので、

重機に登場願って引き揚げてもらわないとなりません。

それを考えるとなんとも無駄な費用が掛かってしまいます。

重機代、出張費、作業代、運搬賃、処分代などなど、

途方もない金額になるでしょうね。

 

そう、ゴミ拾いってぇもんは、もの凄く経費の掛かる作業なんですよ。

だからこそ、国でしっかりと予算を組んで取り掛かって欲しいです。

捨てられたり、流出したりした巨大なゴミの処分、

政府に真剣に考えて欲しいですね。

 

   

 

kounji at 06:30|PermalinkComments(0)

2024年04月18日

ありがとうございました!


昨日は早朝から第111回防塵挺身隊の報告書づくりをしていました。

で、報告書が出来上がったその足で、美浦村役場へと向かいました。

途中、先日のゴミの集積場である堀境の荷揚場の見回りをして、

役場へと向かったのです。

拾集めたゴミはきれいに回収されていました。

 

で、一昨日は旧友の松永ボン晋さんがご来霞くださり、

ドローンの空撮で植生浄化施設をウロウロしていました。

いやぁ〜、僕のようなジジイには現場まで行かなくても、

現場の状況が判るってぇことはスンバラシイことですよ。

滑ったり、転んだりせずに、現場の状況を把握できますからね。

それに、俯瞰で見ると創造パワーがさらに膨らむんですね。

   


2736-4uniform

2736-5bon

国土交通省と入った作業着を付け、モニターにいろいろ打ち込んで、

さぁ、いざ離陸です。

ビュィ〜ンと回転音を轟かせてドローンの「泥子」が飛び立ちました。

泥子と言うのは、松永さんが命名したドローンの名前です。笑

   


2736-6watershrine

先ずは清明川から200m先までを撮影しました。

折からの南風に煽られて、泥子は少しばかりふらつきますが、

そこは名パイロットの操縦です。

きっちりと導水路をトレースして行きました。

   


2736-7ontheroad

次いで、200mから先は堤防上で操作しました。

僕は監視役で車や自転車、人々の往来に注意をします。

ミカサのホイッスルをプラドに忘れてきたのは失敗でした。

https://netshop.mikasasports.co.jp/item/9090010.html

 

ピィ〜ピピピピィ〜!

と、まぁ、そんな風にして植生浄化施設の空撮は無事に終了しました。

遠路遥々ご足労戴きました松永ボン晋さん、ありがとうございました。

次は泊りで来て下さいね。飲みましょう!

 
 

2736-8port
 

最後に、ドローンポートを設置している松永さんの写真でお別れです。

それでは、お別れしましょう〜♪

タンバリンとカスタネットを使ってお見送り・・・していません。笑

 

 



kounji at 06:30|PermalinkComments(0) 霞ヶ浦 | 素晴らしい!

2024年04月17日

宝くじとさかな釣り


昨日はドローンの撮影でした。

植生浄化施設の上を飛んで、燃えた所と燃えなかった所、

燃やしたところと燃やしていないところなど、

いろいろ無理を言って撮影してもらいました。

 

さすが、農業機器を扱おうと心掛ける猛者だけあって、

ビッチリ撮影してくれましたよ。

ありがとう、松永ボン晋さん!

見事なドローンパイロットでした。

その模様は、またいつか!!

 

さて、さて、本日のお題は、今年使うルアーですよ。

先ずはWooDreamさんのNoname Crank3/0ですぜっ。

   


2736-1noname

コーチドッグの春色ですね。

彩っぽい春色でもよござんスよ。

こいつをグリグリと捲きます、捲きます、捲き続けます。

ガッツンと来たらおめでとう。ガッチリ根掛かりしたら残念賞。

それでも捲きます、捲き続けます。

 

続いては、ロマンメイドさんのネゴシエイターと、

アユムプロダクトさんのスクワッド120です。

この手の連結ルアーを極めたくて、今年は使いますよ〜。



2736-2negotiaiter

この連結ルアーについては、ほんとに初心者なので、

じっくり構えて学ぶつもりです。

デカいルアーには変な先入観があって、使い切れていないんですね。

でも、バスフィッシングは日々勉強です。

釣行毎に学ぶつもりで投げます。捲きます。また投げます。

 

そうでした。

連結ルアーと言えば、これもありましたね。

グラスルーツさんのグランドエッジ190SFですね。



2736-3grassroots

と、まぁ、今年の命題は連結ルアーです。

さかな釣りって、宝くじと同じで買わないと当たらないんですよね。

つまり、頻繁にさかな釣りに行かないと釣れないってことですね。

そう言うことですので、今年は頻繁に行きましょうね、さかな釣り。

 

 

 

kounji at 06:30|PermalinkComments(2) 霞ヶ浦 | ルアー

2024年04月16日

昨日の作業は忙しなかったよ!


昨日は午前中に、それも10時までに、

霞クリーンセンターをクリアーしたいてぇことで、

重い荷物を積んでセンターへと向かいました。

ええ、ゴミの処理ですね。

   


2735-4weight

な、な、なんと110kgありましたね。

その前の植生浄化施設のゴミの量が60kgでしたから、

この数日で相当な量のゴミを処分した勘定になります。

で、何とか10時前に処理が済んで、

次いで昨年のトーナメントのスポンサーボードの解体です。

   


2735-5taruki

2735-6board

ボードから枠の木材を外して行きます。

ビス止めの所は難なく外れるのですが、両面テープが剥がれないんです。

まぁ、剥がれないように貼ってあるのですから当たり前ですがね。

そこで、スクレーパーと金槌を使って強引に剝がしました。

ええ、上手く行きましたよ。

   


2735-7bukubuku

ボードの解体が終わると、次は淡水小物釣り用のイケス洗いです。

昨年から放置していたので、埃だらけです。

この埃をキレイに洗い流して、干して、乾かします。

その間に18Vの電動工具用のバッテリーの充電をします。

さらに、イケスを乾かしている間に、

裏切り者になって色褪せたクーラーをリペイントしました。

https://www.youtube.com/watch?v=yNKTOSLWluE

   


2735-8cooler

まぁ、ちょっとは良くなったかな?

ってぇぐらいの塗りでしたね。

阿部師匠に弟子入りしないとダメかしら?

「習うより慣れよ」が僕の座右の銘ですから、

弟子入りは無理ですかね。笑笑

 

   

さて、本日はドローン撮影です。

もちろん、僕じゃなくて本職のドローン撮影隊(とは言っても一人ですが)、

植生浄化施設の焼け跡を空撮してもらいます。

僕は助手として手伝わせていただきます。

松永隊長、宜しくお願いします。

 

 

kounji at 06:30|PermalinkComments(0) 頑張れぇ〜 | 素晴らしい!

2024年04月15日

あれこれいろいろありますねぇ。


えっ、霞ヶ浦にネモフィラ?

ちゃうちゃう、ちゃいますよぉ〜!

こちらの花はイヌノフグリ・・・何とも奇妙な名前ですねぇ。

イヌノフグリですよ、イヌノフグリ。

直訳すると、犬のキンタマってぇことですよね。

いやぁ〜本当に奇妙な名前ですね〜。

   


2735-1inunofuguri

昨日は午前中に植生浄化施設の吐き出し口にのさばっている

鉄筋を切りに向かいました。

一本は何とか切れましたが、

そうこうしているうちにサンダーの歯が空転するようになって、

思った以上に切れなくなりました。

で、The endとなりました。

 

次に向かったのは、W.B.S.の事務所です。

物置を解体するので、その準備の後片付けです。

物置を2個バラスと相当な量の不要物が出て来ます。

2004年からの堆積ゴミですから、驚くばかりの量でした。

   


2735-2garbege

段ボールには、書類関係がゴッソリと入っています。

丸い筒はロッドなどを入れるボイド管ですね。

ボォ〜イド、ボイド。ボイドでボイド、ボォ〜イドボイドのボイド管。

「ロシアより愛を込めて」ですね。ジェームス・ボイド。

あらっ、違いましたね。笑

 

そう、そう、2ストの刈払い機もありました。

動くかどうかは判りませんが、ちょいといじってみますかね。

   


2735-3

レーザーポインターを薄葉元幸さんから戴きました。

カラスが巣を作っていたからです。

卵を産む前に、カラスを追い立てるのに使うんですね。

ロケット花火で「ここは駄目だよ!」を知らせているんですが、

なかなか立ち去りません。

 

で、他には・・・と、思案していた時に、

カラス撃退にレーザーポンタ―が有効と知ったので、

喜び勇んで手を挙げましたところ、この願いが薄葉さんに届いて、

戴くことが出来たのです。

薄葉さん、ありがとうございました。

 

   

 

kounji at 07:23|PermalinkComments(0) 霞ヶ浦 | WBS