三連チャンの屋外活動!ファミリー釣り教室のご案内

2018年02月13日

2018年も水生植物の植栽事業を継続します。


昨年の水生植物基金と水草募金には、1112日までに166口が集まりました。

誠にありがとうございました。


継続は力なり・・・今年も水生植物植栽事業は継続いたします。

 



1782-1canal


特に今年は、清明川河口にある元植生浄化施設の水路を中心に、

水路の保全と管理、観察、さらには周辺の植栽管理の事業を展開しつつ、

この施設での生物多様性の構築事業を推進して行きます。


この事業では、伸びすぎたヤナギの枝を払ったり、

多くなりすぎたイバラを間引いたり、

水路でのエビモの繁茂の促進、トチカガミの移植などを予定しています。

 



1782-2riprap


また、石積み堤のある場所や風波の影響を受け難い場所には、

ガガブタやヒルムシロなどの植栽を行います。

霞ヶ浦が動植物のパラダイスとなるように、

今年も水生植物の植栽事業を継続して行きます。

 



1782-3kawamura


昨年末、京都のバスフィールドの川村様より50口をお預かりしました。

その50口は今年の寄付分にさせていただきました。

ありがとうございました。


今年も各地で開催されるイベントで募金活動を行いますので、

どうぞ皆様、宜しくお願い申し上げます。

 


2018年水草募金へのご寄付者一覧(順不同)一口千円

バスフィールド 様50口、栗田 昇 様2口、吉田幸二 様3口、

 

 



kounji at 06:30│Comments(0) しょくぶつ | 水路

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
三連チャンの屋外活動!ファミリー釣り教室のご案内