2006年07月07日

SMILE!(スマイル)矯正治療は幸せ治療!5

Dr 河野浩子皆さんこんにちは。
本日は当院での矯正治療についてのお話をさせていただきます。
私は自分の歯並びが自慢です。(^_^)



「スマイル」はアメリカ歯科医師会のスローガンです。
子どもの75%が矯正治療をしているアメリカでは、美しい歯並びが笑顔のシンボルです。

ソウルオリンピックのカールルイスや、アメリカ大統領の娘のチェルシーさんも、矯正ブラケットを付けてマスコミに登場しました。
歯並びをきれいにする事が、良いことであり、誇らしい事なのです。

それに比べて、日本人の歯並びに対する美意識はまだまだ低いと思います。

ここで!矯正に関してよくあるご質問と回答をご紹介させて頂きます

Q1:「では、アメリカ人と同じ矯正をすればいいの?」

A1:いいえ、欧米人の美しさは横顔にあります。しかし、日本人は平たい顔をしているので正面から見た美しさの方が大切です。


Q2:「矯正する年齢はいくつ位がいいの?」

A2:10代がベストです。しかし、当院は成人の矯正も多いです。皆さん短期間できれいになられています。


Q3:「矯正期間はどの位かかるの?」

A3:歯並びにもよりますが、一年位です。一ヶ月に一回位通院していただきます。


Q4:「矯正はお金がかかるの?」

A4:年齢や歯並びによって違いますが、三十万円から五十万円位が当院の平均です。
最初に半額お支払いいただいて、残金は矯正終了時にいただくシステムです。
矯正治療は「お金持ちの特別な贅沢品」であってはいけないと思います。
たくさんの方々にきれいな歯並びになってほしいから、他院よりお安くしています。


Q5:「矯正って痛いの?」

A5:痛くないです!現在約五十人の矯正患者さんが通っておられますが、「ブラケットが気持ち悪いから早くはずして」と言われた事は一度もありません。
「皆さんブラケットを付けている事を忘れてる」とおっしゃいます。


Q6:「矯正って歯を抜くの?」

A6:歯を抜いて矯正していた時代は、もう過去として忘れないといけません。
21世紀は、できるだけ歯を抜かないで治療する時代です。
人の口の中には、できるだけ多くの歯が残せることがよいのです。ただし、例外もある、事を付け加えておきます。

Q7:「矯正中は、何でも食べられるの?小中学校の給食は大丈夫?」

A7:基本的には食事制限はありません。学校給食もOKです。ただし、避けていただいた方が良い食べ物もあります。
熱くて柔らかい お餅やチーズは、ねばりがあるのでブラケットがはずれやすくなります。また、硬いフランスパンやりんごは、小さく切って奥歯で召し上がっていただいた方がいいです。
細かい食事の説明は、ブラケットを装着した日に、説明して注意書きをお渡しします。


Q8:「矯正してキレイな歯並びになっても、もとにもどるの?」

A8:ブラケットをはずした後の、歯並びの後戻りの力は強いです。しかし、当院では透明なマウスピースを一日8時間(寝ている間のみ)装着していただいて、美しい歯並びを維持しています。
ブラケットをはずした後は、2〜3ヶ月に一度来院していただき、定期的に歯並びをチェックしていきます。
後戻りの力が強大な場合は、歯の裏から細い針金で固定する場合もあります。



私は、8月にルイジアナ州立大学矯正名誉教授Dr.Spranleyの講義(大阪)と9月に日本矯正歯科学会(札幌)に出席します。
常に勉強して皆さんのご期待にそえるようがんばりたいです。

こうの歯科医院 副院長:河野 浩子

こうの歯科医院
〒636-0131 奈良県生駒郡斑鳩町服部1-5-11
TEL 0745-75-6556
FAX 0745-75-6556
URL http://www.kounoshika.com
MAIL support@kounoshika.com


kounoshika at 10:30│Comments(0)矯正歯科 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔