2006年03月

2006年03月31日

全国大会観戦記

昨日、全国大会から帰ってきました。
ちょっと無茶な日程を組んだり、
帰りの飛行機が1時間近く遅れて千歳22時着だったりで、
かなり疲れました。
帰ってからは泥のように眠りました。
そして、今朝仕事に3分ほど遅刻しました。

さて、全国大会の感想ですが、
10個にまとめてみましょう。
(10個って、まとめてないじゃん!)

 ‖琉藉杞すぎ
会場入りした最初の感想は。
あ、ここでバボちゃんとV6が歌ってた!
バレーボールの全日本が試合をしていたとこだ!
TVで見たときと同じだ!でけ〜! でした。
そこに5面コートを作ってやってました。
きたえーるも広いけど、ここはもっと広い。
そして、ちょっと寒い。

◆|忙劼聾朕裕擦目立った
いやー、男子のレベルは高かった。
多くのチームに170以上が3人近くいる。
しかも、その子たちがガードもできる。
いないチームは、エースの子うますぎ、速すぎ。
津別さんが負けた試合は、津別さんがほとんどの子に勝っていたが、
相手の178近くのエースの子一人にやられてました。
大きいのに凄いテクニック。
あと沖縄チームは凄い運動能力だった。全員が大エース。
大大大エースのセンターの子は、日本一!
ぶっちぎりの優勝でした。

 女子は守りの重要さが目立った
どのチームも守りがしっかりしていた。
そして、ほとんどのチームがマンツーマンを、
しっかりやっているなと言う感じ。
特に、千葉の中山というチームの守りは凄いのひと言。
あんなことが小学生でできるなんて、カルチャーショックでした。
これが、バスケか!、と。
でも↓の双子にやられ、1点差で負けた・・・。

ぁ\┐ち手は凄かった(女子)
182センチの双子!!(おぉっ)
5年生の巧い・速い・視野広いガード(なんと坊主!)
ダンクできるくらいのジャンプ力の子(どこから跳んできた?)
ハーフラインから当たり前にシュート決める子(ぇぇ〜?)
参りました。

ァ)霧北光は日本一の速攻チーム
全国では4チーム優勝を決めます。
他の3チームもかなりいいチームでした。
北光さんのボールを取ってからの速攻は、
本当に速かった。しっかり横に開いて前へ。
全国でも特Aです。
北光さんの山では、
決勝以外は4Qでメンバーを変えたりできる余裕の展開でしたが、
どの子が出ても変わらないチームクォリティーは凄い。
ということで、全国優勝チームに負けて、
終わったことになりますね、幌西さんは。

Αゞ枋イ靴討靴泙辰拭宮丘さん
第1試合は、相手は2試合目。しかも強豪。
緊張でエンジンがかかるまで時間がかかってしまった。
第2試合も、途中まではいけるかなと思ったが、
残念な結果になってしまった。
でもでも、今日までがんばった!!うらやましいぞ!!
試合後の北出くんの目は・・・。もらいそうだった。

А,發靴したら・・・
絶対にかなわないチーム  15チーム。
一桁くらいの接戦になる? 15チーム。
いけちゃうかも?     20チーム。
まあ、ひいき目たっぷりの妄想です。苦情は勘弁して下さい。

─ ̄援も凄い
はちまきに日の丸の扇子をつけてるお父さん。
大太鼓を使って応援しているお父さん。
長い銀の風船を両手にもって、
200人くらいで応援しているチーム。
奇声をあげて白目で応援しているお母さん。
いちいちマイボールになるたびに、立ち上がるお父さん。
ラーメン屋みたいな保護者シャツのチーム。
気持ち悪いガッツポーズをするコーチ。

 ちょっと寄り道
代々木体育館外は桜が満開。春ですね。
原宿駅前は、人がたくさんいてお祭りみたいでした。
表参道ヒルズでは、チョコが13000円で売ってました。
マダムがたくさんいました。
ラルフローレンに会いました。
六本木ヒルズには、勝ち組がたくさんいました。
高校時代の友人は太ってました。同じこと言われました。

 次来るときは・・・
全国は、本当にいいところでした。
こういった形ではもう来ません。悔しすぎます。
次来るときには、子どもを連れてきます!!

という感じでした。
明日から、がんばりすか。
そういえば、この一月まともにチーム見てないなあ。

では。

ps ふーっ!
   ここまで書くのに結構かかったぞ。
   今度の全市総会で出さなきゃいけない戦評、
   ↑でいいでしょ。

kousaiminibasu at 22:23|PermalinkComments(15)TrackBack(0)