日中協力 都市廃棄物循環利用推進プロジェクト!
食品廃棄物資源化利用技術ワークショップ  IN 北京

環境室のHです。
(出張三日目)
今日こそが中国北京市まで出張に来ました本来の目的・・・
そうです、本日の食品廃棄物資源化利用技術ワークショップで、
現在当社が取組んでおります食品リサイクルループの内容について
発表させていただくのです。
会場はこちら↓
kan20130325_01.jpg

本日は長丁場exclamation
プログラムは午前9時より午後4時50分までみっちり8時間となっています。

午前8時半に会場入りexclamation
kan20130325_02.jpg

私が到着したときは、もう半数程の方々がすでに会場入りされており、
これまでの私の人生では経験したことのない、なんともいえない雰囲気exclamation
事前にお聞きした話では、中国よりご参加の方々はかなりのお立場の方々とか・・・
会場入りと同時に、なんとも表現しがたい緊張感が体中に・・・
あれほどまで事前準備を行い、昨晩も深夜まで原稿をチェックしましたが、
そんな確固たる根拠のないやわな自信は、この場では通用しない。

国と国が真剣になって食品廃棄物の資源化に取り組むためのワークショップです。
日本側からは、食品廃棄物だけでなく廃棄物全般の再利用に関する専門家で、
大学の教授や省庁の担当者などの日本での第一人者が参加されています。
私にとっては、もの凄く勉強になるワークショップなのですぴかぴか(新しい)
同時通訳となっておりましたので言葉に困ることもなく、真剣に各専門家の方々のご意見や中国での事例発表などのお話を拝聴させていただきました。
なんとか無事に私の発表も終わりはしたものの、その後の中国の参加者からの
質問攻めに・・・
でも、それって多少なりとご興味を持っていただけたのではないかと自分に納得exclamation

kan20130325_03.jpg

最後に日本側と中国側の専門教授による総括の場面です。

ワークショップが終了し会場を後にしたのは夕方5時半頃。
会場から外に出ますと、なんとこのワークショップが無事に終了したことを祝うかのように一面の銀世界exclamation
kan20130325_04.jpg

今年初めて見る雪は北京でのことexclamation
ほっと安心感にひたるには十分過ぎるくらいの景色のサプライズプレゼント・・・

今夜は心置きなく御馳走とお酒が頂けます。

北京での4日間・・・
自分にとって良き経験と勉強をさせていただきました。また北京在住の日本の方々からも
北京の生活習慣や名所などを教えていただき、観光では知り得ないものまで勉強させていただいた気がします。
本当にこのワークショップへ参加させていただきましたことに感謝いたしております。
(環境室)

=======================================
康正産業 ホームページはこちらから

鹿児島黒豚のギフトはこちらの康正産業 オンラインショップ「薩摩ふぁみり庵」からどうぞ♪