2016年05月25日

先日、眼鏡を直しに行ったのだけど、まだしっくり来ない。

左が上がってるのを直してもらって、右の鼻パッドが浮く感じを直してもらってお店を出たのだが、出てから今度は左の鼻パッドが浮く感じがして、お店に戻って直してもらった。で、お店を出たら最初来た時と同じ感じがしたので、またお店に戻って1回目の状態に直してもらった。

それでもしっくり来ない。同じメーカーの古い眼鏡と比べると、鼻パッドの位置が微妙に違う気がする。古い方が鼻パッドの収まりがいい。

今度お店に行くときは、古い眼鏡も持って行こうかなあ。

---

カウンセリングも先日受けたのだけど、1回目の時は集団プログラムを勧められなかったのに、今回は集団プログラムを勧められた。どういうことをするのか聞いてもさっぱり見当がつかない。それで10万円もの大金を払うのは納得出来ない。

1回目の時は、眼鏡が気にならなくなる方法を教えていきますと言われたのに、今回聞いても、「気になったまま作業をすることです」としか言わない。コツがあるのなら教えて欲しいのに、雲をつかむような話でしっくり来ない。

次は予約するのをやめるかなあ。なんか納得行かない。

koushin_a at 00:21コメント(0)トラックバック(0)メモする 

2016年05月21日

先日、眼鏡を直してもらったのだけど、またぴったりしない。

左がわずかに下がっていたので上げてもらったのだけど、今度は逆に上がってるように見える。

それと、右の鼻パッドが浮くというかずり落ちる感じがする。そのため、右耳をしきりに動かしてしまう。

また眼鏡屋さんに行って直してもらおうと思うが、ちゃんと直るかなあ。

---

トランクスは3着が緩く感じていたのだけど、そのうち2着は緩いと感じなくなった。しかし1着だけはまだ緩く感じる。この1着は、お尻に消毒液を塗る時にトランクスを下げて、その時、緩くなったんじゃないかと思ったやつ。たぶん、これも神経過敏になっているからだと思うけど、緩く感じなくなる日は来るのか。

---

靴は26.5を買おうと思いながらも、なかなか決断できず、未だ買わずにいる。もう夏になってしまう。夏は履くことが少ないだろうから、秋まで待つか。どうするか。

---

他にも毎日いろんなことが気になる。本当に疲れる。眼鏡や靴で死にたくなり、辛くなる。

名古屋のメンタルクリニックのカウンセリングは来週。初回の印象から、果たして治るのかと疑問だ。

koushin_a at 23:51コメント(0)トラックバック(0)メモする 

2016年05月11日

ユニクロのトランクスを履いているのだが、だいぶくたびれてきたので買い替えた。

ところが新しく買ったトランクスは緩い。サイズは同じXL。

古いのとウエストを比べてみるとだいたい同じなのだが、古いのは伸びてる可能性もあるので、一概に比較できない。でも、昔の商品より緩くなってると思う。

ユニクロのXLは92〜100で、Lが84〜92。僕のウエストは恥ずかしながら96cmあって(これでも減った)、サイズ的にはXL。ただ典型的なメタボ体型なので、ヒップのサイズからするとLも履ける。

そこでLを買って過ごしていたのだけど、数日前からその何着かが緩い。最初は1着だけだったのだけど、2着、3着と緩くなってきた。

一度緩いと思い始めると、緩くて仕方ない。これがぴったり強迫性障害というやつなのか。

同じものを買いに行ったのだけど(まだ下ろしてない)、たぶん同じような気がする。

ヨーカドーのトランクスも見に行ったのだけど、ユニクロとサイズ展開が違っていて、たしかLが84〜94、XLが94〜104。どちらを買うか迷う。

あと何年か前にセブンプレミアムのトランクスを買ったことがあるが、ゆるゆるだった。(でも、そういうもんだと思って履いていた。)

困ったなあ。

koushin_a at 00:42コメント(0)トラックバック(0)メモする 

2016年05月02日

ここ数日、靴のことで悩んでいる。

僕は20年以上、ホーキンスのあるモデルを買い替えては履き続けてきたのだが、今の靴があまりにボロボロになったので1月に買い替えた。

ところがモデルチェンジしてゆったりめになったようで、紐を一杯に締めてもブカブカする。

それで困って旧モデルの在庫のある店を探して購入したのだが、これもきつく縛っても踵が浮く。

20年以上、同じ靴を履いてきたので、どういう靴を買えばいいのか分からない。

昨日、ホーキンスの違う靴を買ったのだが、26cmと26.5cmで迷って、26cmを買った。

僕の足のサイズは実寸がほぼ26cmで(アシックスの直営店で測ってもらった)、今までのホーキンスの靴は26.5cmを、コンバースのスニーカーは27cmを、ボウリング場では26.5cmを履いている。

1月に買ったホーキンスの靴は、お店で26cmを履いてみたところ、つま先が当たった。でも今回の靴は当たらなかったのと、26.5cmは踵が浮く感じがしたので、26cmを買ったのだ。

ところが家に帰って近くを30分ほど歩いてみたところ、窮屈。左足の薬指が少し痛くなる。そして足が熱くなる。窮屈で熱が逃げないからか。

やっぱり26.5cmを買うべきだったかと思って、今日またお店に行って、試し履きしてきた。紐をきつく結べば、踵が浮かなそう。

そもそも、今まで買ってたホーキンスのモデルがモデルチェンジされなければ履き続けられたのにと思うと、残念で仕方ない。

今日も1月に買った靴を履いてみたが、やっぱりガバガバして踵が浮く。旧モデルも踵が浮く。このモデルは自分に合わなくなってしまったようだ。

お金もだいぶ使ってしまった。

ここ数日、頭の中は靴のことで一杯で、両親にはしばらく考えるのをやめるようにと言われた。だけど、なかなかそれが出来ない。一つのことで悩むと、そればかりになって、絶望的になる。

koushin_a at 00:23コメント(4)トラックバック(0)メモする 

2016年04月23日

先日、眼鏡の鼻パッドを直してもらい、下がる感じはなくなったが、左右で当たりが違うのが気になる。

その後、眼鏡を床に落としてしまい、どうもそれから左目の方が下がっているような気がする。

この前、名古屋のクリニックでカウンセリングを受けた。

眼鏡を直しに行くのは強迫性障害の「儀式」なのらしい。だから直しに行かないで、気になったまま掛けることが必要と言われた。

でもなんか違う気がする。強迫性障害の儀式は明らかに無駄なことをしているのだが、眼鏡が気になるのは直す余地があるのではないか。

靴が緩かったら紐を締め直すように、眼鏡も緩かったら直しに行く。これを儀式と言われると、いまいち納得できない。

一応、次も予約を取った。1か月後だ。

集団プログラムは別に受けなくてもいいらしい。(患者の3割くらいが受けているとのこと。)

koushin_a at 23:47コメント(0)トラックバック(0)メモする 

2016年04月10日

大人の樹

グリムスが大人の樹に成長した。これで6本目。

1本目 2008/05/10-2008/11/28
2本目 2008/12/09-2009/06/10
3本目 2009/06/21-2009/12/16
4本目 2009/12/27-2011/11/25
5本目 2011/12/07-2014/05/31
6本目 2014/06/11-2016/04/10

koushin_a at 17:46コメント(0)トラックバック(0)メモする 

2016年04月09日

4844365649旅する彫刻 彫刻とそのモデルになった子の物語
はしもとみお
エムディエヌコーポレーション 2016-02-02

by G-Tools

彫刻を見つめたり、彫刻に寄り添う猫やフェネックが可愛かったので購入。(*´ω`*)

koushin_a at 22:32コメント(0)トラックバック(0)読む 
先日、名古屋にあるメンタルクリニックを受診した。

ぴったり感覚の強迫性障害と言われた。

カウンセリングと集団プログラムを紹介された。カウンセリングは良いとして、集団プログラムが分からない。

「眼鏡を買いに行きましょう」「サングラスでもいいですよ」と言われる。眼鏡を買う予定はないのだが。

「今ある眼鏡を掛けましょう」と言われる。それなら家でもできるじゃないか。

汚染恐怖や洗浄儀式なら、集団プログラムは何をするか想像がつく。曝露反応妨害法で実際に汚れたものに触ってみるのだ。だけど、僕のような症状は、何をするのかさっぱり見当がつかない。

まずはカウンセリングだけ受けてみようと思う。その時に、集団プログラムのことも質問してみようと思う。

カウンセリングで治るのかどうか。受けてみないことには分からない。

koushin_a at 01:14コメント(0)トラックバック(0)メモする 
眼鏡にライターの火が当たったのではないかという心配事がまたぶり返してる(前回の記事)。眼鏡の掛け心地も気になる。辛くて死にたくなる。今日は泣いてしまった。

実際に鏡で確かめたり、両親に真似事をしてもらったのを見れば、どう考えてもライターの炎は眼鏡に当たらない。そう分かっているのだけど、スッキリしない。

これも一種の強迫観念なんだろうか。眼鏡が悪いんじゃなく、僕が悪いのでもなく、OCD(強迫性障害)がそう思わせてる。前に読んだ本にそう書いてあった。

それでも心配なので、今度、眼鏡屋さんに調整に行った時に聞いてみようと思う。プロの店員さんが大丈夫ですよと言えば、納得するかもしれない。

本当に辛い。辛くて死にたくなる。眼鏡で死ぬのは馬鹿げていると思うけど、死にたくなる。

koushin_a at 01:05コメント(0)トラックバック(0)メモする 

2016年04月04日

4163904328アイドル受験戦記 SKE48をやめた私が数学0点から偏差値69の国立大学に入るまで
菅 なな子
文藝春秋 2016-03-24

by G-Tools

SKE48を高2の冬で辞め、be動詞のおさらいレベルから名大経済学部に現役合格した菅なな子さんの手記。

ビリギャルは買う気がしなかったけど、この子は国立の名大ということで興味を持った。

1日で読み終えた。最後は感動した。

受験に専念するため、スマホをガラケーに替え(LINEを遮断するため)、髪を切り、服は2種類だけにし、“女の子”に時間をかけないなど述べられている。

10代でもできる子は時間の使い方が上手いなあと思った。SKE時代も、受験生時代も。

あと、今の大学受験はシステマティックに出来てるんだなあと。僕が受験生だった20数年前もそうだったかもしれないけど、僕は無人島を地図も持たない状態で彷徨っていた状態。

koushin_a at 00:14コメント(2)トラックバック(0)読む 
Archives
Categories
記事検索 by Google
ページランキング
アクセス解析
livedoor プロフィール
Twitter
Recent Comments
Blog List
訪問者数

    ブログパーツ

    since 2006.3.1



    ブログランキング・にほんブログ村へ
    • ライブドアブログ