2006年03月22日

『ウェブ進化論』 グーグルという会社を知りたければ、本書を読まれたし。

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』(梅田望夫,ちくま新書)

 なかなか面白い本である。

 ネットやウェブに関する一般書は腐るほど出ている。でも、それらの大多数は、“従来の”マスメディアの人間、もしくはその考え方に基づいて書かれていて、僕としては、はっきりいってツマラナイ。なんだか、在り来たりなんだよね。

 でも、この本は、他の同系統の本とは一線を画する。著者が実際、シリコンバレーに住んでいて、ITの最先端で見たこと・感じたこと、まさに時代の“潮流”というものを、噛み砕いて書いているのだ。

---

 第2章ではグーグルについて触れられている。

 グーグルという会社は、一般的には「検索エンジンの会社」というくらいの認識しかない。かくいう僕も、そういう認識だった。

 それが、Google Earthが登場したあたりから、「なんかこの会社、スゴイことしようとしてるぞ」という認識が生まれてきたのではないだろうか。

 しかし、グーグル社にしてみれば、Google Earthなんてものは「挨拶代わりにどうぞ」くらいの感覚で世に出したものらしい。

 グーグル社のミッションは、「世界中の情報を組織化し、それをあまねく誰からでもアクセスできるようにすること」だそうだ。壮大なミッションだ。

 マイクロソフトやヤフー、ライブドアや楽天とも全く違う。これまでの常識を覆す発想の下に動いている会社なんだ。


 第2章のグーグルの章だけでも、立ち読みする価値があると思う。


 グーグルの提供するサービスの技術的な話(と言っても一般向けにかかれている)、グーグルという会社の風土・組織、グーグルの考える未来世界が述べられてる。グーグルはウェブ上で、新しいバーチャル経済圏を作ろうとしているのだ。

 グーグルの風土の一例を挙げよう。本書にこんなくだりがある。


 アイデアが認められるためには、動くものを開発して証明しなければならない。アイデアについて延々とパワーポイントのスライドを用意するなんていう大企業的な発想は皆無で、そんな暇があればコードを書き、動くものを作る。(p.87)


 うはは。痛烈な皮肉だ。

 なるほどね。そりゃグーグル強いわ。日本の大手メーカーや大手SIerなんて、今やパワポ作ってプレゼンしてナンボの商売してるもんね。ガリガリとコード組んじゃうプロ集団には勝てないと思うのだ。

 一方で、グーグルは、博士号を持っている人間しか採用しないらしい。すべての社員に研究者のように行動することを求めるそうだ。そんなグーグルには、グーグルに入りたいと思う若者たちから、毎日1,500通もの履歴書が送られてくるらしい。

 そこには、本当の意味での“IT”を追求する姿勢があるように思える。

---

 父にこの本を見せたら、熱心に読んでた。その後、父と話したのだが、日本では“IT”(Information Technology:情報技術)と、“CT”(Computer Technology:コンピュータ技術)が混同されていると。本当の意味での“IT”企業はないんじゃないかと。

 なるほど、そうかもしれない。前々から、“IT”という言葉の使われ方には疑問を抱いていたのだ。

 日本で「IT企業」と言っても、実際は、情報(Information)を処理・伝達するためのコンピュータを作っている“CT”の会社であって、情報そのものを料理する技術を開発している“IT”の会社は皆無なんじゃないかと。

 その点、グーグルはまさに“IT”企業だ。情報そのものを料理するテクノロジーを持っている。そのベースには、グラフ理論などの数学、統計学、計算機アルゴリズムなどのサイエンスがあると思われる。

 検索エンジン「Google」のPageRankという技術は、“IT”の代表例だろう。

 また、グーグルのアフィリエイトであるGoogle AdSenseも、その一例だろう。(僕も貼り付けている。)

 普通のアフィリエイトは、ただ1種類の広告が表示されるだけだ。けどGoogle AdSenseは違う。

 自分のブログにGoogle AdSenseを貼り付ける。すると、ラーメン食べ歩きの日記を書いたページにはグルメ情報の広告が、株の日記を書いたページには証券会社の広告が、自動的に表示される。各ページの文脈をGoogleが読み取って、そのページに適した広告を載せるのだ。これも、“IT”の一例と言えるのではないだろうか。

---

 話が深入りしてきたので、また書評に戻す。

 第2章ではグーグル社のことが述べられているが、第3章ではAmazonが、第4章ではブログ社会のことが書かれている。

 第3章では、ロングテールという言葉が登場する。これはべき乗則のことと一緒だな。自然現象や社会現象の多くは、べき乗則に従うことが、近年になって知られるようになってきた。

 ロングテールとは、一部のヒット商品が膨大な売上を示し、大多数の商品は、ほとんど買われないという現象のこと。これを、両対数グラフにプロットすると、一直線になる。これをべき乗則という。興味ある人は、下記を読まれたし。

 ロングテール現象について
 http://www.fri.fujitsu.com/cyber/hotkey/longtail/longtail.html

 べき乗則について
 http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2004_17054/slides/09/10.html

---

 その他、ウィキペディアや、mixiGREEに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)についても論じられている。

 この本を読むと、なんだかワクワクしてくる。こうやってブログを書いていたり、mixiを見ていたりする行為が、実は時代の最先端に触れていて、まさに今、時代が大きく変わろうとする過渡期に、自分もささやかながら参加しているのではないかと。

 本書は一般向けに分かりやすく書かれてはいるものの、専門用語が頻繁に出てくるので、コンピュータ用語に詳しくない人には、やや読みづらいかもしれない。

 けれど、今、ウェブ上で起きている、普段は当たり前に使っているが、実は大きなうねりになっている「ウェブの進化」についての片鱗を知るには、良書と言えるだろう。

 最後に、著者のインタビュー記事を見つけたので、リンクしておく。


 「ウェブ進化論」の梅田望夫氏が語る“Googleという隕石”(ITpro)
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060301/231341/

 「ウェブ進化論」著者、梅田望夫さん(45)に聞く(asahi.com)
 http://www.asahi.com/digital/column/column03_1.html

koushin_a at 11:19コメント(0)トラックバック(4)読む  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ウェブ進化論について(IT関連で久しぶりの名著)  [ 時事を考える ]   2006年03月22日 12:49
梅田望夫さんの「ウェブ進化論」を途中まで読んでいますが、この本は是非読まれた方が
2. ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる 梅田 望夫 (著)  [ 10倍ブログ(自己啓発編) ]   2006年04月17日 00:54
トラックバックありがとうございました。
3. ウェブ進化論  [ プラウドシティ梅島 自治会 ]   2006年06月07日 19:50
「WEB2.0へ」 今後webの世界はWEB1.0から2.0へ変化していく。これが本書のWEB進化論です。 WEB2.0とは不特定多数無限大信頼有かつネットのあちら側のカテゴリなのですが、 と言っても誰も分からないのでこのWEB2.0へどのように向かっていくのか 序章〜終章 計8章に渡って、...
4. 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?  [ 黄昏の屋上 ]   2008年02月06日 01:27
『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』(西村 博之,扶桑社新書)  タイトルからして軽薄な本かと思ったが、手にとって立ち読みしてみたところ、なかなか面白く、購入。  ウェブで起きてる出来事を、ざっと俯瞰している内容。梅田望夫の『ウェブ進化論』と似ている。(『...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
Categories
記事検索 by Google
ページランキング
アクセス解析
livedoor プロフィール
Twitter
Recent Comments
Blog List
訪問者数

    ブログパーツ

    since 2006.3.1



    ブログランキング・にほんブログ村へ
    • ライブドアブログ