11月~ききょう棟便り~

11月に入り、立冬も過ぎ、暦の上ではですが、とても暖かな日々が続いていますね。何だか季節が逆戻りしてしまったようです。

031076
そんな、秋たけなわの1028日の日曜日、当施設の一大イベントとも言える秋祭りが執り行われました。

当日はお天気にも恵まれ、職員も揃いの半被で祭りの雰囲気を盛り上げ、お好み焼きやたい焼き、おでん等の数々の屋台で威勢の良い声を上げていました。

また、昨年に引き続き、2組のスペシャルゲストに起こし頂きました。一組目の治田小の金管バンドは、東海大会で銀賞を受賞された素晴らしいバンドです。「信濃の国」の演奏を聴きながら涙されていた御利用者様が、ききょう棟にも何名もいらっしゃいました。皆様のお孫様や曾孫様と重なって見えたのでしょうか。素敵な演奏、本当にありがとうございました。

064057042







二組目のゲストも昨年に引き続き来て下さいました。「あん姫」です。その愛らしい姿に、御利用者様も癒され、自然と笑顔が溢れるひと時でした。「あん姫」様、来年も是非遊びに来て下さいね。

10月 あやめ棟 お便り


10月5日  10月5日、書道クラブに参加されました。
 今月は「紅葉」と書いて頂き、上手に書かれていらっしゃいました。







10月17日 (2)  10月に102歳を迎えられる御利用者様のお祝いを娘様のご自宅へ
 個別ケア外出を行いました。
 普段は目を閉じていることが多い御利用者様ですが、ご自宅に行くと
 目を開けて、娘様が準備して頂いたおやきや甘酒を召し上がりました。
 とても良い笑顔を見る事が出来、楽しい時間を過ごされました。
 
 
 




10月29日  10月29日、個別ケアにて武水別神社(八幡)に菊花展を見に行きま
 した。菊花展を見ながら「昔良く来たから懐かしい」と仰っていまし
 た。お参りをしてうずらもちと甘酒を召し上がり帰りました。
 帰り道「良かったよ。ありがとう」と涙を流される御利用者様も
 いらっしゃいました。とても心に残る個別ケアを行う事が出来ました。

デイサービス 10月便り


施設の置かれている市内の山々も少しずつ紅葉の衣をまとい始めました。日一日と日暮れが駆け足となっておりますが秋の夜長いかがお過ごしでしょうか。今月もデイサービスのご様子をお伝え致します。

1.10月の喫茶「およりなして」
IMG_0009 IMG_0019 IMG_0016 IMG_0015











今月は先月施設で収穫されたサツマイモでスイートポテトを手作り致しました。
御利用者様はふかしたサツマイモと卵と牛乳とバターを入れた素地を手のひらに取って、お芋の形に思い思いに整え、アルミカップにひとつずつのせ、刷毛で卵白を塗りました。
オーブンでゆっくり加熱していくと、徐々にスイートポテトの甘い香りが立ち上り、つやつやと黄金色に輝き始め完成。焼き上がりを待ちながら調理した地元産信州リンゴのスライスやふかし芋と一緒においしくいただきました。心もおなかも大満足!大成功でした。

2.手から生まれる「温かさ」

デイサービスの職員の知恵をフルに出し合い、ハンドメイド作品の会を開催致しました。
「行灯の会」「ランチョンマット縫物の会」「絞り染めの会」「オシャレ箱作りの会」
の4つの会です。
DSCN0337 DSCN0327 DSCN0304 DSCN0249











ランチョンマット制作中「針目に糸が通らないのー」と職員があたふたしていると、「どれどれ」とスーッと縫い糸を通されたり、「縫物するときは三つ折りにしたときに「わ」を上にしてから縫うのよ」と教えていただきました。
布を輪ゴムで絞る時にはとなりの席のご利用者様どおしで協力しあったり、
あたたかい日差しの広がるホールで時々うたた寝されたりとほほえましい場面が見られました。
DSCN0348 DSCN0343 DSCN0344 DSCN0417











そしていよいよ絞り染め。茜色・水色・青紫色の3色を選定。布がゆっくりと色濃く変化していく様をご利用者様と眺め、時間をおいてから輪ゴムをはずすと、白地に模様が浮かび、美しく染めあがりました。
「出来たね。」「花が咲いたみたいにうまく模様がついたわね。」良かったですね。

DSCN0357 DSCN0351 DSCN0434 DSCN0369











先月から取り組んでいる「行灯」と「オシャレ箱」は和紙をふんだんに使い、木の葉やすかし柄をちりばめた品のある作品となりました。
ご利用者様が今まで生きてこられた中で身に着けて来られた知恵と技術を用い、作り出された作品はどれも温かみにあふれ、ふと手や足をとめて見入って
しまいました。

3.秋祭り
DSCN0243 DSCN0450






秋祭りに向け、各棟で看板作りを行いましたが、デイサービスは「おはぎ」を担当しました。
靴下の中に綿を詰めて形にした所に、細かくカットした毛糸をボンドで衣のように貼り付け、
ゴマとあんこのおはぎを作りました。なかなかのアイデアですよね・・・(笑)。
看板を吊り下げてお祭りの朝おはぎが落下してしまうハプニングがありましたが、すぐ修正し、
無事に事なきを得ました。

前項で紹介したハンドメイド作品は秋祭りを含め11月の中旬まで施設玄関に展示しております。
こちらにお越しの際、お気軽にご覧になっていただけると幸いです。

11月の扉はもうすぐですね。小さなデイサービスですが、これからもご利用者様と共に楽しみや喜びを増やしてまいりたいと思います。
ブログをご覧の皆様、くれぐれもお体ご自愛下さいませ。
















プロフィール
  特別養護老人
ホーム
フランセーズ悠
こうしょく
 
  〒387-0006 
長野県千曲市大字粟佐1177
TEL 026-273-6370
E-mail koushoku@hakuyukai.com
 
記事検索
  • ライブドアブログ