幸草哲学ブログ

                                 ハーバルクリエイターによる 心地よい暮らしを育てる小さな種                                                                                                                                                          

今日20日は彼岸の入りになります。
IMG_20170918_170807






彼岸の中日が23日の秋分の日。
太陽が真東から昇り、真西に沈みます。


春と秋では違う気分


昼夜の長さがほぼ同じになる、春分とセットなわけですが、
気分が違いますね。

同じお菓子を、
春は牡丹餅
秋はお萩
と呼ぶのとも通じるのでしょうか。

日本人にとって、春と秋は同じ状況でも別の存在のよう。

これから徐々に日が長くなって明るさを増す日と、
これを境に夜の時間が長くなるのでは、
やはり心の受け取り方は違ってきます。

なぜか、春分の日は東の日の出に手を合わせ、
秋分は、西の日の入りに手を合わせてしまいます。
西には極楽浄土がありますから、
秋の寂しげな心は、浄土を求めてしまうのかしら。



秋の七草を見つけに

春の七草は、おかゆにしていただきますから皆さんご存知ですね。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

秋の七草は、食べるのではなく見て楽しむ七草です。
おみなえし、おばな、ききょう、なでしこ、ふじばかま、くず、はぎ


おばなは、すすき。
秋の景色と言って思い浮かぶ植物の代表です。
すすきの根茎は生薬として、利水や高血圧に用いられます。
ポピュラーな生薬ではないですが、
古くから日本では使われてきました。

葛(くず)は、秋から冬に大活躍の生薬。
今の時期、赤紫の花を咲かせています。
我が家のそばにはないので、見沼氷川公園のハーブ園に植えたい。
繁殖力が強いのが恐ろしいですけど。

秋の七草は、身の回りで割と簡単に見つかります。
お天気が良い日に、秋の七草を探しに出てみて下さい。
万葉集に山上憶良が歌ったように、歌を詠んだりしたら、
風流なお散歩になりそうです。



秋の深まりを楽しむ季節

このところ余裕がないのに、
栗を見つけて買ってしまいました。

渋皮煮にするか、甘露煮にするか。
はたまたモンブランにするか。

月曜24日は十五夜です。
芋名月なので、お芋をお供えしますが、
一緒に栗もお供えします。
美味しく加工して、お月様に喜んでもらいたいものです。

美味しいものがいっぱいの秋がやってきます。
お腹を大切にしてください。

夕食後、一杯のミントティー(ペパーでもスペアでも)が、
お腹を優しくケアします。
秋の夜長にこそ、ハーブティーお奨めします。




季節の暮らしについて知りたい方に。
   ↓
薬草魔女のレシピ365日

瀧口律子
BABジャパン
     




瀧口律子
BABジャパン








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村






9月のプラザノースハーブ入門講座はお料理の回。

通常の回は、2~3品の実習ですが、
今回はシフォンケーキのみ。
二人一組で協力して作り、ワンホール持ち帰っていただきました。


お菓子も心と体に良いものを

暑かった日々が急に遠ざかり、一気に秋の気配がしてきました。
秋が近づくと、なぜか物悲しくなったり落ち込んだりします。
自然なことですが、
秋バテと一緒になって元気が出なくなったりしたら困ります。

そんな時には、
バニラとカモミール、
二つの甘い香りで癒されてください。

カモミールバニラは、
イギリスにホームステイしたときに知って夢中になった
脱力必死の組み合わせ。

ふわっふわのシフォンと組み合わせたら最強です。


カモミールバニラシフォンレシピ

材料と作り方 17cm型1台分

☆卵黄生地グループ

卵黄  3個分

塩   ひとつまみ

水   65

油   46

バニラエクストラクト 1g (もしくはバニラオイル 6滴)

A

薄力粉 75g 

ドライカモミール 小さじ1/2

★メレンゲグループ

卵白 3個分

グラニュー糖 65

準備

・すべての材料を計量し、卵白は冷蔵庫に入れておき、それ以外の材料はグループ別に入れる順に並べておく。

・〈A〉は2回ふるう

     ボウルに卵黄を入れ、泡だて器でよく混ぜる。泡立ってきたら塩、水、油の順に混ぜながら入れる。

     分離していない状態で、バニラを加えて混ぜる。

     A〉を加え、ダマがなくなるまでしっかり混ぜる。泡だて器は洗わずに置いておく。

     オーブンの予熱180度を始める。

     卵白の入ったボウルを出し、置いたボウルの中心に電動泡だて器を垂直に当て、低速で動かさずに軽く泡立てる。

     卵白の腰がなくなって泡が細かくなってきたら、高速に切り替えて、泡だて器を左右に動かしボウルを回しながら泡立てる。

     泡に波模様が出来、軽く立ち上がるようになったら、1/3量の砂糖を入れ電動泡だて器をボウルのへりにあてるように手首を振りながら、ボウルを反時計回りに動かして水っぽい部分をなくすようにまんべんなく泡立てる。

     ⑦を2回繰り返す。

     泡がつやつやとして、重くなり、ふんわりと角が立つ状態になったら、低速に切り替え、全体をつややかに仕上げる。

ボウルを返しても動かない状態。

     ⑤のボウルにゴムベラで卵白1/3を優しくのせ、卵黄生地に蓋をするように泡だて器でなじませる。混ぜる必要はない。

     残り2回も同じように、表面になじませながらのせる。

     ゴムベラで、泡をつぶさないように底から持ち上げて二つの生地をなじませる。

     卵白の塊がなくなったら、型に流し込む。

     型をゆすって、空気を抜き、竹串で気泡をつぶし、生地を中心から外側へ掬い上げるように表面をととのえる。

     オーブンに入れ、15分焼く。

     止まったら、天板の向きを変え、170度に落とし15分焼く。

     焼きあがったら、逆さにして粗熱を取る。

     冷めたら、ポリ袋に入れ、しっかり口を結び、冷蔵庫で半日置く。



実際の講座では、デモンストレーションで
もっと詳しく細かい手順を説明しました。
文字ではうまく説明できないので、一般的な作り方に変えてあります。

自分も時々わからないこと気になることを習いに行きますが、
本や文字だけでは伝わらないことってあるからです。

目の前で細かくお見せできたおかげか、
20名全員がしっかりと膨らんだシフォンを作り上げて下さいました。



材料にはこだわって下さい


シフォンケーキの材料は家にあるものばかり。
小麦粉、卵、砂糖、油
物凄くシンプル。
必然的に、質が味に影響します。

一般的なレシピでは、サラダ油ですが、
市販のサラダ油は出所が信用できないので使いません。
太白ごま油、米油、菜種油の順によく使っています。


お菓子作りで小さな成功体験が出来ます


毎日の料理と違い、作らなくても困らないのがお菓子。
失敗を恐れてしまうことも多いようです。

ちょっと元気が出ないときに、簡単なお菓子作りはおすすめです。

集中出来ますし、出来上がった時の喜びが元気を呼び覚まします。

中でもシフォンケーキは、膨らんだ時の喜びが大きい。
シューの膨らみのドキドキもそうですが、シフォンのほうが簡単。
その上、カロリーも低い!

クリームが苦手なので、そのままが美味しいレシピです。
是非、手でちぎって口に運んでください。
カモミールバニラの香りがふわっと漂い、
幸せな気分になること間違いなし。

食べ終わる頃には秋のブルーな気分がどこかへ去ってしまいます。




ハーブについて知りたい方に。
   ↓
薬草魔女のレシピ365日

瀧口律子
BABジャパン
     




瀧口律子
BABジャパン







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村











小腸でガスが発生して、息が臭くなってしまうと、
テレビで見ました。

嫌ですよね・・・

食事の間隔を空けることで改善するようです。
思ったより簡単に改善できるみたいですね。

何事もそうですが、大事に至るまでに対策を取ることが大切です。

近年腸の健康に注目が集まっています。
無駄な臓器なんてありませんし、
それぞれの果たす役割が解明されていけば、
他の臓器にも驚くようなパワーがあることが分かるかもしれません。


便秘しているのに・・・

これだけ注目されていて、腸の健康法が出回っていても、
便秘で悩む人は相変わらず多いようです。

生まれつきの体質で便秘しやすい方もいると思いますが、
生活習慣による原因が少なくありません。

「どんな工夫していますか?」

と質問すると、
思いのほか、日常生活を改善していない人が多いのです。

・朝、必ずトイレに行く
・夜、体に合ったヨーグルトを食べる
・野菜や2種の食物繊維を摂る
・運動をする
・緩める効果のあるハーブティーを飲む

思いつくだけでこんな感じです。

どれも手軽に出来ることばかり、なのに改善していない。


生活習慣より心の恒常性を改善しないと

ダイエットが成功しないこともこれと同じかなと思います。

「明日からやろう」

というのはお決まりのセリフです。
私も、ずっとそうでしたからよく分かります。
子供の頃から、8月31日に家中に宿題を広げて大騒ぎするタイプでした。

面倒くさがりやで、
周りを巻き込む厄介な人間だったと思います。

社会人になって、それではやっていけなくなったので、
とにかく何も考えずにまず行動するようにしました。

すぐに、出来ない(=やらない)言い訳を探してしまう
考え癖があったのです。
だから、無い頭を使うより、考えずにやる。

心には恒常性があって、ついついいつも通りに進もうとします。
どこかでこの恒常性を違う方向にもっていかないといけません。


まずは行動あるのみ!

今すぐできる具体的な対策は、

・朝、必ずトイレに行く
 →目覚ましの時間を15分繰り上げる
・夜、体に合ったヨーグルトを食べる
 →近くのコンビニやスーパーに売っているヨーグルトを、
  1週間分まとめて買ってくる。
  2週ほど続けて便通に変化がなければ、
  別のヨーグルトに変えて、合うものを探す。
・野菜や2種の食物繊維を摂る
 →不溶性と水溶性食物繊維を組み合わせたメニューを選ぶ。
・運動をする
 →運動靴で出かけ、バスに乗らない。一駅分歩く。階段を使う。
・緩める効果のあるハーブティーを飲む
 →ローズヒップ・ローズ・ローゼル・ジャーマンカモミールなどの
  ハーブを常に備えておく。


いつも悩まされている人だけでなく、
季節の変化で便秘を起こしやすい人にも実践していただきたいことです。
そして、何の問題がなくてもしてプラスになることばかり。

私は便秘に悩んだことはほとんどありませんが、
これらを実践しています。
もしかしたら、加齢によっても変化がないのは、
このおかげかもと思うのです。

良い習慣を恒常性に組み込んでください。
たとえ体調が劇的に改善できなくても、
良い習慣が当たり前に出来るようになったことは、
自信に繋がります。

私にできたこと、皆さんにも出来ます。

健康な腸で、食欲の秋を迎えて下さい。




ハーブティーについて知りたい方に。
   ↓
薬草魔女のレシピ365日

瀧口律子
BABジャパン
     




瀧口律子
BABジャパン








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村














↑このページのトップヘ