2021年09月19日

750号系統 南回り循環(反時計回り)

750号系統 小野市らんらんバス 南回り循環(反時計回り)

142日目
15:08 ゆぴか
15:18 池尻                 100円


 美味しいおそばに舌鼓を打ち、「小野町駅西」のバス停に戻りますが、南側に横たわる山々が気になります。この山々は共進牧場から眺めた(748号系統参照)小野アルプスであります。食後の運動ということでこの小さなアルプスに挑むことにします。まずは、電波塔?が鎮座しているのが前山を目指します。

P1140525



















      バス停の南側に横たわる小野アルプス。



 山裾までいくと前山へ続く林道の入り口があり、いよいよ登山開始でアルピニストの血が騒ぎます。右に左にクネクネと曲がった道を進んで行くと目の前に麓から見た電波塔?が間近に迫ります。前山の頂上はもうすぐです。

P1140528



















        前山の頂上は近づいてきます。


 前山は標高135.8メートル。その頂からは播磨平野の展望が広がり、遠くに播磨灘がかすんでみえます。

P1140529



















       標高135.8メートルの前山。

P1140530



















        小野アルプス前山よりの展望。



 前山からは小野アルプス縦走路を東へ進みます。木々の中を山道は心地よいもので、軽く歌を口ずさみながらの楽しい山歩きです。

P1140534



















         心地よい小野アルプス縦走路。



 道は急な下り坂となります。こんなに下っていいのかしらと不安になっていると日光峠(標高80メートル)で、案の定そこからは下った分を清算すべく急な上りとなります。上り返すと道はなだらかになります。この縦走路には道案内の標識も整備されており、はじめてこの山々に入る人も安心です。

 このまま縦走路を東の端の白雲谷温泉ゆぴかに向かおうと思うのですが、途中で高山への分岐があり上りの階段が伸びます。高山は無視してゆぴかへ直行することも考えますが、小野アルプス縦走の邪道なような気もして、高山への道を選びます。

P1140542



















    高山の頂を踏むのが正当な縦走路なのでしょう。



 少しばかり上って高山の頂に立ちます。高山は標高127.1メートル、小野アルプスの最も東に位置するその頂からは東方面に展望が広がります。本日は好天気とは言えず、はっきりとした展望はできませんが、ぼんやりと明石海峡大橋や六甲山を認めます。

P1140545



















        標高127.1メートルの高山。

P1140544



















         小野アルプス高山からの展望。



 高山からは一気に下り、白雲谷温泉ゆぴかに到着です。バス停に向かい時刻を確認すると次のバスまで30分ほど時間があります。せっかくですからさっとお風呂に入ることにしましょう。

P1140547



















     小野市らんらんバスの「ゆぴか」バス停。



 ゆぴかの入館料は700円、森を眺める森の湯と池を眺める水辺の湯という二つの露天風呂がこの施設の目玉のようです。二つの露天風呂は週替わりで男湯と女湯が入れ替わるようで、本日男湯は水辺の湯とのことです。

P1140548 (2)
















           ゆぴかのご案内。



 アルプス縦走のあとの温泉は非常に気持ちのいいものです。穏やかな池の水面を見ながらお湯に浸る至福のひと時であります。

P1140549



















  水辺の湯。案内の写真より。盗撮したわけではありません。



 もう少しこの贅沢を堪能いたいところですが、それを許さないのがバスの時刻。急いで服を着てバス停に戻ります。乗車するバスは小野市らんらんバスの南回り循環の系統です。乗り続けていくと小野市街地方面「イオン」に向かうようです。

P1140552



















      湯上りに小野市らんらんバスに乗車です。



 高台にある「ゆぴか」から坂道を駆け下りて、バスはJR加古川線の線路を渡り、続いて加古川を渡ります。車内の乗客は高齢者が5,6名であります。

 兵庫県道23号線三木宍粟線との交差点である市場交差点を右折して県道を南へ進むのですが、北方面からは南へ直進すべくバスが信号待ちをしています。

 ということは、あのバスはこのバスの後を追う形で走ってくる訳です。であれば、次のバス停でこのバスを下車すれば、待ち時間なくあのバスに乗車できるはずです。

P1140554



















  市場交差点を右折、北から来るあのバスに乗り継ぎ可能か?



 首尾よくあのバスはこのバスを追従しているようです。交差点を右折してから最初の「池尻」というバス停で下車します。乗ってきたバスを見送り、追いかけるようにやってくるバスの方を見ます。冷たい風に吹かれて湯冷めすることもなく乗り継ぎすることができそうです。これも日頃の行いが良いからでしょう。

 というはずなのですが、、、、、、、

P1140555



















     県道23号線上にある「池尻」バス停げ下車。




いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。よろしければ、下の「人気ブログランキングへ」をクリックしてください。

人気ブログランキングへ 

kousuke0217 at 09:54コメント(0)│ 
ギャラリー
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)
  • 750号系統 南回り循環(反時計回り)