2017年06月15日

506号系統 醍醐寺 ゆき

506号系統 京阪バス 醍醐寺 ゆき

93日目
15:15 山科駅
15:27 清水焼団地                    220円


 「山科駅」に戻ってきたわけですが、ここからは南へ進んで行こうと「醍醐寺」ゆきのバスに乗車します。座席について出発を待っている間にうとうとしてきてすっかり眠りに落ちてしまいます。

 バスが動き出して目が覚めます。車内を見れば座席はほぼ埋まっております。駅前ロータリーを出たバスは南へ進み三条通りとの交差点である外環三条から京都外環状線に入ります。

P1050538



















            山科盆地を南へ進むことにします。



 バスは京都外環状線を南に進んで行くのですが、この道の下には京都市営地下鉄が通っています。にも関わらず乗客の乗り降りは頻繁にあり、おそらく駅間の需要に応えているのでしょう。東野交差点で右折し国道1号線を西に進みます。国道1号線に沿って高架上を東海道新幹線が走ります。これまで新幹線の車窓から眺めていたはずの風景を、ややのんびりとしたスピードでバスの車窓から眺めます。

P1050539



















      新幹線から見ていたはずの風景をバスから眺めます。



 新大石道交差点で左折し再び南へ進路を変え、まもなく「清水焼団地」に到着です。ここでバスを降りて南へ向かうバスを見送ります。

P1050540



















              「清水焼団地」で下車します。



 清水焼団地とは清水焼の工業団地です。京焼の代表格でもある清水焼は、元々清水寺の参道五条坂辺りに多くの窯元があったのですが、昭和40年以降に山科区(当時は東山区山科町)の当地に陶芸家などが移転し工業団地を形成していきました。今では陶芸作家や窯元、卸問屋、原料の土の販売者、木箱紙箱の製造者、顔料の販売者などが集中しているそうです。

 ここを訪ねるのは二度目でして、以前訪ねたのは「清水焼の郷まつり」が開催されている時でした。「清水焼の郷まつり」は毎年10月の第3金・土・日に開催され、多くの直売店が並び多くの人で賑わいます。京都駅から直通の臨時バスが運行されるなど大イベントであります。

P1050547



















           「清水焼の郷まつり」の様子。(パンフレットより)



 「清水焼の郷まつり」の時は直売店のテントが並ぶ団地内の道路も今は閑散としております。

P1050542



















            本日は閑散としている清水焼団地。



 団地の中央あたりに清水焼の郷会館があるので行ってみましょう。

 会館内には清水焼の作品が展示されており、また販売もされております。せっかくですから山の神様のお土産に何か買って行こうかしら。どれどれ、いくらほどですかな?

 
 こうすけ         「、、、、、、、、、、、、、。」


 値札の0の数がもう一つばかり少なければ財布に手が伸びるところですが、手はそのままポケットに突っ込まれます。

P1050543



















        清水焼団地にやってきたら、まずはここから。



 実は私こうすけ、この団地で工房を営んでいる或る作家さんとは遠い遠い親戚関係にあるのであります。しかし、これまで会ったこともなく、それに先方は私のことなど知らないでしょうから工房を訪ねることは致しません。その作家さんの父も作家さんでして、昔実家には父母の結婚祝いにいただいたという作品があったのですが、平成7年の阪神大震災の折、ものの見事に割れてしまいました。あの作品に0はいくつ並んだことでしょうか。

 もっとも家中のその他の食器類も全滅だったのですが、たくましく生き残っていたのはモロゾフのプリンのグラス。モロゾフ強し。

 
 さて、本日お土産を買ってもらえなかった哀れな山の神様は陶芸に興味があるようです。ここ清水焼団地では事前に予約をすれば工房見学や陶芸体験ができるそうです。不器用な私など轆轤を回してみたいなどと全く思わないのですが、3回目ここに来ることがあるとすれば山の神様も連れてきてあげて陶芸体験でも申し込んでみましょうか。

P1050545



















      次にここに来るときは山の神様も連れてきてあげよう。



 



いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、下のバナーをクリックしてください。

人気ブログランキングへ 




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき
  • 510号系統 竹田駅東口 ゆき