2019年05月21日

662号系統 東部 ゆき

662号系統 阪急田園バス 東部 ゆき

123日目
8:00 三田駅(北口)
8:17 波豆                           470円


 JR福知山線の三田駅には南口、北口と二つのバスロータリーがあるのですが、両者は対照的で、南口が大規模なロータリーでにぎやかなのに対し、北口はこじんまりとひっそりしています。

P1110364 (2)



















          三田駅の北口はひっそりとしています。



 ロータリーの脇には、ゴルフ場、ホテル、墓苑、競輪の場外車券売場などへの送迎バスの乗車スペースがあり、統一感もなく各々の時刻表がバラバラに掲示されています。それらのいずれにも用事はなく、神姫バスと並んで停車している阪急田園バスに乗り込みます。阪急田園バスはその前身を西谷自動車(通称「西谷バス」)といい、現在は宝塚市に編入されている西谷地区(旧川辺郡西谷村)の住民の足として武田尾駅や宝塚駅への運行を行っております。西谷地区から西に位置する三田駅との間にも平日は4本、土日祝は3本のバスが運行されており、そのバスで西谷地区へ向かいます。

P1110362 (2)



















          阪急田園バス「東部」ゆきに乗車です。



 バスは定刻にバスロータリーを出て国道176号線に入り、三輪交差点を右折して坂道を登り始めます。坂を登り切って病院やゴルフ場の横を通り過ぎると左手に有馬富士が独特の存在感をもって現れます。有馬富士を間近に眺めたのは120日目以来となります。バスは有馬富士公園口の交差点に至ります。この交差点を直進すれば500メートルほどで志手原の交差点で、119日目のゴール地点、120日目のスタート地点である「志手原」バス停があります。それではルートが重複し旅のルールに反してしまうのですが、バスはそのあたりよく心得ていて有馬富士公園口の交差点を右折、北摂里山街道の愛称をもつ兵庫県道68号線を東へ進みます。

 バスはのどかな田舎道をエンジン音を軽やかに響かせて駆け抜けます。窓を開けて春の若々しい空気を車内に呼び込みます。

P1110365 (2)



















               のどかな田舎道を快走!



 関西学院の千刈キャンプを左に見て、三田宝塚の市境を越え羽束川を渡ると右手に湖が広がります。この湖は羽束川と東を流れる波豆川をせき止めてできたダム湖で千刈水源地といいます。

P1110367 (2)



















          羽束川をせき止めて作られたダム湖。



 湖の畔を少しばかり駆けてバスは「波豆」に到着、ここで下車しさらに東へ向かうバスを見送ります。バス停の周辺には人の気配がなく時間が止まってしまったかのような感覚すら覚えます。

P1110375 (2)



















           「波豆」で下車しバスを見送ります。



 「波豆」バス停は波豆八幡神社の鳥居の前にあり、傍らの桜は七分咲きといったところでしょうか。

P1110180 (2)



















          波豆八幡神社鳥居前の「波豆」バス停。



 鳥居の横には小さな公園があるのですが、そこにある滑り台はどことなく淋しそうです。その錆びついた手足は、たくさんの子供の笑い声が溢れていたのは遠い昔の話ですよと言わんばかりです。

P1110376 (2)



















               どこか淋しげな滑り台。



 バス停の近くには地域の公民館があり、そのそばにも桜の木が花を咲かせています。花がなければ風景への関心は後ろに広がる湖へと向けられるのでしょうが、一年のうちの数日は花が主役となるのでしょう。とはいえ、たくさんの人がわざわざ見に来るとも思われないごくごく普通の桜、誰のために花を咲かせるのでしょうか。そんなことを考えているとこの桜がたまらなく愛おしくなります。

P1110377 (2)



















                印象的な桜の木。



 振り返れば春の小さな花々を散らした野の彼方に羽束山が横たわり、119日目に三田市の木器から見た時(648号系統参照)とは全く異なる表情をみせます。見る方向が変わっただけなのですが、山はいくぶん穏やかになったような気がします。しかし、ひょっとすればそれは春の朝の若々しい空気のしわざかもしれません。

P1110160 (2)



















             穏やかな雰囲気の羽束山。






いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、下のバナーをクリックしてください。

人気ブログランキングへ 



エレガントを、毎日の生活に。
フォーマル服飾雑貨の通販サイト
PINCTADA
http://www.pinctada.jp/  
  



kousuke0217 at 23:05コメント(0) |  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 669号系統 阪神杭瀬駅北 ゆき
  • 669号系統 阪神杭瀬駅北 ゆき
  • 669号系統 阪神杭瀬駅北 ゆき
  • 669号系統 阪神杭瀬駅北 ゆき
  • 669号系統 阪神杭瀬駅北 ゆき
  • 668号系統 宝塚 ゆき
  • 668号系統 宝塚 ゆき
  • 668号系統 宝塚 ゆき
  • 668号系統 宝塚 ゆき