2020年10月27日

727号系統 緑台 ゆき

727号系統 神姫バス 緑台 ゆき

136日目
13:29 書写郵便局前
13:41 打越新田               360円


 「書写郵便局前」バス停前に小さな公園があります。遊んでいる子供の姿もなく、ブランコもずいぶん暇そうにしています。この太陽の光をいっぱい浴びた公園のベンチで次のバスまでの時間をボーッと過ごします。

P1130527



















       太陽の光をいっぱい浴びた公園。



 夢前川にかかる橋を渡ってきたバスに乗り、西へ向かいます。高校野球でその名を聞いた東洋大学付属姫路高校や昔は姫路工業大学であった兵庫県立大学などを右の車窓に眺めます。

P1130528



















     「書写郵便局前」から西行きのバスに乗車。



 バスは住宅地から田畑が広がる風景の中へ進んでいきます。そんなのどかな風景の中に自分の目を疑うものを見てしまいます。なんとヨーロッパの城郭がそびえているではありませんか。

P1130533



















      どうしてヨーロッパの城郭が、、、、、、



 あのお城に行ってみようと「打越新田」というバス停で下車し、炎天下の中を南へ歩きます。5分ほどで太陽公園という場所に到着します。太陽公園は「石のエリア」と「城のエリア」の二つで構成されております。チケット売り場で1300円の入場券(令和2年10月より1500円に改定)を購入してまずは「石のエリア」から見物。

 通路を進むとフランスはパリのエトワール凱旋門がそびえます。ということはここはシャンゼリゼ通りということですかな。

P1130540



















         パリのエトワール凱旋門。



 凱旋門をくぐり、行ったこともないパリの風景に高揚しながらシャンゼリゼ通りを歩いていくと、なんだか不可思議な石像が次々と現れます。シャンゼリゼ通りのはずなのにメキシコの石像が多く並び、巨石人頭、ジャガー人間、ミクトランテクートリ座像など初めて見る(知る)ものばかりです。

P1130542



















    メキシコ・インディア・オルメカ族の巨石人頭。



 その他にも、イースター島のモアイ像もあれば、ニューヨークの自由の女神、シンガポールのマーライオンありと何が何だか分からなくなってきます。

P1130547



















        ニューヨークの自由の女神。

P1130548



















        シンガポールのマーライオン。



 そして、中国は始皇帝の兵馬俑まで再現されているのであります。本物でない再現品であると分かっていてもその様は圧巻で、別に中国まで行って本物を見なくてもいいかなという気分にさせてくれます。

P1130549



















          兵馬俑の再現は圧巻。



 シャンゼリゼ通りは今や世界各地を迷走して万里の長城へと続きます。先ほどの兵馬俑に入りきらなかった石像が長城内にうようよいます。

P1130551



















         道は万里の長城へ続く。



 万里の長城の先にあるのは天安門広場。かつて胡耀邦の死をきっかけに政治改革を目指した学生が集まり運動を展開するも、戒厳令が布告され、最後は戦車が登場したあの悲劇をテレビのニュース映像で見て胸がかきむしられるように感じたのは中学生の頃だったかと思い出します。しかし、今、目の前にあるのは無機質な石の造形であり、厳しい残暑の日差しが広場に降り注ぐだけであります。

P1130555



















         ここは北京の天安門広場。



 天安門広場の端にはこれまたなぜか日本の巨大埴輪が立っています。「石のエリア」を散策することによって世界一周旅行を楽しむことができました。それでもあまりに短い間に世界中を飛び回ったことによる時差ボケでしょうか、頭の中が混乱してしまいました。そして十分にお腹いっぱいになったとでもいいましょうか。「書写郵便局前」バス停前にあった小さな公園でボーッと時間を過ごしていた素朴な時間が少々恋しい気持ちにもなります。

P1130557



















           おーい!はに丸!



 この太陽公園は社会福祉法人愛光社会福祉事業協会という団体が運営しており、福祉施設と観光施設を一体化させたものです。太陽公園のホームページによれば、海外に出ることが難しい障害を持つ人にも世界旅行の気分を味わってもらいたい、観光客に福祉施設を見て知ってもらいたい、また就労の場(お土産物店や飲食店がある)を作り出したいという三つの設立に対しての想いがあるそうです。

 その想いに敬意を表しつつシャンゼリゼ通りを引き返し、エトワール凱旋門に向かいます。



いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、下の「人気ブログランキングへ」をクリックしてください。

人気ブログランキングへ

kousuke0217 at 00:10コメント(2) |  

コメント一欄

1. Posted by nuts   2020年11月02日 21:07
こんばんは。
太陽公園ですね。
とても懐かしいです。
かなり昔に行ったので、だいぶん変わったような気がします^^
2. Posted by kousuke   2020年11月04日 08:54
nutsさん、コメントいただきありがとうございます。

私は初めて太陽公園に行ったので、詳しくは知りませんが、石像は増えていってるそうです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき
  • 729号系統 グリーンステーション鹿ヶ壺 ゆき