ポンポロカベツ 仏教の源流を求めて 〜日蓮門下僧・上川泰憲日記〜

わたしは、北海道当別町太美町の孝勝寺別院にて、副住職を務める法華宗真門流の 僧侶です。ブログのタイトル「ポンポロカベツ」は、北海道夕張市にある孝勝寺(本院)そばを流れる川の名からとりました。アイヌ語で「源流」を意味します。わたしも今一度原点に立ち返り、釈尊出世の本懐に思いを致し、日蓮聖人不惜身命の御生涯を鏡として、この世で何をなすべきか己の人生を見つめ直し、とうとうと流れる河水の如く淀まずに歩んで行きたい。このブログには、そんな思いをこめています。

2016/06/22

午前中のお参りが、当別からは比較的近い 江別2件だったので、すぐに戻ってこれた。
天気もいいので、二日連続草刈り。



二日目は本堂裏側をやろう!

2016-06-22-11-03-272016-06-22-11-03-45かなりの伸び具合。こりゃ大変だな〜











草刈りは嫌いではないのだが、始めるまでの段取りが少し大変。
エンジンがかかりにくいのです。

今年は、雨が多かったので、エンジンの調子だけ小屋に見に行き、試しかけをしていたので準備万端。
町内会の方に、エンジン部分のプラグの汚れを拭くだけで、エンジンのかかりが違うと聞いていたので、試してみたら、一発でかかった!これはオススメです。

お寺には4台の草刈り機が稼働。住職用のバッテリーの草刈り機も2台あります。

2016-06-22-12-10-30
順調に草を刈っていく

家のキワや、石の側などは、紐を装備した草刈り機で、障害物のないところは、円盤の草刈り機で刈っていきます。

2016-06-22-12-10-33
草を刈った後を振り返ってみる

約2時間の作業で裏手を全部刈り終える。

2016-06-22-12-30-332016-06-22-12-30-49うむうむ気持ちがいい










近年はお檀家さんも高齢化でお手伝いしていただける方がいなくなってきました。
後は駐車場。このペースで行くとあと3日かかるかな。

お手伝い募集中です(笑) 
 
 

2016/06/14


本講座も3回目の開催となりました。本日のテーマは

『共感の「聴く力」を身につける』

です。

「聴く力」と一言で言われても、あまり意識したことはなかった。楽しみな講座内容でした。

今回、一番印象に残ったワークは、「ロールプレイを通じてグリーフを分かち合う」です。

3人1組になり、いろいろなシナリオを読んで役になりきり、その時どのような気持ちになったのかを感じる。役は 〜領掘´遺族 4兒ー これを順番に交代していく。

最初に僧侶役をやりました。シナリオは2番をチョイス 

Evernote Snapshot 20160621 145455
遺族は65歳男性。
亡くした人は母親87歳
介護を頑張っていたが、ストレスで怒鳴ってしまったり、殴ることも時々あった。亡くなって安堵感と後悔がある。


最初の5分はシナリオをしっかり読み込む。
本人になりきって、ロールプレイスタート。時間は8分間。


遺族役が話しかけてくる。テーマは「聴く力」なので、どのように話を聴けるか、手探りながら、頷いたり、相づちを打ったりしながら、本人の話したいことに耳を傾ける。

今回は、ミラーリングという手法を試してみた。ミラーリングとは、相手の話す内容を繰り返し言葉にし、「・・・・と感じたのですね。」「・・・・と思ったのですね。」といって確認する。

このミラーリングをされた相手は、自分の話をしっかりと受け入れてもらっているという安心感につつまれるそうです。

実際に、遺族役の感想として、「自分の話をしっかりと受け止めてくれたと感じた」と話されていました。

この時の「振り返りシート・僧侶役」にはこのように書かれています。

_燭望播世鯏てたか
 話を聴く事に焦点を当てました
∩領渓鬚鬚靴討い觧にご遺族から伝わってきた感情
 後悔、無念、介護からの開放感
A領渓鬚鬚靴討い觧の私の感情
 相手の大変な気持ちを受け入れた

実際にロールプレイをしてみて、今まで「聴く事」ができていなかった事がわかりました。遺族はまず自分の話をちゃんと聴いてくれているのかを感じるのだと。その不安な気持ちに僧侶は寄り添ってくれる事を望んでいるのだと。そして、その段階を踏まえた上で、仏教の救いの話を聞きたいのではないかと感じました。

「聴く」という段階を踏まえないで、仏教の救いの話に進んでしまうと、不安になっている私が悪いのだとの感情が沸き起こってくる事もあり、本来伝えたい事と逆の状態になってしまう事もあるのだと感じました。

これの全てが正解なわけではない。一人一人としっかりと向き合い、その方への不安の奥底にある本当の原因(ニーズ)を感じ共感する事で、慈悲の心を少しづつ表していけたらと感じました。




そのほかにも、「これまでに遺族とのやりとりで後悔した、戸惑った経験」を書き出し、その中の一つを選び、どうすれば解消されるかの、事例を検討するワークや、「共感もどきのワーク」共感しているようで実は相手の共感は得られない会話のやりとりを実際に体験するなど、大変興味深い内容となりました。

毎回、6時間の講座を受け、3回目の折り返しになってくると、参加者の親密感もまし、新たなサンガが出来上がるように感じました。

お互いに刺激し合いながら、グリーフについて学びを深めたいと思います。

image
「これまでに遺族とのやりとりで後悔した、戸惑った経験」

image
「共感もどき」のワーク



過去記事

【レポート】僧侶のためのグリーフケア連続講座in北海道 第二講

僧侶のためのグリーフケア連続講座 北海道 第2講

僧侶のためのグリーフケア連続講座in北海道 第1講(覚王子ブログ)
 

僧侶のためのグリーフケア連続講座 北海道 第1講

僧侶のためのグリーフケア連続講座 プレ講座

僧侶のためのグリーフケア プレ講座に参加しました
 








13501688_10209711854138180_875508598440853423_n
11063805_10209711853898174_5448977726091562120_n
13466184_10209711853818172_7224252246101414902_n





当別エリア講座
『中(医学)指(ヨガ)柔(軟革命)らかな一日』 日時:7月17日() 場所:孝勝寺別院 当別町太美町16 ☎︎0133(26)3755 JR学園都市線「石狩太美駅」下車、徒歩10分 駐車場有  定員20名

日程 ‐柳さんの「漢方講座」9:30〜11:30           (堀田先生は西当別コミセンにて柔軟体操革命体験講座)       12時 昼食 ⊇破の部 13:00〜15:00 「序」ケアし痛みを改善 「破」軸を整え強化 −1指ヨガ 15:15〜18:00 掌を指で全身をケアできる不思議なセラピー! ー2中医学個人セッション! 指ヨガと柔軟革命二系統に分かれる。

18時 「懇親会」 温泉希望者は懇親会のあと   1200円→880円にて!

7月18日(宿泊者限定)
6:30 朝のお勤め 
7:00 十川さんのヨガ・ウォーキング実践 
8:30 朝食(当別 きみかげ パン)

9:30 柔軟革命「序」検定(序破急修了者のみ)(検定料3万)

参加費 漢方講座 2000円     昼食   1000円  「序」「破」  6000円 懇親会      1500円(持ち込み歓迎) ※宿泊 貸し布団 1000円 (1日参加者には割引あります。) ※柔軟革命、漢方講座の売上の一部ブッタバンク、熊本地震へ

13012752_10209258293959459_1897409972969632014_n
13095882_1221748874515456_5964265013663376359_n-2

 

スティーブ・ジョブズ最後の言葉〜Steve Jobs Last Words 〜

自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

 

柔軟体操革命の記事

柔軟体操革命復習会@孝勝寺

ウォーキング実践1

柔軟体操革命@新札幌「急」

柔軟体操革命@「序」検定

柔軟革命体操@孝勝寺別院

柔軟体操革命@当別

続・柔軟革命 序

柔軟革命 序

2016/06/11

舞踏家の小田原真理子さんの主催イベントを、孝勝寺別院で開催しました。

イベントの概要

12時半から「屋久杉玉磨き」に参加。

☆屋久杉玉磨き☆
この広大な宇宙の中の地球という星で,宇宙のエネルギーと同調して1000年〜3000年ものあいだ屋久島の水晶の大地の森に根ざし、時代の変遷と共にその「時」を生きてきた屋久杉たち。
玉磨きとは、屋久島の奥深い山の中心部から川をつたって海に打ち上げられた屋久杉の流木を磨くワークショップです。
様々な形の屋久杉曼荼羅の中から、荒磨きの屋久杉を直感や香りで一つ選びます。0次元〜7次元の紙ヤスリを使い分け約5時間かけて磨き上げます。
屋久杉のスピリットに共鳴共振し、自分が宇宙になったような感覚で、屋久杉という一つの星に深く入っていく感覚で磨いています。最後に椿油を塗り込み、その星は内側の光が放たれ新しい命に生まれ変わります。
ご希望の方には屋久杉に穴をおあけします。また、アクセサリー用のヘンプ糸をプレゼント。
大地、水、風、色、香、かたち、クリスタル、地球、星など、全ての存在に固有のスピリットが備わっているように、何千年も大地にしっかり根を張り生きてきた長老達には自然の叡智やスピリットが備わっています。
悠久の島屋久島で育った自然のスピリットに抱かれ、愛や感謝を込めながら木を磨き、木の魂と触れ合ってみませんか?
無心となり時間を忘れ、今この磨いている瞬間だけが続いていく…ゼンメディテーションタイム。
DSC_0097


たくさんの屋久杉の中から気に入ったものを選ぶ,私はなぜか凹みのありものがきになり、この屋久杉を選んだ。

DSC_0080

目の粗いヤスリから、徐々に目の細かいヤスリで磨いていきます。最初は磨くというより削る。なーやさんにチェックをしてもらいオッケーが出れば次に進める。
DSC_0089
DSC_0090
DSC_0091
DSC_0093
DSC_0095
約4時間必死に磨きました。かなり集中できたし、これはハマる(笑)

DSC_0081
DSC_0084
DSC_0086
子供達も楽しそうに磨きました。

参加者のお父さんと「これ何に使えそうですかね?」と話しかけたところ、「この中に仏さんを安置したらどうでしょう!」とアドバイスもらい、そうだと思って、小さな大黒さんをはめてみたらなかなか良い感じになりました。

2016-06-11-17-18-24
屋久杉のお香に立てみました。

DSC_0102
完成した作品。みなさん穴を開けてチョーカーなどに

DSC_0104
ピカピカに磨かれた屋久杉

みなさん時間をかけて磨きましたので、それぞれ愛着が出てきてました。交換して眺めあったりもされていました。2回目3回目と繰り返し参加されている方もいるそうです。次回もチャンスがあればやってみたいと思いました。
 
2016-06-11-17-42-46
夕食はhutagoyaさんのベジタブルドライカレー





 

2016/06/08
 

Facebookでお友達になった、宮澤洋子さんとカフェで待ち合わせ。

ご紹介してくれた、ドラッカー読書会を主催している、小島さんも同席してくれました。

宮澤さんは長年、カフェToneのオーナーを勤めながら、人に良いこと地球にやさしいことを実践されてきた。

そして、10月に大きなイベントを開催するそうで、その仲間を探しているそうです。

いろいろと楽しい話ができました。

初めてお会いしたのですが、共通の友人が多くてお互いにビックリしました。

image


さらに、妻の恵子が亡くなった時に、友人の植田みゆきさんが作ってくれた、スライドの音楽を作曲したピアニストだった事が判明、さらに現在のカフェのオーナーがその曲の歌を歌われていたことで、帰り際にさらにビックリしました。

不思議なご縁を感じた1日でした。

第一回目の断食会は『満員御礼』でした。参加者も満足した表情をされていました。第2回目は6名で落ち着いた雰囲気の中、ゆったりした時間を過ごせました。第3回目は16名の参加でにぎやかな会でした。すでに次回を予約をされた方もいらっしゃいます。年内あと2回となりました。以下の案内をご確認の上、ご参加をお待ちしております。

断食会_001




昨年スタートした「断食会」参加者した皆様から大変好評を得ております。平成28年度は5回の断食会を計画しております。本年のテーマは「体と心のバランスをとる」です。日常から離れ、お寺の空間で自身の心を見つめ直すきっかけになればと思います。断食会を通じて、心身ともに清浄な状態になりましょう

会場 当別町太美町16 孝勝寺別院 電話 Fax 0133−26−3755 mail cs.yasu@gmail.com
定員 15名  参加申し込み期限は1週間前です。
        参加申込書を郵送、Fax、メールにてご連絡ください
持ち物 動きやすい服装、洗面道具、着替え、マグカップ、水筒かペットボトル、
    保険証、写経道具(筆ペン可)ヨガマット、タオル1枚(お手当用)

参加費  10.000円 (断食後3日間の食材付き)
布団代   3000円(2日間)持参可  ※参加費は事前に入金お願いいたします。
口座 ゆうちょ 名義「四方僧伽・北海道」 19060ー31762021


Facebookページ
参加ボタンを押された方には個別にご連絡申し上げます。
申し込み方法を連絡致します。

申し込み書をFAXかメールにてご予約ください。仮予約となります。
参加費を振り込んでいただいた時点で予約確定になります
その後、断食会の詳細を送付させていただきます。

仮予約の時点で本予約された方がいらっしゃいましたら、そちらを優先させていただきます。ご了承ください。

キャンセル料:1週間前は20%、3日前まで50%、前日は100%のキャンセル料をいただきます。(食材を準備する為)

※キャンセル料の設定は、突然キャンセルされる方が数人いた為、設定させていただくこととなりました。ご理解よろしくお願いいたします。

開催予定日 平成28年 1月29日(金)〜31日(日)終了 
            3月18日(金)〜20日(日)終了 
            5月27日(金)〜29日(日)終了 
            7月22日(金)〜24日(日) 
            9月23日(金)〜25日(日

申し込み
名前・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・断食経験・参加理由や規定している事など・持病

http://blog.livedoor.jp/kousyouji/28年断食会案内%20.pdf

2016/06/05

孝勝寺での年中行事、春の大祭「鬼子母神大祭」が厳修されました。

当日は晴天の気候にも恵まれ、檀信徒の皆さんが参詣していただけました。
 
孝勝寺100周年事業のために、本院を当別に移転するために、このお堂でのお参りも数えるほどになってしまいました。思い出の沢山詰まったお堂での残り少ない法要を最後までしっかりと努めたいと思います。

2016-06-05-11-05-27

2016-06-05-11-43-10
2016-06-05-11-47-26
2016-06-05-11-51-55





 

2016/06/02

会場は 浄土真宗大谷派 北海道教務所の3階でした。

第1講からの続きです。

2016/05/17の記事
僧侶のためのグリーフケア連続講座 北海道 第1講


今回は「自分自身を知る時間」というのが大きなテーマでした。
内容としては、

・ロスライン(ワーク)
・「セルフケア」とは何か
・「生き心地ライン」で考えてみる
・「セルフケアの地図」をつくろう
・自分のセルフケアの傾向を知る
・お寺✖️セルフケア

目的
Being  他者をケアするためにも自分自身を知ることとセルフケアがベースにある状態
スキル 具体的なセルフケアの力を身につける


11時から18時までの長時間でしたが、時間を忘れてるくらい楽しくできました。 

特に、「セルフケアの地図」を作ろう が楽しかったです。

まず、今の自分からセルフケアされた自分をイメージします。
そして、この中から5つほど言葉を選び、地図の中に書き込んでいきます。
 
image
私は
・感謝
・共感
・自分の肯定
・自分を大切にする
・自分を受け入れる

の5つを選択しました。

そして、スタートとゴールの道の間にこの言葉を書き込みます。

そして、雑誌などからイメージに合う写真を切り出し貼っていきます。
そして完成したのがこちら
2016-06-02-16-05-29

最初に考えていたものとはぜんぜん違うものが出来上がりました。
簡単に解説すると、
「感謝」は、日本人として生まれてきたことへの感謝。なので富士山を貼りました
「共感」は、宇宙全体の共感をイメージし、星空を。
「自分への肯定」は、好きなお酒を。好きなことを思いっきりするのが肯定のイメージとしてでてきました。
「自分を大切にする」は、家族を大切にすることが、自分を大切にすることにつながるイメージでした。
「自分を受け入れる」は、さらに大きな範囲で家族から友人たちも受け入れることにより、それが自分を受け入れることにと流るイメージでした。

完成して改めて意味付けしてみると、内面から外面へ、一人から全体へ、イメージから現実へ、このように自分の心の動きがあるように見て取れました。

参加者それぞれが独創的な表現をされていて、グループの人の発表を聞いていても楽しかったです。

2016-06-02-16-06-10
他の参加者の地図、どんなイメージ?
 

自分を知ることにより、他者の心の中でどのような動きが起こっているのかをイメージしやすくなると思いました。

私は、「苦しみを受け入れることができるのは自分だけ」という思いがあります。私たち僧侶は、その方が苦しんでいる側にいて、寄り添うことしかできないのではないかと思います。そして、その相手が何か手助けを必要として時に、そっと手を差し伸べるスキルを身につけておく必要が有る。お役に立ちたいとの思いは「慈悲」の心から発動するのではないかと思います。

いろいろなことを学ぶのは、その来るか来ないかわからない一瞬の時に、自身が後悔しないために全力を尽くすこと。そのように感じました。

引き続き「僧侶のためのグリーフケア連続講座」を学びの場として、いろいろなことに繋げていきたいと思います。

2016-06-02-16-33-02
自分のセルフケアの傾向を知る
2016-06-02-17-21-05
お寺✖️セルフケア

【レポート】僧侶のためのグリーフケア連続講座in北海道 第二講
過去記事

僧侶のためのグリーフケア連続講座in北海道 第1講(覚王子ブログ)
 

僧侶のためのグリーフケア連続講座 北海道 第1講

僧侶のためのグリーフケア連続講座 プレ講座

僧侶のためのグリーフケア プレ講座に参加しました